【大自然と青い海】リオから4時間のグランデ島への行き方、過ごし方

世界一のビーチを探せ ビーチハンターTRIPLER teriyaki

生田芳貴(teriyaki44)

「南の島の魅力を伝える」「日本の教育をアップデートする」「旅を便利にする」ために活動をする旅するフリーランス。

1987年4月4日生まれのO型。鳥取生まれ、神戸育ち。

神戸市で7年間中学校の先生をやったあと、自分の人生をワクワクに素直に生きるために妻と一緒に世界一周。

世界を旅する中で、「南の島が好き」「やっぱり教育に興味がある」ことに気づき、それを仕事にすることに。

現在は、ライターの仕事を中心に楽しく暮らしています。

ライティングの相談。旅先での仕事など随時受け付けております!!

⇒プロフィールの詳細はこちら

どうもビーチハンターtriplerのteriyakiです。

ブラジルといえば、リオデジャネイロのコパカバーナビーチやイパネマビーチが有名ですが、そんなリオデジャネイロから足を伸ばせば、リオのビーチはまた違う、大自然溢れる素敵なビーチと出会えることをご存知でしょうか?

 

今回は、そんな素敵な自然溢れる綺麗なビーチのある、「グランデ島」を皆さんにご紹介します。

 

グランデ島とは?

グランデ島は、ブラジルのリオデジャネイロ州に属する面積193㎢、人口2000人の小さな島です

元は刑務所が置かれていたこの島。今はその刑務所は閉鎖されていますが、そのおかげ(?)もあってか、人の手の入っていない自然がたくさん残る素敵な島なんです。

人が住んでいるのは、島のごく一部でその他は自然が残り、自然の合間にトレッキングルートが作られ、島の各所にアクセスできるようになっています。

teriyaki
実際に、僕が船で島へ向かう際も、うっそうと茂る木々と、綺麗な海の色の調和がとても印象的で、それだけで上陸前から興奮ものでした!

 

グランデ島でのおすすめの過ごし方3つ

ブラジル人の憧れロペスメンデスビーチへ

この島にはかつて2014年のトリップアドバイザービーチランキングで、世界で13番目に美しいビーチに輝やいたこともある「ロペスメンデスビーチ」があるんです

現在のトリップアドバイザーのビーチランキングでも、綺麗なビーチが山ほどあるブラジル国内のランキングで第6位に輝いています。

実際にビーチに行ってみると、そこには透明度抜群の青い海と、どこまでも続く綺麗な砂浜が。ブラジルの有名なビーチ「コパカバーナ」や「イパネマ」とは全く違った時間と雰囲気の楽しめるビーチを思う存分満喫してくださいね。

 

teriyaki
一見面倒臭そうなアクセスですが、船は中心部にたくさんあるツアー会社のどこでも、当日に手配可能です。トレッキング自体も整備された道を歩いて行くため、ビーチサンダルでも簡単にアクセス可能です。グランデ島にきたら、まずはロペスメンデスビーチへ。1日かけて行っても損はないビーチですよ!

 

ちなみに船の時間は、どこのツアー会社で聞いても下記の通りでした。

ロペスメンデスビーチへの船の時間

行き
9:30・10:30・11:30

帰り
15:00・17:00・19:00

詳しくはこのあと紹介するツアー会社などで直接聞いてみてくださいね。

 

まるで天国?!綺麗なラグーンとシュノーケルスポットをめぐるツアーに参加しよう

次に僕がおすすめしたいのが、島の北側を巡るツアーへの参加です

島の北側にはいくつかのラグーンとシュノーケリングポイントがあり、ツアーに参加することでこれらのポイントを効率よく回ることが可能です。

teriyaki
途中で1時間ほど休憩した、ビーチで挟まれたラグーンは遠くに見える無人島と綺麗な色の海のマッチングが絶妙で、天国のような光景が広がっていました。ツアーでは、このラグーンや別の島のビーチにそれぞれ1時間ほど滞在する他、魚の多いスポットでのシュノーケルもできちゃいます。

シュノーケルは、ツアー自体の貸し出しはなく、ツアーの船がでる港の桟橋の横で貸し出しをしている屋台があるので、そこで借りて行きましょう。

 

 

ちなみに、僕がツアーを申し込んだのは、こちらの地図のピンがうってある薬局の向かって右隣のツアー会社です。

 

大自然に囲まれた島でのんびりと

さて、ここまではどちらかというとアクティブに島を満喫する方法をご紹介してきましたが、最終日や、観光の中日などは島でのんびり過ごすのもおすすめです。

島の中心部である、アブラーオ(abraao)には、たくさんのレストランがあって食事に困ることもありません。ブラジル発祥のサンダルショップ、ハワイアナスのショップまであるんです

また、僕のおすすめの過ごし方は、アサイーボウルを食べて海辺でのんびりすること。ブラジルはアサイーボウル発祥の地なので、島の中にもいくつもアサイーボウル屋があり、美味しくて健康的なアサイーボウルを簡単に手に入れることができちゃいます。

アブラーオは、中心部とはいえ人もそこまで多くなく、水も綺麗なので、海辺でのんびり読書したり日光浴を楽しむにも十分すぎる場所ですよ。

 

グランデ島への行き方徹底解説

ここまでグランデ島の魅力をたくさん紹介してきました。記事を読んでいて行きたくなったけど、やっぱりブラジルの島ってアクセスがすごい不便なんじゃないの?なんて心配されている方。ご安心ください。イーリャグランジは島の魅力もさることながら、アクセスの便利さでも本当におすすめなんです

ここからは、リオデジャネイロから快適にいく方法をご紹介します。

 

まずはバスで3時間「アングラドスレイス」を目指す

リオデジャネイロからグランデ島に行く際、まず目指すべき街が「アングラドスレイス」です。こちらの街は、グランデ島の対岸に位置する街で、ここからグランデ島へのボートが何本も出航しています。

 

リオからアングラドスレイスへは、バスで約3時間です

運行しているバス会社はCosta Verde1つのみ。毎日たくさんの本数のバスを運行しています。こちらのホームページから英語でのチケット購入が可能です。また、バスターミナルで直接チケットの購入も可能です。

金額は、片道55.4レアル(約1.700円)です。

teriyaki
アングラドスレイスも、グランデ島も現地の人にとても人気の高い場所なので、混雑が予想される日程で行く場合は事前の購入をおすすめします。

リオデジャネイロのバスターミナルの場所はこちら

 

アングラドスレイスからグランデ島は船で30分

バスで無事にアングラドスレイスに到着したら、港を目指し、そこから船でグランデ島を目指します。船はいくつかの会社が運航しており、小型のファストボートと大型客船があります

値段は、大型客船(所要時間2時間)が15レアル(約460円)、小型船(所要時間30分)が40レアル(約1,200円)です。

小型船の時間(アングラドスレイスからアブラーオ)
7:00 9:00 10:00 12:30 13:00 15:00 17:00 18:00

大型客船の時間
10:00

です。詳細は、こちらのホームページ(英語)で確認できます。

teriyaki
港に着いたらまずは、インフォメーションセンターに行って次の船の時間を確認し、どこでチケットが購入できるかを確認しましょう。オフィスは大きな建物なので、港に行けばすぐにわかります。

 

まとめ ぜひリオデジャネイロから足を伸ばして自然溢れる島へ!

今回は、リオデジャネイロから4時間でいけるブラジルの自然溢れる島「グランデ島」について過ごし方と、行き方を中心にお伝えしました。

リオデジャネイロからのアクセスが簡単で、綺麗な海と手付かずの自然がたくさんのグランデ島は本当におすすめです。ぜひ皆さんもリオデジャネイロから足を伸ばしてみてくださいね。

 

ビーチ評価

(ロペスメンデスビーチ)

評価ポイント 得点 コメント
海の美しさ 8/10点  ブラジルの海の中でも上位の青さと透明度です
砂浜の美しさ 7/10点  長く続く白砂の砂浜は見ごたえ抜群
ローカル度 4/10点  観光客がほとんどです
フォトジェニック度 8/10点  多くの観光客が海をバッグに写真を撮っていました
利用のしやすさ 6/10点  船の時間と、帰りの時間にも注意が必要です
人混み度(人が少ない) 8/10点  人は少なめで、本当にのんびりできます
teriyaki
総合評価は100点満点中、80点。海の青が本当に綺麗で人の少ない快適ビーチです。
The following two tabs change content below.
世界一のビーチを探せ ビーチハンターTRIPLER teriyaki
生田芳貴(teriyaki44) 「南の島の魅力を伝える」「日本の教育をアップデートする」「旅を便利にする」ために活動をする旅するフリーランス。 1987年4月4日生まれのO型。鳥取生まれ、神戸育ち。 神戸市で7年間中学校の先生をやったあと、自分の人生をワクワクに素直に生きるために妻と一緒に世界一周。 世界を旅する中で、「南の島が好き」「やっぱり教育に興味がある」ことに気づき、それを仕事にすることに。 現在は、ライターの仕事を中心に楽しく暮らしています。 ライティングの相談。旅先での仕事など随時受け付けております!! ⇒プロフィールの詳細はこちら

2 件のコメント

  • ブラジルの南の島「グランデ島」のまとめ記事を公開してもらいました | てりめも より:

    […]  非日常と日常を繋いで人生をデザインするトリ…  3 tweets 9 shares 1 user【大自然と青い海】リオから4時間のグランデ島への行き方、過ごし方 | TRIPLER(…http://tripler.asia/gr […]

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    世界一のビーチを探せ ビーチハンターTRIPLER teriyaki

    生田芳貴(teriyaki44) 「南の島の魅力を伝える」「日本の教育をアップデートする」「旅を便利にする」ために活動をする旅するフリーランス。 1987年4月4日生まれのO型。鳥取生まれ、神戸育ち。 神戸市で7年間中学校の先生をやったあと、自分の人生をワクワクに素直に生きるために妻と一緒に世界一周。 世界を旅する中で、「南の島が好き」「やっぱり教育に興味がある」ことに気づき、それを仕事にすることに。 現在は、ライターの仕事を中心に楽しく暮らしています。 ライティングの相談。旅先での仕事など随時受け付けております!! ⇒プロフィールの詳細はこちら