【在住者が教える】ポルトガルのアゾレス諸島9島観光ガイドランキング

日本人にはあまり馴染みのないポルトガル領「アゾレス諸島」。

北アメリカとヨーロッパの間、大西洋の真ん中に位置し、その手つかずの自然の美しさから「地球最後の楽園」、

「伝説のアトランティス大陸の名残」、また冬でも平均気温が20度前後と一年中過ごしやすい気候から「ヨーロッパのハワイ」と言われたり、最近徐々にヨーロッパの旅行者を中心に人気の旅先になってきています。

今回はそんな知られざるアゾレス諸島に在住し、9島すべてに旅したTRIPER「YU」が、ランキング形式でそれぞれの島のおすすめ観光情報を伝えていきます!

この記事の目次

アゾレス諸島とは?

アゾレス諸島の地理

リスボンから飛行機で約2時間半。 大西洋の真ん中に位置する9つの島からなる群島。

 

 

サンミゲル島・テルセイラ島・サンジョルジェ島・ピコ島・ファイアル島・フローレス島・グラシオーザ島・サンタマリア島・コルヴォ島の9つの島で形成されています。

アゾレス諸島へのアクセス

リスボンからサンミゲル島にあるポンタデルガーダ空港へ行き、各島へ乗り継ぐ方法が一般的。

また隔日ではありますが、ヨーロッパの主要空港やアメリカのボストン空港やカナダのバンクーバー空港からもポンタデルガーダやテルセイラ島へ直行便が出ています。

島間の移動は、飛行機やフェリーが頻繁に出ていて便利です。

 

素朴であたたかいアゾレス諸島の人々

ポルトガル領ですが、独自の歴史や文化があり、島の人々は自分たちのことを「アゾリアン」といって、アゾレス人であることをとても誇りに思っています。

一般的にポルトガル人はとてもフレンドリーで親しみやすいですが、アゾリアンである彼らは老若男女問わずもう桁違いのフレンドリーさです。

リタイア先としても人気のため、街には老人の方たちが多いのですが、2人の娘を連れていると、街行く人が皆娘たちのことを自分の孫のように可愛がってくれ、市場に行けばタダで果物をくれ、抱っことキスの連続です。3歳の長女は、市場のおじさんのことが大好きすぎて、朝起きたら「今日市場のおじさんに会いに行く?」と聞いてくるほどです。

私はポルトガル語が挨拶程度しかできないのですが、それでもお構いなしに話しかけてきてくれ、毎日出歩くのが楽しみです。

 

私たちがアゾレス諸島に引っ越してきてから、約半年。自然の美しさや人々の素朴さ、美味しいローカルフードの数々に魅了され、2人の乳幼児を連れつつ、9島全部旅してまわりました。

日本や海外の別都市から旅行で9島全部まわるのは時間的にも無理があるので、今回は私の経験から9島をランキング形式で並べ、おすすめの観光地などをそれぞれ紹介いていきたいと思います! 旅行の計画の参考にしていただけたら嬉しいです!

9位 人口400人の秘島 コルヴォ島

コルヴォ島とは?

フローレス島に隣接する、人口400人のアゾレス最小の島。

島内にはホテル1軒のみ、タクシーもレンタカー会社もなく、移動は基本徒歩です。徒歩で見どころをほぼ網羅できるのですが、1番の見どころであるカルデラにはホテルから出ているバスで行くことができます。受付でカルデラに行きたい旨伝えると、連れて行ってもらえます。

私たちは、コルヴォには一泊のみで、霧がすごかったのでカルデラには行けなかったのですが、アゾレス最大のカルデラは見ごたえたっぷりだそうです。

 

コルヴォ島のおすすめの見どころは?

(1)夕日の望める絶景レストラン

島には2.3件の小さなカフェはあるものの、レストランとよべるのは、「Caldeirao Restaurante」というこちらのレストランのみ。

空港のすぐ隣にあり、景色抜群の立地です。

カフェスペースとレストランスペースの2つに分かれています。

カフェでは豊富な品ぞろえの自家製ケーキと、サンドイッチが楽しめます。

レストランは人口400人の島には似つかわしくなく、とても洗練された雰囲気とインテリア。テラス席から見る夕焼けがまたおすすめです。

料理は、前菜からメイン、デザートまで幅広い品ぞろえです。私たちは、アゾレス産チーズ盛り合わせと、その日獲れた魚のグリル、そしてサングリアを頼みました。どれも新鮮でとても美味しくいただきました。

 

(2)民家のようなサイズにびっくり! コルヴォ空港

おすすめが空港!?と思われるかもしれませんが、私は今までにこんなに小さな空港を見たことがなかったので、ある意味衝撃的でした。

空港のサイズは、民家1軒分。この建物がすべての空港部分です。

すべてがコンパクトで、手続きはスムーズ。

アゾレスならではの空港なのでした。

8位 風車とお菓子の島 グラシオーザ島

グラシオーザ島とは?

テルセイラ島に隣接する、小さな島。島中に風車の光景が広がる可愛らしい島でもあります。

余談ですが、フローレス島を旅行中、仲良しになった宿の管理人マリアと偶然グラシオーザ島で再会!マリアの友人のキューバから小さなボートでやってきたフランス人船乗りとも仲良くなり、彼とマリアが滞在していた風車を利用したホテルで夕ご飯をごちそうになりつつ、旅行話に花を咲かせました。

こういう出会いも旅の醍醐味のひとつ!娘たちも楽しそうでした。

1階はキッチン、寝室、バスルーム。 2階が団らんできるスペースになっており、とても居心地のいいところでした。

私たちも次回グラシオーザ島を訪ねる際は、絶対に風車ホテルに泊まろうと思っています。 ぜひ、airbnb などのホテル検索サイトで空きを調べてみてください!

グラシオーザ島でおすすめの見どころは?

(1)カラパチョ温泉

海に隣接する街、カラパチョ(Carapacho)に、屋内温泉プールがあります。

日本の温泉とはちがい、水着を着用し、男女一緒のプールに入ります。 残念ながら、乳幼児は入ることができず、3歳の娘は特別に足だけつけさせてもらいました。

水温は40度ほどで、暑すぎないので、長く入っていることができます。

また、施設内にはウォーターマッサージなるものがあり、事前に予約をすると個室でマッサージを受けることができます。

写真は撮れなかったのですが、ベッドに横たわり、マッサージの間中、天井に並んだシャワーからひっきりなしに水が流れてきて、水着着用の女性マッサージ師が施術してくれます。水が顔にかかり、あまりリラックスはできないのですが、ユニークな経験になりました。

会社名Termas do Carapacho
住所Rua Doutor Manuel de Sousa Menezes Carapacho 9880-152 Santa Cruz da Graciosa
ウェブサイトhttps://www.visitportugal.com/en/NR/exeres/258CDF67-22E8-4298-A812-62FDC2ED9B47

 

(2)グラシオーザ特産のケーキ

「ケイジャーダグラシオーザ」というアゾレス諸島内どこででも見かけるお菓子は、この島発祥。

星型の一口サイズに焼き菓子です。

島中のいろいろなところで作られているのかと思いきや、発祥のケーキ屋1件のみで作られているそうです。

ケーキ屋の店内はこんな感じ。

パイ生地の中に、スパイスの効いた生地が入っており、かなり甘めのケーキです。

島中のカフェやスーパーで購入可能です。

店名Queijadas da Graciosa 
住所9880-241 São Mateus Graciosa Praia Da Graciosa, Azores
ウェブサイトhttps://www.facebook.com/queijadasdagraciosaoficial/

 

 

 

7位 航海者がはじめてたどり着いたアゾレスの島 サンタマリア島

サンタマリア島とは?

サンミゲル島に隣接している、人口5千人ほどの小さな島。

ポルトガル人の航海者たちがはじめてたどり着いた、アゾレスの島でもあります。

他の島では見ることのできない、開拓時代の家の廃墟があちこちの残っており、当時の情景を想像させてくれます。

サンタマリア島のおすすめの見どころは?

(1)古き良きヨーロッパの街並み ヴィラ・ド・ポルト

島で一番の街。街というにははばかられるような小ささですが、メインストリートには小さな商店やカフェ、レストランが並び、人口5000人の島とは思えない充実ぶりです。

12月にもなると、教会や通りはイルミネーションで彩られ、美しいヨーロッパの街並みです。

名前はわからないのですが、通りにあった1番大きなスーパーマーケットには、小さなカフェスペースがあり、店内で作られた数々のスイーツがショーウィンドウに並んでいます。ここで食べたパステル・デ・ナタ(ポルトガルで定番のエッグタルト)はパイ生地がサクサクで、中のクリームもとてもなめらかで美味しかったです。

エクレアやミルフィーユといった、他のアゾレスの島では見かけないフランス菓子もあり、スイーツ好きとしてはとても興奮しました。

 

(2)赤い砂漠(Barreiro da Faneca)

赤い砂漠と言われるこちらは、その名の通り、一面赤い砂で覆われた土地です。

私たちはしなかったのですが、ハイキングコースもあるので、「砂漠をハイキング」というユニークな経験もできます。

ただ車を近場にとめて見物するだけでも十分楽しめました。

 

6位 チーズの島 サンジョルジェ島

サンジョルジェ島とは?

アゾレス諸島中部に位置し、チーズ産業で有名な島。

自然豊かでのどかな風景が広がり、ドライブしていると各所に絶景ポイントが。「Miradouro」というサインは絶景の写真スポットになるので、このサインを見た際にはぜひ足をとめてみてください!

島の中心地ヴァラス(Velas)にある「サンタバーバラ教会」は18世紀に建てられた、アゾレス1美しい教会と言われていて、必見です。

サンジョルジェ島のおすすめの見どころは?

(1)チーズ工場見学

島内には数件チーズ工場がありどこも見物可能ですが、おすすめは「Cooperativa agricola de lactinios Dos Lourais」というアゾレス最大のチーズ工場です。

予約は必要なく、工場併設のお土産屋兼カフェの店員さんに、ツアーを申し込むと個別に工場内を案内してくれます。

最大のチーズ工場といっても、すべて職人技にのっとった手作業で手間暇かけて作られています。

この工場は、サンジョルジェ島最大の企業であり、最大の雇用を生み出しているそうです。

チーズは、3か月熟成のものから12か月熟成のものまであり、熟成が進むごとにスパイシーさが出てきます。私はちょうど中間の6か月熟成タイプが好みでした。

ヨーロッパ各国をはじめ、アメリカにも輸出しているそうです。

このパッケージを見かけたらぜひお試しください!

会社名Cooperativa agricola de lactinios Dos Lourais
住所
Rua Silveira Calheta, Azores
電話番号295 416 358
ホームページhttps://www.facebook.com/pg/cooplourais/about/?ref=page_internal

 

 

 

(2)ピコ山と夕日

 

サンジョルジェ島とピコ島は隣接しており、天気の良い日はピコ山が眺められます。

サンジョルジェ島はとてものどかな田舎なので、時間を忘れて夕日を楽しむことが最高のひとときです。

夕方、ドライブ中に「Miradouro」という絶景ポイントを見つけたらぜひ足を止めてみてください。のどかな牧草地風景と、ピコ山と海の絶景が待っています!

5位 世界遺産のワイン畑の風景は圧巻! ピコ島

ピコ島とは?

ポルトガル最高峰の山である、ピコ山を擁するアゾレス諸島中部に位置する島。

溶岩を利用したユニークな景観のワイン畑は、「ピコ島のブドウ畑文化の景観」として世界遺産に登録されています。

その畑から作られたワインは「ピコワイン」として、現在ワイン通の間でも徐々に人気を高めています。

ピコ山はその登山コースの厳しさから、乳幼児は入山できないため子連れの私たちは行けませんでした。

カフェで世界中の山を登山しているブラジル人男性と出会ったのですが、彼は富士山も登ったそうですが、ピコ山登山は富士山の何倍も厳しかった。コースもあまり舗装されていないので上級者向き、とのことでした。

ピコ島のおすすめの見どころは?

(1)世界遺産の絶景 ブドウ畑

溶岩を積んだ石垣で区画されたブドウ畑の景観は、今まで見たことのないユニークな景色。

ピコ山をバックに、太陽が降り注ぐ姿には感動を覚えます。

ここで作られたブドウはすべて手摘みされ、伝統的な方法で手間暇かけてワインが作られます。

火山島の厳しい環境の中で、農民たちの知恵と努力の結晶であるワイン畑を実際に見てから、ピコワインを飲んでみると、より感慨深く美味しく感じられました。

 

(2)ワイナリー

私たちが行った「A Buraca Winery」は家族経営の小さなワイナリーでしたが、様々な種類をテイスティングできたり、ワイン製造所内を見物できたり、と楽しかったです。

この樽の中のは、ブドウを足踏みした伝統的な製法にのっとたやり方で作られているそうですが、出来上がったワインは親戚内でのみ分けられるそうです。 親戚内の子供たち総出でブドウの足踏みをしたそうで、毎年子供たちはこの作業を楽しみにしているそうですよ。

会社名A Buraca Winery
住所Estrada Regional, 35 9940-232 Santo Antonio Sao Roque do Pico
電話番号351 292 642 119
ウェブサイトhttps://www.tripadvisor.com/Attraction_Review-g7777550-d10637888-Reviews-Adega_A_Buraca-Santo_Antonio_Pico_Azores.html

 

 

4位 花の咲き誇る島 フローレス島

フローレス島とは?

アゾレス諸島最西端に位置する、人口3千人の島。

ポルトガル語で「フローレス」は「花」という意味で、その名の通り島中に花が咲き誇っています。初夏に訪れる場合は、青やピンク色のアジサイがそこかしこに咲いていて、圧巻の風景です。

他の島々に比べ、街という街がなく、ショッピングやグルメを楽しむことはできませんが、手つかずの自然の美しさは、アゾレス諸島内でも随一です。ハイキングコースがたくさんあり、ハイカーには絶対に行ってほしい島です。

フローレス島のおすすめの見どころは?

(1)森の中の滝群は圧巻!リベイラ・グランデの滝群

こちらはファジャジーニャ(Fajazinha)という小さな街にある、リベイラ・グランデの滝群(Ribeira Grande Waterfalls)です。

短い距離のハイキングをし、たどり着いた先には、湖と20本を超える滝の圧巻の光景です。

フローレス島では民泊をしたのですが、そこの管理人であるロシア人のマリアと私たち家族はすっかり意気投合して、島内を一緒にいろいろ観光してまわったのですが、ここはマリアが島で1番のおすすめの場所といって連れてきてくれたところです。

彼女は時間があってはここにきて、時間を忘れてボーっとするの、と言っていました。私たちもしばらくここで滝を見ながらボーっと時間を過ごしました。3歳の娘は、木の切り株や落ち葉で遊んで楽しんでいました。

 

(2)ピクニックに最適! ポコ・ド・バカリャウ

こちらは、ファジャ・グランデ(Faja Grande)という小さな小さな村にあるポコ・ド・バカリャウ(Poco do Bacalhau)という滝と湖です。

道路から200メートルほどのトレイルを歩いていくと、90メートルの滝が。この湖は入って泳ぐこともできます。

ただし、真夏でも水は氷水のような冷たさ!私は勇気が足りず入りませんでしたが、入った夫いわく「水の中から眺める滝は想像以上の絶景」らしいです。勇気のある方はぜひ!

私たちはここがとにかく気に入って、毎朝チーズとパンと果物を持ってピクニックをのんびり楽しみました。

当時5か月だった娘は、滝の音を聞きながら気持ちよさそうにお昼寝をしていました。

&;

 

3位 世界中の船乗りたちの立ち寄り場 ファイアル島

ファイアル島とは?

 

アゾレス諸島の中でも、その知名度の低さから、何も下調べせず、期待せずに行ったファイアル島。

しかし、その予想は裏切られ、行ってみればカルデラをはじめ、砂丘やマリーナ、有名カフェと、見どころ満載の島。2泊だけしかしなかったのを後悔しました。

 

ファイアル島のおすすめの見どころは?

(1)カラフルなヨットハーバーのある街 オルタ

ファイアル島の中心地である海沿いの街オルタ(Horta)は、世界中の船乗りたちが立ち寄るヨットハーバーがあり、その船乗りたちが記念に描いていく壁画も見どころのひとつです。

ペータースポーツカフェ(Peter Sports Cafe)。船乗りたちが立ち寄る歴史あるカフェ。店内には世界中の国旗が並び、見て眺めているだけでもワクワクします。

店内で自家製ジンを作っていて、そのジンを使ったジントニックは必ず試してください!

ジン好きではないですが、まろやかで飲みやすく、何杯でもいけてしまいました。

 

(2)断崖絶壁に突如現れる砂丘 カペリンホスでショートハイキング

火山の噴火でできあがった島の新しいエリア、カペリンホス(Caperinhos)。火山灰の砂丘のような景色と、黒い火山岩の組み合わせは今まで見たことのないユニークな景色でした。 砂丘の一番高いところまでハイキングすると、海と砂丘と灯台の絶景が待っています。 3歳の子供でも登れる簡単なトレイルです。

 

 

2位 ここは日本!?温泉とお茶の島 サン・ミゲル島

サン・ミゲル島とは?

アゾレス諸島最大・人口の島で、アゾレス諸島中心の島。島内最大の街「ポンタ・デルガーダ(ponta delgada)」には各国から飛行機が到着します。

ヨーロッパで唯一のお茶の栽培地でもあり、温暖な気候からパイナップルやパッションフルーツなどの果物栽培もさかん。

温泉や湖など自然豊かで見どころもたくさんあります。

サン・ミゲル島のおすすめの見どころは?

(1)温泉の街 フルナス

空港から車で40分。フルナス(Furnas)という街に近づくと、山の間からモクモクと湯けむりがあがっている風景が見えてきます。

そう、この町は温泉地。私が行ったのは秋だったので、紅葉と湯けむりとあいまって日本にいるような錯覚に陥りました。

この街にいったら、絶対に絶対にこちらのホテルに泊まってください!後悔はさせません!

Terra Nostra Garden Hotel

 

露天温泉が3種類あり、どれも圧巻。

スケールがすごすぎる!

日本の露天風呂のような小さめの温泉。

ホテルとつながっているお庭は、季節の花や木々、鯉のいる池などゆったり散策するのにおすすめ。

海外の温泉というと、温水プールという感じのところにしか行ったことがなかったので、日本の温泉旅館を彷彿とさせるこちらのホテルでは、心からゆったりとできました。

3歳の娘も温泉に入ることができ、ホテル内にもプレイルームがあり、子連れの私たちにも優しいホテルでした。

私たちは利用しませんでしたが、夜はベビーシッターサービスもあるようです。大人だけでゆっくり温泉を楽しみたいときにありがたいサービスですね。

 

ホテル名Terra Nostra Garden Hotel
住所
電話番号296 549 090
ホームページhttps://www.bensaudehotels.com/terranostragardenhotel/en/

(2)パイナップル農園

アゾレス産のパイナップルは、日本で見かけるパイナップルよりもだいぶ小ぶり。でもその甘さはギュッと凝縮され、今までのパイナップルはなんだったんだ!と驚きました。

そんなサン・ミゲル島産のパイナップルファンの私のたっての希望で行ってきました!

温室で大事に育てられているパイナップル達。月齢ごとにビニールハウスで分けられています。

敷地内のお土産屋で、獲れたてパイナップルが試食できます。

店名Arruda Pineapple Plantation
住所Rua Doutor Augusto Arruda | Faja de Baixo, Ponta DelgadaPonta Delgada, Sao Miguel 9500-454
ウェブサイトhttps://www.ananasesarruda.com/

 

ちなみに、私たちはお茶の農園に行くことはできませんでしたが、ドライブ中にお茶の段々畑を見ては感激しました。

アゾレス諸島内のスーパーやカフェでは必ずアゾレス産のお茶の取り扱いがあるので、ぜひ試してみてください!

紅茶をはじめ、緑茶もありますよ!

 

 

1位 闘牛の島 テルセイラ島

テルセイラ島とは?

諸島内で2番目の大きさ・人口の島。 島の中心地「アングラ・ド・エロイズモ」の街並みは世界遺産に登録されており、「あ~ここもやっぱヨーロッパなんだなあ」としみじみする美しさです。

別名「闘牛の島」というあだ名のとおり、シーズンの5月~10月の間は島中いたるところで闘牛を見かけることができます。(闘牛については後記します)

また別名「エターナルパーティーアイランド」というあだ名もあり、年がら年中何かしらのイベントやお祭りがあります。

牧畜がさかんで、島中牧草地が広がり、放し飼いにされている牛たちの姿には癒されます。ただし、道を普通に牛が歩いているので、運転するときは注意です!

そんなストレスフリーの牛の乳からつくられる乳製品、中でもチーズはとても美味しいです。スーパーには必ずテルセイラ島産のチーズが売っているので、ぜひお試しください。

テルセイラ島でおすすめの見どころは?

(1)闘牛

5月~10月の闘牛シーズンにテルセイラ島に行かれる場合は、絶対に闘牛を見てください!

テルセイラ島では2種類の闘牛があり、闘牛場で行われるものと、街中の道で行われるものとあります。

こちらは「アングラ・ド・エロイズモ(Angra do Heroismo)」という街にある闘牛場。

生バンドの演奏に合わせて、マタドールが馬上から牛を追いかけまわる姿は幻想的。

アングラの中心にもほど近いので、闘牛前後にはぜひ街中へも足を運んでみてください。世界遺産の街並みが待っていますよ!

こちらはもっとも伝統的な、「ストリートブルファイト」、要するに道で行われる闘牛です。シーズン中いたるところで行われており、ケージで運ばれた牛を道に放ち、一般の人々が傘や赤い布を手に牛を追いかけまわす姿を、まわりで見てる人が冷やかしたり応援したりするもので、毎回どこもすごい人だかりです。

旅行者も手軽に参加できるためか、毎年けが人がでているので、まわりで観戦するのにとどめておいたほうが安心です。

(2)フォトジェニックな街 プライア・ダ・ヴィトリア

アングラの次に栄えてる街が「プライア・ダ・ヴィトリア(Praia da Vitoria)」。小さなお土産屋や市場やカフェが並ぶメインストリートとビーチは目と鼻の先。小さいですが、とても可愛らしくて私は大好きな街です。

お気に入りのカフェ。島名物のドナ・アメリアというケーキがおすすめ!香辛料やナッツがふんだんに使われていて、何個でもいけそうな美味しさ。

ビーチ沿いのカフェでのんびりする時間が大好きです。

 

まとめ

さて、アゾレス諸島9島を紹介してきましたがいかがでしたか?

それぞれ少しずつの情報ですが、アゾレス諸島ってこんなところなんだ、行ってみたいな、というように思っていただけたなら嬉しいです。

日本からのアクセスは悪いので、なかなか行くのは難しいかもしれませんが、いつか機会があったらぜひ行ってみてほしい島々です。

のんびり流れる島時間と美しいヨーロッパの街並み、素朴であたたかい人々が待っていますよ!

 

The following two tabs change content below.
メキシコ人の夫と愛娘たちと世界中を旅する ママTRIPLER「YU」

メキシコ人の夫と愛娘たちと世界中を旅する ママTRIPLER「YU」

メキシコ人の夫と2人の娘と世界中を引っ越し&旅行三昧の日々。元パティシエ&日本語教師。旅で何よりも楽しみなのは、そこでしか食べられないローカルフードや地元の人々との交流。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

1 個のコメント

  • こんにちは、YUさん

    一気に読ませてもらいました。(^^)
    こういう身近な生活感が有るレポートって大好きです。
    これからも、マイナーなエリアレポート楽しみにしていますね。

    踊るシニア海外起業家 トニー中田@ケニア在住(明後日から)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です