マレーシアのワークキャンプボランテイアを体験して激変した自分の世界観とは!?

ライフスタイル実験中トリップラー「TAKASHI」
パソコン1台で稼ぐことを目標に活動し、2年後の2016年7月に法人化。好きな場所で、好きな時に、好きな仲間と仕事をする。そんなライフスタイルを模索中。理想のライフスタイルの実現を目指し、日々奮闘中。⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは、トリップラーの山本崇史です。

今回は、「10年前に参加した国際ワークキャンプ」について綴ります。

 

国際ワークキャンプの体験から10年。

その時何を学び、そしてその後10年間人生にどのような影響を与えたのか。

これから社会に出られる特に学生の方にメッセージを届けたいと思います。

 

 

国際ワークキャンプに参加するまで

そもそも、なぜ私が国際ワークキャンプに参加しようと思ったのか。

まずはその過程の話から。

 

私が国際ワークキャンプに興味を持ったのは、「英会話の学習」がきっかけでした。

 

学生時代から、とにかく英語が苦手。

でも、時代はグローバル社会!(と、勝手に思っていた。笑)

 

なので、これからは「英会話スキルが必要だ!」と思ったわけです。

(今でも片言しか喋れませんが・・・)

 

そこで、駅前留学で有名なAEONに通うことに。

アルバイト代で一生懸命貯めたお金で学費を払いました。

(今振り返ると、こんなに学習コストを掛けなくても、色々な習得方法があったと思っています)

 

1年間AEONで英会話を勉強した後、カナダのバンクーバーに2週間の短期語学留学。

これが人生初の海外体験でした。

 

その後も学習を重ね、ある程度は英語でコミュニケーションが取れるようになりました。

英語がある程度話せるようになった・・じゃあその後は??

 

英会話を始めたきっかけは、「なんとなく今後必要そうだから」だったので、特に行きたいところがあったわけではありません。

 

その時、友人がNICEというNGO団体を通して国際ワークキャンプに参加していることを知り、興味を持ったのです。

NICEとは?

NICEは、1990年に設立された国内・海外ボランティア活動を行うNGO団体です。様々な国へのボランティアワーク企画があり、自分の興味のある国、地域のボランティアワークを探すことができます。

詳しくは、NICE公式ページをご確認ください。

 

 

マレーシアのボランティアワークに参加することに!

友人の紹介から、私もNICEが企画しているボランティアワークに参加することに!

 

参加したボランティアワークの概要は以下の通りです。
  • 場所:マレーシア・ボルネオ島のサラワク州にある集落、ダガン(かなり山奥!)
  • 期間:2007年8月18日~9月02日(約2週間)
  • かかった費用:航空券&海外保障込みで約20万円
  • 参加人数:日本人10人(途中からもう一人合流)


掛かった費用などは、ちょっと正確な数字が思い出せないですが、大体このくらいの費用で行けました。

カナダの2週間語学留学はトータルで30万くらいしたので、それよりは安く行けましたね!

 

いざ、イバン族の村へ!!

私が参加したのは、マレーシアのサラワク州にある集落、ダガンという場所です。

 

クチン空港からフェリーに乗って向かいます。


フェリーで約2時間移動した後、さらに車で3時間くらい移動。

そしてようやく、今回のワークキャンプ開催地ダガンに到着。

かなりの山奥です。

 

イバン族の村に到着!

(実際に私が参加した時の村の様子)

ダガンには、マレーシアの先住民・イバン族が暮らしています。

ロングハウスには、1つ屋根の下に10以上の家族が共に暮らしていました。

私も、ロングハウスに約2週間、イバン族の方々と一緒に暮らしました。

 

イバン族は元々首狩り族。

そう聞くと、ちょっと怖い印象を持つかもしれませんが、イバン族の方は皆とても優しくて暖かい一族でした。

 


 

イバン族の日常

イバンの村は、やっと電気や水道が通ったばかりでしたから、まだまだ発展途上。

日本では当たり前にあるものがありません。

 

イバン流お風呂「マンディー」

特に印象的だったのが、お風呂が川だったこと!

シャワーではなく、川で身体を洗います。

 

当然、私たちもお風呂は川です!


現地でお風呂のことを、「マンディ~」って言います。

写真に写っている川で、毎日マンディーしました!

イバン族のお母さんが、よく「マンディー!マンディー!」と大声で言っていたのが懐かしい!

 

ボランティアワーク参加者のほとんどが女性だったこともあり、最初は戸惑いもありましたが、みんなすぐにマンディーの虜になっていました!笑

熱い地域だと、川のお風呂が凄い気持ちいいんです。

 

イバン族の食事

食料は基本自給自足。

山奥に狩りに行ったり、川で魚をとったりしました。


山奥ですから、野生の動物にもしばしば遭遇します。

裏庭には、狩りでとってきた動物が横たわっていました。

 

この時、人生初めてカエルを食べましたが、カエルって鶏肉みたいで美味しいんですね!

 

 

国際ワークキャンプのボランティアワークってどんなことするの?


私が滞在した2週間の間、様々なボランティアワークを体験しました。

 

主に、
  • 道路づくりのための砂利集め
  • 村の周りの清掃活動
  • 建物塗装のためのペイント作業
  • トイレ用の排水溝堀り
等です。

 

この辺りの作業は、現地のコーディネーターとコミュニケーションをとりながら進めていきます。

現地の方が色々と協力してくれたので、大変だったという記憶は殆どありません。

ボランティアワーカーとしての仕事も、楽しい思い出になっています。

 


こちらはペイント作業で、ロングハウスをキレイにしているところ。

私が行ったときは、まだ床がコンクリート丸出しの状態だったのですが、今ではキレイなタイルが敷かれて、かなりキレイになっているようです。

 


道をコンクリートで固める作業。

これは、殆ど現地の人に手伝ってもらった記憶が・・・笑

 

国際ワークキャンプに語学力はどの程度必要?

海外ボランティアワーク・国際ワークキャンプと聞くと、「かなりの語学力が必要では?」と思うかもしれません。

ですが、NICEの国際ワークキャンプでは基本的にリーダーが日本人なので、話せなくてもなんとかなります。

なので、「語学力が不安だから・・」という理由で参加を躊躇してしまうのは、勿体ないですね!

 

今回参加したイバン村では、英語ではなくてイバン語。

私も現地で覚えて、イバンの方と片言で喋ったりしました。

「マンディー(お風呂)」、「マカーイ(ごはん)」、「テリマカシ(ありがとう)」などは今でも覚えています。

 

ただし、国際ワークキャンプに参加するなら、やはり語学は絶対に勉強していたほうが良いです。

現地コーディネーター(イバン族の方)とのやり取りは、やはり英語。

ボランティアワークなどのミーティングで、英語が喋れると自分の意見が言えます。

 

また、現地の若い子は、学校で英語を学んでいます。

イバン語が話せなくても、片言の英語だけでかなりのコミュニケーションが取れました。

 

やっぱり、会話でコミュニケーションが取れると海外が数倍楽しくなります!!!

これは間違いない。

 

英会話は、中学英単語を覚えればだいたい理解できます。

今では、オンライン英会話などもかなり安く(月5,000円くらい)受講できますよね。

国際ワークキャンプに参加される前に、やっぱり少しでも英会話は学習したほうが良いですね!

 

ボランティアワークは想像とは違った??

実は、私がワークキャンプを通して感じたことの一つとして、

「ボランティアワークは想像していたものと違ったな」という感想です。

 

発展途上の国際ワークキャンプということで、なんとなく厳しい環境であって、

過酷な労働環境を勝手にイメージしていました。

 

ですが、ボランティアワークの1つ1つが楽しくて、想像とは全然違うんです。

こう感じたのは、現地の方が私たちをとても大切にしてくれたからなんです。

(ちょっと過保護すぎたのかも。笑)

 

 

イバン族との思い出


この2週間、ボランティアワークに参加したはずなのに、本当に楽しい思い出ばかりができました。

村の人とキャンプに行ったり、地域のお祭りに連れて行ってくれたり、子供たちと遊んだり。

 

村のイベントでは、伝統衣装を着せてもらって、色々顔に落書・・いや、お化粧をしてもらいました。

今この写真を見ると、結構恥ずかしいです。笑

 

ホームステイ先のお母さんが、僕のために「ティカイ」と呼ばれる敷物を編んでくれたことも。

(ステイ先のマザーに編み方を教わっているところ)

(こちらが完成したティカイ)

こんな交流ができるのも、国際ワークキャンプの魅力ですね!

この後、私が作ったティカイを村人たちがすぐ隠すので、見つけるのが大変でした・・・

 

この2週間、本当にあっという間で、お別れの時はすごい寂しかったです。

帰りのバスに乗った時、すごく仲良くしてくれた子に思いっきり手を振ったら、顔をしわくちゃにして泣き出したのが今でも忘れられないです。

大学の夏休み、本当に貴重な体験をした2週間でした。

 

 

10年前に参加した国際ワークキャンプで得られたこととは?

不安だからこそチャレンジ!それが自分の行動の幅をぐっと広げる

10年前に参加した国際ワークキャンプ。

私にとっては、まだ2回目の海外経験でした。

 

周りの参加者は文系の学生ばかりで、最初から国際ボランティアに興味を持っている方ばかり。

そんな中に、バリバリ理系男子(国際ワークキャンプは女性が多い)ということで、「自分が参加していいの?」という気持ちもありました。

 

それでも、いざ参加してみると、自分が思っていたような不安は一切感じませんでした。

 

私がマレーシアでの国際ワークキャンプに参加して得られたもの。

それは、自分の世界観を変えた行動力です。

 

国際ワークキャンプに参加してからは、海外に行くことに全く抵抗を感じなくなりました。

大学卒業旅行に中国ノープランの旅。

タイ→カンボジア一人旅など。

自分の行動の幅が、ぐっと広がりました。

 

「参加するの不安だな」と思うことこそ、自分を大きく変えるきっかけになるのだと思います。

 

10年経った今、あの時の自分にアドバイス!

勿論、今だからこそ思う反省点もあります。

 

情報収集の意識が低すぎた

学生の頃の私は、典型的な「情報に対して受け身の人間」でした。

「このアルバイト楽しいよ!」と聞いたらそれをやり、目の前にあることしか目を向けない。

今回、NICEという団体を選んだのも、「友人に聞いたから」でした。

もちろん、それが一方的にダメだと思っているわけではありませんが、それ以外の可能性もあったと思うのです。

 

例えば、ボランティアワークだって色んな団体が主催しています。

ACEACTIONgood! 等です。

このような情報は、学生の時一切調べませんでした。

 

情報に対して受け身になるのではなく、積極的に探しに行く姿勢はこれからもっと大切になる気がします。

この意識があるかないか。

その違いだけでも、見える世界って大きく変わってくると思うんです。

 

現地の方との交流は、できるだけ繋いでおくべきだった

また、現地との交流はもっと次に繋げておけたら良かったです。

 

私の場合、ボランティアワークに参加した後、イバン族の方との交流は0でした。

唯一あったことといえば、、泊めてもらったファミリーに家族写真を送った時くらいです。

 

同世代のリーダーの子が、ボランティアワーク参加後も、

現地コーディネータの方と電話をしているという話を聞き、「凄いな」と思いました。

 

その場限りの関係だけでなく、その後につなげる関係を保てていたら、

もっと人生の可能性が広がっていたかもしれないんです。

 

だって、私はこれからマレーシアに移住しようか検討しているのですから。

また現地の人に会いに行ける機会があったら、是非行ってみたい!

 

経験を次に繋げるということ

私は今、このトリップラーというメディアの一員として活動させてもらっています。

それも、ここで綴ったマレーシアでの体験があったから、と言っても過言ではありません。

10年経った今でも、こんな形でマレーシアの経験が生かされているんです。

 

 

過去の経験は、「その時の経験値」だけでなく、「未来につなげることができる」んです。

 

 

マレーシアでの経験から、次に繋げていく。

このトリップラーの活動から、次につなげていく。

 

私にとって、国際ワークキャンプに参加したことは、自分を変える大きなきっかけになりました。

 

The following two tabs change content below.
ライフスタイル実験中トリップラー「TAKASHI」
パソコン1台で稼ぐことを目標に活動し、2年後の2016年7月に法人化。好きな場所で、好きな時に、好きな仲間と仕事をする。そんなライフスタイルを模索中。理想のライフスタイルの実現を目指し、日々奮闘中。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*