ニュージーランドを一周した経験者が選ぶおすすめ観光スポット25選!(北島12選+南島13選)

みなさん、こんにちは!

フリーランスで自由に生きているKeiです!

私は今まで12ヶ国以上の国や地域を訪れてきましたが、一番好きな国が、そう!このニュージーランドです。

この記事では、私が「実際に訪れた場所」だけを紹介しています。

1ヶ月かけて北島から南島まで、バス・フェリー・レンタカー・飛行機を使って周遊しました。

これを読めば、

  • ニュージーランドってどんなところ?
  • どこに行こうか迷っている
  • どうやって周遊すればいい?

という内容がわかるので、ぜひ読んでみてください!

また記事の途中で、3つの観光地を「BESTスポット!」として紹介しています。

ぜひ探してみてください!

では、早速見ていきましょう。

この記事の目次

1. ニュージーランドおすすめの観光地:北島編

(出典:pixabay

まずは、北島のおすすめ観光スポット12選からです。

観光地スポットの間には、「NZと言えば、このカフェ!」「このスーパー」といった場所も紹介しているので、気軽に見てくださいね。

【1選目】街並みがワクワク!オークランドの街を散策


「帆の街」と呼ばれるNZ最大の都市、オークランド(Auckland)。

人口の4分の1が集まる都市で、非常に活気ある街です。

  • スカイタワーでバンジージャンプをするのも良し
  • 海を眺めながらのカフェも良し
  • クイーン・ストリートでのショッピングも良し

何をしようか散策するだけでも、有意義な時間を過ごせると思います。

私が行った時はクリスマスシーズンだったので、巨大なサンタが出迎えてくれました笑

歩いているだけでワクワクする街です!

【2選目】都会のオアシス!ミッションベイ:オークランド

ミッションベイ(Mission Bay)は、オークランド中心部からバスで15~20分程

気軽に行けるビーチともあって、若干人は多いかも…

周辺には、お金持ちが住んでいるらしく、ゆったりとした時間を過ごせます

私は、公園で近くにいた子どもと遊ぶことになり、ついでにボールをプレゼントしてしまいました!笑

名称ミッション・ベイ Mission Bay
行き方①オークランドBritomart駅からバスで15分(NZ$5.5)
②車で15分
サイトhttps://www.missionbay.co.nz/

【3選目】小旅行にぴったり!デボンポート:オークランド  

デボンポート(Devonport)は、オークランド中心部のフェリーから15分で行ける穴場スポットです。

デボンポートにあるビクトリア山。

写真にある通り、オークランド市街を一望できるビュースポットがあり、見晴らし抜群

街自体は、昔からの歴史的な建物も多く、半日観光にぴったりでしょう!

名称デボンポート Devonport
行き方Queens Wharf(クイーンズ・ワーフ)からフェリーで12分程。
フェリー料金片道:大人6.5ドル・5-15歳の子ども4ドル
サイトhttps://www.devonport.co.nz/

【4選目】気分最高!ワイヘキ島でのサイクリング :オークランド

ワイヘキ島(Waiheke island)は、ワインの名産地として有名な島。

こちらもオークランドから35分程で行ける場所です。

島全体がとにかく美しい…!!

私がやったのは、島を周遊するサイクリングです。

当日は天気もよく、最高の気分で坂を下って行きました!

そして、休憩がてらりんごを丸かじり…!

ワイヘキ島は、本当におすすめの観光スポットです。

サイクリングをやりたい人、もしくはワインが大好きという方は行って損はないでしょう!

名称ワイヘキ島 Waiheke island
行き方オークランドからのFullersシティーフェリーで40分程
フェリー料金往復:大人40ドル・子ども20ドル
フェリー予約HPhttps://www.fullers.co.nz/destinations/waiheke-island/

【5選目】「BESTスポット!」 人気スポットだけど穴場!?マウンガヌイ山からの絶景

マウント・マウンガヌイ(Mount Maunganui)は、私がおすすめする「BESTスポット」

山からの眺めもさることながら、ビーチからの景色も最高にきれい。

割と穴場な場所で、ゆったりとした雰囲気を楽しむことができます!

タウランガの街自体はとても小さいので、適当に散歩しているとこんなところも。

タウランガ、あまり聞かない街かもしれませんが、ぜひ訪れてみてください!

名称マウント・マウンガヌイ Mount Maunganui
住所Mount Maunganui, Tauranga 3116 ニュージーランド
行き方タウランガ中心街からベイバス(Bay Bus)で30分程

【6選目】『ロードオブザリング』のロケ地!ホビトン映画村:マタマタ

こちらは大ヒット映画『ロード・オブ・ザ・リング』のロケ地として有名なホビット村です。

まるで映画の中に入り込んだような感覚。

ひとつひとつの建物や中にある家具などが凝っています。この洗濯物も何だかかわいらしいですよね。

私が行ったときは、ツアーで行きました。

場所自体は割と遠いので、バスで行くのが良いかと思います。

また、次に紹介するワイトモ洞窟と一緒にツアーで周るのもお得かもしれません。

名称ホビット村 Hobbiton™ Movie Set Tours
住所501 Buckland Road, Matamata 3472 ニュージーランド
行き方オークランドからバスで2時間程
ツアーでもアクセス可能
サイトhttps://www.newzealand.com/jp/plan/business/hobbiton-movie-set-tours/

【7選目】洞窟にホタルがたくさん!ワイトモ洞窟:ワイトモ

(出典:Waitomo Glowworm Caves NZ

ワイトモ洞窟(Waitomo Glowworm Caves)は、オークランドから車で2時間半程の場所にあります。

この洞窟は、非常に大きな鍾乳洞になっており、見所は青色に輝く「土ボタル」がいるところです。

ぜひ、自身の目で見てみてください!幻想的な雰囲気ですよ。

土ボタルがいるエリアは、ホタル保護のために、

  • 喋ること
  • 写真撮影

が禁止されています。気をつけてくださいね!

鍾乳洞自体は撮影OKで、こんな感じになっています。

名称ワイトモ洞窟 Waitomo Glowworm Caves
住所39 Waitomo Village Rd, Waitomo Caves, Otorohanga 3943 ニュージーランド
行き方オークランドから車(バス)で2時間
ロトルアから車(バス)で2時間
サイトhttps://www.waitomo.com/

【8選目】地熱の迫力を直に体感!テ・プイアの間欠泉:ロトルア

水蒸気や熱湯が吹き出しており「間欠泉(geyser)」と呼ばれます。

写真にある通り、こんな間近に大地の息吹を感じることができるのです。

でも、こういう光景は日本でも見たことありませんか?

実は、大分県別府市とここロトルアは、姉妹都市提携をしているんですね。

なんだか親近感が湧いてきます!

また「テ・プイア(Te Puia)」敷地内では、NZの国鳥「キーウィ」やマオリの展示品や踊りを見ることができます。

見所満載のロトルア「テ・プイア」、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

名称テ・プイア Te Puia
住所Hemo Road, Tihiotonga, Rotorua 3040 ニュージーランド
行き方ロトルア市街地(i-SITEセンター)からバスで3.5km程
営業時間8:00-17:00(冬:4月〜9月)
8:00-18:00(夏:9月〜4月)
休業日年中無休
サイトhttps://tepuia.com/

【9選目】360度森林の中でウォーキング!レッドウッド森林公園:ロトルア

ロトルアにあるレッドウッド森林公園(The Redwoods)。

園内には6つのウォーキングコースがあり、気軽に楽しむか、真剣にウォーキングしたいかでコースを選択できます。

非常に広大な敷地ですが、ロトルア市内からはバスで10分程。

とても清々しい気分でウォーキングを楽しむことができますよ。

名称レッドウッド森林公園 The Redwoods
住所Long Mile Road, Lynmore, Rotorua 3010 ニュージーランド
行き方ロトルア市内から、バス・車・徒歩で5km程
営業時間冬:8:30-17:00
夏:8:30-18:00
休業日クリスマスのみ
サイトhttps://redwoods.co.nz/

【10選目】国会議事堂や博物館へ!ウェリントンを散策

ウェリントン(Wellington)は、NZの首都です。

オークランドが観光地として、よく取り上げられますが、実はウェリントンも魅力溢れる街なんです。

国会議事堂は無料で入ることができ、実際に政治家が座る椅子に触れることもできます。

説明は英語になってしまいますが…

そして、注目すべきは「NZ国立博物館テ・パパ・トンガレワ」です。

かなり立派なこの博物館。展示物を全部見るのも結構大変でした。

実は、入場料は無料なんです。

Kei
無料といっても、寄付制度はあるらしく、自分の満足度によって払ってもいいかもしれませんね。
名称国会議事堂:パーラメント ビルディングス Parliament Buildings
住所ニュージーランド 〒6160, Wellington, ピピテア
行き方ウェリントン駅から徒歩5分程度
営業時間9:00-17:00
サイトhttps://www.parliament.nz/en/visit-and-learn/visit/

名称ニュージーランド国立博物館「テ・パパ・トンガレワ」
住所55 Cable Street, Te Aro, Wellington 6011 ニュージーランド
行き方ウェリントン駅から20分程度
営業時間10:00-18:00:無休
料金無料(寄付)
サイトhttps://www.newzealand.com/jp/plan/business/museum-of-new-zealand-te-papa-tongarewa-te-papa/

【11選目】頂上からきれいな街並みを一望!ケーブルカー:ウェリントン

ウェリントンの良さは、建物だけでなく自然もあるところです。

ケーブルカーに乗っていくと、ウェリントンの街並みを一望できます。

半日かからず行けるので、ぜひ足を運んでみてください!

名称ウェリントン ケーブルカー Cable Car
住所280 Lambton Quay, Wellington 6011 ニュージーランド
行き方ウェリントン市内
料金大人:往復$9.00 片道$5.00 子ども:大人の半額
サイトhttps://www.wellingtoncablecar.co.nz/Japanese/TimetableFares.html

【12選目】人気のカフェ!コーヒークラブ:The Coffee Club

「The Coffee Club」は、オーストラリアにも店舗を構えていますが、NZには65店舗あります。

お店の雰囲気も良いのに加え、Wi-Fiがあるのも有難いですね。

ぜひ休憩がてら、立ち寄ってみてください!

Kei
私は、大人気の「フラットホワイト」を飲むために何回も足を運びました。

公式サイト(英語):https://www.thecoffeeclub.co.nz/

2. ニュージーランドおすすめの観光地:南島編

(出典:pixabay

次は、南島の観光スポットを13ヶ所紹介していきます。

南島にも、ニュージーランドの素敵な場所が詰まっているので、ぜひ参考にしてください。

【13選目】北島からフェリーで到着!きれいな街並み:ピクトン

北島から南島へはフェリーで移動しました。

フェリー到着場所ピクトン(Picton)は、非常に小さな街ですが、とても静かで落ち着いた雰囲気。

1.2時間でいいので、散歩してもいいかもしれません。

ちなみ私は、ピクトンでレンタカーを借りました(ダニーデンにて乗り捨て)。

【14選目】温泉でゆったり〜 ハンマースプリングス・サーマル・プール&スパ

(出典:100% Pure NewZealand

ハンマー・スプリングス(Hanmer Springs)は、自然豊かな小さな街です。

この自然の中にある温泉で、リラックスするのがおすすめですよ!

水着着用なので、男女一緒に入ることができます。

名称Hanmer Springs Thermal Pools & Spa
住所42 Amuri Avenue, Hanmer Springs 7334 ニュージーランド
行き方ハンマースプリングス市内
クライストチャーチから車で1時間半程
営業時間10:00-21:00
休業日年中無休
料金大人:$35.00 子ども(15歳以下):$20.00
サイトhttps://www.newzealand.com/us/plan/business/hanmer-springs-thermal-pools-and-spa/

【15選目】クライストチャーチ:クライストチャーチ植物園

クライストチャーチ(Christchurch)は、NZ南島最大の都市です。

おしゃれな街並みや素敵なお店もたくさんありますが、自然を楽しみたい方は植物園もおすすめです。

名称クライストチャーチ植物園:Christchurch Botanic Gardens
住所City Centre Rolleston Avenue, Christchurch Central City, Christchurch 8013 ニュージーランド
営業時間植物園 7:00-21:00・ビジターセンター・カフェ 9:00-17:00
料金無料
サイトhttps://ccc.govt.nz/parks-and-gardens/christchurch-botanic-gardens

【16選目】お土産としても人気のお菓子!クッキータイム:Cookie Time

NZおすすめのお土産は、クッキータイム(Cookie Time)です!

日本でも食べたことがある人がいるかもしれません。

そんなクッキー好きに行ってもらいたい場所が、ここ「クッキータイムの工場直売所」です!

お土産用にも買いましたが、不揃いの安いクッキーもお買い得ですよ。

工場の直売所だけあって、車でないと行くのが難しいでしょう。
名称クッキータイム Cookie Time Factory Shop
住所789 Main South Road, Templeton, Christchurch 8042 ニュージーランド
行き方クライストチャーチ中心街から20分程
営業時間平日:9:00-17:00
休日:9:30-16:30
祝日:9:00-16:30
サイトhttps://cookietime.co.nz/

【17選目】「BESTスポット!」死ぬまでに絶対行きたい!テカポ湖の星空

ニュージーランドに行ったら、何としても訪れてたい場所です。

「ニュージランドと言ったらココ!」と思う人もいるかもしれません。

やはり、私のおすすめ「BESTスポット」にランクインしました。

テカポ湖(Lake Tekapo)の星空、本当に美しかった…

そして、星空が美しいことで有名ですが、明るいうちに行くのもオススメですよ!

有名な「良き羊飼いの教会(The Church of The Good Shepherd)」ですね。

私が行った時には、1日目の夜は雲が多くて星がほとんど見えませんでした。

気を取り直して、2日目。

無事に、視界いっぱいに広がる「世界一」の星空を見ることができました!

【18選目】氷河湖までハイキング!マウント・クック国立公園

マウントクック(Mount Cook)、マオリの言葉で「アオラキ」とも呼ばれます。

テカポに続き、こちらも絶景観光地スポットです。

氷河湖を目指してハイキングをするのですが、私は「フッカー・バレー・トラック」という往復4時間かかるコースを歩きました。

3つの吊り橋を渡るのですが、どの橋もまさに息を飲む光景を目の当たりにします。

結構長い距離でしたが、ハイキング後は「あ、こんなもんか」と感じたのを覚えています。

自分に合うコースでハイキングを楽しみましょう!

名称アオラキ/マウントクック国立公園 Aoraki/Mount Cook National Park
住所Canterbury 7999 ニュージーランド
行き方クライストチャーチからもクイーンズタウンからもほぼ同じ距離に位置し、バスで4~5時間程かかる
サイトhttps://www.newzealand.com/jp/feature/national-parks-aoraki-mount-cook/

【19選目】迫力あるフィヨルドを目の前に!ミルフォード・サウンド

フィヨルドとは、氷河によって何万年もの歳月をかけてできた、複雑な地形のことを指します。

陸路で山のふもとに行く手段がないため、フェリーに乗って行くことが良いかもしれません。

大迫力のパノラマが広がります!

名称ミルフォード・サウンド Milford Sound
住所Freshwater Basin, State Highway 94, Milford Sound 9679 ニュージーランド
行き方近隣都市(クイーンズタウン・テアナウ)からツアーバスが一般的
サイトhttps://www.newzealand.com/jp/milford-sound/

【20選目】夕陽を見ながらチルタイム!ワカティプ湖:クイーンズタウン

クイーンズタウン(Queenstown)は、山々とワカティプ湖(Lake Wakatipu)で囲まれるコンパクトな街です。

個人的には、とても雰囲気が好きな街で、それほど大きくない街ですが、何日も何週間も滞在したいと感じました。

街の中心にも小さいビーチがあり、まったりしている人が多かったですね。

アイスクリームなどお店もあるので、好きなものを食べながら、沈んでいく夕陽を見るのも贅沢な時間ですね。

【21選目】「ゴーカート」に挑戦!リュージュ体験:クイーズタウン

(出典:100% PURE New Zealand

クイーンズタウンは、アクティビティの宝庫でもあります。

その中でも気軽に遊べるアクティビティとしておすすめなのが、リュージュです。

少しスリルもあって、興味のある人にはぜひ挑戦してほしいです!

名称リュージュ体験 / スカイライン
住所Brecon Street, Queenstown 9300 ニュージーランド
行き方Skyline Queenstoen からゴンドラに乗る
営業時間8:00-21:00
料金・ゴンドラのみ:44ドル
・ゴンドラ・リュージュ体験:61ドル〜
※ルージュの回数により増額(下記HP参照)
サイトhttps://www.skyline.co.nz/en/queenstown/things-to-do/skyline-gondola-queenstown/queenstown-gondola-prices/

【22選目】「BESTスポット!」絶品ハンバーガー!Fergburger:クイーンズタウン

自然に目が行きがちなニュージーランド。

ですが、このファーグバーガー(Fergburger)は絶品なので、「BESTスポット」に入れました!

ハンバーガー好きな人も、そうではない人も、ぜひ一回訪れてほしい場所…

Kei
こんな顔になってしまってます…笑

私は、ハンバーガーが大好きなのですが、今まで食べた中で一番おいしいと言っても過言ではないです。

しかし、お昼も夜もかなり混雑します…

といっても、並ぶ価値があるハンバーガーショップです!

かなり「ボリューミー」なので気を付けてくださいね。
そして、常時混んでいるので、お昼や夕方の時間帯は避けたいです。
名称Fergburger ファーグバーガー
住所42 Shotover Street, Queenstown 9300 ニュージーランド
行き方クイーンズタウン中心地
営業時間8:00-翌朝5:00
定休日クリスマス
サイトhttps://www.fergburger.com/

【23選目】ニュージーランドで1番豪華な建築!ダニーデン駅舎

ダニーデン(Dunedin)は、NZの他の街とは雰囲気が違い、スコットランドの移民が発展させた街です。

1900年代初期に商業都市として栄え、「駅舎」はダニーデンを象徴する建物となっています。

駅舎の外観、内装、改札内、とてもフォトジェニックな観光スポットですね!

名称ダニーデン駅舎 Dunedin Railway Station
住所ニュージーランド 〒9016 ダニーディン
営業時間8:00-20:00
料金無料(ホーム内も自由に行けます)
サイトhttps://www.newzealand.com/jp/feature/dunedin-railway-station/

【24選目】大自然のパノラマ!トンネルビーチ:ダニーデン

トンネルビーチ(Tunnel Beach)はダニーデンへ行った際には、ぜひ訪れて欲しい絶景観光スポットです。

ビーチ側には、野生のアザラシもいました!かわいいですね!

少し歩く距離があるので、動ける格好で行くのがおすすめですよ。

名称トンネルビーチ Tunnel Beach
住所オタゴ 9076 ニュージーランド
行き方ダニーデン中心地から車で12分程
ビーチまでは徒歩20分程
サイトhttps://www.newzealand.com/jp/feature/tunnel-beach-walkway/

【25選目】人気のスーパー!パッキンセーブ:PAKn SAVE

最後に、NZ滞在時にマストな「場所」を紹介します。

それがこの定番スーパー。黄色い看板が特徴的です。

パッキンセーブは本当に安く、品揃えが豊富です。

ちなみ、パッキンセーブと並んで有名なスーパーが、この”countdown”というスーパーです。

個人的には、パッキンセーブの方が安いかなぁと感じました。

海外のスーパーは、行くだけでワクワクしますよね。

楽しく、でもお得に買い物をしましょう〜!

名称パッキンセーブ PAK’nSAVE
営業時間8:00-22:00(店舗により異なる)
休業日なし
拠点数57(記事執筆時点)
サイトhttps://www.paknsave.co.nz/

3. ニュージーランドおすすめスポット25選を周遊しよう!

以上、ニュージーランドでおすすめの観光スポット25選でした。

ちなみに「BESTスポット」は、

  1. 死ぬまでに絶対行きたい!テカポ湖の星空
  2. 絶品バーガー:Fergburger
  3. マウンガヌイ山からの絶景

でした。私の主観で選んだ観光スポットですが、ぜひ行ってみてください!

また、私は、

  • 北島は、主にバス移動
  • 南島は、レンタカーで周遊
  • 最後に、飛行機でオークランドへ戻る

という周遊方法でNZに滞在をしました。

ぜひニュージーランドのおすすめスポットを満喫してください!

本当に素敵な国なので、きっとあなたも好きになると思います。

では、最後までお読みいただき、ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
フリーランスで自由に生きる!TRIPLER「Kei」

フリーランスで自由に生きる!TRIPLER「Kei」

小さい頃からサッカーばかりしていた少年が、大学時代に12ヶ国へ訪問。大学卒業後、サラリーマンになるも、現在フリーランスに。自分のやりたいことを自由にやるために、日々生きています。⇒プロフィールの詳細は
フリーランスで自由に生きる!TRIPLER「Kei」

最新記事 by フリーランスで自由に生きる!TRIPLER「Kei」 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

フリーランスで自由に生きる!TRIPLER「Kei」

小さい頃からサッカーばかりしていた少年が、大学時代に12ヶ国へ訪問。大学卒業後、サラリーマンになるも、現在フリーランスに。自分のやりたいことを自由にやるために、日々生きています。⇒プロフィールの詳細は