【サーフィン初心者〜プロ必見】プーケットのおすすめサーフスポット・ホテルを徹底紹介!

365日サーフィンライフの世界一周TRIPLER「コーセー」
オーストラリアで出会ったおばあちゃんのおかげで、「生き方は一つじゃない」ことを知る。サーフィン世界一周後、現在は宮崎に移住し、Webマーケターとして活動する傍ら、好きな時間に好きな場所でサーフィンするという時間と場所に囚われないライフスタイルを実践。「生き方は一つじゃない」を伝えられる人間になるため様々な事業に挑戦中⇒プロフィールの詳細はこちら

リゾート地として人気の高いタイ・プーケット島ですが、実はサーフトリップ先としても人気です^^
(僕自身も3回プーケットにサーフトリップしているほどお気に入りのトリップ先です。)

初心者から楽しめる波があり、サーフィン後にはマッサージして、美味しいタイ料理を食べて、夜は欲望に満ちた刺激的なナイトライフが楽しめる。

まさに「微笑みの国」といえるトリップ先ですね^^

今回は、そんなタイ・プーケット島のサーフィン事情を僕、365日サーフィンライフTRIPLERコーセーが【シーズン】【サーフポイント】【ホテル】などを総まとめしましたので、プーケットにサーフトリップする前にチェックしてみてください。

では行きましょう!

 

この記事の目次

雨季なら最高!プーケットのサーフシーズンはいつ?



プーケットのサーフィンシーズンは雨季となる5月中旬〜11月初旬
毎年4月下旬頃に初ウネリが届いたらいよいよプーケットのサーフシーズン到来です。
この時期になると南西からの季節風に変わりはじめ、徐々に地形が整い、プーケットにコンスタントに波が立ちます。

基本的に季節風の風波の為、南西風が強く吹いた次の日の風が弱まり、ウネリが残っている時が狙い目です。
稀にインドネシアからなどのウネリが届き、ビッグウェイブになる事も!

乾季となる12月〜4月の間はフラット(波が全く立たない)なコンディションになり、サーフィンは出来ませんが、海はめちゃくちゃ綺麗なのでダイビングにオススメです。

 

プーケットのおすすめサーフポイント4選+α



プーケットは東海岸に数多くのポイントがあります。
基本的にはビーチブレイク(海底が砂のサーフポイント)で、初心者から楽しめる波やうねりによっては上級者オンリーとなるポイントもあり、多くの方が楽しめるサーフポイントがあるのが特徴です。

ここではおすすめのサーフポイントをピックアップしました!

①波のサイズが安定して有るプーケットのサーフィンメッカ【カタビーチ】



プーケットでのサーフィンのメインポイントと言えばカタビーチ。
繁華街のパトンから南に車で約20分の場所にあるカタビーチはクイックシルバーの大会が行われた事もあるプーケットサーフィンのメッカです。

サーフボードレンタルもできますし、ビーチ周りにはレストランやマッサージもあるのでサーフィン以外にも楽しめます。
早めのビーチブレイクでカタビーチの一番南側近くが波がよく割れ、中級者以上のサーファーにはカタビーチがオススメです。

初心者の方はカタビーチの北側〜真ん中付近が優しい波なのでオススメですが、カレント(離岸流)も発生する為、ガイドをつけるなどして初心者だけでは入らないようにした方がいいかもしれませんね。

カタビーチはプーケットのサーフィンのメインポイントなだけあって、ローカルサーファーのレベルも高く、波があればみんな仕事そっちのけでサーフィンしています。笑
ローカルサーファーを見ているのも楽しいですよ。

②プーケットで最も賑わう【パトンビーチ】



パトン地区はプーケットの中で一番賑わっている繁華街です。
繁華街の目の前がビーチの為、ハッキリ言って海はそんなに綺麗ではありませんが、何と言っても繁華街から近いのが魅力。
観光しながら、波があればパッとビーチに行き波乗りが出来ちゃいます。

波質は中級者以上の方にはちょっと物足りないかもしれませんが、初心者の方には充分すぎるメローなイージーウェーブ。
ビーチにはサーフボードレンタルも沢山ありますので気軽にサーフィンが出来ます。

③プーケットで唯一のリーフブレイク(海底が岩盤・サンゴのサーフポイント)【カリムビーチ】



パトンビーチから車で北に約3分の位置にあるカリムビーチは、プーケットの中で唯一のリーフブレイクです。

中々ウネリが届きませんが、ウネリが入れば厚みのあるパワフルかつ、メローなロングウェイブ波が楽しめます。
潮の満ち引きでリーフ(岩盤)が剥き出しになるので入る時と出る時には気をつけてください!
こちらは中級者以上のサーファーにオススメです。
ポイント目の前の道路には屋台も出ているので海上がりに屋台で休憩なんていうのもオススメです。

④個人的にお気に入りのポイント【カタノイビーチ】



メインポイントのカタビーチの山を挟んで南側にあるポイントです。

ここは何と言っても秘境感が良いです。
山の上の道路から階段を降りてアクセスします。階段を降りていくと見えてくるエメラルドグリーンの海はとっても綺麗で、人も少なく僕の一番好きなビーチです。

ビーチからのアクセスも出来ますが、僕はこの写真の景色が好きなので階段からのアクセスをオススメします!
(帰りはちょっと大変ですが、、、)

その他にもたくさん綺麗なビーチのポイントがあります!



その他にも【カロンビーチ】【カマラビーチ】【スリンビーチ】【ナイハンビーチ】【ナイヤンビーチ】
など、まだまだ人も少なく綺麗でサーフィンの出来るビーチも沢山ありますので、詳しくはこちらのプーケットサーフィン情報をチェックしてみてください^^

プーケットのサーフガイドのおすすめはどこ?



プーケットのサーフガイドのおすすめは断然【常夏屋】さんです。
プーケットサーフィンの先駆者である日本人オーナーの立花ヒロキさん(在住17年目‼︎)や経験豊富なスタッフが、その日のコンディションやレベルに合わせた場所に連れて行ってくれます。
個人だとどうしても分からないビーチの入り方や、ローカリズム、風向き、タイドによる向き不向きの時間帯などを知り尽くしたプーケットサーフィンのエキスパートです。

常夏屋ホームページ

レンタルボードは出来る?オススメレンタル2選!



プーケットではレンタルボードはそこら中で出来るので日本からボードを持って行かなくてもサーフィンは可能です。

①カタビーチのローカルサーファーにも人気【Plus Alpha Surfboads】

中でもオススメなのが、カタビーチにある日本人オーナーのSHINさんのショップ『Plus Alpha Surfboads プーケット支店』です。

生粋のサーフボードマニアのSHINさんがこだわり抜いて作った『Plus Alpha (+a)』のサーフボードが沢山置いてあります。
場所はカタビーチの一番南側にのカタママと言うレストランの向かいです。(ちなみにこのカタママレストラン、ロケーションも良く料理も美味しいです)
オーナーのSHINさんか、カタローカルのサーファーが英語で対応してくれます。

■サーフボードレンタル料金
・1時間 150バーツ
・半日 400バーツ
・1日 500バーツ
・3日間 1300バーツ
・1週間 2800バーツ
+a店舗情報
+aホームページ

②レンタルもガイドもお願いできます【常夏屋】

常夏屋さんも色々な種類の板が豊富にありますので、ぜひ一度覗いてみてください。
アルメリック、DHD、ロスト、ウェバー、JS、マクタビッシュ、クーパー、サウスポイントなどが置いてあります。
常夏屋さんは日本人スタッフ常勤なので英語に自信がない方でも安心してレンタル出来、プーケットのサーフィン事情だけではなく色々な情報を教えてもらえますよ!

また、カタビーチエリアに宿泊の方は無料でレンタルボードを届けてくれるそうですよ!(2日間以上のレンタルに限りお届けサービスあり)
空港から到着してすぐにサーフィンしたい!という方には嬉しいサービスですね!
※要予約
■サーフボードレンタル料金
・1日 600バーツ
■パドルボード(SUP)レンタル料金
・1日 1000バーツ
常夏屋ホームページ

(おまけ)気軽に借りるならビーチボーイもあり!

プーケットのビーチでは雨季の間、大体のビーチでサーフボードレンタルがあります。(カリムビーチを除く。)
特に板にこだわりがなければ、入りたいポイントの目の前で借りるのが手っ取り早くてオススメです。
板のコンディションはバラツキがあり、大きい傷などは最初に指摘をしておくと良いでしょう。
基本的にプーケットのビーチボーイは明るく優しいので仲良くなれば安くしてくれる事も。
ただ中にはボッタクリや言いがかりをつける人もいますので気をつけてくださいね。

プーケットにサーフトリップする際のおすすめホテルをピックアップ!



プーケットは一大リゾート観光地なので星の数ほどホテルがあります。
建設ラッシュで安いゲストハウスから新しいホテルまで沢山出来ていますので、最新情報をゲットして快適なホテルライフを送ってください!

夜も遊びたいという方におすすめ【パトン地区のホテル3選】



ホテル激戦区なので一泊2〜3000円出せばオシャレで綺麗なゲストハウスに泊まる事が出来ます。
サーフィンも良いけど、ショッピングやナイトライフも楽しみたいという方はパトン地区で決まり!

①隠れ家的ゲストハウス【バーン アンダマン シー サーフ】


画像引用元:https://www.booking.com/hotel/th/baan-andaman-sea-surf.ja.html#map_closed


特徴 パトン地区なのに喧騒から離れた隠れ家的ゲストハウス。タイ人ローカルサーファーとヨーロッパ人の夫婦がオーナーで清潔でセンスが良く、色々と面倒を見てくれます。
価格 約2250円~/泊
所在地 21 Soi Phabaramee 3 Patong Phuket
ウェブサイト バーン アンダマン シーサーフ予約サイト
 

②日本人オーナーで安心!【ハッピーゲストハウス】


画像引用元:http://www.phukethappytour.com


特徴 日本人オーナーのモモさんと日本語ペラペラのタイ人スタッフのサオちゃんがパトンライフの色々を教えてくれます!立地抜群・格安ツアーもマッサージもありで至れり尽くせり!
価格 約1800円~/泊
所在地 135/11 Paradise complex Rat-u-tid Rd., Tambon Patong, Kathu Chang Wat Phuket 83150
ウェブサイト ハッピーゲストハウスホームページ
 

③パトンビーチの目の前!【インピアナ プーケット カバナ リゾート】


画像引用元:https://www.booking.com/hotel/th/impiana-phuket-cabana-resort-spa.ja.html


特徴 ビーチ目の前のホテルです!部屋からサーフボードを持って裸足で海にジャンプ!なんて事も可能です。
価格 約13000円~/泊
所在地 41, Taweewong Road Patong Beach, Patong, Khatu, Phuket 83150
ウェブサイト インピアナ プーケット カバナリゾート予約サイト
 

サーファーの訪れる雨季は、観光客が少ないオフシーズンなので、高級リゾートホテルもオフシーズン価格というものがあり、格安で泊まる事が出来ます。
憧れの高級リゾートに泊まれるチャンス!
ぜひ色々と探してみてください。

サーフィンメインならここがおすすめ!【カタ地区のホテル3選+ゲストハウス】



綺麗な海でとにかく毎日サーフィン三昧したい!という方にはカタ地区がオススメ!

①カタビーチを代表するホテル【カタ ビーチ リゾート アンド スパ】


画像引用元:https://www.booking.com/hotel/th/kata-beach-resort-and-spa.ja.html


特徴 言わずとしれたカタビーチ目の前に建つ老舗リゾートホテルです。
価格 約6000円~/泊
所在地 1 Pakbang Rd. Tabon Karon,, Muang District,, Amphoe Mueang Phuket, Chang Wat Phuket 83100
ウェブサイト カタビーチリゾート予約サイト
 

②部屋から波チェック【チャナライ ガーデンリゾート カタビーチ】


画像引用元:https://www.booking.com/hotel/th/tropicalgardenresort.ja.html


特徴 オーシャンビュールームでは毎日波チェック出来ます!
価格 約3500円~/泊
所在地 247 Kata Road, Kata Beach, A. Muang, Phuket 83100, Thailand Kata, Kata, Muang, Chang Wat Phuket 83100
ウェブサイト チャラライガーデンリゾート予約サイト
 

③綺麗なカタノイビーチが目の前【カタタニリゾートホテル】


画像引用元:http://www.katathani.com/


特徴 カタノイビーチにあるホテル。カタノイビーチがプライベートビーチのように楽しめます。ちょっとお高いですがその価値のあるリゾートホテルです。
価格 約15000円~/泊
所在地
ウェブサイト カタタニホテルホームページ
 

長期滞在ならゲストハウスもおすすめ!

カタ地区にも安いゲストハウスも沢山ありますので、長期滞在の方はゲストハウスで安く済ませるのもオススメです!
シュガーオハナ ポステル 予約サイトへ
カタビーチ ホームステイ&バックパッカー 予約サイトへ
フィン ホステル プーケット 予約サイトへ

大人なサーフトリップにおススメ【カマラ・スリン地区のホテル3選】



パトンから北に15分程行くだけで、喧騒とは無縁の静かな地区になります。
ゆっくりと静かに過ごしたい方の為の大人のリゾート地です。
カマラビーチ、スリンビーチともにサーフィンも出来ますよ。

①大人の極上リゾートを味わなら【キーマラ】


画像引用元:https://www.keemala.com/


特徴 2016年にオープンしたばかりの高級リゾートホテル。
空想上のタイに住む4つの部族をコンセプトにしたヴィラで、極上のリゾート気分が味わえます。
価格 約55000円/泊
所在地 10/88 Nakasud Rd, Kamala,, Kathu, Kathu District, Phuket,
ウェブサイト キーマラホームページ
 

②価格は抑えながらビーチフロント【スリン ビーチ リゾート】


画像引用元:https://www.agoda.com


特徴 コスパ抜群!インフィニティプールもあります。
価格 約5000円~/泊
所在地 105/ 2, Moo 4 Srisoonthorn Road Cherngtalay Thalang Phuket 83110
ウェブサイト スリンビーチリゾートホームページ
 

③アンダマン海を一望できる【ケープ シエナ ホテル&ヴィラズ】


画像引用元:https://www.agoda.com/


特徴 洗練されたヴィラからアンダマン海を一望出来ます。
価格 約10000円~/泊
所在地 18/40 Moo 6, Nakalay Road, Kamala, Phuket 83150
ウェブサイト ケープシエナホームページ
 

サーフガイドを付けず自分自身でトリップする際の3つの注意点!

僕個人はサーフガイドを付けずにプーケットサーフトリップに行きますが、自分自身でトリップする際に気をつける注意点をまとめました!

①サーフポイントを選ぶなら必須の【移動手段】



ガイドなどを頼まずに自分自身でサーフポイントまで移動する一番簡単な手段はレンタルバイクです。
パトンやカタでは道を歩けばレンタルバイク屋がそこら中にあるので、比較的新しそうで綺麗なバイクを選びましょう。
料金は1日約200バーツ(約660円)前後。

最近は観光客のレンタルバイクの無返却やら事故やらが多いらしく、今はパスポート本体を預けないといけないので要注意。
パスポートを見知らぬタイ人に預けるのは勇気が要りますが、バイク返却時にちゃんと返してくれるのでご安心を。
(向こうも他人のパスポートより商売道具のバイクが大事!人質交換的なやつですね。笑)

また観光客を狙った警察の取り締まりも非常に多いです!
捕まった場合は警察署に行き、罰金を払わなければいけません。せっかくのサーフトリップ、時間とお金が勿体無いので免許不携帯とヘルメットには注意しましょう!

※基本的にプーケットのレンタルバイクは、バリのようにボードキャリアが付いているものはないので、ボードバッグを持参した方が良いです。風に煽られやすいので運転には気をつけてくださいね。

常夏屋さん提携の、カタビーチのオーシャンビューコンドミニアムに7泊以上ご宿泊の方バイクなんとサーフボードキャリア付きバイクが無料で借りられますよ!!
常夏屋ホームページ

②サーフポイントにロッカーはある?【貴重品について】



ロッカーは特にないので貴重品は持ち歩かず、レンタルバイクの場合は免許証と少額のお金だけジップロックに入れてサーフィンしてください。
バイクのシートの中はすぐに開けられてしまうので、貴重品は入れないようにした方がいいかもしれません。

③日本からボードを持って行く際の【チャージ料について】



日本からプーケットに行く際の航空会社はタイ航空が主流だと思いますが、タイ航空はサーフボードチャージ料が発生します。(2017年現在)
  • ショートボード…60$/1枚
  • ロングボード…120$/1枚
以前は片道250$とか取られたんですが、だいぶ安くなりましたね^^

自分の板で海外の波に乗るのも醍醐味ですよね!

プーケットサーフィン事情まとめのまとめ

プーケットはサーフィン以外にも楽しめることが沢山あり、サーフィンをしない人と一緒に行っても楽しめるので、サーフィン仲間はもちろんのこと、家族旅行、カップル旅行にも最適です。

トロピカルな常夏サーフィンを楽しんでくださいね^^

では行ってらっしゃい!

The following two tabs change content below.
365日サーフィンライフの世界一周TRIPLER「コーセー」

365日サーフィンライフの世界一周TRIPLER「コーセー」

オーストラリアで出会ったおばあちゃんのおかげで、「生き方は一つじゃない」ことを知る。サーフィン世界一周後、現在は宮崎に移住し、Webマーケターとして活動する傍ら、好きな時間に好きな場所でサーフィンするという時間と場所に囚われないライフスタイルを実践。「生き方は一つじゃない」を伝えられる人間になるため様々な事業に挑戦中⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

365日サーフィンライフの世界一周TRIPLER「コーセー」

オーストラリアで出会ったおばあちゃんのおかげで、「生き方は一つじゃない」ことを知る。サーフィン世界一周後、現在は宮崎に移住し、Webマーケターとして活動する傍ら、好きな時間に好きな場所でサーフィンするという時間と場所に囚われないライフスタイルを実践。「生き方は一つじゃない」を伝えられる人間になるため様々な事業に挑戦中⇒プロフィールの詳細はこちら