富士山の麓でキャンプ!朝霧JAMフェスを体験レポ!!

自然を愛するトリップラーえみ
自然ブロガー/Webライター 「日常の中で自然を楽しむ」をコンセプトに、日々の生活の中で感じるちょっとした自然の楽しみ方を発信しています。 旅や写真も大好きで、国内外問わず景色のキレイなところを見つけては美しい一瞬を切り取っています。⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは!自然を愛するトリップラーのえみです!

私は自然が好きなのでよくフェスやキャンプにも行くのですが、今回はオススメのキャンプインフェスに行って来た時の体験記事です!

個人でキャンプに行くのももちろん楽しいのですが、キャンプもできるフェスイベントというものもあるので、そういったものに参加するといつもと違ったキャンプが楽しめるのでオススメです!

今回はその中でも私が一番大好きで4年連続参加している、朝霧JAMというキャンプインフェスのご紹介です!

朝霧JAMとは?



富士山のふもとにある朝霧高原という場所で毎年行われている、野外音楽フェスです。
2日間行われ、富士山を目の前に見ながら色んなジャンルのライブを楽しむことができるイベントです。

会場は「朝霧ジャンボリーオートキャンプ場」「朝霧アリーナ」となっていて、もともとキャンプ場なので、参加者のほとんどが 1泊2日のキャンプを楽しみます。

毎年10月の三連休に開催されていて、ちょうど良い気候の秋空と緑の芝生が広がる高原の中で自然の気持ちよさをたっぷり味わえるフェスなのです!

アクセス



・朝霧アリーナ
静岡県富士宮市麓487-5

朝霧JAMの見どころ



朝霧JAMの見どころをご紹介します!
フェス歴7年の私にとって、朝霧JAMは「まったりキャンプを楽しむフェス」という存在です。

フェスといっても音楽ライブもあるのですが、そこまで激しくなく、出演するアーティストは邦楽・洋楽ともにそこまで有名ではありません。



なので、どちらかと言うとキャンプがメインで、ゆったりキャンプを楽しみながら、たまに音楽も聴けるフェスといった感じです!

いつものキャンプと違った楽しみ方をしたいという人や、
激しいフェスは苦手…という人にとってはかなりオススメです!

参加者のほぼ全員がキャンプするフェス



なんといっても朝霧JAMの特徴は、ほぼ100%の参加者がキャンプ泊し、1泊2日でフェスをじっくり楽しむこと!
会場は日本有数のキャンプ場ということもあってゆったりとした雰囲気だけでも心地よく、キャンプそのものがとても気持ちの良い場所です。


特にメインステージ前の広々とした高原に、色とりどりのテントが並んですぐ横には富士山が見える風景は、これぞ朝霧JAM!!という感じで、私のとても好きな光景です!

音楽ライブも楽しめる



もちろん、フェスなので音楽ライブも楽しめます!

あまりメジャーなアーティストは出演しないので、イスやシートを広げてまったりして聴くのが私のお気に入りの楽しみ方です!

秋空の涼しい風を受けながら、お酒を飲んでゆったり音楽を聴いている時間は最高です!

フードや雑貨など出典が豪華



朝霧JAMはフードや雑貨などがとても豪華です!
ごはん屋さんが立ち並ぶのですが、どこもとてもおいしくてクオリティが高い!

というのも、朝霧高原は酪農地帯でもあるので、牛乳がとてもおいしいのです!
なので、新鮮な牛乳が飲めたり、ミルクを使ったジェラートやヨーグルトなどがあったりして、私も毎年楽しみにしています。

他にも、会場である富士宮市の名物・富士宮焼そばや、あったかシチュー、ぐるぐるソーセージ、ヨーグル豚
など…地元静岡の名物をふんだんに使ったメニューをたくさん味わえるのも、朝霧JAMの魅力の一つです!

こんなに、会場地域の良さを味わえるフェスはそうそうありません!

また、フード以外の雑貨屋さんもとても充実しています。

アクセサリーやフェスらしいカラフルな洋服、さらに会場は夜になるとかなり冷えるので、防寒用にもなる厚手のストールやモコモコ素材の帽子など…おしゃれなモノも、キャンプに必要なモノも揃えることができます。



私は色んなフェスに出店しているお気に入りのアクセサリー屋さんが朝霧にも出店しているので、毎年とても楽しみにしています!

ライブを観に行かなくても、雑貨屋さんやフードエリアを見ているだけでも楽しいですよ!

4年連続、朝霧JAMに参加している私の楽しみかた



では、ここからは4年連続で朝霧JAMに参加している私ならではの楽しみ方をお伝えします!
初めて朝霧JAMに行く方や、気になっている方などはぜひ参考にしてみてください!

あくまでもキャンプメインで会場の雰囲気を楽しむ



私は朝霧JAMに来たら、ほとんどライブは観ません!(笑)

「え!音楽フェスなのに?」という声が聞こえてきそうですが…。

朝霧JAMに出演するアーティストはコアな音楽好きな人なら分かると思うんですが、私はほとんど分からないんです(笑)
でもライブを観なくても、キャンプサイトでまったりしたり、ここでしか食べられないフードを買って芝生の上で食べたり、お気に入りの雑貨屋さんを見て周っているだけで、十分楽しむことができます!

1泊2日でゆっくりキャンプを楽しむことができるので、みんなであえて凝った料理を作ったりするのも楽しみの一つです。



とにかく、朝霧JAMという会場の居心地の良い雰囲気を楽しむために参加しています!

2日目の朝は早起きして富士山から登る朝日を楽しむ



これも富士山が目の前にある朝霧JAMならではの楽しみ方なのですが、2日目の朝は起きれれば(笑)6時くらいに早起きして、会場内の朝日が見えるスポットに行きます!

すると、富士山の後ろからだんだんと太陽が昇ってきて、薄暗かった空が明るくなっていく光景を見ることができるのです!

これが本当にキレイ!!

これを見ると、「あぁ、キャンプを楽しんでるなぁ」という気になれて、なんだかお得な気分になれます!

あと、夕暮れ時には富士山の頂上付近が夕日に照らされて赤く染まる「赤富士」という、この時期にしか見られない光景も楽しむことができるんです!!



ちょうどこの時期は富士山の頂上に初雪が降って、私たちがイメージする富士山になる頃なので、この赤い夕日とのコントラストがまたとっても美しいです…!

世界遺産となった富士山をこんなに間近に感じられるぜいたくなフェスは朝霧JAMだけです!

近くの日帰り温泉でお風呂に入る



個人的にオススメなのが、2日目の朝に会場から車で少し行ったところにある日帰り温泉に行くことです。

キャンプ場にもシャワーはありますが、夜はかなり冷えるので、できればゆっくりお風呂に浸かってキャンプの汚れも落としたいところ。

なので、私は1日目の夜はお風呂を我慢して、2日目の朝に会場近くの日帰り温泉に行くことにしています。
おかげでキャンプでもゆっくりお風呂に入れて、2日目はさっぱりして快適に過ごすことができますよ!

ちなみに会場近くでオススメの日帰り温泉は以下の2つです。
あさぎり温泉「風の湯」 http://kazenoyu.net
キャンプ場から一番近い日帰り温泉です。
あまり大きくなく、朝霧JAMの期間は他にも利用する人がけっこういるので、わりと混雑します。
できればオープンと同時に行くか、時間を変えてお昼頃などに行った方が良さそうです。
富獄温泉「花の湯」 http://www.tokinosumika.com/hananoyu/
会場から車で20分ほどの温泉です。
かなり大きな入浴施設でたくさんのリラクゼーション施設も備えているので、比較的混雑せずに入れます。
時間に余裕があればこちらでゆったりするのも良さそうです。

まとめ



秋はキャンプのベストシーズン。
そんな季節に富士山を見ながらフェスとキャンプが両方楽しめる朝霧JAMは、本当にオススメのイベントです!

初めて参加した時から、とにかくまったりキャンプが楽しめるこのフェスの雰囲気が私は大好きなのです!

キャンプデビューしたい人や、いつもとは違ったキャンプを楽しみたい人にとっても満足してもらえると思うので、ぜひ秋の気持ち良い時期に参加してみてください!

The following two tabs change content below.
自然を愛するトリップラーえみ

自然を愛するトリップラーえみ

自然ブロガー/Webライター 「日常の中で自然を楽しむ」をコンセプトに、日々の生活の中で感じるちょっとした自然の楽しみ方を発信しています。 旅や写真も大好きで、国内外問わず景色のキレイなところを見つけては美しい一瞬を切り取っています。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

自然を愛するトリップラーえみ

自然ブロガー/Webライター 「日常の中で自然を楽しむ」をコンセプトに、日々の生活の中で感じるちょっとした自然の楽しみ方を発信しています。 旅や写真も大好きで、国内外問わず景色のキレイなところを見つけては美しい一瞬を切り取っています。⇒プロフィールの詳細はこちら