【マジ勘弁してよ!】新型コロナウイルス!世界在住者の口コミによる最新情報をお届け!

新型コロナウイルスの影響で世界中がパニック気味・・・

悲しいかな・・・外出を控え、楽しみにしていた旅行や、友との久々の再会をキャンセル、「マジ勘弁してよ!コロナウイルス」って感じですよね・・・

そんな中、トリップラーサイトでは少しでも皆さんの心が元気になるワクワクをお届けできるような、非日常をご提供していきたいと思っております!

今回、トリップラーライターのみなさんにアンケートをお願いしました。

ライターさんが住まわれている地域の状況や人々の過ごし方は?

ライターさん自身は新型コロナウイルスについてどう考えているの?

などなど世界の色々な場所に在住されているライターさんから寄せられた生の声をお届けします。

まずは、現状を知ることから始めましょう!

情報を共有し、この時期を皆さんと上手に乗り越えて行くためのヒントをご提供したいと思います!




(1)お住まいの地域での新型コロナウイルスの影響はどう?

オーストラリア TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン在住

オーストラリア全体では80名の感染者、うち私が住んでいるビクトリア州では8名の感染者が確認されています。(3月9日時点)
中国本土、イラン、韓国に立ち寄った外国人は,出国または通過した時点から14日間は豪州に入国できなくなっています。
また,イタリアからの渡航者は入国時に体温測定の検疫が行われます。

IT企業等、会社によっては自宅から働くことが許可されるところもあり、全体的に人混みは避けた方が良いとされる報道もされています。
一番身近で感じることは、中国からの輸入制限、また自宅待機が望ましいとされる報道のために、大手スーパーでトイレットペーパー、ティッシュ、またパスタ等の保存食を買い込む人が増え、これらの商品が品薄になっています。

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

バンクーバーがあるBC州は、3月5日時点で21名のコロナ感染者が確認されています。

2月末に日本を訪れましたが、その時の日本に比べたらバンクーバーはコロナへの不安感や混乱はだいぶ少ない印象です。カナダには普段からマスクを付けるという文化がないため、現在も街中ではマスクを付けている人はあまり見かけず、過半数がマスクをしている日本とはだいぶ雰囲気が異なります。ですが、消毒液などが売り切れていたり、トイレットペーパーなど一部の商品を値上げしているスーパーもあるようです。

また、3月2日に日本からカナダに、アメリカのシアトル経由でフライトしましたが、アメリカもカナダもスムーズに入国できました。その時点では、中国(香港マカオ含む)からの入国には規制があるようでしたが(現在は韓国からの入国も検疫の対象となっています)、日本からの渡航は全く問題ありませんでした。ですが、アメリカやカナダの空港内でも従事者や渡航者の多くがマスクをしていて、世界的に危機感の認識が強いことがよくわかりました。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

帰ってきてすぐなので、状況がいまいち把握できてないのですが、現在の滞在地域で最近出たというニュースを知ったところです。

オーストラリア TRIPLER「MANAMI」
地域:オーストラリア、シドニー在住

影響は日本ほどありません。みんな普通に外出し、マスクをしているのも一部のアジア人だけです。ただ物流に影響が出ると言う噂が広まったせいか、ティッシュはここ数日ほぼ売り切れです。マスクも場所によってはありますが、ほぼ購入できません。
今海外ではアジア人が生活しにくいと言うニュースもよく聞きますが、シドニーは本当に多国籍で、色んな国からの在住者、また見た目はアジア人でも生まれも育ちもオーストラリアと言う人も多いので、コロナの影響で差別を受けたり嫌な思いをした事は一度もなく住みやすい環境だと思います。。

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

御周知のように愛知県は全国でも2番目に感染者が多く、非常に怖いです。
日本は、日本人はこういう命が危ない状況では危機感が全然無いと思います。
会社優先、お金優先、やりたいこと優先、それが政府の対応にも繋がっているようにも思えます。
外国はそれに比べて危険察知能力が高く実行力もあり対応が早いです。

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

日本ほどではないですが、一部トイレットペーパーの買い占めなどがあったり、スナックやカップ麺は一人二つまでなど規制するスーパーマーケットもあるようです。レストランもお客さんが少ないようで、通常よりも空いています。また、ハーバード大学が1年間オンラインでの授業開講を発表したように、他の大学や学校でもオンライン開講への移行を試みている機関も多いようです。

ただ、話を聞くだけで、街全体が自粛モードかと言われるとそうでもなく、みんな普段となんら変わりはありません。マスクもこちらの文化では、病気にかかったときだけつけるので、予防でつけることはないようです。ですので、街でマスクをしている人を見かけたことは一度もありません。

日本に限らず、オーストラリアやカナダでも消費者のまとめ買いがあるようですね。

あまり関係のないトイレットペーパーやティッシュペーパーなど品薄状態の所もあるようです。




(2)お住まいの地域以外(旅先等)で聞いた新型コロナウイルスの状況は?

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

2月末に日本を訪れましたが、知っての通り毎日のようにテレビではコロナの最新ニュースが流れ、学校も休校にイベントもほぼ中止になりました。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

2月までロンドンの隣のミッチェンに滞在。
規制が厳しいと言われるイギリスですが、ロンドンでは実際に大きな変化を感じることはありませんでした。
ロンドンのすぐそばに位置するミッチェンも同じく、近辺には警戒する動きはまったくありません。

オーストラリア TRIPLER「MANAMI」
地域:オーストラリア、シドニー在住

3月に台湾、4月に日本に一時帰国する予定でしたがキャンセルしました。
理由はその国に行った時のリスクと、オーストラリアにしばらく戻れなくなる可能性がある為です。現段階でオーストラリア政府は中国、香港、マカオ、イラン、韓国のからの入国制限措置(14日間は入国できず、その後問題無ければ入国)を行なっている状態です。。

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

旅行は控えています。

エジプト・トルコ・南アフリカ TRIPLER「ユキノ」
地域:東京在住、現在旅行中。エジプトのカイロ(1週間)⇒トルコのカッパドキア(1週間)⇒3月9日現在、南アフリカ共和国のケープタウン(1週間)滞在中。

まず、エジプト・カイロに居たときは子供(男の子)からも大人(男性)からも「コロナ~コロナ~」と声をかけられていました。
遠くから叫ばれる感じで、表情は笑顔でした。
女性の場合は、すれ違う時に避けられる気がしました。
中国人観光客はよく見かけました。

カッパドキアにいるときは、特に何もありませんでしたが、カッパドキアをでる1日前ぐらいにホテルの人が電話で「コロナは発生してないから大丈夫だよ」と問い合わせのお客様に対して伝えていました。
何を根拠にそんなことを伝えているのか…と思いましたが…。
カッパドキアでも中国人観光客をよく見かけました。

ケープタウンでは新聞の一面にコロナについての記事が掲載されていました。
カイロのように声をかけられることはありません。
中国人観光客もあまり見かけません。

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

2月にラスベガスに行きましたが、特に影響はありませんでした。(まだ2月だったため、アメリカではそこまでコロナが流行っていませんでした・・・)

ライターさんの中には、2月から現在にかけて、お仕事や旅行等で様々な国を訪れている方も多くいらっしゃいました。

しかし現在は入国制限を行っている国も多々あり、行く国によってはすぐ次の国へ入れない、あるいはすぐ在住国へ戻れないってことも・・・



(3)国内外に滞在している家族やお友達から聞いた新型コロナウイルスの状況は?

オーストラリア TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン在住

中国系のレストランはお客さんが減り、影響が出ていると聞きました。
また、通常3月から大学の新しいセメスターが始まるのですが、学校やクラスによっては、開始を遅らせるところもあるようです。

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

日本滞在時に会った友達は小さな子供を持つ親世代が多かったのですが、マスクなどの着用や手洗いなどを心がけつつ、通常通り生活している人が多かったです(必要以上には不安を感じてはいなかった)。ただ、接客業に従事する方は、営業中止になってしまうという不安を感じているようでした。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

パリに滞在中の友人やイタリアのミラノに滞在中の友人とのやりとりでパリはロンドン同様に変化なし、ミラノは多少の警戒がありながらも、もしコロナにかかっている友人がいても避ける行動はしないということでした。

フランスやイタリアでは、頬をつけて挨拶する習慣があり、イタリアではその頬をくっつけることを禁止しているそうですが、国民はお構いなしというところだそうです。

イタリアのミラノにいる友人の日本食レストランも、時短営業にはなっているが閉めているわけでないそうで、ミラノは大変!とニュースで見ていたので少し安心しました。

オーストラリア TRIPLER「MANAMI」
地域:オーストラリア、シドニー在住

私はシドニーに滞在しているので、日本にいる友達から話を聞くのですが、結婚式が延期になったり、ひどい話では電車のホームで咳をした人がマスクをつけていなくて、地下鉄の緊急停止ボタンが押されたという話を聞いて驚きました。

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

◯中国(広州)
・春節の延長。
・極力外出禁止。
・マスクをしないと公安に逮捕される。
・むしろ日本の対応を心配される。

エジプト・トルコ・南アフリカ TRIPLER「ユキノ」
地域:東京在住、現在旅行中。エジプトのカイロ(1週間)⇒トルコのカッパドキア(1週間)⇒3月9日現在、南アフリカ共和国のケープタウン(1週間)滞在中。

イタリアを観光中の友人は、マスクをしているようです(この時はまだ中国で爆発的にコロナが流行っていた時)
イタリアでのコロナ感染者の数字が出る前にで、移動中のバスもマスクをしているからなのか、アジア人だからなのか、隣に誰も座ってこないと言ってました。

ケープタウンで同じホステルだった韓国人と仲良くなり、コロナの話をしてみたところ、エジプトで私たちと同じようにコロナコロナと声をかけられたと言っていました。
韓国人の地元(デグー)でもコロナが流行っているようで、大変みたいです。

カッパドキアで同じ気球に乗ってた日本人大学生もポルトガルで「コロナコロナ」と言われたと言っていました。

ケープタウンでたまに行く売店のお店の人はイスラム教で「中国人は野生の動物を食べるから、ウイルスに感染するんだ、感染して、おしゃべりをするから相手にもうつす、何でもかんでも食べるから。でもイスラム教は牛とチキンしか食べないしお祈りもしてるから大丈夫なんだよ」と力説されました…。

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

フランス・韓国などは学校がクローズになったりしているようです。
反対に中国は落ち着いてきたと話を聞きました。

「アジア人=コロナウイルス感染者」という印象を世界中で持たれている傾向があるようです。

しかし感染が拡大している地域だからこそ、アジア人はそれこそ予防に意識を向けている人が多いですよね。




(4)新型コロナウイルスの影響であなたが自粛しているのはどんな事?

オーストラリア TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン

無駄な外出を避ける、特に人が多く集まるイベント等はあまり行かないようにしています。

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

しばらく旅行は自粛しようと思っています。今回日本への帰国を強行しましたが、もし旅行中にコロナに感染したらという不安が付きまとい、100%楽しめなかったので。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

このコロナの影響により、ヨーロッパに取り残される可能性があったので、一度日本に帰国しました。
また、5月頃からヨーロッパを回る予定でしたが、今のところ様子見というところです。

最後の滞在地であったロンドンや台湾に行く予定でいましたが、今のところはチケットを取らず落ち着くまで動かないつもりです。
日本人は感染者だと思われる可能性があるので、極力動かない方向でいます。

オーストラリア TRIPLER「MANAMI」
地域:オーストラリア、シドニー在住

台湾、日本のアジア圏の旅行です

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

不用な外出を避ける。

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

特に活動を自粛していることはないですが、手洗いと消毒をこまめに行っています。

皆さん旅行などはキャンセルし、不要な外出を控え、ご自宅で過ごすよう自粛されているようですね。

こういったひとりひとりの行動が新型コロナウイルス感染クラスター発生のリスクを抑えているのかもしれません。




(5)新型コロナウイルスの影響であなたが気を付けている事(対策)は?

オーストラリア  TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン

手洗いの徹底。

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

外から帰ってきたら手洗いをすることと、水をよく飲むこと。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

不必要な外出は避けています。
現在、夫婦共に家の中でできるお仕事をしているので影響が少ないですが、一時帰国ということもあり、友人達との約束がありましたが、今は少し控えるようにしています。

オーストラリア TRIPLER「MANAMI」
地域:オーストラリア、シドニー在住

手洗い、うがい
日頃からきちんとした食事をとり免疫をつけておくこと。

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

・通販で洗えるマスク10枚入りを購入、届くのに1週間程かかる予定。
・政府やニュースの情報を鵜呑みにしないこと。

エジプト・トルコ・南アフリカ TRIPLER「ユキノ」
地域:東京在住、現在旅行中。エジプトのカイロ(1週間)⇒トルコのカッパドキア(1週間)⇒3月9日現在、南アフリカ共和国のケープタウン(1週間)滞在中。

もしかしたら、感染しているかもしれないという気持ちで、発症しないように、よく食べて良く寝ることは心がけています。(感染しているかもしれないと思うなら、出かけるなって感じですが…)

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

手洗い・消毒をこまめに行っています。

手洗い・うがいをこまめに行う。

早寝早起き、規則正しい生活。

適度な運動。

しっかりした食事。

どれもこれも毎日の積み重ねによる習慣が、健康な身体を維持できます。

健康であれば、きれいな景色を見て感動したり、美味しい物を食べて幸せを感じたり、好奇心旺盛に行動が出来る!!!

心健やかに健康であることが大切です!




(6)新型コロナウイルスの影響で困っている事は?

オーストラリア TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン

大手スーパーでトイレットペーパー、ティッシュ、携帯除菌ジェル等が品薄。安いものから売り切れになっている感じなので、通常より高い値段で購入しなけらばならなかったりします。

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

コロナが流行る前にチケットを購入済みだったため2月末に日本を訪れましたが、旦那の実家からやっぱり帰省しないでほしいと断られてしまいました。また、弟の奥さんが妊娠中だったため、弟夫婦にも会うことがかないませんでした。一部の友達からも会う予定をキャンセルしたいと連絡があり、非常に残念な帰国となってしまいました。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

マスクを手に入れることができないことにとても驚きました。
ティッシュやトイレットペーパーはタイミング的に買ってあったので、困ることはありませんが、マスクがないので都内など人が多く集まるところには用事がない限り行かないようにしています。

オーストラリア TRIPLER「MANAMI」
地域:オーストラリア、シドニー在住

台湾への家族旅行、日本への帰省が出来なくなった事です。
また台湾の航空券は海外の比較サイトで1番安いプランで購入し、日本への航空券はANAで購入しましたが、対応の違いに驚きました。
普段は無事に到着出来ることが当たり前なので、そんなに困ったことはありませんでしたが、スペインの格安エージェントはこんな状況でも手数料3万円ほどかかり、ANAはもちろん全額返金でした。自分が信頼できる会社を利用することは自分を守ることでもあると学びました。

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

・マスクが足りない。
・電車通勤を避けたい。
・妻が妊娠中なので絶対にコロナにならないようにする。
・株取引はニュースに左右されるので注意。
・本業がリモートワークできないこと。

エジプト・トルコ・南アフリカ TRIPLER「ユキノ」
地域:東京在住、現在旅行中。エジプトのカイロ(1週間)⇒トルコのカッパドキア(1週間)⇒3月9日現在、南アフリカ共和国のケープタウン(1週間)滞在中。

ケープタウンのあとにヨハネスブルグに行き、ドーハ・クアラルンプール・関空経由でホノルルに行く予定で、アメリカが日本人を入国させないという措置をとったら、関空経由になるので行けなくなるかもしれないということ…。
関空経由でなかったら、まだ大丈夫だと思うのですが…。
また、ホノルルから羽田へのフライトも予約しているのでホノルルに行けなかった場合、航空券代は返ってくるのか…。

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

正直なところ、自分自身に大きな影響は今の所ないです。
ただ、アメリカに関してはこれからが肝心になってくるので、十分気をつけたいと思います。

妊娠中の方や乳幼児を育てている方は、特に気を使いますよね・・・

感染症の専門家によると、『マスクは健康な人が使用しても予防にはならず、咳やくしゃみなどの症状がある方が、他の方への飛沫感染を防ぐためにマスクをするのが有効』との事!

皆さん!本当に必要な人へマスクを回しましょう!




(7)新型コロナウイルスの影響でむしろ得する情報(宿・航空券・カフェなどの割引情報など)は?

オーストラリア TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン

旅行を避ける人が多いので、航空券が安くなっている。

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

今中国経由のフライトがかなり安いです(ただし、現在経由だとしても中国からの入国制限をしている国が多いので、利用することはないと思いますが)。あと、カナダから日本行きのフライトは空席が多く見られました(逆はキャンセル待ち状態の満席でした)。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

家族が先月、大阪に行く用事があった際に宿付きの新幹線がとても安かったと言っていました。国内の宿や交通機関は安くなっている可能性大です。

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

・観光業界に携わる企業はかつてない大打撃なので、いろいろと値下げするのは間違いないと思いますが逆に日本人は避けられるかと。

エジプト・トルコ・南アフリカ TRIPLER「ユキノ」
地域:東京在住、現在旅行中。エジプトのカイロ(1週間)⇒トルコのカッパドキア(1週間)⇒3月9日現在、南アフリカ共和国のケープタウン(1週間)滞在中。

ホノルルから日本行きの航空券をまだ取っていない彼は「コロナで誰も日本に行きたくないだろうから、安くなるかも?」と言ってましたが…。

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

航空券は通常よりも安くなっています。あと、レストランも人が少ないのでいつも混んでいるレストランに並ばず入れたりするかもしれないです!笑

今の時期、旅行会社や宿泊施設などは、大幅な割引を行っている所も多々あるようですね。

お得情報、ありましたらUPして行きたいと思います。




(8)新型コロナウイルスで自粛ムードの中、あなたのプライベートでの楽しみ方は?

オーストラリア TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン

健康的な食生活+無駄な外出を避ける ために、休日は家での料理にはまっています。。

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

家でおいしいものを食べたり、ネコとのんびりくつろぐこと。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

プライベートの楽しみ方は主に、映画鑑賞や漫画を読んでいます。
日本で見たかったものが溜まっていたので、この機会に見たいものをたくさん見ています。

オーストラリア TRIPLER「MANAMI」
地域:オーストラリア、シドニー在住

普段アクティブに動くことが多い分、時間がある時は家でゆっくり映画を見たり、読書をするのも素敵な過ごし方だと思います。
また知り合いが全く人気の無い山奥に行って思いっきり自然を感じて心からリフレッシュしている姿を見て、素敵だと思いました。

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

読書

エジプト・トルコ・南アフリカ TRIPLER「ユキノ」
地域:東京在住、現在旅行中。エジプトのカイロ(1週間)⇒トルコのカッパドキア(1週間)⇒3月9日現在、南アフリカ共和国のケープタウン(1週間)滞在中。

いつも通りに過ごしています…。

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

普段と変わらず生活しています。ただ、手洗い・消毒は絶対忘れずに行う!

マンガや読書や映画鑑賞。料理に凝ったり部屋の片づけなど、家の中でできる事をされる方が多いですね。

そんな中、人気のない山奥で思い切りマイナスイオンを感じながら過ごすという意見もありました。

とてもリフレッシュできそうで良さそうですね!




(9)あなたが知っている新型コロナウイルスの明るい情報について

オーストラリア TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン

オーストラリアでは政府がマスクや医療用品を以前から緊急用に大量に保管していたため、今後の物資不足を乗り切ることができるのでは、と言われれいます。
また、輸入に頼っていた商品をよりローカルで多く生産できるように動いているため、地元のビジネスを助けることにもなっています。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

私も明るい情報が欲しいです!笑

知っていることで言うと、海外でアジア人差別がすごいというニュースがありますが、実際そのように感じることはありませんでした!
先月、ニューヨークへ遊びに行った友人も同様に差別は感じなかったそうです。

日本 TRIPLER 「HIROKI」
地域:愛知県、尾張地区在住

現在暗いニュース、不安なことしかありません。
明るいニュースを待つばかりです。

エジプト・トルコ・南アフリカ TRIPLER「ユキノ」
地域:東京在住、現在旅行中。エジプトのカイロ(1週間)⇒トルコのカッパドキア(1週間)⇒3月9日現在、南アフリカ共和国のケープタウン(1週間)滞在中。

インフルエンザより感染力は低い
アルコールで消毒できる!

5分で結果がわかる検査方法もできるんじゃない?!

国立感染研究所のHPによると新型コロナウイルスに感染しているかどうかを判断する、「PCR検査」以外の検査方法(PCRより迅速かつ正確)の検証が行われているとの事!

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)PCR検査法の開発と支援の状況について(国立感染研究所)

感染しても薬ですぐ完治できるんじゃない?!

国立感染症研究所は6日、気管支ぜんそく治療に広く使われる吸入薬「シクレソニド」(商品名オルベスコ)が新型コロナウイルスによる肺炎の症状を改善したとの報告について、ウイルスの遺伝情報を担うリボ核酸(RNA)の複製を阻害したとの見方を明らかに!

ぜんそく薬、RNA複製阻害か 新型コロナ肺炎改善報告(時事ドットコム)

人々の尽力のおかけで、科学は日々、進歩していますね!

感染⇒検査⇒対処(薬の服用等)⇒完治という構造が見えれば恐れるに足りません!

(10)トリップラーのユーザーさん(読者)へのメッセージ

オーストラリア TRIPLER「ERI」
地域:オーストラリア、ビクトリア州、メルボルン

旅行がしづらいのが現状ですが、日本領事館や政府観光局の情報を確認する等、日本のみならず渡航先の現状を事前にきちんと把握して、安全な対応を取っていただきたいと思います。

カナダ TRIPLER「SAKI」
地域:カナダ、バンクーバー在住

暖かくなればコロナが鎮静化していくと信じて、今をのりきりましょう。

イギリス TRIPLER「サキ」
地域:2月までロンドンの隣ミッチェン在住、現在日本に一時帰国中

コロナは、一人一人の捉え方によって大きく変わります。海外でも過剰に反応するところと全く無反応なところがありますが、どう捉えるかは自分自身です。
コロナの影響で予定していた旅行をキャンセルした方もいるでしょう。

しかし、旅先は逃げません!
そして、一生行けないわけではありません!

でも、個人的には今はグッと我慢することが大切なんじゃないかなと思います。
お金かけた旅行のお土産がコロナというのはとっても悲しいですからね!

これから行く楽しい旅のために健康を維持して、次の旅の計画をじっくりと時間をかけて立ててみてはいかがですか?

オーストラリア TRIPLER「MANAMI」
地域:オーストラリア、シドニー在住

もちろんコロナは怖いですが、こんな時だからこそ心を穏やかにお互いを思いやる気持ちを持って生活したいと思っています。コロナに負けないようまずは自分の免疫を高めて、終息したら思いっきり旅を楽しみましょう!

エジプト・トルコ・南アフリカ TRIPLER「ユキノ」
地域:東京在住、現在旅行中。エジプトのカイロ(1週間)⇒トルコのカッパドキア(1週間)⇒3月9日現在、南アフリカ共和国のケープタウン(1週間)滞在中。

海外ではテロやスリなど日本ではあまり起きない事件がありますが、日本にいてもウイルスや地震、台風など自然災害があります。
どこにいても大変なので、自分が後悔せず、周りの人や家族に心配をかけないような行動を最優先させましょう。
そして、健康第一で手洗いうがいをしましょう!

アメリカ TRIPLER「KOTOMI」
地域:アメリカ、ロサンゼルス在住

買い占めなどが、各地で起きていますが、一人ひとりが焦らず平常心を保っていればそんなことにはならないはず。手洗い・うがい・消毒!これにつきると思います。
いろんなイベントが自粛モードですが、コロナなんかに負けじと暗くならずに明るく前向きに行動しましょう^^




まとめ

世界中に在住しているトリップラーライターの皆さんから、

新型コロナウイルスに関する現在の情報や状況をお届けしましたがいかがでしょうか?

感じ方や考え方は人ぞれぞれですが、正確な情報を集めて、この時期を乗り切ろうという思いが感じられます。

こんな時こそ、人としての度量や、器の大きさ、人と人との絆が試される時だと私は思います!

身近な人への思いやりの心を大切に、みんなで乗り切っていきましょう!

The following two tabs change content below.
ポジティブマインドTRIPLER代表「ERIKA」

ポジティブマインドTRIPLER代表「ERIKA」

トリップラーの運営とアクセサリーブランドBelle Lune (ベル ルネ)のデザイン、作成、販売、経営代表。 私と夫と一人娘の3人暮らし。近所のおいしいごはん屋さんから、国内・海外旅行まで思い立ったら出かけるフットワークの軽い家族です。私、かなり天然な為、家族は私の言動にいつも腹を抱えて笑います・・・ 自然が好きで、体を動かすことも好きなので、海や山にも出かけますが、美味しいものを食べ歩くのも大好きです。行ってみたい場所、見てみたいものがたくさんあります。好奇心旺盛なので常に知らない世界に飛び込む事にワクワクします。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ポジティブマインドTRIPLER代表「ERIKA」

トリップラーの運営とアクセサリーブランドBelle Lune (ベル ルネ)のデザイン、作成、販売、経営代表。 私と夫と一人娘の3人暮らし。近所のおいしいごはん屋さんから、国内・海外旅行まで思い立ったら出かけるフットワークの軽い家族です。私、かなり天然な為、家族は私の言動にいつも腹を抱えて笑います・・・ 自然が好きで、体を動かすことも好きなので、海や山にも出かけますが、美味しいものを食べ歩くのも大好きです。行ってみたい場所、見てみたいものがたくさんあります。好奇心旺盛なので常に知らない世界に飛び込む事にワクワクします。 ⇒プロフィールの詳細はこちら