【カンボジア在住者が教える】カンボジアのファッション(服装)ってどんな感じなの?

  • 1
  • 0
  • 0

普段日本で生活していても「日常」と「非日常」があるのと同じで、ここカンボジアにも「日常」と「非日常」があります。

カンボジアの「日常」とは、一体どんなものなのか。そして、「非日常」では何が起きたのか。

今回は、カンボジア首都プノンペン在住の私が、カンボジアの「日常」と「非日常」を、FASHIONという分野に目を向けてお届けします。

1 〜日常〜カンボジア人って、何着るの?

1.1 私服はこんな感じ

カンボジア。東南アジア、常夏の国です。とにかく暑い。もちろん、一年中夏服です。

そして、私服はこんな感じ。

ハルカ
あれ、フツーじゃん!

そんな声が聞こえてきそうですが…本当にこんな感じです。

若い世代は特に、日本人の私達と同じような私服を来ていることが多いです。

ちなみに中高年世代はというと…

おじちゃんは…

スボンにシャツ。写真のおじちゃんはシャツインしていますが、大半のおじちゃん達はインせずデレーンと外に出しています。

おばちゃんは…

パジャマ。朝だからという訳でもなく、一日中この格好です。上下で柄が違うことも多く、ヒョウ柄に花柄…ドット柄にボーダー…なかなか高度なオシャレを嗜まれている方が多い印象です。

1.2 オシャレへの興味

 

カンボジア人って、実はあまりオシャレではありません!!

もちろん、オシャレな方も沢山います。でも、大半は違います。

もしかしたら、オシャレの仕方が分からないのかも知れないです…芸能人や有名人のファッションを見よう見まねしてみたり、アジア周辺国や欧米の文化を少しずつ取り入れてたりして、自分たちなりにアレンジをしている。

そんなところでしょうか。

時代の流れとして、ちょうど今、”オシャレへの興味”を持ち始めているところ…なのです。

カンボジアは、縫製大国

縫製品。実は、輸出の8割以上を占めています。

“カンボジア”と”ファッション”の深〜い関係がここにあります。

Made in Cambodia

ではここで。ちょっと手を休めて、自分が着ている服の”タグ”を見てみて下さい。

もしかしたら、”Made in Cambodia”とあるかも知れません。

アナタの着ている服は、カンボジア人が、一枚一枚大切に作っています。

“縫製大国、カンボジア”

日本の店頭で販売されている洋服、特にファストファッションブランドの洋服は、カンボジアから輸出されたものが多いです。

ハルカ
もし興味があったら、タグに着目してお買い物をされてみると良いかも知れませんね〜!^ ^

2 〜非日常〜ビックイベントの開催

2.1 年に2回のファッションウィーク

2017年12月。「非日常」なイベントが開催されました。

その名も、”Phnom Penh Designer’s Week”。

毎年2回開催されます。

カンボジア在住のデザイナーが、自分のブランドを引き下げてファッションショーを行うイベントです。

今回はなんと9回目!意外とやってるんですね〜!

2.2 会場は高級車アウディのショールーム

あるんです。カンボジア首都のプノンペンに、あのAudiが。

今回の会場は、Audiのショールームでした。

街の中心地、しかも大通り沿いに位置しているため、上の写真の通り異様な雰囲気と存在感を醸し出しておりました。

何も知らない方にとっては、「何事…!?」となったことでしょう笑

3. プノンペンのファッショニスタ集結!

3.1 普段の装いとは打って変わり…

イベントには、プノンペン中のファッショニスタが集結しました!

カンボジア人はもちろん、在住外国人も含め、とてもきらびやかな衣装を身にまとい、ファッションショーの前のファッションショーと化していました。

3.2 カンボジア人のホンキ

在住外国人に負けず劣らず、カンボジア人もオシャレです!独特の感性を活かして、こんな衣装も…

ハルカ
カンボジア人のホンキ。す…すごいです!!

4. ショーの内容やいかに!?

4.1 奇抜なFASHION、奇抜な演出

奇抜なのが相場のファッションショーですが笑、それに負けじと奇抜感がすごいです。

奇抜なFASHION…

色遣いといい、肌の見せ方といい、凄く非日常感が出ています。

 

そして、奇抜な演出…

Audiショールームの中心に、三角型に席を設け、その周りをモデルさん達が闊歩するという構図です。

Audi高級車のヘッドライトが奇抜な照明となり…モデルさん達にも気合が十二分にはいります。

4.2 カンボジア的ショーとは…!?

やっぱりね。時間通りには始まらない。

結論からいうと…1時間遅れました〜!!笑

でも、集まっていたのはカンボジア人が在住者だったので、みんな慣れっこです。むしろ、時間通りに始まることの方が少ないので、「やっぱりね。」といった感じです。

4.3 ケータリングだってカンボジア的!!

ファションショーの前に、立食パーティーのようなものがありました。

複数社の協賛も入っていたようです。

アイスクリームの会社…

(宣伝ガールのお姉ちゃんも一緒に食べちゃってます笑)

ケータリング会社による、東南アジア風のお食事…

とてもとても美味しく頂きました。

お陰様で、満腹状態でファッションショーを見ることが出来ました〜!!

5 これぞまさに、非日常の中の非日常!

 

5.1 〜FASHION編〜非日常!

立食パーティーから始まり、ファッションショー、その後の撮影会まで含め、4時間ほどのイベントでした。

カンボジアの日常から考えると、まさに「非日常の中の非日常」、いやむしろ「奇跡」とも呼べるかもしれないヒトトキを過ごすことが出来ました。

(私の前の席に座っていた西洋人親子3世代も、すごおおおくオシャレでした。可愛子ちゃん/ママ/ばあや、といった感じで、その3人の様子を観察出来たのも、収穫のひとつだったかと…!笑)

2018年、次回開催は6月頃と言われていますが…

日程が大幅に変動するのもこの国の特徴のひとつではあるので、「6月くらいに開催されれば良いな〜」くらいのスタンスで、楽しみに待っていたいと思います!!^ ^

5.2 時よとまれ…

今回の「非日常」は、私にとって「奇跡」とも言えるほどのものでした。

幸せすぎて、

名前
時よとまれ…

とまで思いました。

大好きな国で、大好きなFASHIONに触れていられる、ということ。

その幸せを感じたと共に、改めて「この国からオモイを届けねば」と、気持ちを新たにしたところです。

6 やっぱりカンボジア

イベントが終わり、会場のAudiから一歩外へ出た瞬間

ハルカ
…あ、そうだ。ここはカンボジアだったんだ。

と、一瞬で現実に戻りました。

会場の外は、カンボジアの「日常」です。

3人乗りや4人乗りのバイクが右往左往し、車はクラクションを鳴り響かせ、排気ガスと騒音の入り混じった喧騒が広がっていました。

思わず、

ハルカ
ただいま〜

と言っちゃいました。

7まとめ

カンボジアの非日常〜FASHION編〜、いかがでしたでしょうか。

在住者として生活している中で経験する「日常」。

そして、今回のように特別に経験する「非日常」。

どちらも、ある意味でカンボジアらしく、とても好きです。

東南アジアの最貧国と言われることもあるカンボジアですが、本当に魅力たっぷりの国です。もうすぐ在住3年目に突入しますが、私は住めば住むほど好きになっていってます!!

 

ハルカ
今後は、もう一つの日常である”縫製大国”という側面にもスポットライトを当てて、ご紹介出来たらいいなと思っています。
The following two tabs change content below.
生産国よりオモイを届ける! FASHION TRIPLER ハルカ

生産国よりオモイを届ける! FASHION TRIPLER ハルカ

両親の特殊な英才教育(!?)により、幼少期からひたすら洋楽懐メロを聴いて育つ。結果的に英語が好きになる。平成生まれにして、ビートルズ狂。 ただの海外カブレだった時代...途上国の魅力にどハマりした時代...を経て、現在は、カンボジア首都のプノンペン在住2年目。 "カンボジア×ファッション"をテーマに、生産国よりオモイを届けるべく、日々奮闘中。 ⇒プロフィールの詳細は こちら
生産国よりオモイを届ける! FASHION TRIPLER ハルカ

最新記事 by 生産国よりオモイを届ける! FASHION TRIPLER ハルカ (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

生産国よりオモイを届ける! FASHION TRIPLER ハルカ

両親の特殊な英才教育(!?)により、幼少期からひたすら洋楽懐メロを聴いて育つ。結果的に英語が好きになる。平成生まれにして、ビートルズ狂。 ただの海外カブレだった時代...途上国の魅力にどハマりした時代...を経て、現在は、カンボジア首都のプノンペン在住2年目。 "カンボジア×ファッション"をテーマに、生産国よりオモイを届けるべく、日々奮闘中。 ⇒プロフィールの詳細は こちら