【食べて祈って学んで】金沢おすすめの観光地とグルメ28選

どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドTRIPLER「Coba」

宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。⇒プロフィールの詳細はこちら

金沢駅の鼓門や21世紀美術館など、国内の旅行先として人気の金沢。

Cobaがタスマニアにいた時、姉が「金沢旅行してくるわ~」とか言うもんで、思わずタスマニアから向かってしまいましたw

長い時間をかけても、行って良かった♪と思えるくらい、とても素敵な場所でした。

美味しいもの、楽しい場所、歴史的にも見ておきたい場所がいっぱいです。

ここでは、絶対、押さえておきたい観光スポットと、美味しい金沢グルメをご紹介します☆

この記事の目次

金沢で絶対行くべき!おすすめ観光スポット

金沢おすすめの観光スポットは、どこも金沢駅からバスや徒歩で行ける場所ばかり。

観光スポット同士の距離が近いので、とっても周りやすいです。

1.世界の美しい駅に選ばれた“金沢駅”

金沢に観光に来たら、必ず目にするでしょう!

 

金沢の玄関口、金沢駅

 

正面にある、インパクト抜群の巨大な門が『鼓門』

金沢の伝統芸能に使われる鼓をイメージしています。

東広場のガラスのドームは『もてなしドーム』と言って、雨傘をイメージしているそうです。

Coba
世界で最も美しい駅にランクインするというだけあって、とっても綺麗でした~

金沢駅

JRホームページ https://www.jr-odekake.net/eki/top.php?id=0541449

2.金沢ーの観光名所“兼六園”

金沢といえば、兼六園ですよね!

日本三名園のひとつです☆

百万石・前田家の庭園として造られました。

日本の特別名勝にも指定されていますよ。

テレビなどでも度々登場しますが・・・思っていた以上に広くてびっくりw

Coba
とっても気持ちの良い場所なので、ゆっくり歩いていたら、あっという間に時間がすぎてしまいます。

兼六園

アクセス 金沢駅前バス乗り場東口3番、西口5番に乗って『兼六園・金沢城』へ。バス停から徒歩2分
入園料 大人310円、小人(6~18歳)100円
開園日 年中無休
開園時間 3月1~10月15日7:00~18:00

10月16~2月末日8:00~17:00

ホームページ http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html

3.金沢の歴史を感じる“金沢城・金沢城公園”

金沢城の城址を整備して作られたのが、金沢城公園

歴史に疎いわたしは、天守閣はどこ!?ってなってましたが、1602年に落雷で焼失したらしいですw

五十間長屋や菱櫓、橋爪門続櫓などの歴史的建造物は、復元されていて、現存する石川門や三十間長屋などは、重要文化財になっているとのこと。

Coba
夜に行くと、ライトアップがとっても綺麗ですよ☆
金沢城公園

アクセス 金沢駅前バスで『兼六園・金沢城』へ。バス停から徒歩2分
入園料 無料

※菱櫓・五十間長屋・橋爪門続櫓の入館:大人310円、小人100円

開園日 年中無休
開園時間 3月1~10月15日7:00~18:00

10月16~2月末日8:00~17:00

ホームページ http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/japanese/top.html

4.金沢の小京都“ひがし茶屋街”

金沢市内に3つある茶屋街の中で、最も広いのが、ひがし茶屋街

明治時代の古い建物が残る街並みは、国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されています。

まさに、『街並みの文化財』なのです!

Coba
金箔ソフトや古いお茶屋さんなど、金沢の人気グルメやショップの多くもここにあります。

インスタ映えスポットでもありますね☆

ひがし茶屋街

アクセス 北鉄バス・西日本JRバス『橋場町』へ。バス停から徒歩10分

5.落ち着きのある“にし茶屋街”

歩いて5分くらいで、通り抜けれてしまうほど小さな、にし茶屋街

ひがし茶屋街と違って、とっても静かで落ち着いています。

 

古い町並みにマッチした、お土産屋さんやカフェもあって、雰囲気がとっても良いです。

周辺に観光スポットもいくつかあるので、休憩がてら散歩してみてくださいね。

Coba
金沢には、3つの茶屋街があります。もう一つは、主計茶屋街です。そちらは、とっても小さな地域なので、ボランティアガイドさんと軽く歩いてみると良いですよ♪

にし茶屋街

アクセス 金沢駅からバスで『広小路』へ。バス停から徒歩3分。

6.国指定文化財のあるお茶屋の建物“志摩”

1820年に建てられた時の姿で残る、お茶屋の建物の志摩。

お茶屋の独特な造りの建物内を見学できます。

志摩

アクセス 金沢駅からバス『橋場町』へ。バス停から徒歩5分。
入館料 大人500円、中学生以下300円
開館時間 9:00~18:00
開館日 年中無休
ホームページ http://www.ochaya-shima.com/

7.黄金の蔵があるショップ“箔座・本店”

金箔の工芸品やアクセサリー、小物などを販売しているショップ、箔座

ここには、金箔を張り巡らせた、黄金の蔵があります!!

外装もゴールドに光ってますよ☆

黄金の蔵は、常時公開されています。

箔座・本店

アクセス 金沢駅からバスで『馬場児童公園』へ。バス停から徒歩2分。
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
ホームページ https://www.hakuza.co.jp/

8.雰囲気たっぷりの石畳通り“武家屋敷跡”

加賀藩の武家屋敷があった地域。

資料館や日本庭園のある屋敷もありますが、歩いて通るだけでも楽しめます。

土塀と石畳の路が連なっていて、とっても風情ある場所ですよ☆

武家屋敷跡

アクセス 近鉄バスで『香林坊』へ。バス停から徒歩5分。
武家屋敷跡・野村家のホームページ http://www.nomurake.com/

 

9.非日常感あふれる近代アート“金沢21世紀美術館”

ここ最近の金沢の人気観光地といえば、金沢21世紀美術館でしょう!

公園のような美術館というコンセプト通り、広々とした広場になっています。

外にも、五感で楽しめるアートがたくさんあるんですが、

人気なのは、やっぱり不思議な感覚のプールですね!

金沢21世紀美術館

アクセス 金沢駅よりバス『香林坊(アトリオ前)』へ。バス停から徒歩5分。

※路線バス以外にも、周遊バス、まちバス、兼六園シャトルなどでアクセス可能。

入館料 交流ゾーン:無料

展覧会ゾーン:有料(料金は内容や時期によって異なります)

開館時間 交流ゾーン9:00~22:00

展覧会ゾーン10:00~18:00(金・土は22:00まで)

休館日 交流ゾーン:年末年始

展覧会ゾーン:月曜日(休日の場合は直後の平日)、年末年始

ホームページ http://www.kanazawa21.jp/

10.伝統工芸なら“石川県立美術館”

21位世紀美術館は、近代アートですが、石川県ゆかりの工芸品を見るなら、石川県立美術館

加賀友禅や九谷焼など、たくさん展示されています。

Coba
ちなみに、辻口シェフのカフェ(ルミュゼドゥアッシュKANAZAWA)もここにあります。

私の目的は、カフェのケーキでしたがw

工芸品などが好きな方には、素晴らしい場所だと思います。

石川県立美術館

アクセス 金沢駅からバス『広坂・21世紀美術館(石浦神社向かい)』バス停から徒歩5分。または『出羽町』のバス停から徒歩5分。

兼六園シャトルでもアクセス可能

入館料 一般360円、大学生290円、高校生以下無料

※企画展は別途料金が必要。

開館時間 9:30~18:00(入場は17:30まで)
休館日 展示室は展示替え期間と年末年始に閉室。※ホームページの年間スケジュール要確認。
ホームページ http://www.ishibi.pref.ishikawa.jp/

11.忍者寺と呼ばれる仕掛けだらけの“妙立寺”

迷路みたいな構造に、たくさんの仕掛けがある妙立寺

落とし穴や隠し階段などなど、興味津々になる仕掛けがあって、まさに忍者寺です。

数人のグループで、説明を受けながら見学しますよ。

Coba
この時は、その場で予約して見学しましたが、寺の敷地には、観光客がたくさんいたので、事前予約の方が安心かもしれないですね。
アクセス 金沢駅からバス『広小路』へ。バス停から徒歩2分。
拝観料 大人1000円、小学生700円

※未就学児の拝観不可。

拝観時間 9:00から30分ごとに説明案内開始。

最終入場は16:30(冬季16:00)

休み 1月1日と法要日
ホームページ http://www.myouryuji.or.jp/

12.ステンドグラスが可愛い“尾山神社”

夜にライトアップされた姿が、とっても可愛い尾山神社

ステンドグラスとお寺のコラボが素敵すぎます!

国の重要文化財に指定されていて、本殿もなかなか立派ですよ☆

尾山神社

アクセス 金沢駅から近鉄バス『南町』バス停から徒歩3分。
休み 無休
ホームページ http://www.oyama-jinja.or.jp/

13.芋堀藤五郎伝説と学業成就の“金澤神社”

学問の神様・菅原道真を祀る学問成就の金澤神社

小さく連なる奉納鳥居が可愛いです。

しかし、入ってすぐに私の目を奪ったのが『金城霊沢

芋堀藤五郎って誰!?w

芋を掘って金を得た人かと思いきや…砂金を洗った人!?w

調べてみると、自然薯を掘って暮らしていたっぽいです。

金沢では、よく知られた伝説のようで、“金沢”の地名発祥伝説ゆかりの人みたいですよ~

芋堀藤五郎については、金沢市のホームページに、物語がありました☆

金澤神社

アクセス 兼六園の敷地内になります。金沢駅からバス『成巽閣前』バス停からすぐ。

兼六園シャトルバスでもアクセス可能。

ホームページ http://kanazawa-jj.or.jp/

14.可愛いキャラクター・きまちゃんの“石浦神社”

みなさん、“きまちゃん”はご存知でしょうか?

石浦神社の公式キャラクター犬です!w

石浦神社は、金沢最古の神社で、とっても趣があるのですが、なんといっても、きまちゃんが可愛くて。。。。w

きまちゃんの人形付き、おみくじを引かずにはいられません♪

鳥居には、ハートがあるし、とっても可愛い神社です☆

 

Coba
きまちゃんのお守りは、もちろんですが、石浦神社のお守りなどのグッズは、とっても可愛いので、おすすめです!
石浦神社

アクセス 金沢駅からバス『香林坊(アトリオ前)』バス停から徒歩5分。

城下まち金沢周遊バス、ふらっとバス、まちバス、兼六園シャトルでもアクセス可能。

ホームページ http://www.ishiura.jp/keidai/index.html

15.願掛けするなら“香林寺”

たくさんのパワースポットがある金沢ですが、特に人気があるのが、香林寺

願掛寺と呼ばれています!!

しかも、どんな願いでもOKらしいですよw

寺の庭には、『幸福の道』があって、十二支の像が並んでいます。

本堂で、タスキに願い事を記入して、指示に従って、自分の干支に願掛けです!!

Coba
なんだか楽しいし、願いが叶いそうな感じがハンパないですね☆
アクセス 金沢駅から『広小路』バス停から徒歩3分。
拝観料 大人500円、中学生以下400円
拝観時間 9:00~16:30
休門日 法要日、年末
ホームページ http://www.kourinji.jp/index.html

金沢の台所・近江町市場で食べ歩きグルメ

金沢で美味しいものを食べたいなら~近江町市場が一番♪

金沢の美味しいものが、集結していますよ☆

近江町市場の地図

16.金沢といればコレ!豪華で迫力満点“海鮮丼”

金沢と言えば~海鮮丼ですよね~~~~~!!!

近江町市場散策していたら、新鮮な魚介類がたくさん並んでいるので、絶対食べたくなりますよ♪

 

海鮮丼のメニューがあるお店は、お昼時、どこも並んでいます!

私は、『海鮮丼家 ひら井』さんに並んで、特選海鮮丼を頂きました☆

Coba
お店の雰囲気も良いし、とっても美味しいかったで~す!!!!!
海鮮丼家 ひら井

営業時間 11:00~15:30 土日祝10:30~
定休日 水曜、元旦
ホームページ http://kaisen-hirai.com/index.html

 

17.意外と美味しい金沢名物“どじょう蒲焼”

ウナギのかば焼きは、どこでも見かけますが・・・

金沢なら、どじょうの蒲焼でしょう!

金沢では、かなり一般的らしいです。

Coba
お値段もリーズナブルで、その場で、1本買って食べちゃいました♪

うなぎよりアッサリした感じで、美味しいです☆

『のざきの焼魚』さんで頂きましたが、近江町市場内で、何度か見かけましたよ。

のざきの焼魚

営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜日
ホームページ http://nozakinoyakizakana.amsstudio.jp/

 

18.鮮度抜群!そのままいただく“生オレンジジュース”

市場ならでは!!と驚いたのが、生オレンジジュース

中身を丸ごとくりくり抜いたオレンジに、ストローが刺さっています。

 

鮮度もインパクト抜群なので、インスタ映えしそうですね☆

Coba
オレンジ以外にも、メロンやグレープフルーツもあります。

新鮮なフルーツや、おやつにぴったりなカットフルーツも♪

フルーツ坂野

営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜、祝日
ホームページ http://fruits-sakano.amsstudio.jp/002.html

 

19.市場から届ける美味しいお土産“甘エビなどの鮮魚”

近江町市場には、新鮮な海の幸が集まっています~!

どこのお店も、超賑わい!

せっかくなので、甘えびを一箱、実家へ送りました☆

帰宅してからも、美味しいを堪能できるなんてw

Coba
お店は、多々ありますので、気になったところで!

喜ばれること間違いなしですよ♪

美味しい!可愛い!美しい!オシャレな金沢グルメ

金沢は、海鮮だけではないです!

オシャレで、可愛くて、女子が喜ぶスイーツがいっぱいです♪

金箔が有名ということもあって、美容や健康によさそうな喜び倍増スイーツもありますよ。

20.大人気の輝くスイーツ“金箔ソフトクリーム”

金沢にきて、このスイーツを食べない人はいない!くらい人気!

金箔が一枚、贅沢に添えられる、金箔ソフトクリーム

金箔が添えられる瞬間は、動画でどうぞ!w

金箔は、美容にも良いと言われているので、喜びも倍増w

ソフトクリームの味も濃厚で、とっても美味しいですよ☆

Coba
『箔一』さんの店内は、金箔を使った商品がたくさん並んでいます。

箔一・東山店

アクセス ひがし茶屋街内。バス停『橋場町』から徒歩5分。
営業時間 9:00~18:00
定休日 年中無休
ホームページ https://kanazawa.hakuichi.co.jp/

21.美容に効果あり!?“金箔入りビネガードリンク”

黄金の茶室があるショップとして、先にご紹介した『箔座』さんのショップ内にある『美チャージバー

こちらでは、美に特化したドリンクがいただけます!

旅疲れの体をシャキっとさせてくれるうえに、金箔入りで美容効果アップ♪

ビネガー以外にも、柚子や生姜を使ったドリンクもありました。

落ち着いた店内で、まさに、美チャージ!

箔座・美チャージバー

アクセス ひがし茶屋街内。バス停『橋場町』から徒歩3分。
営業時間 9:30~18:00(冬季17:30まで)
定休日 無休
ホームページ https://hakuza.co.jp/shop/chayabijin/bar.html

22.有名パティシエのスイーツ“LE MUSEE DE H KANAZAWA”

石川県出身の有名パティシエ・辻口博啓の、美味しいスイーツを味わえるのがル、ル・ミュゼ・ドゥ・アッシュ

カフェは、石川県立美術館の中にあって、雰囲気も最高。

金沢をイメージした限定メニューやお土産もあります!

Coba
金沢駅の百番街にも、販売店舗があったので、そちらで、金箔のかかったシュークリームもいただきました☆

こちらも美味しかったですよ~♪

LE MUSEE DE H KANAZAWA

アクセス 石川県立美術館内。バス停『広坂・21世紀美術館(石浦神社向かい)』または『出羽町』から徒歩5分。
 営業時間  10:00~19:00(18:30 L.O)
 定休日  年中無休
 ホームページ  http://le-musee-de-h.jp/

お土産におすすめな金沢グルメ

たっぷりと観光・グルメを楽しんだら、喜びを分かち合いたいですよね!

可愛いお土産や老舗の味など、金沢には、お土産にしたいものが、いっぱいありました☆

幅広い年代に対応できるお土産グルメをご紹介します!

33.お店もパッケージも可愛い“甘納豆”

にし茶屋街にある、『甘納豆かわむら

いろんな種類の豆を使った、甘納豆が置いてあります。

店内もシンプルでとっても可愛く、なんといっても、パッケージが可愛いので、お土産にピッタリ!

どの甘納豆もとっても美味しいので、色んな種類を試してみてくださいね。

甘納豆かわむら

アクセス にし茶屋内。『広小路』バス停から数分。
営業時間 9:30~18:00、日祝17:00まで
定休日 毎月第1火曜日
1ホームページ http://kawamura.luna.weblife.me/index.html

24.上品な老舗の味“落雁(らくがん)”

江戸時代末期、嘉永2年に創業した老舗『諸江屋

歴史的な加賀銘菓を販売しています。

にし茶屋街の入り口にあるので、絶対に目に入ります。

上品な味の和菓子は、高級感もあって年配者へのお土産にピッタリ。

落雁 諸江屋

アクセス にし茶屋街に入ってすぐ。
営業時間 9:00~19:00
定休日 元旦
ホームページ http://moroeya.co.jp/

25.老舗の懐かしい味“俵屋のあめ”

金沢で一番古い、あめ屋さん『俵屋

天保元年創業の老舗です。

穀物の自然の甘味を感じられる、昔ながらの味。

「じろあめ」、「あわあめ」が、私のオススメ☆

木の棒ですくって、びよ~んと伸ばして、くるくる巻き付けていただきます♪

年配者には懐かしいけど、若者にはオモシロイかも。

飴の俵屋

アクセス 金沢駅から徒歩20分。バスの場合は『小橋』で下車。
営業時間 9:00~18:00
ホームページ http://www.ame-tawaraya.co.jp/index.html

26.和スイーツも美味しい“加賀麩”

こちらも金沢の老舗の味!加賀麩の『不室屋

麩といえば、お吸物に入っているイメージですが、麩を使った和スイーツも外せません。

生麩の田楽やぜんざいは、日本人がほっこりする味ですよね。

パッケージがとっても可愛い色合いのものも多く、おやつ麩はカレー味やチーズ味もあって、麩のイメージが一新しました☆

加賀麩 不室屋

アクセス 金沢駅から徒歩15分。近江町市場の近くです。『武蔵が辻』バス停から徒歩1分。
営業時間 9:30~18:30
ホームページ http://www.fumuroya.co.jp/index.html

27.ティーバッグでも味わえる“加賀棒茶”

金沢駅で、お土産探し中に、一息入れようといただいたのが、『丸八製茶場』さんのお茶でした。

金沢といえば、番茶!特に、加賀棒茶が有名です。

お茶をいれてくれたカップが可愛かったので、おっ!っと思ったら、可愛いパッケージが並んでいました。

お茶屋さんは、茶葉ばかりかなと思ったら、ティーバッグの商品もあるんで、お土産に便利です。

丸八製茶場 金沢百番街店

アクセス 金沢駅・百番街「案と」内。
営業時間 8:30~20:00
ホームページ http://www.kagaboucha.co.jp/

28.湯涌温泉の天然水サイダー“柚子乙女”

柚子乙女』には、金沢市内散策中に、~「のどが渇いた~」といって、入ったオシャレなギフトショップ『[g]ift』で出会いました☆

ほどよい柚子の風味のサイダーが、サッパリしていて、とっても美味しい♪

パッケージもなんだか素敵。

Coba
このショップは、北陸の魅力を集めたギフトショップになっていて、北陸の可愛い・オシャレなギフトがたくさんありましたよ。
[g]ift

アクセス 21世紀美術館の近く。『香林坊(アトリオ前)』バス停から徒歩5分。
営業時間 10:00~18:00
定休日 月・火(祝休日の場合は翌平日)、年末年始
ホームページ http://www.gift-hokuriku.jp/

金沢ライトアップバスもおすすめ

土曜の夜の観光なら、ライトアップバスがオススメです。

昼間とは違った雰囲気の金沢市内を楽しむことができます。

 

好きなところで、途中下車しながら周りますよ~。

バスの時間をチェックしながら、効率よく散策しましょう!

そして、ひがし茶屋街などには、「まいどさん」と呼ばれる観光ガイドさんが立っています。

ガイドさんの説明を受けながら散策することで、新しい発見があるかも!!

金沢ライトアップバス

運行日 毎週土曜日
料金 ライトアップバス専用フリー券:大人500円、ことも250円
乗車券の購入場所 近鉄駅前センター、交通案内所内近鉄グループ案内所、片町サービスセンター、金沢市内のホテル(一部)
ホームページ http://www.hokutetsu.co.jp/tourism-bus/lightup

私も金沢城のライトアップも、夜の茶屋街散策も金沢ライトアップバスを利用させてもらいました☆

まとめ

タスマニアから急遽向かったこともあり、写真に写るCobaはボサボサ頭の疲れ顔ですが・・・

とっても楽しかったですよ!!!!!!

見るところもたくさん!美味しいものもたくさん!!

国内の人気観光地なのが、実感できました~☆

最後に、起き上がりの絵付け体験もオススメしておきますw

時間が許す限り、見て食べて楽しんでください♪

The following two tabs change content below.
どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドTRIPLER「Coba」

どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドTRIPLER「Coba」

宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です