【インドに呼ばれて。。】インド・リシケシでホーリー祭り &ヨガ旅

ヨガ・健康美を追い求めるTRIPLER「Uka」

元ホテリエ、日本と海外のホテルで勤務経験あり。
べトナム、ホーチミンでヨガに出会う。ヨガの恩恵を感じ、ヨガを取り入れたライフスタイルを続けながら健康に自由に生きることを目指す。
アーユルヴェーダや東洋医学にも興味あり。旅先では、予定を詰め込みすぎず、ヨガをしたりのんびり過ごします。
⇒プロフィールの詳細はこちら

ナマステ!Ukaです。

皆さんは世界のお祭りに参加したことはありますか?

今回2度目のインドに行くことになり、

いつか参加してみたい。。と思っていたあのカラフル!なお祭りにちょっと参加してみました。

是非ご覧ください!

1.インドに呼ばれて。。

私が初めてインドに行ったのは、昨年の8月でした。

その時の体験はこちら!【女子のインド旅行は危険?】インドを1週間旅してみた!

その時は、またいつか(しばらくいいかな。。)行きたいなとしか思っていませんでした。

しかし、今回たまたま時間・タイミングがあい、友人が帰省中で、

”3月にホーリー祭りがあるけど、参加したい?” と言われ、

更に国際ヨガフェスティバルがリシケシである!ということで自然と行く流れになりました。

Uka
インドに呼ばれる。。と言うのを聞いたことがありますが、
まさにそれを実感した瞬間でした。

2.初ホーリー祭り

2-1.ホーリーとは

ホーリー祭(Holi)とはインドやネパールなどのヒンドゥー教の春の訪れをお祝いするお祭りです。

この日は誰彼無く、友人や家族以外の見知らぬ人にも色粉を塗りあったり色水を掛け合ったりして祝います。

もともと豊作祈願の祭りであったものが、のちに悪魔祓いの伝説などが混ざり、現在のような形になったと言われています。

今回は、大規模なホーリーではなく、現地の友人家族に混じって、ローカルな祝い方を体験しました。

2-2.準備

①子供たちが中心に準備をしていました。

パウダーを使って、綺麗にデコレーション準備。

色にはそれぞれ意味があり、

黄色=尿

赤=血

緑=田畑

を象徴すると言われています。

②水風船も作ります。

 

③ホーリー限定の食べ物を食べる

【グジャ 】

見た目は揚げ餃子!

中身は砂糖、レーズン、ナッツなどが詰まったものが入っており、かなり甘いです。

チャイと一緒に出してくれました。

 

2-3.<前半>友人家族に交じって!

いよいよです。まずはノーマルな状態。

水もかけられます。庭を逃げ回り。。

汚れてもよいTシャツに着替えました。。

だんだんカラフルになってきました。

犬も祝います。。!

2-4.<後半>ご近所さんも交じって!

いつの間にかご近所さんもやってきて、粉を付け合います。

付けた後は、

”ハッピーホーリー”といって抱き合います。

音楽に合わせて一緒に踊りました。

 

口や目に粉が、、でも女の子たちが拭いてくれました!優しい。

水を掛けられたので、はいていたレギンスパンツもビショビショに!

だいたい午前11時頃から午後2時ごろまで続きました。

Uka
途中でジャガイモを揚げたものを食べたり!(結構食べさせられました。。!苦しい。。)

スパイスが付いていて美味しかったです!

 

3.初参加の感想

今回は家庭でのホーリー祭りに参加して、

インド人がどのように春の訪れを祝うのか体験が出来ました。

ハッピーホーリー!といいながら、大人も子供も楽しむ姿は、

みんな心から自分たちの文化を大切にして、ポジティブなエネルギーで溢れていることが感じ取れました。

Uka
見ず知らずの外国人も一緒に混ぜて祝わせてもらい、貴重な体験が出来た日でした!

4.本場リシケシでヨガ

今回のもう一つの目的。

国際ヨガフェスティバルに参加することでした。

こちらはまた別の記事でレポートをします!

ご存知の通り、リシケシはヨガの聖地なので、

あらゆるところにヨガの学校やクラスが開催されています。

そこで今回は行ってみたかったクラスに行ってきました。

4-1.日本語を話す先生のクラス”YOGA VINI”

こちらは大阪にもある、Yoga Vini の学校です。

こちらはお兄さんで、弟さんが日本で教えているそうです。(時期による)

日本語も堪能で、クラス中にもたまに日本語が出てきました。

今回、二回ドロップインクラスに参加しましたが、日本人の方も多く見かけました。

大きな窓があるクラスルームは、ゲストハウスの最上階にあり、静かで素敵な空間でした。

たまたま今回の宿泊場から近く歩いて数分で、ラッキーでした。

クラス内容は、基本的なアーサナ(ポーズ)が多く、

最後に壁を使って、倒立やヘッドスタンドの練習もしました。(初心者でも大丈夫です!)

ドロップインクラス (*変更あり)
時間  8am -10am / 4:30pm – 6:30pm (2時間)
料金 1回200INR(ルピー)約326円

4-2.リシケシでのヨガの特徴

①ヨガを学ぶ環境

ヒマラヤ山脈が見渡せたり、ガンジス川がすぐそばにあり、

野生の猿や牛も人間と一緒に生きています。

自然に身を置くことは、ヨガの本質、自分の心や身体と繋がることがしやすい環境だと思います。

②ヨガのスタイル

最近はボディメイクやエクササイズ要素が強いヨガが人気があったりしますが、

リシケシでのヨガは伝統的なアーサナ(ポーズ)を丁寧に行う傾向が強いと感じました。

また、マントラ(ヨガの呪文のようなもの)をクラスの始め、終わりに唱えたり、

より自分の意識を集中させて練習が出来るように、精神的な部分も大事にしていると感じます。

Uka
様々なヨガを体験し、自分のライフスタイルに取り入れたいと思いました。

5.旅のまとめ

今回は住むように旅をする。と自分の中でサブテーマがありました。

リシケシでの2度目の滞在は前回とはまた違った体験が出来ました。

いつ来てもスピリチュアルでガンジス川に癒されます。

Uka
普段あるものがない環境に身を置くことは自分を見つめ直す時間にもなります。

1年に一度のホーリー祭りにヨガ、また非日常な体験が出来た日々でした。

リシケシでヨガをしてみたい方!是非一度訪れてみてください。

そしてインドに呼ばれたら行ってみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

The following two tabs change content below.
ヨガ・健康美を追い求めるTRIPLER「Uka」

ヨガ・健康美を追い求めるTRIPLER「Uka」

元ホテリエ、日本と海外のホテルで勤務経験あり。 べトナム、ホーチミンでヨガに出会う。ヨガの恩恵を感じ、ヨガを取り入れたライフスタイルを続けながら健康に自由に生きることを目指す。 アーユルヴェーダや東洋医学にも興味あり。旅先では、予定を詰め込みすぎず、ヨガをしたりのんびり過ごします。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヨガ・健康美を追い求めるTRIPLER「Uka」

元ホテリエ、日本と海外のホテルで勤務経験あり。 べトナム、ホーチミンでヨガに出会う。ヨガの恩恵を感じ、ヨガを取り入れたライフスタイルを続けながら健康に自由に生きることを目指す。 アーユルヴェーダや東洋医学にも興味あり。旅先では、予定を詰め込みすぎず、ヨガをしたりのんびり過ごします。 ⇒プロフィールの詳細はこちら