【サーフィン世界一周者が選ぶ】初心者の方におすすめしたいサーフトリップ先8選!

365日サーフィンライフの世界一周TRIPLER「コーセー」
オーストラリアで出会ったおばあちゃんのおかげで、「生き方は一つじゃない」ことを知る。サーフィン世界一周後、現在は宮崎に移住し、Webマーケターとして活動する傍ら、好きな時間に好きな場所でサーフィンするという時間と場所に囚われないライフスタイルを実践。「生き方は一つじゃない」を伝えられる人間になるため様々な事業に挑戦中⇒プロフィールの詳細はこちら



こんにちは、2014年から1年間サーフィンをしながら世界一周をしたコーセーです。

 

サーフィンを始めるとサーフィン以外にもう一つ楽しみが増えますよね。

そう、サーフィンを目的とした旅、サーフトリップです。

いつも通う海でのサーフィンもいいですが、まったく違った環境で違う波、文化に触れるというのも最高です。

 

ただ、海外にはサーフポイントや治安も含めて危険な部分があるのも事実です。

 

サーフィン上級者の方や旅慣れた方は危険な部分もわかっている為、ご自身で対処できるかもしれませんが、

サーフィンを始めたばかりの方は思わぬ危険が降りかかってくることもあり、
せっかくサーフトリップに行ったのに楽しめなかったということになったら勿体ないですよね。

 

で、ネットで「サーフトリップ おすすめ」や「サーフトリップ 初心者」と検索してみても、
実際に行ったことあるのかどうかも分からない人が書いた記事が乱立しているのが現状です。

 

 

そこで!!



 

今回は、サーフィン世界一周した経験も含め、僕が今まで実際に行ったことのある国の中で

初心者の方におすすめしたいサーフトリップ先をピックアップしてみました。

 

初心者だけど海外で良い波に乗って違う文化に触れたい!

という方は参考にしてみてください。

ではいきましょう!

初心者の方におすすめしたいサーフトリップ先8選!



 

①優しい波と美味しい料理が魅力!タイ・プーケット



(プーケットの友達と)

まず初心者の方にぜひおすすめしたいのが、タイのプーケットです。

サーフシーズンが4月頃から11月頃までと限られてはいますが、日本からも行きやすいですし、波もメローで優しい波が割れています。



 

また、なんといっても美味しいタイ料理が魅力ですよね。

 



うーん。今にも行きたい!

 

プーケットのサーフィン事情に関しては、以前記事にしましたので詳しくはそちらをご覧ください。
雨季なら最高!プーケットのサーフィン事情を世界一周サーファーが総まとめ!

②定番だけどやっぱりイイ!ハワイ・ホノルル



(ワイキキビーチ)

サーフィンもショッピングも観光ものんびりもしたい!

という方にはハワイがおすすめ。

海外旅行のド定番ですが、ド定番なだけあって外さないという感じです。

基本的に治安もいいですし、サーフィンスクールやガイドも充実しています。



初心者の方はホノルル方面のサーフポイントがおすすめで、
特にワイキキ周辺はサーフィン始めたての方でも安全にサーフィンできような波が立っていることが多いです。

ハワイ・ホノルル方面のサーフィン事情に関しても以前の記事でまとめていますのでそちらを参考にしてみてください。

ハワイ・ワイキキのスポットでサーフィンしたい方必見!airbnb(エアビ)で1ヶ月滞在した体験談!

 

③食い倒れ&サーフィンなら台湾!



(台東のサーフポイント東河のメインロード)

台湾もかなりおすすめです。

行きやすさ、波の良さ、ご飯の美味しさ、人の温かさ、どれも最高です。

台湾のサーフスポットは、主に台北、台東、台南、と三つに分かれますが、
個人的には台東がおすすめです。

台東は台北から電車4時間、飛行機で1時間ほどかかるのですが、人の少ないいい波がそこら中にあります。

ただ、始めたばかりの方は、スクールなども充実していている台北、台南がおすすめかもしれません。

 

台東のサーフィン事情と台北の屋台飯についても以前の記事でまとめているので参考にしてみてください。

【穴場サーフポイント】東台湾のサーフィン事情を世界一周者が総まとめ!

激ウマっ⁉台湾一人旅の食事ならここ!地元民がおすすめする台北夜市の屋台グルメ10選!

 

④サーフトリップの王道!インドネシア・バリ島



(クタビーチ)

サーフトリップといえば、バリ!

と言えるほどサーフトリップの王道中の王道です。

上級者から初心者まで楽しむことができ、バリの空港からすぐメインタウンのクタビーチに行くこともできるので、

たっぷりサーフィンしたい方にはバリがおすすめです。



クタビーチに行けば、そこら中にサーフボードレンタルやスクールがありますので、サーフィンを始めたばかりの方でも安心して楽しむことができます。

ただ、クタビーチは4月から11月頃は波が大きくなることが多いので注意も必要です。

また、スリやいかがわしい両替屋もいますので、初めてバリに行かれる方は注意しながら街を歩きましょう。

せっかくのサーフトリップで嫌な思いはしたくないですもんね。

 

⑤サーフィン大国!オーストラリア・ゴールドコースト


(コアラに注意)

ビーチにシャワーが常備されていたり、お金が濡れても破れない材質で作られいたりとサーフィンをする環境が充実しているサーフィン大国のオーストラリア。
特にゴールドコーストは、サーフスクールや日本人経営のサーフショップもあり、サーフトリップしやすい場所ではないでしょうか。

僕自身、サーフィンを始めて半年後にオーストラリアに渡り、1年間ワーキングホリデービザを使い、働きながらサーフィンしまくりました。

有名ポイントは人で混雑することもありますが、普通のビーチはとても広く、貸し切りでサーフィンすることも多くあったので、少し乗れるようになってきたというという方にはとても練習になるのではないでしょうか。

⑥ちょっと勇気をもってアメリカ・カリフォルニア!



(映画スタンドバイミーの舞台にもなった線路)

日本から距離があって行くのに少しだけ勇気が必要なアメリカ・カリフォルニア。

カリフォルニアといっても日本と同じくらい広いので、カリフォルニアの中でもサーフトリップをすることになるかもしれませんが、初心者の方でも比較的サーフトリップしやすい場所ではないでしょうか。

波は大きくなることもありますが、小ぶりなファンウェーブな日も多くあります。



(トラッセルズポイント)

ただ、カリフォルニアのサーフトリップは自分たちだけで行くとなると少しハードルが高くなるかもしれませんので、ツアーなどに申し込んでサーフガイドをつけて行くのが間違いないとは思います。

⑦サーファーなら一度は訪れたいコスタリカ



(コスタリカ・ウィッチーズロックポイント)

中米に位置するコスタリカはサーファーのバイブルともいえる映画「エンドレスサマー」の舞台にもなった国です。

自然豊かな環境は、改めてサーフィンは自然に遊ばせて貰っているものだと感じました。

日本から距離もあって少し初心者の方にはハードルが高くなってしまうかもしれませんが、ぜひ行ってほしいトリップ先として挙げさせて頂きました。

だってこんなんですから(笑)



 

コスタリカに3カ月滞在したことがあり、サーフィン事情もまとめましたので参考にしてみてください。

映画エンドレスサマーの聖地巡礼!コスタリカで3カ月サーフィンしてきた!

⑧サーフィン以外何もない!?フィリピン・シャルガオ島



旅慣れた方にぜひおすすめしたいのがフィリピンのシャルガオ島にあるクラウド9というサーフポイントです。

正直サーフィンしかやることはないのですが、それがまた最高です。

サーフィンして飯食って、ぼーとして、サーフィンして飯食って寝る。

そんな旅もたまにはいいのではないでしょうか。

 

波に関しては、正直なところ初心者向けとは言えません。

むしろ上級者向けといった感じです。



ただ、メインポイントの横のポイントは比較的乗りやすい波となっており、海外の初心者の方がそちらで乗っているので、楽しむことはできると思います。

注意点としては、海底がサンゴになっているのでケガをしやすいので心配な方はリーフブーツを持っていくといいかもしれません。

シャルガオ島の行き方やサーフィンに関した記事を以前まとめましたので、参考にしてみください。

【セブ島から1時間!】フィリピンの離島!シャルガオ島・クラウド9で2週間サーフィンしてきた体験レポ!

 

まとめ

今回初心者の方にもおすすめのサーフトリップ先をまとめましたが、自分で書いていてまた行きたくなる国ばかりです。

これからいろいろな国、ポイントにサーフトリップされると思います。

そんなこれからのサーフィンライフにこの記事が少しでも役立てば幸いです。

また僕もサーフトリップは毎年しますので、新しいおすすめのトリップ先ができたらこの記事を更新させて頂きますね。

 

では、非日常サーフトリップへ行ってらっしゃい!

The following two tabs change content below.
365日サーフィンライフの世界一周TRIPLER「コーセー」

365日サーフィンライフの世界一周TRIPLER「コーセー」

オーストラリアで出会ったおばあちゃんのおかげで、「生き方は一つじゃない」ことを知る。サーフィン世界一周後、現在は宮崎に移住し、Webマーケターとして活動する傍ら、好きな時間に好きな場所でサーフィンするという時間と場所に囚われないライフスタイルを実践。「生き方は一つじゃない」を伝えられる人間になるため様々な事業に挑戦中⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

365日サーフィンライフの世界一周TRIPLER「コーセー」

オーストラリアで出会ったおばあちゃんのおかげで、「生き方は一つじゃない」ことを知る。サーフィン世界一周後、現在は宮崎に移住し、Webマーケターとして活動する傍ら、好きな時間に好きな場所でサーフィンするという時間と場所に囚われないライフスタイルを実践。「生き方は一つじゃない」を伝えられる人間になるため様々な事業に挑戦中⇒プロフィールの詳細はこちら