クアラルンプール・チャイナタウンのレストランBEST7&見どころ3選!【完全レポ】

独学英語ダイバーTRIPLER「Kako」

外国人の多い街で育ち、海外に興味を持つようになる。英語が話せると世界中の人とコミュニケーションが取れる素晴らしさを知り、世界を飛び回る生活を夢見るようになる。留学や海外生活に憧れるも、機会に恵まれず独学で英語をマスターする。趣味はスキューバダイビングの海好き女子。将来は海外で子供を出産するのが目標。⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは!独学英語ダイバーKakoです。

先日、ひょんなことから初めてマレーシアを旅したのですが、
クアラルンプールで立ち寄ったチャイナタウンエリアには名店が多くて驚きました!
 
数あるレストランの中から、ここは外せない!というレストランはもちろん、
チャイナタウンを満喫するための注意点や見どころ、
空港からのアクセス方法もご紹介して行きます!
 

チャイナタウンのおすすめレストランBEST7!

クアラルンプールのチャイナタウンには、レストランが無数にあるのですが、
その中でも、ここは!という名店BEST7をお届けしちゃいます!

7位:初めてのニョニャ料理なら!プレシャス オールド チャイナ


Photo by http://sini.com.my


セントラルマーケットの2階にあるニョニャ料理店を味わえるお店。
 
中華系食材をマレー特有のスパイスを使って作られる
伝統的な「ニョニャ料理」は多くのスパイスとココナッツミルクを使うので、
奥深く優しい味わい。
 
ココナッツミルクで炊いた、青いごはんは一見驚きますが、
食べると普通においしいです!
 
本格的ながら、とても食べやすくアレンジもされているので
初めて ニョニャ料理を食べる方には特におすすめ。
 
評価  3.8/5段階
名前 プレシャス オールド チャイナ
住所 Lot 2, Mezzanine Floor, Central Market Kuala Lumpur
営業時間 11時~22時(21時LO)
ウェブサイト http://www.oldchina.com.my/precious.html
備考 セントラルマーケット2F奥。日本語メニューあり
<地図>

6位:デザートならここ!豆腐花屋台 キム ソヤ ビーン


チャイナタウンのプタリン通りとハンルキン通りの交差点にある豆腐花の屋台。
豆腐花はお豆腐のデザートで、甘いシロップがかかっています。
思ったよりも味はさっぱりしていて、中国や台湾、ベトナムでも大人気のデザート。
 
豆乳もおいしいのでおすすめです!
 
現地では行列が絶えない人気店で、マレーシアの元首相も御用達だそうです。
 
評価  4.0/5段階
名前 キムソヤビーン
住所 49, Jalan Petaling, City Centre, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
営業時間 12時~
備考  プタリン通りとハンルキン通りの交差点にある屋台
<地図>


5位:伝統的なニョニャ料理が味わえる!オールドチャイナカフェ



チャイナタウンのはずれにあるニョニャ料理が中心のお店。
昔ながらのチャイナタウンの雰囲気を残したお店としても
観光客に人気があるので、ランチは遅めに行くと売り切れの場合も。
早めの時間に行くと良いかもしれません。
 
リーズナブルに本格的なニョニャ料理が食べられるので、
伝統的なニョニャ料理を食べてみたい!という方にはぴったりのお店です。
 
評価  4.0/5段階
名前 オールドチャイナカフェ
住所 No. 11, Jalan Balai Polis, Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan, 50000, Malaysia
営業時間 11時~23時
ウェブサイト http://www.oldchina.com.my/precious.html
備考  ランチは早めに行くのがおすすめ
<地図>

4位:ホッケンミーが有名!金蓮記(Kam Lian Kee)


チャイナタウンにある福建麺(ホッケンミー)が有名なお店。
1927年創業の老舗で、チャイナタウン1の大きなレストランです。
 
麺が真っ黒くてびっくりしますが、見た目ほど味は強くなく、
テーブルに置いてあるお醤油を足して、調整します。
コクがあって、おいしいので、有名なにも納得!
 
お店もさっぱりとキレイなので、安心して食べられるお店です。
 
評価  4.4/5段階
名前 金蓮記(Kam Lian Kee)
住所 92, Jalan Hang Lekir, Kuala Lumpur
営業時間 10時~22時
ウェブサイト https://www.facebook.com/KimLianKee/
備考  建物の2階と3階が店舗
<地図>

3位: 朝食ならここ!中華粥の漢記(Hon Kee)


Photo by http://r-o-h.hateblo.jp


チャイナタウンでは有名な中華粥のお店。
 
ガイドブックにも掲載されている有名店で、
朝早くからオープンしているので、朝食を食べに行くのがおすすめ。
 
日本のおかゆとは違い、具もたくさんの種類から選べて、
しかも具だくさんなので、しっかりお腹も満たしてくれます!
 
価格もRM5~15程度(140~420円程度)と激安なので毎日行きたくなるお店です。
 
評価  4.5/5段階
名前 漢記(Hon Kee)
住所 93 Jalan Hang Lekir, Kuala Lumpur
営業時間 4時半~13時半
備考 第2火曜日は休み
<地図>

2位: ドライ ワンタン麺が有名!冠記(Koon Kee)


チャイナタウンのほぼ真ん中にあるワンタン麺で有名なお店。
 
日本人が「ワンタン麺」でイメージしやすいスープタイプと、
焼きそばのようなドライタイプがあります。
さっぱり味が好きな方はスープ、こってりも大丈夫な方はぜひドライがおすすめ。
 
ワンタンミー・ドライならここ!という程のお店なので、
一度食べたらやみつきになるかもしれません。
 
評価  4.7/5段階
名前 冠記(Koon Kee)
住所 No 95, Jalan Hang Lekir, Kuala Lumpur
営業時間 10時~22時
備考  ワンタン麺はドライとスープの2種類ある
<地図>

1位:ジューシーなチキンライスが絶品!南香飯店(Nam Heong)


チャイナタウンの美味しいチキンライスが食べられる大人気店。
地元の方にも人気のお店で、店内は常に賑わっています。
 
驚くほどジューシーで、プリプリの鶏肉を
チリソース、または生姜ソースをつけて食べるスタイル。
1皿じゃ足らなくて、おかわりしたくなっちゃうかも。
 
クアラルンプールのチャイナタウンを訪れたら、
必ず立ち寄ってほしい名店です!
 
評価  5/5段階
名前 南香飯店(Nam Heong)
住所 56 Jalan Sultan,50000 Kuala Lumpur
営業時間 10時~15時
ウェブサイト https://www.facebook.com/namheongchickenrice/
備考 セントラルマーケット2F奥。日本語メニューあり
<地図>

人気No.1の南香飯店で絶品のチキンライスを堪能してきた!

第1位に輝いた 南香飯店(Nam Heong) で
絶品のチキンライスを堪能してきたのでレポートします!
 
事前調査でランチは混むと知っていたので、11時に行きましたが、
店内にはすでにたくさんのお客さんがいました。
 
メニューも日本語が書かれていて安心!
さすがガイドブックや、テレビでも取り上げられるお店だけありますね。
 
迷わずここは、噂のチキンライス(スチームチキン)をオーダー!
 
 
しばらくすると、やってきました!チキンライスです。
じゃじゃーーん。しかも500円以下!激安です!!
 
食べ方が分からず、持ってきた店員さんに聞くと、
「チリソースと 生姜ソースを合わせて食べるのがオススメ」と
とても丁寧に、 優しく教えてくれました!
 
 
早速、ソースを合わせて食べてみると。。
 
めっっちゃ、うまいっ!!!
 
店員さん、ナイス!!
 
チキンがプリプリで、もんのすっごくジューシーでした!
以前もチキンライスを食べたことがあったのですが、段違いにおいしい!!
 
それぞれのソースで食べたり、両方つけて食べたり、
飽きずにあっという間に食べらえる絶品でした!
 
ライスも出汁で炊かれていて、これがまたすごくおいしかったです!!
 
店内もキレイで、値段もリーズナブルだし、
女性一人でも安心して入れるお店なのが良いですね。
 
今回、マレーシアで入ったお店の中で間違いなく1番がこの 南香飯店でした!
 
機会があったらぜひ味わってみてください。
 

チャイナタウンは危険?!昼と夜で比較してみた!

 
チャイナタウンで、しかも海外と言うとちょっと心配ですが、
クアラルンプールのチャイナタウンはどうなのでしょう?!
 
実際に昼11時と夜9時のチャイナタウンを比べてみました!
 

<昼のチャイナタウン>

 
午前11時のチャイナタウン。
 
これから開店のお店も多い。
まだ人もまばらで活気は少し落ちますが、安心して歩くことができました!

 

<夜のチャイナタウン>

 
夜9時のチャイナタウン。
まだまだ観光客も多く、人で賑わっています。
 
果物の屋台が鮮やか。
呼び込みで声をかけられたりしますが、基本的には危険という印象はありませんでした!
 
*結果*
 
夜も9時頃ならば観光客も多く、たくさんの屋台で活気もあり、
危険を感じることもありませんでした。
 
ただ、もちろん昼間の方が安全度が高いので、昼間の行動を優先するか、
または夜もグループで行動した方が良いかもしれません。
{注意!!}
海外での夜の一人歩きは、危険なことも多くあるので、なるべくしないことをおすすめします。
どうしてもな場合は、人が多い場所を選んでするなど、十分に気をつけてください。

ここは見るべし!チャイナタウンの見どころ3選!

 
お食事だけじゃなく、他の楽しめるポイントがあるので、
チャイナタウンに来たら、ぜひここを見るべし!のポイントをご紹介します!
 

①チャイナタウンのメインストリート!ぺタリン通り


メインストリートのぺタリン通り (Jalan Petaling) では、
歩行者天国になっているので、悪天候や、突然のスコールも気にせず
安心して露天巡りが楽しめます!
 
チャイナタウンに入るゲートもお見逃しなく!
 
名前 チャイナタウン・ぺタリン通り
住所 Jalan Petaling, 50000 Kuala Lumpur, Wilayah Persekutuan Kuala Lumpur
<地図>


②お土産探しはここに決まり!セントラルマーケット


手工芸品や、民族衣装、雑貨などたくさんのアイテムが揃うマーケット。
1888年に設立された長い歴史を持っています。
 
お土産探しにはぴったりなので、観光客に大人気のスポット。
 
2階にはフードコートもあって、リーズナブルで本格的なお食事ができます。
7位でご紹介したプレシャスオールドカフェもこちらにあります。
 
名前 セントラルマーケット
住所 Jalan Hang Kasturi- Kuala Lumpur- 50050 Malaysia
<地図>

③異国の文化に触れる!寺院巡り



ヒンドゥー教寺院「スリ・マハ・マリアマン寺院(Sri Maha Mariamman Temple)」や
中華系の宗教施設「關帝廟(Guandi Temple)」など歴史的建造物があり、
異国の雰囲気を楽しむことができます。
名前 スリ・マハ・マリアマン寺院住所
住所 163 Jalan Tun H S Lee, 50000 Kuala Lumpur
<地図>



Photo by http://www.malaysia-magazine.com


名前 關帝廟
住所 Guandi Temple, Chinatown, Kuala Lumpur
<地図>

チャイナタウンまでの行き方



クアラルンプール国際空港から市内までは近いかと思いきや、
実は空港から市内まで50kmも離れています。

チャイナタウンに行ってみたいけど、どうやって行ったらいいか分からない方のために、
(実は私がそうでした。。)交通手段や、それぞれの特徴をご紹介します!

①鉄道(KLIAエクスプレス、LRT)

KLIAエクスプレスでKLセントラル駅まで行き(所要時間は約30分)、
KLセントラル駅からLRTに乗り換え、パサール・セニ駅へ。

KLIAエクスプレスが55RM(約1500円)と割高ですが、LRTのパサール・セニ駅が
チャイナタウンの目の前なので、分かりやすいアクセス方法です。

②空港バス

スターシャトルという名前の空港バスでチャイナタウンまで行くことができます。

空港からチャイナタウンまで10RM(約280円)と激安ですが、
所要時間が1時間ほどかかるので何よりコスパ優先!という方におすすめ。

③タクシー

空港からは、メータータクシーとクーポンタクシーがあります。

メータータクシーは固定料金はなく、かかった時間と距離に合わせて到着時に請求されます。
平均で市内まで60~80RM(約1700~2300円)のようですが、夕方などは渋滞するので、結果、高くなることもしばしば。

クーポンタクシーは前払い制で、 追加料金はありません。タクシーの種類が3つあって、それぞれ価格は下記のようになっています。

タクシーの種類別 金額
・バジェット 75.10RM(約2100円程度)
・プレミアム 102.60RM(約2800円程度)
・ファミリー 200.20RM(約5500円程度)

荷物が多くて、電車などの乗り降りをしたくない方にはおすすめですが、
割高で、しかも所要時間が読みづらいのが難点です。

④Uber / Grabを使う

スマートフォンを使用していて、クアラルンプールでも使用できる方限定ですが、
1番のおすすめは、UberやGrabと言ったタクシーに代わる配車サービスアプリ。
登録が必要ですが、完了すればすぐに使える優れモノです。

道路状況によりますが、空港から市内までは大体40~60RM(1200~1700円程度)。

所要時間は約1時間かかりますが、2人以上だとエクスプレスと比べても断然安いですし、
タクシーよりお得。何より目的地間で直行できるので楽チンです!

交通手段別まとめ

それぞれの交通手段を比較してみました!

もしスマートフォンを現地で使用できるなら、断然、UberやGrabがおすすめですが、
とにかくコスパ重視!という方や、道路状況の影響を受けたくない方などは
それぞれの目的に合った手段を選んでみたら良いかもしれません。
 手段 鉄道 バス タクシー Uber / Grab
 所要時間 50分程度 約1時間
*道路状況による
 約1時間
*道路状況による
 約1時間
*道路状況による
価格目安  約57RM
(約1600円)
 10RM
(約280円)
クーポンタクシー
75.10~200.20RM
(約2100~5500円)
 40~60RM
(1200~1700円)
*道路状況による
 おすすめ  渋滞の影響を
受けたくない方
コスパ重視の方  荷物が多い方 スマホ使用者
 

最後に



ここまで読んでくださってありがとうございます!

今回、初めてクアラルンプールのチャイナタウンを訪れましたが、
実際に行ってみると、多くの魅力いっぱいの街にすっかりハマってしまいました。

グルメだけでなく、様々な文化が混ざり合って出来たマレーシアならではの
活気溢れるチャイナタウンは一度、良く価値あります!
ぜひご自身でその魅力を味わってみてください ^ ^

The following two tabs change content below.
独学英語ダイバーTRIPLER「Kako」

独学英語ダイバーTRIPLER「Kako」

外国人の多い街で育ち、海外に興味を持つようになる。英語が話せると世界中の人とコミュニケーションが取れる素晴らしさを知り、世界を飛び回る生活を夢見るようになる。留学や海外生活に憧れるも、機会に恵まれず独学で英語をマスターする。趣味はスキューバダイビングの海好き女子。将来は海外で子供を出産するのが目標。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

独学英語ダイバーTRIPLER「Kako」

外国人の多い街で育ち、海外に興味を持つようになる。英語が話せると世界中の人とコミュニケーションが取れる素晴らしさを知り、世界を飛び回る生活を夢見るようになる。留学や海外生活に憧れるも、機会に恵まれず独学で英語をマスターする。趣味はスキューバダイビングの海好き女子。将来は海外で子供を出産するのが目標。⇒プロフィールの詳細はこちら