アジアNo1ビーチのあるハヴロック島への行き方とおすすめビーチ

世界一のビーチを探せ ビーチハンターTRIPLER teriyaki
中学校の教師を辞めて、夫婦で世界一周中。海と旅と書くことで生きていくと決めて、夫婦で海辺を旅しながら情報発信。とにかく海が好き。世界で一番素敵なビーチを探し求めて、今日も海辺を中心に世界のどこかを旅しています。モットーは「自分の中にあるワクワクに素直になる」こと。ワクワクすることをして生きていく人が、僕たちの文章や写真で少しでも増えれば嬉しいことこのうえありません。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

どうもビーチハンターTRIPLERのteriyakiです。

teriyaki
皆さんはアジアのナンバーワンビーチってどこかご存知ですか?実はアジアでナンバーワンビーチがあるのは少し意外な国なんです。しかも、少し行きづらい。でも、苦労して行くかいありのこのビーチ。今回はそんなビーチや島の魅力、行き方についても解説していきますね!

 

アジアナンバー1ビーチはどこにある?

アジアナンバーワンビーチはラドハンガービーチ

photo by Saini Goutam

トリップアドバイザーが毎年発表している、世界のビーチランキング。海好きなら要チェックのランキングですが、そんなランキングで2017年アジアの1番に輝いたビーチはどこか存知ですか?

タイのプーケット?フィリピン?バリ?もしかしたら沖縄の海?!なんて思われる方も多いかもしれません。でも意外や意外、そんなビーチリゾートを抑えての堂々のアジア1位はなんとあまり海の印象がないインドにある「ラドハンガービーチ」なんです。

 

ラドハンガービーチってどこにある?

インドの海?!と驚かれた方もいるかもしれません。実はこのラドハンガービーチ、インドはインドなんですが、インドの島にあるんです。

地図でいうとこの辺


teriyaki
いや、もうそれはタイやん!!と思った方。ご安心を。僕も最初は同じこと思いました。でも、行ってみたらそこは確かにインドでした!タイの人よりもさらに顔が濃くて、ヒンディー語を話す方々が住んでおられます。

島自体が魅力的


そしてそんなアジアナンバーワンビーチがあるのがハヴロック島。この島自体が自然に溢れていてとても素敵な島なんです。

住んでいる人たちもとっても素朴で素敵。インド人というと少し強引で、よく「うざい」と言われがちですが、そんなことは全くありません。

teriyaki
レンタルバイクがガス欠で途方にくれていると、おじさんが自分のバイクからガソリンを分けてくれて、ガソリンスタンドまで連れていってくれたり、地元の食堂に2日連続で通うとサービスで注文していないカレーを提供してくれたり。そんな優しい人たちが住むのもこのハブロック島の特徴です。

 

また、この島はナンバーワンビーチのラドハンガーだけでなく、他にも素敵なビーチがいくつもあります。そんな素敵なビーチも合わせてこのあとご紹介していきますね。

 

ハヴロック島への行き方徹底解説


teriyaki
そんな素敵なハヴロック島。1つだけ難点があります。それは行くのが少し難しいということ。でも、行くのを諦めるのは本当にもったいない。そこで、今回は実際にラドハンガービーチに行った僕が、その行き方を徹底解説。これであなたもアジアナンバーワンビーチに安心してたどり着けます!

日本からチェンナイへ

photo by  arunpnair

日本からハヴロック島に行く際に、まず目指したいのがインドのチェンナイという都市。日本から行く場合はタイ航空でバンコクを経由していく方法や、スリランカ航空でコロンボを経由して行く方法が便利です。

ちなみにインドに行く際は、ビザが必要です。現在は、日本の領事館で取得可能な観光ビザ。オンライでの取得ができるe-Touristvisaと合わせて現地で発給できるアライバルビザの取得も可能です。事前に調べて自分にあった方法でビザを取得する準備をしておきましょう。

チェンナイからポートブレアへ


チェンナイの空港に着いたらそこからは、ポートブレアという街を目指します。ポートブレアはハヴロック島も属するアンダマン諸島の玄関口で、まずはここに国内線で向かいましょう。

ちなみに、ポートブレアからはフェリーでハヴロック島に向かうのですがフェリーの出港の時間が限られているためこちらのポートブレアで一泊して、次の日にハヴロック島へ向かうことをおすすめします。

宿の確保は、現地に着いてからでも可能ですが、情報が限られてしまうため事前に宿泊先を確保して行くのがおすすめです。

teriyaki
僕も着いた日のフェリーがいっぱいで、ポートブレアで一泊することになったのですが、どこで場所を聞けばいいかわからずオロオロ。外は暑くて、地獄でした。最終的には、リキシャの運転手に旅行会社に連れて行ってもらってなんとか宿を確保できましたが、事前の予約を心の底からおすすめします!

ポートブレアで入域許可書をゲット

ポートブレアの空港に着いた際にもう1つ覚えておきたいのが、「入域許可書」の存在。アンダマン諸島に入るためにはこの入域許可書が必要です。

入域許可書は、チェンナイからポートブレアの空港に着いた際にイミグレーション前のカウンターで発給してもらうことが可能です。到着して、誘導の通りに進むとカウンターに手招きされるので、そちらのカウンターでパスポートを見せて申請しましょう。やりとり自体は簡単な英語で可能、職員の方も手馴れたものなので心配は無用です。時間も10分程度で発給完了です。

ちなみにこの入域許可書は、このあとフェリーに乗る際や宿での宿泊の際も毎回提示を求められます。また、発給の際に申告する期限と宿のチェックアウトの期限が違うと、宿泊を断られたりする場合もありますのであらかじめしっかり計画を立てた上で申請してくださいね。

ポートブレアの街からフェリーでハヴロック島へ


ポートブレアの街からはフェリーでハヴロック島へ向かいます。こちらのフェリーは便数が少なく、時期によっては乗る人がいっぱいで断られることもあるらしいので、ポートブレアの街に着いたらまずフェリー乗り場に乗船券を購入しに行くことをお忘れなく。当日の購入は運次第なので、やはりポートブレアで宿を確保しておいて前日にチケットの確保に向かうのがおすすめです。

teriyaki
ちなみに僕は先ほどのリキシャの運転手が連れて行ってくれた旅行会社でフェリーの予約もしてもらいました。旅行会社を自力で探してもどこにあるかわからない場合も多いので、リキシャのおじさんに頼んで旅行会社に連れて行ってもらうのも1つの方法です。

ハヴロック島 おすすめビーチ3選

さて、ハヴロック島までの行き方がわかったら、あとは実際に行ってみて海を楽しむだけ!ここでは僕が実際にバイクを借りて島を一周してみた結果、おすすめのビーチを3つご紹介したいと思います。

アジアナンバーワン ラドハンガービーチ


まずは当然アジアナンバーワンのビーチです。

こちらのラドハンガービーチは、弧を描きながらどこまでも続く長い砂浜と海のブルーのコントラストが特徴的です。アジアナンバーワンにふさわしい海の青がキラキラと太陽を受けて輝く姿は訪れる人をワクワクさせること間違いなし。


ビーチへ向かうまでの道にはフルーツ屋などの出店もあってローカル感も楽しいです。周囲には、トイレ、更衣室から上に昇って海を見渡せる展望台まで。アクティビティーを楽しむというよりも、のんびり過ごすのがこのビーチの過ごし方。ぜひ、ゆったりとアジアナンバーワンビーチを楽しんでくださいね。

teriyaki
また、こちらのビーチは夕日も見モノ。昼に訪れても、夕方に訪れても楽しめる。器の広さもアジアナンバーワンにふさわしいってなもんです。

アクティブに過ごすなら エレファントビーチ


ハヴロック島でアクティブにビーチを楽しみたい方は「エレファントビーチ」がおすすめです。こちらのビーチは、魚が豊富でシュノーケリングが楽しめます。水の透明度も高く、少し沖へ出るだけでも岩場やサンゴに住む魚がたくさん観察できちゃいます。

また、こちらのビーチはボート以外の乗り物でのアクセスができず、森の合間を30分ほどトレッキングして向かうのが一般的。本当にビーチがあるのか不安になりながらも木々の合間を進んだ先に綺麗なビーチが待っている、そんな冒険感を味わえるのもこのビーチの魅力の1つ

アクティブに海や島を楽しみたい人は、エレファントビーチを目指しましょう。

のんびり綺麗なカラパタルビーチ


3つ目のおすすめが、島の東側に位置するビーチ。こちらはラドハンガービーチより人が少ないのですが、海の色はラドハンガービーチに引けを取りません。

teriyaki
小さめのビーチでゆったりと静かな時間を過ごしたい方、綺麗な海の青を誰にも邪魔されず堪能したい方にはこちらのビーチがオススメです。

ビーチにはバイクレンタルで行くのがおすすめ


最後に、これらのビーチへのアクセスはレンタルバイクがおすすめです。島自体が小さく、バイクで簡単に端から端まで移動できる距離なので、ぜひバイクを借りていろんなビーチへ出かけてみてください。リキシャや乗り合いジープも島内を走っていますが、港以外では捕まえるのが難しかったり、移動が増えるとどうしても料金がかさみます。

。ぜひレンタルバイクで自由に島の中を巡ってみてくださいね。

【ビーチの地図はこちら】

まとめ


今回は、2017年のトリップアドバイザーのビーチランキングで見事にアジアのナンバーワンに選ばれたラドハンガービーチのあるハヴロック島をご紹介しました。

行くのは大変ですが、事前にこの記事を読んで準備していけば困らずに島までたどり着けると思います。島にたどり着けば、それまでの苦労が全て報われるだけのビーチと優しい人たちがあなたを待っています。ぜひ、一度この島とビーチに訪れてみてくださいね。

ビーチ評価

【ラドハンガービーチ】
評価ポイント 得点 コメント
海の美しさ 9/10点 さすがアジアナンバーワン。本当に海が綺麗です。
砂浜の美しさ 8/10点 弧を描くように続く砂浜はとても綺麗です。
ローカル度 6/10点 ビーチには多くのインド人が。でも、彼らはほとんどが旅行者だそう。
フォトジェニック度 7/10点 広くて青い海はとっても綺麗でインスタ映え間違いなし。
利用のしやすさ 5/10点 アクセスは不便ですが、行ってしまえば快適に利用できます。
人混み度(人が少ない) 6/10点 アジアNo1ですが、少し不便なため人はそこまで多くありません。
teriyaki
総合評価は100点満点中80点。アジアナンバーワン!ぜひ、みなさんにも訪れて欲しいビーチです。

【エレファントビーチ】
評価ポイント 得点 コメント
海の美しさ 7/10点 透明度が高く、シュノーケリングにぴったり。
砂浜の美しさ 5/10点 砂浜は特に目を引くものはありません。
ローカル度 4/10点 ほとんどがシュノーケルを楽しみに来た観光客です。
フォトジェニック度 6/10点 水中カメラで魚を狙えば、いい写真が撮れるかも?!
利用のしやすさ 4/10点 アクセスが少し大変ですが、冒険感を味わいたい人にはおすすめ!
人混み度(人が少ない) 7/10点 そこまで人が多くないのでシュノーケルものんびり味わえます。
teriyaki
総合評価は100点満点中70点。アクティブに活動したい方におすすめのビーチです!

【カラパタルビーチ】
評価ポイント 得点 コメント
海の美しさ 8/10点 ラドハンガーに負けない海の美しさです!
砂浜の美しさ 7/10点 こじんまりした砂浜はのんびりするのに最適。
ローカル度 6/10点 比較的ローカルの多く集まるビーチです。観光客は少なめ。
フォトジェニック度 7/10点 綺麗な海の青をしっかり撮影できるかがポイントですね。
利用のしやすさ 6/10点 アクセスは簡単ですが、シャワーなどはありません。
人混み度(人が少ない) 8/10点 人が少なくのんびりするのに最適です。
teriyaki
総合評価は100点満点中75点。島1番ののんびりビーチ。ゆったりしたい時はここへ行きましょう
The following two tabs change content below.
世界一のビーチを探せ ビーチハンターTRIPLER teriyaki
中学校の教師を辞めて、夫婦で世界一周中。海と旅と書くことで生きていくと決めて、夫婦で海辺を旅しながら情報発信。とにかく海が好き。世界で一番素敵なビーチを探し求めて、今日も海辺を中心に世界のどこかを旅しています。モットーは「自分の中にあるワクワクに素直になる」こと。ワクワクすることをして生きていく人が、僕たちの文章や写真で少しでも増えれば嬉しいことこのうえありません。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

世界一のビーチを探せ ビーチハンターTRIPLER teriyaki

中学校の教師を辞めて、夫婦で世界一周中。海と旅と書くことで生きていくと決めて、夫婦で海辺を旅しながら情報発信。とにかく海が好き。世界で一番素敵なビーチを探し求めて、今日も海辺を中心に世界のどこかを旅しています。モットーは「自分の中にあるワクワクに素直になる」こと。ワクワクすることをして生きていく人が、僕たちの文章や写真で少しでも増えれば嬉しいことこのうえありません。 ⇒プロフィールの詳細はこちら