【デリケートアーチを制覇】アーチーズ国立公園 のアーチの真下でポーズする

アメリカ・アウトロー史研究家トリップラー
【アメリカ在住】 開拓時代のアウトロー、マット・ワーナーがサインした壁画を偶然発見した事から、西部アウトロー史に興味を持ち調査をしています。 マット・ワーナーを中心に、西部アウトロー達の足跡を追いかけ秘境の地を4WDで駆け巡っています。日焼けはイヤ!大の虫嫌いなのに…今日も元気に道無き道を突き進み、荒野の中を元気に探検!! 自分の目で見た事、経験した事のみが真実だ!!との信条から、気になる事は自分自身で確かめるを実践。好奇心旺盛でワクワクする事が大好きです。⇒プロフィールの詳細はこちら

世界中を魅了してやまないアーチーズ国立公園。

自然が作った壮大なアート作品群。

超有名なデリケートアーチの真下でポーズしてみた~い!!

そこから見る景色はどんな風に見えるんだろう?

きっと・・地球の神秘と大地の鼓動を感じることが出来るはず・・

古代先住民族アナサジの聖地は心と体を癒してくれるのか?

遠くから眺めるだけでは、わからない。

デリケートアーチの魅力をお届けします。

絶景!!デリケートアーチを制覇!

アメリカ・アーチーズ国立公園


奇抜な赤い岩がアーチのようにくりぬかれているこんな写真を見たことはありませんか?

ポスターなどで目にしたことがあるかも知れませんね。

こんな奇抜な岩がたくさんある場所がアーチーズ国立公園です。

不思議な形をした岩やアーチはとても幻想的で、まるで自然が作りだしたアート作品のようです。

アーチーズ国立公園内にはなんと2000個以上ものこのような奇抜な岩やアーチが点在しています。

なかでも代表的なアーチとして世界的にも有名なデリケートアーチ(上部写真)。

このデリケートアーチの絶景をレポートします。

幻想的な奇岩の世界へようこそ!!



壮大な景色で世界中の人々を魅了し続け、年間延べ80万人もの人々が訪れているアーチーズ国立公園。

ユタ州ソルトレイク空港から車で約3時間30分の場所にあります。



ソルトレイクから車でI-15線を南下し、スパニッシュフォークから6号線に入ります。

グリーンリバーからI-70に入り、グランドジャンクション方面へ。

クレセントジャンクションよりモアブ方面191号線へ入り、アーチーズ国立公園へと続きます。

アーチーズ国立公園への入場は車一台に付き1回$25です。(2017年8月現在)

尚、アメリカ国立公園の入場料は一人の単位ではなく車一台での料金です。

アーチズ国立公園を何回か訪ねる場合や、他の国立公園に行く予定がある場合には、1年間有効アメリカ国立公園年間パス$80を購入しても良いでしょう。

入園時、園内の案内書と地図が手渡されます。

この時、英語版の案内書が渡されますが、日本語版の案内書も用意されていますので遠慮せずに日本語の案内書を下さいと申し出てください。

係の人がにっこり笑顔で、「ヨウコソ!!コンニチワ」と片言の日本語で歓迎してくれるはずです。

入り口を過ぎるとすぐ右手にビジターセンターがあります。

ここではアーチーズ国立公園の概要を知ることが出来ます。

お土産などの販売もしています。

世界のロッククライマー憧れ



ビジターセンターを過ぎると曲がりくねった急な坂道を登っていきます。

その坂の途中に巨大な断崖絶壁の岩があります。

その巨大な岩を見上げて見てみてください。

ここはロッククライミングの聖地とも呼び名が高い場所で、世界中からこの岩を制覇しようとロッククライマーたちが挑戦しています。

運が良ければ彼らの挑戦を見る事が出来ます。

ビューポイントとトレイル

アーチーズ国立公園では、沢山のビューポイントとトレイルがあります。

一日ですべてを廻ることは無理ですが、絶対外せないビューポイントを教えちゃいます。

バランスロック



入口からの坂道を登りきり、道なりに突き進むと右手にバランスロックが見えてきます。

どの角度からみても絶妙なバランスを保っているこのバランスロック。

「わー凄い!!」と思わず声がでてしまいます。

駐車場から、わずか500m程の距離。

簡単に歩いて近づけますのでぜひ鑑賞してほしいポイントです。

ウィンドウズ



バランスロックを過ぎて、道なりに走ると右手にウィンドウズが見えてきます。

サウスウィンドウ、ターレットアーチとノースウィンドウまではおよそ1.1㎞の距離です。

デビルズガーデン



ぜひデビルズガーデンにも足を運んでください。

場所はデリケートアーチよりさらに進み、公園内では最も遠い最終地点となります。

突起状のフィンのような岩を見る事が出来ます。

この場所の見どころはコース入口のこの突起状の岩ですので、この入口付近だけでも見る価値はあります。

デリケートアーチ



デリケートアーチと呼ばれるアーチはユタ州のシンボルマークにもなっていてユタで登録されている車のナンバープレートのデザインにも採用されています。

この自然が作りだした不思議なアート作品、超有名な絶景・デリケートアーチ。

このデリケートアーチの真ん中でポーズを決めたいとおもいませんか?

デリケートアーチへのトレイルは片道約4.8㎞で標高差は146mあります。

初心者用山歩き程度のハイキングというと想像しやすいかもしれませんね。

岩場を歩くので靴は歩きやすいものが良いでしょう。

熱射病対策のために、水の用意は必須です。

夏の暑い日で最低でも2リットル・冬場でしたら最低でも1リットル用意してください。

また、軽いスナックなど持参するとよいでしょう。

さあ・・それではデリケートアーチに出発です!!

開拓者の家と一番の難所



1883年、ジョン・ウェズリー・ウルフがこの地に移り住み1910年まで小さな牧場を作り生活していました。

小さくて、見窄らしい一室しか無い家ですが、ここに家族6人で暮らしていました。

開拓時代を忍ぶため今も保存されています。

数年前までは、誰でも中に入ることが出来たのですが、現在は柵がされており中をのぞくだけになっています。

そこから少し歩くと道がふたてに別れます。左の平らな道を行くとインディアンの壁画があります。

アナサジと呼ばれる先住民族の祖先が住んでいた時代のものです。

登山する前にその壁画を見てみるのも良いかもしれません。



しばらく歩いて行くと見通しの良い一見なだらかそうな岩を登ります。

足元に気を付けながら登ってください。

傾斜が見た目よりあるので休憩を取りながら歩くのも良いかもしれません。

デリケートアーチトレイルで、この岩場が一番の難所といえるかもしれません。

休憩場所と絶景



岩場を通り過ぎると日陰となる場所があります。沢山の人がこの辺りで一時休憩をしているはずです。

細い崖の道を進むと・・!



更に進んで行くと左手が絶壁というちょっと怖い細い道を歩く事になります。

足元に気を付けて、その道を登って行くと・・・・。

ヤッター!! 到着です!



右手に壮大なデリケートアーチが見えてきます。

わぁー!!」

思わず叫んでしまう絶景が目の前に現れます。

この感動を味わう!!



その姿はここまで頑張ってハイキングしてきた人だけに与えられた感動シーンです。

デリケートアーチの真下へ行く!!



はっきり言って・・・崖です。

足元に気を付けながら進んでください。

高所恐怖症の私は恐怖心と戦いながらアーチの真ん中まで足を運びます。

「ひぇーつ・・怖いよ~。」

恐怖心と戦いながら、着いた瞬間・・おもわずガッツポーズ!!

「ヤッター!!」

上を見上げると巨大なアーチが真っ赤に燃えて両手を広げ「よくここまで来たね」と歓迎してくれているようです。

デリケートアーチを征服!! 幸福感と満足感!!



いままで見たポスターでは納まり切らない絶景があなたを待っています。

ここから見る景色は一生の想い出になる事でしょう。

世界中を魅了してやまないアーチーズ国立公園。

自然が作った壮大なアート作品群。

この場所に来て、この不思議な絶景を見ると地球の神秘と大地の鼓動を感じることが出来るはずです。

あなた自身でぜひこの感動を味わってください。

母なる大地があなたの心と体を癒してくれるでしょう。

The following two tabs change content below.
アメリカ・アウトロー史研究家トリップラー

アメリカ・アウトロー史研究家トリップラー

【アメリカ在住】 開拓時代のアウトロー、マット・ワーナーがサインした壁画を偶然発見した事から、西部アウトロー史に興味を持ち調査をしています。 マット・ワーナーを中心に、西部アウトロー達の足跡を追いかけ秘境の地を4WDで駆け巡っています。日焼けはイヤ!大の虫嫌いなのに…今日も元気に道無き道を突き進み、荒野の中を元気に探検!! 自分の目で見た事、経験した事のみが真実だ!!との信条から、気になる事は自分自身で確かめるを実践。好奇心旺盛でワクワクする事が大好きです。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

アメリカ・アウトロー史研究家トリップラー

【アメリカ在住】 開拓時代のアウトロー、マット・ワーナーがサインした壁画を偶然発見した事から、西部アウトロー史に興味を持ち調査をしています。 マット・ワーナーを中心に、西部アウトロー達の足跡を追いかけ秘境の地を4WDで駆け巡っています。日焼けはイヤ!大の虫嫌いなのに…今日も元気に道無き道を突き進み、荒野の中を元気に探検!! 自分の目で見た事、経験した事のみが真実だ!!との信条から、気になる事は自分自身で確かめるを実践。好奇心旺盛でワクワクする事が大好きです。⇒プロフィールの詳細はこちら