【軽バンライフ歴1年の経験者が語る】バンライフは軽自動車がベスト?実際の費用を解説!

誰でもできる!VANLIFE【バンライフ】をシンプルに解説!

どうも!はじめまして!

突然ですが、非日常のライフスタイルVANLIFE【バンライフ】をご存知でしょうか?

バンライフはアメリカ発祥のライフスタイルで、住宅に住まず車に住むライフスタイルです。

フリーランス人口が約3分の1と言われるアメリカでは、車に住みたくさんの地域を周りながら、毎日非日常を送っている人たちがいるのです!

車中泊の長期間版と言えるかもです!リモートワークなどの仕事を引き受けながら、車内で作業をしたり、車内で車中飯を食べたり、キャンプ感覚の毎日。

自分の行きたいなと思う場所へ行き、今まで知らなかった日本の魅力に気づくことができたりしますよ!

 

バンライフなぜするの?どこが楽しいの?

僕がVANLIFEをはじめた理由は一つです。同じ毎日が嫌だったし、毎日非日常を味わいたいと思ったからです。

 

18歳のころ、車を買ったので、よく車中泊しながら関西〜九州を旅してました。

それをもっと長期間楽しめたら良いのにな…と思ったのがキッカケです!

 

理由①毎日起きたら景色が変わる

一つ目は、何と言っても毎日起きたら景色が変わることです!

 

標高の高い山で起きて、朝から絶景を眺めたり、海の前で起きて朝から海を眺めたり。

これが最高で、毎日生きてるな!と思う日々が続きます。

 

意外と車中泊できる場所が多く、自分の良いなと思った場所で眠ることができるのが最高です。

 

理由②RPG感覚で、知らない街に行くのがワクワクする

家があると、ある程度休日でも行ける場所が限られてきますが、バンライフであれば、少し移動するだけで、そこは知らない場所です。

 

例えば、滋賀県からスタートして、少しずつ九州へ向けて出発したり、東北の方へ向けて行くことがあります。

日本は小さいようで、かなり広いので、こんな場所が日本にあるんだ!とか、知らない街に行く時がワクワクします!

この感覚は、毎日海外旅行をしているのに匹敵するほどです!

 

理由③家に住むより生活コストがリーズナブル

賃貸アパートなどの家に住むよりも、バンライフの方が生活コストがリーズナブルなことです!

何かと家に住むと、必要の無い物を買うことがありますよね…僕も…

それが無くなります!これだけの物で生きて行くことができるんだ!と実感すると、家無くても生きて行けると実感します。

VANLIFEの費用については、目次5にて解説します!家に住むよりも安いですよ!

 

どうして多くの車種の中でも軽自動車がベストなの?

僕は、当時あまりお金が無かったので、維持費が安く、燃費の良い軽自動車でVANLIFEをしてみようと思いました。

なぜ?軽自動車がベストなのかを解説していきます!

 

理由①燃費が良い!

バンライフをしていて一番生活コストに響くのが燃費です!

遠くに行こうと思えば思うほど、消費するガソリン。

冬であれば車内を温めたり、夏であれば湿気を取ったりするのにガソリンを消費することもあります。

生活コストの半分ほどを燃料代で持っていかれるので、燃費が良いことによって、生活コストを大幅に削減することができるからです!

 

理由②維持費が安い!

 

僕は車好きで、整備ができたので維持費を安くすることができました。

維持費で一般的に挙げられるのが、

・タイヤ交換

・エンジンオイル交換

・各種保険代、2年ごとに必要な車検代

大きな車【大排気量】になるほど、これらの維持費が重くのしかかるようになります。

快適になりますが、生活コストが高くなることを覚えておこう!

 

 

理由③1人程度の十分なスペースを確保可能

軽自動車を選ぶ理由に、ソロのバンライフであれば、十分なスペースだと感じたからです。

僕は、スズキラパンと言う車を使って、バンライフをしていました。

今の車は背が高く、広いスペースの車が多いので、体を伸ばして車中泊することも余裕です!

初めての方は抵抗があるかもしれませんが、一度車中泊を行ってみると、思い込みがぶっ飛び、病みつきになってしまうかもです。

 

 

軽自動車本体、改造費、生活用品などを含む初期費用がいくらくらいかかるの?

さて、VANLIFEを軽自動車で始めてみよう!!と思うと初期費用はどのくらいかかるのでしょうか。

実際に僕がバンライフを始めた時の経験を生かして解説していきます!

 

車体価格を抑えることができれば、格安にバンライフをスタートできますよ!

 

軽自動車の費用

僕は、知人に車関係の仕事をしている人がいたので、格安でスズキラパンを譲ってもらうことができました。

価格は4万円です!

現在は、メルカリやヤフオクにて個人間取引が可能になり、10万円もあれば車検付きの軽自動車を購入することができます。

軽バンなどが狙い目ですし、タントなども安いのでおすすめな車です。

おおよそ10万円程度を見ておけば大丈夫でしょう!

 

ショップでしっかりとした車体を買うと思うと、20万円程度が必要になるでしょう。

 

改造費(内装?)の費用

僕は、そのままバンライフに使ってました。

プライバシーが気になる方も多いと思いますので、太陽光を遮るシェードや、左右のウィンドウタイプのシェードがおすすめ!

他にも、カーテンなどを付けることによって、安心して夜も眠ることができます。

おおよそですが、1万円程度見ておけばプライバシーを守れる車を作ることができますよ!

 

生活用品の費用は?

生活用品についてですが、僕はその地域の食材を楽しむためにちゃんこ鍋をすることがほとんどです。

お鍋に水入れて、具材を入れるだけなので、毎日の料理がとても楽ですよ!

食で必要な物は…

・カセットコンロ

・お鍋

・まな板、簡易的なナイフ

・アルコール消毒剤、調味料、おわん、100均のビニール袋多数などなど

 

衣と住で必要な物は

・冬であればコンパクトな布団、ウレタン製のクッションなど

・服は、ユニクロなどのTシャツ7枚、ボトムス7枚程度を常備【コインランドリーで洗濯乾燥】

↑ユニクロの軽量でコンパクトな上着は、冬に重宝しますよ!

 

おおよそ2万円程度予算があれば大丈夫です!

 

バンライフ中のおおよその1日の生活費、交通費、ガソリン代などなど

バンライフの1日にかかる生活コストはどのくらいなのか?このコストによって、月いくら必要なのかが見えてきます!

1ヶ月バンライフをすると、大体のコストが判明してきます!

 

食費

食費に関しては、人それぞれの食べる量や、食べ方によって結構変わると思います。

僕がバンライフしていた時の食費は、1日あたり1000円までと決めていました。

 

内訳を見ていくと

・朝は、スターバックスでコーヒーを飲みカツを入れながら作業をします。【約300円】

・昼は、ほっかほっか亭などのお弁当を食べます。【約300円】←昼は抜くことが多かったです!

・夜は、野菜や豚肉、鶏肉などをスーパーで購入して、車中飯をします。【約400〜700円】

 

ざっと見てみると、1日あたり1000円で可能です。最初は2000円程度見ておくと良いかもしれません。

慣れない内は、無駄が多く、食べれない分まで買っていた時期があったからです。

節約しやすい項目と言えますよ!

 

ガソリン代

ガソリン代については、移動距離に比例します。

たくさん移動することが多い方は、その分ガソリン代がかかってきますよ!

 

僕がVANLIFEしていた時の、ガソリン代はこちらです!

・200km程度移動する日は:1400円程度

・その地域を20km程度移動する日:140円程度

となります!

バンライフする車の燃費によって、大きく変動する費用となります!

 

メンテナンス費用

メンテナンス費用は必要最低限で考えると

・エンジンオイル交換費用【費用は車の排気量により変化】

おおよそ2000〜5000円程度【半年に一回】

 

・タイヤ交換費用【車の大きさによって変化】

おおよそ1万〜10万円程度【2年に一回】タイヤの溝が無くなり次第

 

が挙げられます!

 

他にも、もしもの際にJAFなどに入っておくと安心です。

年会費6000円程度で、車が動かなくなっても整備工場まで運んでもらうこともできます!

任意保険にロードサービスが入っていれば、安心できますよ!

 

 

まとめ

 

海外に行って見たいけど、少し抵抗がある。なんて方におすすめな非日常のライフスタイルがVANLIFEです!

毎日が違って、自分のペースに合わせて、ライフスタイルを送ることができる!

 

僕は「アイデアは移動距離に比例する」という言葉が好きで、そのまま実行したところ、一つ気づいたことがあります。

考えている時間があったら、遠くへ行く。遠くへ行けば行くほど、環境が変わり、自分の中に変化が現れた。

今、急いで生きている人にもおすすめ。家に居るより、思考が深まりやすいです!

ぜひ、バンライフにチャレンジして見てくださいね。物足りない毎日を輝かせよう。

The following two tabs change content below.
世界をみて価値観を広げたい!新しい生き方を模索中TRIPLER 竜大

世界をみて価値観を広げたい!新しい生き方を模索中TRIPLER 竜大

はじめまして!VANLIFE、海外バックパッカーなど旅しながら生きるライフスタイルを提案している竜大です。 僕の夢は、夢や目標を持った人たちが集まるシェアハウス、コミュニティを作ることです。 志が強ければ、強いほど孤独になるのを実感しました。しかし、僕だけでは無いはずです。 みんなが高め合える。そんなWINWINなコミュニティを作り、若い人たちにもっと人生を楽しんでもらいたいです。それがいつか、日本の力にもなると思うからです。 プロフィールの詳細はこちら
世界をみて価値観を広げたい!新しい生き方を模索中TRIPLER 竜大

最新記事 by 世界をみて価値観を広げたい!新しい生き方を模索中TRIPLER 竜大 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

世界をみて価値観を広げたい!新しい生き方を模索中TRIPLER 竜大

はじめまして!VANLIFE、海外バックパッカーなど旅しながら生きるライフスタイルを提案している竜大です。 僕の夢は、夢や目標を持った人たちが集まるシェアハウス、コミュニティを作ることです。 志が強ければ、強いほど孤独になるのを実感しました。しかし、僕だけでは無いはずです。 みんなが高め合える。そんなWINWINなコミュニティを作り、若い人たちにもっと人生を楽しんでもらいたいです。それがいつか、日本の力にもなると思うからです。 プロフィールの詳細はこちら