城ガールが行く!愛すべき日本の宝・熊本城と熊本絶品グルメの旅!

古き良き日本を撮り続ける!城ガールTRIPLER:もちみ

看護師であり歴女。幼少期より大河ドラマや時代劇が大好きで、萩原さちこさんの本に出会い、城ガールの道へ。100名城を中心に日本各地を巡りながら、古き良き日本の風景を撮り続けています。日本の歴史・お城の魅力を伝えるため日々奮闘中。お城の写真展を開くのがひそかな野望。
⇒プロフィールの詳細はこちら

みなさまこんばんは、もちみです。

姫路城の投稿見ていただけましたか?

この記事を見て、少しでもお城の魅力を感じてもらえたら嬉しい限りです(#^.^#)

今回は、愛すべき日本の宝・熊本城の魅力と熊本絶品グルメをご紹介します★

 

熊本城に行く前に。

熊本城までどうやって行こう?

 

汚い字でごめんなさい。笑

皆様もご存知の通り、熊本県は九州のひとつ。東京から約1200キロも離れています。

とても遠く感じますが、東京から熊本まで飛行機なら約2時間弱で到着します!

文明の力ってすごいですね。

さて、熊本と言えば…やっぱりアイツ。

 

 

そう、くまモンですね。笑

阿蘇くまもと空港には、くまモンがいっぱい。さすが熊本のアイドル。

さて、空港から熊本駅までは、リムジンバスで向かいます。1時間くらいでしょうか。

駅から熊本城へは、周遊バスの「しろめぐりん」で行くことができます。

しろめぐりんは、熊本の観光地をぐるっと回ってくれるレトロで可愛い便利なバスです!

ぜひ一度は乗っておきたいものです☆彡

 

熊本空港リムジンバス→https://www.kyusanko.co.jp/sankobus/airport/limousine/

しろめぐりん→http://www.shiromegurin.com

 

 

 

おや?と思った方。

実は、しろめぐりんでも熊本城まで行けるのですが、私は路面電車をチョイスしました!

路面電車に乗ったことがなかったので、ぜひ一度乗ってみたくて…♡

すごくよかったので、東京にも作ってほしい。(電車大好きもちみさん。笑)

路面電車は車と共存出来ないのではないか、と一時存続の危機に陥ったこともあるそうですが、こうして熊本の街に残り、愛されて続けているそうな。

エピソードも素敵でした。

 

 

 

あいにくの天気でしたが、路面電車から見える熊本城もまた格別。

終始大興奮でした\(^o^)/

 

 

城好きにはたまらないキャッスルホテルの魅力

 

皆さま、「キャッスルホテル」をご存知でしょうか?

ホテルの一室からお城を見ることができる、お城好きにはたまらないホテルです。

この写真もホテルから撮りました(#^.^#)

ライトアップしているので夜でもちゃんと見えますよ!

 

もちみ
キャッスルホテルは大坂、名古屋、姫路、彦根などなど、日本全国の有名なお城の近くにある事が多いです。

1泊朝食付きで8000円台から泊まれて、素泊まりなら6000円台で泊まれるみたいです!

お城が見える部屋と見えないお部屋があるので、予約の時にお城が見える部屋を選ぶと◎

 

 

 

ロビーには熊本城の絵が飾られています!素敵(*^o^*)

お部屋で休んでいる時もお城が見られるなんて、最高の贅沢。こんな楽しみ方もアリではないでしょうか?

朝起きたらすぐにお城に行けるので、交通の便も良しです!笑

 

 

いざ、熊本城へ!

熊本城ってこんなところです

 

熊本城は加藤清正が作り上げたお城。

加藤清正といえば、9歳から豊臣秀吉に仕えた忠実な家臣の一人。

そして、築城名人としても有名なんです〜☆

ご立派な熊本城ですが、その天守は外観復元天守。コンクリートで造られています。

幕末の西南戦争でお城が焼かれてしまったからです。残念。

西南戦争といえば、西郷隆盛。今年の大河ドラマ「西郷どん」の主役ですね。

大河ドラマ好きな私としては、鹿児島にもいつか行ってみたいものです(*^▽^*)

 

熊本城で見るべきおすすめポイント!

壮大な石垣づくりの天守

 

熊本城最大の魅力といえば、空に向かって美しい曲線を描く「清正流石垣」が見ものです。

この曲線美は「扇の勾配」によって作られています。

熊本城の天守の石垣は、地面から半分くらいまでは緩やかなカーブを描いていますが、そこから先は一気に角度がつきます。

これは美しいだけでなく、石を高く積み上げた時に崩れにくくするための工夫です。

また「武者返し」とも言われていて、武士が上りにくく攻めにくい利点があります。

 

 

 

どアップで写真を撮ったので、わかりにくかったらごめんなさい(´;Д;`)

何はともあれぜひ実物を見に行ってみてください!笑

 

現存している宇土櫓は必見です

 

熊本城には第3の天守と呼ばれる現存の櫓(やぐら)があります。それが「宇土櫓」

この宇土櫓は西南戦争の戦火を潜り抜け、なんと約400年もその姿のまま残っているのです!

中に入った時の何とも言えない重厚感と、どこか懐かしさを感じさせてくれる建物です。

これは私の感覚なのですが、昔からある建物って独特の匂いがするんですよね。私はそれがたまらなく好きです。笑

 

もちみ
ちなみに櫓(やぐら)とは倉庫のような場所で、昔は武器庫として使われていました。

他にも籠城戦(お城にこもって戦う)に備えて食料を蓄えてあったり、その使用用途は様々です。

何はともあれ、ぜひ中に入ってその雰囲気を味わってください(^O^)/

 

 

違う角度からお城が見られる加藤神社

 

加藤神社はその名の通り加藤清正を祀っている神社で、熊本城の中にあります。

この場所からは、先ほどご紹介した宇土櫓と天守をセットで見ることができます。とても贅沢。

熊本城の石垣・天守の大きさがよくわかる、絶好のおすすめスポットです!!!

神社にお参りしつつ、違う角度からの熊本城をお楽しみあれ(^_-)-☆

 

熊本の絶品グルメ♡

本場の熊本ラーメン!

 

とんこつラーメンの本場、福岡県久留米市から伝わった熊本のとんこつラーメン。

写真で見るとやはりこってりな感じですが、スープを鶏ガラでとっているので意外としつこくないお味です。

麺は少し太めの中太縮れ麺で、スープが麺によく絡む!美味でございます!!!笑

ラーメン大好きなので、全国ラーメン食べ歩き旅も計画しようかな~(≧▽≦)♥

東京にも熊本ラーメンのチェーン店はいくつもありますが、本場の熊本ラーメンをぜひ堪能してください!

名称桂花ラーメン本店
所在地熊本県熊本市中央区花畑町11-9 K-1ビル1F 
アクセス熊本市営バス「市役所前」から徒歩2分
熊本市電「熊本城・市役所前」から徒歩3分
営業時間【月~木】
11:00~23:45(L.O)
【金・土】
11:00~翌1:45(L.O)
【日】
11:00~20:00(L.O)
備考45席(カウンター、テーブル席)
駐車場なし
サイト

 

熊本といえばやっぱり馬刺しです

 

熊本といえば馬刺しを忘れてはいけません。

元々馬刺しは苦手で、お腹とか壊したらどうしようとか思っていました…( ;∀;)

しかしながら、熊本で食べた馬刺しはとても新鮮で、臭みも少なくめちゃウマ!!!

握りもお口の中でとろけていきました。美味しくて涙が出そうだった。笑

 

 

定番の桜納豆。

この組み合わせ考えた人本当にすごいなあ…

私はお酒が飲めないのですが、日本酒もたくさんありました!!!

馬はお酒のつまみに合うはず。笑

馬肉が食べられるお店はたくさんありますが、私が行ったのはココ。

名称城見櫓
所在地熊本県熊本市中央区花畑町1-10熊本城長塀前
アクセス【電車でのアクセス】
市電「市役所・熊本城前」より徒歩5分
【バスでのアクセス】
「市役所前」より徒歩3分、「交通センター」より徒歩5分
営業時間11:30~14:00(オーダーストップ13:30)
17:30~22:00(オーダーストップ21:00)
備考全フロア完全予約制
定休日 月曜日(月曜が祝日の場合は翌日)、年末年始
サイト

このお店は熊本城に近く、お店から熊本城を眺めることができます。お城づくし最高(^^)☆

 

 

熊本の知る人ぞ知るいきなり団子!?

 

私は熊本に来て初めて知ったのですが、熊本では有名な「いきなり団子」

お客さんが急に来てもいきなり作れるっていう意味のお団子らしいです。(諸説あり)

熊本城の中にも売っていたので、一口パクリしました)^o^(

城めぐりに疲れたら、甘いものでゆっくりお休みくださいませ。

もちみ
「いきなり団子」は熊本の伝統和菓子。

一方で、一般のご家庭でも作られているポピュラーなお菓子です。

輪切りにしたサツマイモとあんこがお餅で包まれています。女子はこの味好きだと思う。笑

あんこが桜餡だったりと、種類も豊富ないきなり団子。熊本に行った折にはぜひ食べてみてください!

 

名称華まる堂
所在地熊本県熊本市本丸1-1 
アクセス熊本城の入り口にあります
営業時間8:30~17:00
備考定休日なし(年末年始はお城が開いていないので休み)
サイト(食べログ)

 

まとめ

 

熊本といえば、2016年に大地震がありました。皆さまも記憶に新しいかと思います。

実はこの旅、震災が起きる前に行っていたので、震災直後のTVのニュースで熊本城の石垣を見た時は本当にショックでした。

ちなみにこの写真は、昨年度末に行われた「お城EXPO2017」というイベント会場のコーナーで撮ったものです。

震災直後すぐ熊本に行くことはできませんでしたが、募金をしました。

その時送られてきたのが、この手形。

 

 

募金をしたら熊本城の一口城主になれました。城主になれるって嬉しすぎる。笑

だけど、なんだかやりきれない。

もっともっとお城たちに貢献していきたいのに、できていない自分が悔しかった。

震災からだいぶ時間がたってしまいましたが、今でもお城の復旧活動は続いています。

熊本城の復活を私は待ち望んでおります。

私の中で熊本城は、こうしてお城の魅力を伝えられたらとブログや記事を書くきっかけとなったお城でした。

大事な大事な日本の宝物を守るためにも、これからも自分にできることを探していきたいなあと思います。

 

今回も楽しい楽しい旅でした。

もちみ。

The following two tabs change content below.
古き良き日本を撮り続ける!城ガールTRIPLER:もちみ

古き良き日本を撮り続ける!城ガールTRIPLER:もちみ

看護師であり歴女。幼少期より大河ドラマや時代劇が大好きで、萩原さちこさんの本に出会い、城ガールの道へ。100名城を中心に日本各地を巡りながら、古き良き日本の風景を撮り続けています。日本の歴史・お城の魅力を伝えるため日々奮闘中。お城の写真展を開くのがひそかな野望。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

古き良き日本を撮り続ける!城ガールTRIPLER:もちみ

看護師であり歴女。幼少期より大河ドラマや時代劇が大好きで、萩原さちこさんの本に出会い、城ガールの道へ。100名城を中心に日本各地を巡りながら、古き良き日本の風景を撮り続けています。日本の歴史・お城の魅力を伝えるため日々奮闘中。お城の写真展を開くのがひそかな野望。 ⇒プロフィールの詳細はこちら