フィリピンのターラックの格安語学留学の体験談!留学生活を一挙公開!

世界のスイーツ丸かじり系女子Honami♡
「なんとかなる。」をモットーに語学力0から始めた私の面白くってちょっぴり泣ける(?)非日常生活をお届けします!⇒プロフィールの詳細はこちら

初海外はまさかのフィリピン英語留学!

海外に一度も出たことがなかった私が、マニラからバスに乗り一人でフィリピンの田舎町ターラックへ♩

フィリピン英語留学の概要を私の経験に基づきお伝えします。


フィリピン留学概要


フィリピンの英語留学とは



2010年以降、フィリピンで英語を学ぶ日本人留学生の数は増え続けています。 

その中でも特に注目されているのが、セブ島英語留学です。 

セブ島英語留学では英語を学びながら観光やマリンスポーツが楽しめるため、近年非常に人気を集めております。 

2017年には多数の日本人経営の語学学校が運営を行い、年間3万5000人近くの日本人がフィリピンへ語学留学をするまでの規模に成長しております。 

比較的安価で本場の英語を学べる。ということもあり、フィリピン英語留学は年々知名度が上がってきております。(ただし、先生によりタガログ語特有のスタッカートが効いた英語を話す人もいます。)

何故フィリピン英語留学を選んだのか


「安かったから。」

理由は本当にこれだけです!

当時は特に英語を学びたかった訳でもなく、また海外に興味があった訳でもなく(笑)

親に薦められたし、安いし、行ってみよー♩くらいの軽い気持ちでした。


留学費用について

まず、授業料について。 

フィリピン英語留学費用一覧等を見ていただければお分かりかとは思いますが、1ヶ月10万円が相場です。 

他部屋代などは相部屋か個室かで価格が変わってきますので、各スクールのHPを参考にして頂ければと思います。 

食費やアクティビティの費用に関しては、日本の約1/3の価格で収まります。
1食200円あれば充分お腹いっぱいになりますよ! 

渡航費用に関しては時期にもよりますがLCCをうまく活用すれば往復で3万円程度です。 

他SSP取得料金が6100ペソ.ACR I-card取得料金3000ペソ.観光ビザが無料〜最大3万5000ペソかかります。(こちらレートの変動により価格が異なるので現地価格で記載) 

私の場合は2週間の短期留学(週5日1日6時間のマンツーマン授業/相部屋/3食付)で上記費用他娯楽費全て含めて20万円でした。

学校選びのポイント

学校選びのポイントとしては、英語を学んだ後、自分が何をしたいのか。を明確にしておく必要があるかと思います。

経験や思い出作りをメインとするなら、アクティビティも楽しめる学校を選ぶ。

ゆくゆくはビジネスに活かしたいのであれば、ビジネスコースがある学校を選ぶ。

目的をはっきりとさせることが、学校選びの一番のポイントだと思います。

私の場合は英語を学ぶことよりも、思い出作りを目的としたため、友達が「行ってよかった!」と言っていたCNE1という学校を選びました。

★CNE1に関しては下記URLを参照

CNE1


申込みもNETから簡単にできます!!


ターラックについて

ターラックとは



フィリピン北部ルソン島にある州で農村地帯であるため、大変のどかです。

しかし、田舎の割にはバスが24時間通っているので、移動にはとても便利な町ですよ!

とてものどかな田舎町であるため、歩いていたら、隣を牛が歩いていた!だなんてことも日常茶飯事♩

まさに「自然と共存する」といった感じです‼︎

一方で経済的に貧しい人たちが生活しているエリアでもあるため、バスに乗って町を見渡すと、まるでテントのような家がいくつも点在しています。

ターラックへの行き方



空港から空港タクシーを利用して、パサイのファイブスターバスステーションまで行きます。

バスステーションでダクパン(Dagupan)かバギオ(Baguio)行きのバスに乗車するとターラックを通るので、ターラックに着いたら下車してくださいね。

バスには冷房付のバスと冷房が付いていないバスがあります。

ここは、ケチらず冷房付のバスに乗車することをオススメします! 

フィリピンは非常に蒸し暑く、また、ターラックまでは約1時間程度かかるので冷房が付いていないバスだと正直疲れます(笑)

留学生活を一挙公開


実際の授業ってどんな感じ?



語学力0の私は基礎クラスからスタート!

ゲームや日常会話を挟みつつ、テキストに沿って授業は進められました!

マンツーマンなので分からないところがあれば、その場ですぐに聞くことができ、疑問を残すことなく授業を終えることができました。

自分のペースに合わせて学べるのがマンツーマンの魅力の一つ!

留学前に事前学習をしておくことで、より授業の精度が上がることはもちろん。

予め自身の苦手ポイントを把握しておけば、そこを授業にて徹底的に潰すことができますよ!

今以上に語学力を上げたい方は必ず渡航前に事前学習をして頂くことをオススメします。

授業のカリキュラムについて

前述させて頂いた通り、私は基礎クラスからのスタートであったため、簡単な日常会話や文法の勉強を中心に2週間学びました。

午前中、まだ涼しい間に文法を学び、午後からは先生との会話を通して英会話を学びました。

気分を変えたい時は室内でなく、屋外の日陰で授業をしたりなど、その日の気分に合わせて臨機応変に対応してくれます♩

気さくな先生との授業の様子

私の場合は…ですが。

留学中に好きな人ができたので、その相談を先生にしていました!しかも授業中に!でも、もちろん英語でですよ♩

自分の中で「伝えたいこと」があるとそれを伝えるためにはどうすればいいのか。どのような表現が適切なのか。を自ら考え、自主的に勉強に取り組めたので、良かったです。

伝えたいことがうまく伝わらなかった時は本当にもどかしく。

この出来事が私の「英語を学びたい」という気持に火を点けてくれました。

食事は美味しいの?



フィリピンって何が主食なの?ぶっちゃけご飯は美味しいの?と疑問のあなた!(笑)

今から私が私の素直な感想を赤裸々に綴ります。

学校のご飯について

私が通ったCNE1という学校では3食学食が出たのですが、そのお味は!と言いますと、まあまあです(笑)

日本食に味を寄せているものの、調味料が違うからが全体的に少し酸味ある日本食という感じでした。

唯一カレーは日本のものと味がほとんど同じだったので美味しく頂けました。

ローカルフードについて

街で見かけるローカルフードですが、フィリピンではご飯の上にハエが飛んでいる光景もしばしば…

初めは正直気持ちが悪いのですが、3日もすれば慣れます。

味は春雨と野菜を炒めてたものが美味しかったです!
日本食でいう焼きそばのようなお味で食べやすかったです。

他にも街で売っているブラウニーやマフィンも甘党な方にはうってつけ!

ほどよくしっとりしていて、具がしっかり入っているので食べ応えもバッチリです!

基本的にフィリピンの料理は酸味がキツイか激甘か…に分かれていた印象です。
結論、意外と安くて美味しかったです。

共同部屋の真相



賛否両論別れる共同部屋ですが、私は共同部屋にして大正解!

ルームメイトと楽しい時間を過ごすことができました。

買ってきたお菓子をシェアして食べたり、美味しいご飯屋さんの情報共有ができるのも共同部屋の特権です!

また授業後の復習の際にはみんなでお互いの分からないところを教えあったりなど、有意義な時間を過ごせました。

部屋の振り分けについて

私の通った学校では、性別だけ分けてあとは空いた部屋に次来た人が入る。といったシステムだったので格段振り分けに意味がある訳ではなかったようです。

その為、日中の授業のクラスや年齢もバラバラの人たちが一つ屋根の下で共同生活をしていました。

逆にどんな人が来るか分からない!というのがちょっと面白かったのを覚えています♩

クレイジーな夜の始まり



基本的にフィリピンは雨が多く、時には雷が鳴り停電することもあります。

私が留学生活を送った時期が丁度雨季であったこともあり停電なんて日常茶飯事…だったのですが。

ルームメイト全員が外出中に停電になった時は流石に怖かったです。

また基本的に皆夜は酔っ払って帰ってくることもあったので気付いたらルームメイトが自分のベッドで寝ている。

間違って人のパジャマを着ていた…なんてことも多々ありました。
神経質な方や潔癖症な方には共同部屋での生活は向かないだろうな…と感じた次第です。

田舎ならではの人の優しさ



日本でもそうですが、田舎ってその土地特有の文化や人の優しさがあるなあ。と感じます。

ターラックではバスを待っていると見知らぬ少年がマーケットまでタダでバイクに乗せてくれたり、マーケットでは折角だからと価格以上のご飯をくれたりと何かと親切にしてもらいました。

人が大好き!無邪気な仲間たち。



私の通った学校のすぐ隣には現地の子供達が通う学校がありました。

授業後に現地の学校を覗きに行くと生徒たちが瞬く間に集まってきて、あれよこれよと話しかけてくれます。

言葉は通じないけれど、溢れ出る笑顔。

一緒に子猫に餌をやったり、学校内を探検する時間がとても楽しかったことを今でも覚えています。

生まれる絆、涙の別れ。



初めは食事も口に合わず、メンバーにも馴染めなかった私が帰国日には帰りたくない。と泣くほど楽しかった留学生活。

24時間衣食住を共にし、良いところも悪いところも全て見せましたし、見ました。

知り合ったばかりだからこそ、今のありのままの私を見て受け入れてくれた仲間たち。
星を見ながら本気で語り合った夜。

5年経った今でも明確に思い出すことができます。

この時共に過ごした仲間とは今でもFacebookで繋がっており、定期的に会ったりもしています。

まとめ



初めは親に言われてノリだけで行ったフィリピン英語留学ですが、この留学を通して英語を学ぶだけでなく、最高の仲間に出会え、また私が海外を旅するきっかけにもなり私の人生に大きな影響を与えてくれました。

留学や海外と聞くと、少しハードルが高く感じるかも知れません。

私は働いているから、もう留学はできない。そんな風に考えている方もいるかもしれません。

でも、実際はそんなことはありません。

1週間あればフィリピン英語留学は可能です。

今迷っているあなた!

少し勇気を振り絞って、新たな一歩を踏み出してください。

きっとその先にはかけがえのない日々があなたを待っていますよ!

 

フィリピン体験記も合わせてどうぞ!

【プログラマー体験記】フィリピン・セブ島のIT留学を体験してみた!

2017.09.18

【秘境】フィリピン・エルニドのアクセス方法&おすすめアクティビティ!

2017.10.05
The following two tabs change content below.
世界のスイーツ丸かじり系女子Honami♡

世界のスイーツ丸かじり系女子Honami♡

「なんとかなる。」をモットーに語学力0から始めた私の面白くってちょっぴり泣ける(?)非日常生活をお届けします!⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*