ウエスト・ポイント・グレー周辺の観光スポット散策!有名大学に!ヌーディストビーチも!?

カナダでアウトドアデビュー★TRIPLER SAKI
ねこ2匹とバンクーバーに在住。趣味は、ダンナさんと旅行を楽しむこと。またカナダでアウトドアに目覚め、アウトドアの楽しさ、ビギナーなので失敗も含めて情報も発信していく予定。⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは、SAKIです。

留学先として人気の高い、バンクーバー。

バンクーバーのダウンタウンは、英語学校やレストラン、ショッピングモールなどが集まっており、バンクーバーに滞在する場合はダウンタウンで過ごすことが多いかと思います。

ですが、バンクーバーのダウンタウン以外のエリアはどうなっているのでしょうか?

 

ということで、今回はバンクーバーの西、ウエスト・ポイント・グレーと呼ばれるエリア周辺をご紹介したいと思います

今回も、パートナーのキュートなダンナさんと共に散策に行ってきます!

バンクーバーの西エリア、ウエスト・ポイント・グレーとは?



バンクーバーの中でも、このエリアをウェスト・ポイント・グレーと呼びます。

ちなみに、バンクーバーのダウンタウンはコチラ。



ウェスト・ポイント・グレーは、バンクーバーのダウンタウンからバスで約30分くらいの距離に位置しています。

ダウンタウンを見渡せる高級住宅街エリア

ウェスト・ポイント・グレーは、立地が高台になっており、ダウンタウンを見下ろす景観が楽しめます。また、高級住宅街として有名なエリアです。


出典:http://tcgcare.com/point-grey-private-hospital/

バンクーバーで最も高い家ランキングで、上位の家のほとんどがこの周辺のエリア。
ウェスト・ポイント・グレーで最も高い家の価格はなんと・・

 

50億円以上!!!

 

私がこの辺りに住む機会は一生なさそうです。

Jericho ビーチ



ウェスト・ポイント・グレーの海沿いは、Jerichoビーチと呼ばれるホワイトサンドのビーチが広がっています。

この写真は7月のJerichoビーチ。たくさんの人が日光浴をしていました。ちなみに、右奥に見えるビル街がダウンタウンです。

落ち着いたビーチで景色も美しいので、とてもオススメのビーチです!

世界的に有名なUBC大学



ウェスト・ポイント・グレーの周辺を散策してみたいと思います。

ウェスト・ポイント・グレーよりさらに西側のエリアには、UBC(The University of British Columbia)と呼ばれる大学があります。

UBC大学とは・・・
1915年に設立され、これまでに7名ものノーベル賞受賞者を輩出。
世界的に高い評価を受けているバンクーバーで一番有名な大学。

UBCへの行き方



UBCへは、UBC行きのバスで行くことができます。
UBC行きのバスは、いろんな場所でたくさん走っていますので見つけやすいと思います。

広大すぎるキャンパス



約4平方kmという広大な敷地に、約5万人の生徒が在籍しています。UBC行きのバスが多い理由もナットクです。

キャンパスには、美しい建物がたくさん並んでいます。まるで、オフィス街のようです。



どこまでがキャンパスなのかわからないほど広いです。

訪れたのは10月の半ば、紅葉がとてもキレイでした。

周りは巨大な公園!



UBCのキャンパスは、巨大な森と海に囲まれています。
この森、実は公園になっていてトレイルコースが張り巡らされています。



犬の散歩や走っている人も多く見かけました。

ですが、冬は暗く人気が少なくなります。敷地も恐ろしく広くひっそりとしているため、犯罪が多いという恐い一面もあります。冬場の一人歩きは止めておきましょう。

UBCの植物園で開催されるアップルフェスティバルに行ってみた!



UBCは敷地内に植物園も所持しています。

本日10/15、そこでアップルフェスティバルが開催されているということで、行ってみたいと思います!

UBC植物園への行き方



UBC植物園は、UBCキャンパスから徒歩約15分

UBC植物園の入場料



大人1人9カナダドルです。

ですが!
今日はアップルフェスティバルということで、5ドルで入ることが出来ました♪

アップルフェスティバルって?

アップルフェスティバルは、その名の通りリンゴのお祭りで、リンゴにちなんだイベントが盛りだくさん。


リンゴチップスやリンゴパイ、リンゴ飴など、おいしそうなものがいっぱいです。



私達は、アップルサイダーを頂きました。

サイダーといっても炭酸ではなく濃厚なリンゴジュース。



リンゴをしぼる、体験コーナーも。
昔はこうゆうふうにリンゴを絞っていたんですね。



世界のリンゴの展示会も。

大好きな日本のガーラから、さくらんぼのように小さなリンゴまで、たくさんのリンゴがありました。

リンゴの試食会



リンゴの試食会を見つけました!



いろんな種類のリンゴを食べ比べできる、リンゴ好きにはたまらないイベント。



UBC植物園で開催されるアップルフェスティバルは、リンゴ尽くしの秋を感じる楽しいイベントでした!

歩いてヌーディストビーチまで行ってみた!

Wreckビーチ(ヌーディストビーチ)までの行き方



UBC植物園からWreckビーチ(ヌーディストビーチ)までは、徒歩25分ほど

10月だけど・・・



訪れたのは、10月半ば。
ビーチの入口は、この看板が目印です。



ずんずん階段を下っていくと・・・



「ここから、服を脱いでOK」とのサインが!

私達は服を着たままビーチへ。



写真は許可がないと撮ってはいけないため、文章のみでご紹介します。

Wreckビーチは、ブラックサンドの美しいビーチ。周りを高い崖に囲まれた湾になっていて、人の目が気にならないこじんまりしたビーチです。

もう10月で寒くなってきましたが、パッと見渡しただけでも20人くらいヌードの方が。服を着ている人はそれより少し多いくらい。

犬と遊んだり、フリスビーをしたり、ビーチを眺めたり、みんな思い思いにビーチを楽しんでいました。

さらに歩いて「新渡戸」記念館まで行ってみた!



新渡戸記念館は、こちらもUBCが運営する植物園の1つです。

新渡戸記念館までの行き方



行き方は、Wreckビーチから徒歩約13分

入場料



入場料は、大人1人7カナダドル。
UBC植物園と新渡戸記念館のセット価格は、13カナダドルとお得になっています。

美しい日本庭園



中はとても立派な日本庭園。



紅葉もキレイでした。

10月15日は・・



新渡戸稲造の銅像を発見。

よく見ると・・・

本日10/15は、新渡戸稲造の命日とのこと。



これも何かの縁、少しですが寄付をさせて頂きました。

こじんまりとした、しっとりと落ち着きのある日本庭園でした。

まとめ

バンクーバーの西、ウエスト・ポイント・グレー周辺は、とてつもなく広いUBC大学を中心に見どころが盛りだくさん

特にオススメは、夏のビーチ秋の紅葉です。ぜひバンクーバーに行く機会があれば、足をのばしてみてはいかがでしょうか?

継続してバンクーバー情報は発信していけたらと思います。ではまた次回も楽しみにしていてくださいね!

The following two tabs change content below.
カナダでアウトドアデビュー★TRIPLER SAKI

カナダでアウトドアデビュー★TRIPLER SAKI

ねこ2匹とバンクーバーに在住。趣味は、ダンナさんと旅行を楽しむこと。またカナダでアウトドアに目覚め、アウトドアの楽しさ、ビギナーなので失敗も含めて情報も発信していく予定。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です