ハンガリーのLCCWizzairの使い方は?予約・チェックイン方法も解説!

旅=自己成長!地球に恋する帰国子女TRIPLER「Yuri」

父の仕事で小中学生の4年間、ドイツで海外生活を送ったことがきっかけでドイツが大好きになり、移住したいと思うようになる。大学卒業後、東京で就職するもその思いは枯れることなく5年後に退職。現在はドイツでワーキングホリデー中。息をのむような絶景、涙が出るほどの感動、笑っちゃうくらいの驚き・・・旅を通してより感受性の豊かな人間になることが旅の目的。
⇒ プロフィールの詳細はこちら </A >

ハンガリーのLCC(格安航空会社)Wizzair(ウィズエアー)。

ヨーロッパのLCCの中でも特に値段が安いことで有名で、なんとヨーロッパ内だと片道10Euroほどで乗れてしまうほど!

でもLCCって予約やチェックインを英語のみのオンラインでやらなくてはいけなかったり、手荷物のルールが複雑だったりと、ちゃんと乗れるか不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

今回は、そんなあなたのためにWizzairの利用方法を予約から搭乗まで徹底解説します!

Wizzairとは

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/ウィズエアー

Wizzair(ウィズエアー)とは2003年に設立されたハンガリーのLCC(格安航空会社)です。

ハンガリーのフラッグ・キャリアだったマレーヴ・ハンガリー航空が2012年に倒産してからは、このWizzairがハンガリー最大の航空会社になっています。

主にヨーロッパの国々に就航しています。

yuri
ロゴの書体や色合いがおもちゃの航空会社みたいで可愛いですね!

予約方法

Wizzairの予約はオンラインまたはモバイルアプリから行います。(コールセンターへの電話予約もありますが、手数料として15euroかかるので、今回はスキップします)

ヨーロッパ各国に就航しているだけあって、Webサイトでは英語の他にドイツ語、フランス語、ルーマニア語など色々な言語に対応しています。

が、日本語はありません。

yuri
今回は英語でやってみましょう!

オンライン予約

フライト選択

出典:https://wizzair.com/#/

まずは出発地・到着地、日付などを入力してSEARCH(検索)し、検索結果から乗りたいフライトを選択します。

出典:https://wizzair.com/#/

Wizzairには、利用時のオプション(利用特典)に応じて3種類のチケットがあります。

一番値段が安いBASICを選んだ場合、

  • 荷物は機内持ち込み一つだけ ※荷物については後ほど詳しく解説します
  • チェックインはフライトの48時間前から(オンラインのみ)

です。

次にWizzairがオススメしている雰囲気が出ている真ん中のWIZZ GO

  • 20kg以内の預け荷物
  • 機内に持ち込めるのは大きいバック + 小さいバック
  • 優先搭乗
  • 座席指定
  • チェックインは搭乗日の30日前から(オンラインのみ)

という特典が付いてきます。

一番右のWIZZ PLUSは、フル特典のチケットで

  • 32kg以内の預け荷物
  • 機内に持ち込めるのは大きいバック + 小さいバック
  • 優先搭乗
  • 座席指定(足元がゆったりした席も選べる)
  • オンラインチェックインは搭乗日の30日前から、さらに空港のカウンターでのチェックインも無料
  • その他返金やフライト情報の配信など

などなど色々付いてます。

yuri
どれにするか迷うかもしれませんが、個人的には一番安いBASICで大丈夫だと思います。と、いうかほとんどの利用者がBASICで利用していると思います。

スーツケースなどの荷物を預ける必要がある方や誰かと一緒に旅行するから座席指定をしたい方についても、BASICを選択した上で、この後の画面で預け荷物のオプションなどを追加することが出来ます。

利用者情報の入力・荷物オプションの選択

出典:https://wizzair.com/#/

次の画面では、利用者情報の入力と荷物のオプションの選択です。

荷物についてはこの後詳細を解説するので、一旦スキップしますが、一点注意点として預け荷物などのオプション追加は、予約時に行うと少し安くできます

yuri
予約が完了した後に「やっぱりオプションつけたい」と思って追加すると、予約時よりも高い値段がかかるので、この時点でオプションが必要かどうかを確認してください!

座席選択

BASICを選んだ場合でも、次は座席選択画面に行きます。

ただし、これも有料なので指定する必要がない人は選択せずに次に進みます。

その他諸々のオプション選択

出典:https://wizzair.com/#/

最後は優先搭乗や空港からの送迎、旅行保険などの色々なオプション選択画面になります。

支払い

最後にカードなどで支払いをして完了♪

登録したメールアドレスに予約確定メールが届くのを確認しましょう。

サービスを削って低価格で提供している分、荷物、座席指定、チェックイン方法などの様々なサービスがオプションで追加できるようになっています。

yuri
「オプションつけたほうがいいのかな?」と不安になるかもしれませんが、今回私はオプションなしのBASICそのままで利用しましたが全く問題ありませんでした

預け・持ち込み荷物について

一番安いBASICのプランを選んだ場合、基本的に機内に持ち込める荷物は1人一つのみです。スーツケースなどを預けることは出来ません

機内に持ち込むことが出来る荷物はサイズ55x40x23cm以内、重さ10kg以内で、その規定を超えている場合は空港で罰金を支払うことになります。

BASICプランだけど荷物を預けたい、という方は、預け荷物をオプションでつけることができます。

追加できるのはサイズが149x119x171cm以内、重さ20kg、または30kg以内の荷物が最大3つまでで、飛行距離やシーズンなどによって変わると思いますが荷物1つにつき片道20~30Euroくらいの追加料金がかかります。

(WIZZ GOやWIZZ PLUSを選択すると、追加料金なしで20kgまたは35kg以内の荷物一つを預けることが出来ます)

預け荷物はないけど手荷物でバック2つを持ち込みたい、という場合は、WIZZ PRIORITYという優先搭乗がついた別のオプションを予約することで可能になります。

ただし、この手荷物2つのオプションで持ち込めるのは大きいバック(55x40x23cm以内)と、小さいバック(40x30x18cm以内)なので、大きなバック2つの場合は1つを預け荷物とする必要があります。

yuri
機内の収納スペースに限りがあるため、持ち込み荷物のサイズや個数を厳密に制限しているようです。

チェックイン方法

Wizzairでは、チェックインはオンラインで行うのが基本で、空港のカウンターなどで行いたい場合は追加料金がかかります。(WIZZ PLUSの場合は空港でのチェックインがオプションとして含まれています)

なお、一部の空港ではオンラインではなく空港でのカウンターチェックインのみの場合もあり、その場合のカウンターチェックインは無料です。

yuri
こうやって人件費を削減してるんですねー!

チェックインの手順としては

  1. オンラインチェックイン
  2. チェックイン後にダウンロードできるチケットを印刷(またはWizzairのアプリをダウンロードすると、アプリ画面でチケットが出せる)

です。

オンラインチェックインの方法は、Wizzairのサイトに行って、予約確認メールに記載されている確認番号名前を入力しログイン→Check inのボタンをクリックするだけ!とっても簡単です。

チェックイン開始時間は選択したプランによって異なりますが、BASICプランの場合は飛行機の出発時刻の48時間前から可能です。

ただし、往復チケットを購入している場合、復路のチェックインは48時間以上前であっても往路のチェックインが完了すれば出来るようになります。

yuri
チェックイン後、チケットの印刷(またはアプリのダウンロード)を忘れずに行って下さい!

搭乗方法

チェックインが終われば後は乗るだけ!すでにチェックインが完了しているので、空港についたらそのまま保安検査場に向かいます。

預け荷物がある場合は、離陸時間の40分前までに預け荷物カウンターに持っていきます。(※2018年6月時点)

yuri
チケットにゲートが閉まる時間や搭乗開始時間が書いてあるので参考にしてください!

Wizzairの感想

今回ベルリン⇔ブタペストの約75分ほどのフライトで利用したのですが、実は乗る前に口コミ等を調べてみるとあまり良いことが書いていなくてちょっと不安でした。

実際はどうだったのか!?私の感想をシェアします!

基本的に問題はない

利用してみた感想として

特別良くもなければ悪くもなく、とっても普通

という感想です。オンラインチェックインをしてあった分、空港でカウンターなどに並ぶ必要がなくストレスがより少ないようにさえ感じました。

サービス、快適さについて

LCCなので飲み物、食べ物は有料です。今回は1時間ちょっとのフライトだったので私は買いませんでしたが、飲み物も2~3Euroくらいでわりと良心的な値段でした。

ベルリンの空港では保安検査が終わった後のエリアでは500mlのペットボトルが4Euroくらいで売られていたので、喉が乾いたらむしろ機内で飲んだほうが安いかも。

サービスらしいサービスは受けていませんが、スタッフの態度も普通でちゃんとあいさつしてくれたし、悪い印象はないです。

座席の広さについても日本人の平均的な体格であれば問題ありません。(隣に座っていたガッチリ系のお兄ちゃんは狭そうにしてましたが)

あえて悪い点を書くとすると

LCCだからしょうがないなーって思っている点ではありますが、地上スタッフの数も多くないので、搭乗前のチケットチェックなどでけっこう待ちます

私はチケットに書かれていたGate closeの時間の少し前に並び始めて、機内に入るまで30分くらいかかりました。(機内に入った時にすでに離陸時間になっていた)

また、預け荷物がお金がかかる分、小さめのキャリーケースを持って搭乗する人が多くいました。この場合は座席上のスペース(棚)に収納するので、最後の方に搭乗した人はスペースがなくなっていました。

スタッフが他の荷物を寄せたりして空けてくれるのですが、結局座席からかなり遠い場所に収納することになっているようでした。

その他

ブタペスト空港利用の注意点

最後にブタペスト空港を利用する時の注意点をいくつか書きたいと思います。

空港には余裕を持って行きましょう!

時間によってもちろん状況は異なるのでしょうが、ブタペスト空港の保安検査場はとても並んでいます!!!

私は朝11時半ごろのフライトのために10時ごろに行ったのですが、保安検査場を抜けるまで30分くらいかかったと思います。(普通これくらいかかると言えばかかるかもしれません 笑)

ゲートに行く前にトイレを済ませておきましょう!

ブタペスト空港はWizzairの搭乗ゲートは保安検査場や免税店などがある建物から出て少し歩いたところにあるのですが、建物を出るとそれ以降トイレがありません

さらに上述した通りゲートで並び始めてから搭乗するまで30分くらい並んで待っていないといけなかったりするので、トイレは先に行くようにしましょう!

yuri
トイレに行きそびれて搭乗した人たちがたくさん離陸前に機内のトイレに行っていました!(私もそのうちの1人)

ブタペスト空港から市内へのアクセス

都市によっては街にLCC専用空港があったりしますが、ブタペストには空港は一つだけです。

空港から市内へはバスのみ、またはバスと電車で移動します。

私が今回利用したのは空港から街に中心地Deák Ferenc tér駅までを30~40分で繋ぐエアポートバス100E番です。(途中の停車駅はKálvin tér駅とAstoria駅)

空港の到着ゲートから外に出たところからバスが出ていて、チケットはバス乗り場近くの券売機か、空港内にあるTicketカウンターでも購入できます。

yuri
Airport shuttleというチケットを買って下さい。片道900フォリント(約3Euro/350円 ※2018年6月)で、購入にはカードも使えます!空港での両替はレートが悪いとのことなので、カードで支払って市街で両替しました。

バス+電車で行く場合は200E番のバスに乗ってKóbánya – Kispest駅メトロ3番に乗り換えます。

こちらはシャトルバスの特別料金ではなく、普通の1回券で乗車できます。

ただし、ハンガリーは電車のチケットの仕組み(ルール)が複雑でよくわからなかったので、200E番のバス+メトロで市内に向かう場合のチケットはチケットカウンターで購入することをおすすめします><

yuri
観光に便利な24時間券や回数券などもあるので、ご予定に合わせて購入してください!

空港へ向かうバス

市内から空港への100E番のバスは、空港→Deák Ferenc tér駅が停まる場所の反対側の道路から出ています。基本的に20分間隔で運行していますが、時間帯によっては混雑するみたいなので早めに乗って席を確保したほうがいいかもです。

まとめ

手荷物の規定など少しややこしいところはありますが、利用してみた感想としてWizzairは特別悪い点もなく、とても安くて便利と感じました。

ブタペスト観光の記事はまた別の記事で紹介予定ですが、物価は安いしご飯は美味しいし、町並みはキレイだし、とっても楽しかったので、ぜひWizzairを利用してハンガリーに行ってみて下さい♪

The following two tabs change content below.
旅=自己成長!地球に恋する帰国子女TRIPLER「Yuri」
父の仕事で小中学生の4年間、ドイツで海外生活を送ったことがきっかけでドイツが大好きになり、移住したいと思うようになる。大学卒業後、東京で就職するもその思いは枯れることなく5年後に退職。現在はドイツでワーキングホリデー中。息をのむような絶景、涙が出るほどの感動、笑っちゃうくらいの驚き・・・旅を通してより感受性の豊かな人間になることが旅の目的。 ⇒ プロフィールの詳細はこちら </A >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅=自己成長!地球に恋する帰国子女TRIPLER「Yuri」

父の仕事で小中学生の4年間、ドイツで海外生活を送ったことがきっかけでドイツが大好きになり、移住したいと思うようになる。大学卒業後、東京で就職するもその思いは枯れることなく5年後に退職。現在はドイツでワーキングホリデー中。息をのむような絶景、涙が出るほどの感動、笑っちゃうくらいの驚き・・・旅を通してより感受性の豊かな人間になることが旅の目的。 ⇒ プロフィールの詳細はこちら </A >