【時間がない人必見】セブ市内から日帰りできるセブ島南部のおすすめ観光スポット3選!

元格闘家!現駆け出しプログラマーTRIPLER TatsuChannel
愛知県出身29歳です。 格闘技と旅に生涯はまり続けるであろう男です。 次行きたい国はロシア、韓国、モロッコです。⇒プロフィールの詳細はこちら

元格闘家!現駆け出しプログラマーTRIPLERのTatsuChannelです!

今回はセブ島の南の方の観光地に行ってきたので、紹介したいと思います。

セブ島は観光地として日本でも有名な場所ですよね?でも実際セブ島ってなにがあるの?

という方も多いと思うので、今回はセブ島南部の頑張れば1日で周れる観光地を紹介したいと思います。

セブ島南部の観光地について


セブ島南部の観光地

セブ島南部には多くの観光地があります。野生のジンベイザメが見れるオスロブやキレイなビーチがあるモアルボアルやカワサンフォールズや近くにはボホール島やアポアイランドといった所があります。

今回はセブ島に来たけど、あまり時間がない人でも周れるセブ島南部の奇跡を呼ぶシマラチャーチ(Simala Church)・セブ島最高峰オスメニアピーク(Osmeña Peak)・セブ島からすぐの田舎町カルカルシティ(Carcar sity)を紹介したいと思います。

セブ島南部の観光地への行き方

主に3つの行き方があります。

1つ目はタクシーですね。本当に時間がなかったら使ってください。いくらかかるかは定かではありませんが、大人数で行けばそこまで高く感じないでしょう。



2つ目はサウスバスターミナルから出るバスに乗ります。

サウスバスターミナルに入ると黄色や緑色の服を来たおじさんたちがたくさんいるので目的地を告げればあっちだ!こっちだ!といって適当に案内してくれます。それに従い歩いて行けばだいたい目的のバスは見つかると思います。ちなみにオスメニアピークに行くときはサウスバスターミナルを利用しました。

オスメニアピーク近くの町までエアコンバスで105ペソでした。エアコンなしのバスは100ペソでした。フィリピンは半端じゃないほど暑いのでエアコンバスに乗ることをオススメします。エアコンがないバスの方が多いので気をつけてみてください。



3つ目はSouth GT Express Terminal(Van terminal)から出るバンに乗って行きます。

バンターミナルは規模が小さいのですぐ目的のバンは探すことができると思います。バンの周りにいるおじさんに声をかけて行き先を告げれば目的のバンまで連れてってくれます。奇跡を呼ぶシマラチャーチに行ったときはこのバンターミナルを利用しました。

全てエアコン付きでシマラチャーチまで100ペソでした。だいたい30分〜1時間ほどで集まりますが、バンは16人の乗客全員が揃うまで動きませんので時間に余裕がない人はオススメできません。

シマラチャーチ(Simala Church)は夢が叶う?


シマラチャーチとは?


シマラチャーチで参拝した後に歩けなかった人が歩けるようになったり、恋が成就したり、ビジネスや受験が成功したと奇跡の話が展示されています。
また御神体のママメリーが涙を流したことがあると言われています。
そのため奇跡を呼ぶシマラチャーチと呼ばれ親しまれています。
そしてとにかく巨大な教会です。今もなお拡張工事中です。
シマラチャーチには服装制限があって、タンクトップや女性のホットパンツや短いスカートなどは入れないかもしれないので服装も気をつけてください。

シマラチャーチへの行き方

サウスバスターミナル・バンターミナルどちらでも行けますが、オススメはバンターミナルです。サウスバスターミナルからバスで行くと途中でバスを降りて、バイクタクシーに乗り継いで行かなければなりませんが、バンターミナルから行くとシマラチャーチの目の前で降ろしてくれます。

シマラチャーチの豪華さに唖然



シマラチャーチはとにかく大きな教会です。自分はバチカン市国も行ったことあるのですが、敷地面積ならほとんど変わらないんじゃないかと思うぐらい大きかったです。

人の列に着いて行くと教会内部に入れました。みなさん膝を着いてお祈りしていました。



めちゃくちゃキレイな教会じゃないですか?

ここを見たとき『おぉ〜』とつい言ってしまいました。

 



教会の隣ではロウソクに願いを込めてお祈りしている人が多くいました。

カラフルなロウソクの意味は、

・金ー癒やし(健康や回復)
・緑ー繁栄/成功(試験、研究、金融、ビジネス)
・青ー忍耐(雇用、仕事)
・紫ー達成(人生における計画、闘争、努力、旅、航海)
・赤ー愛(団結、友情、婚約、家族)
・黄色ー平和(勇気、強さ、希望)
・白ー純度(悟り、指導、正しい道)
・オレンジー和解(恋人、妻、夫、敵、家族)
・ピンクー感謝祭/幸福/喜び(精神的、物理的)
・黒ー魂(許し、恩赦)
・茶色ー職業(結婚、神のしもべ、独身生活)
・灰色ー救出(悪い方法、物事、精神)
・クリームー信仰(子ども、家庭、夫婦)

のようです。ロウソクを売っているところに英語で書いてありました。1本25ペソです。

自分は金色の健康を購入し祈りました。



敷地内にはキリスト教の歴史的なシーンが多く展示されていました。



お祈りしている所の上の部分です。この部分がシマラチャーチのオリジナルだとフィリピンの人が教えてくれました。

セブ最高峰オスメニアピーク(Osmeña Peak)で絶景を堪能!

オスメニアピークとは?

セブ島の最高峰標高1015mの山です。最高峰なんですが非常に簡単に登山できる山です。

セブシティからは少しだけ遠いですが簡単な日帰り旅行もできますし、この山でテントをはって寝ることも可能です。星空、朝日ともにすごくキレイだと聞きました。

オスメニアピークへの行き方



セブシティのサウスバスターミナルからバスに乗り込みダラギュテ(Dalaguete)で降ります。

ダラギュテ(Dalaguete)のバスを降りた所です。



降りたらバイクタクシーが声をかけてくるので、それに乗って行きます。



キレイな海が見える道。



地元のマーケットがあるがあるので食料調達などはここでできます。



登山道の入り口です。ここから山登りスタートです。

日帰りの場合、帰りはバイクタクシーのおじさんが登山が終わるまで待っていてくれます。

オスメニアピーク登山スタート!



オスメニアピークの注意事項が書いてありました。



このような険しい?そしてわかりやすく人が歩いた道があるので、そこを辿って行きます。



10〜20分ほど歩くと見えました。あれがオスメニアピーク山頂です。

めちゃくちゃ近かったです。子供も登っていました。



山頂からの眺めです。こんな感じでいい感じの写真が撮れます。

オスメニアピークだけでは物足りなかったので、ガイドに言って近くにあった切り立った山(Ligas paka peak)に案内してもらいました。



目の前は崖です。落ちたらこの世とおさらばできます。ここにくる場合はガイドをつけたほうが良さそうです。登ってくる途中も崖と隣り合わせで、草も多く生えていて足元が見えづらいです。



Ligas paka peakから見たオスメニアピークです。



無事に降りてきたのでガイドと写真を撮りました。

後ろのバイクタクシーはずっと登山中待っていてくれました。

ちなみにバイクタクシーは往復400ペソ、ガイドは150ペソでした。

田舎町カルカルシティ(Carcar sity)を観光!


カルカルシティ (Carcarcity)とは?

セブシティから南に40kmほどのところにある活気のある田舎町です。

歴史的な建築物が多くあるので田舎でも多くの観光客が訪れている町です。

カルカルシティへの行き方

セブサウスバスターミナル・バンターミナルどちらからでも簡単に行けます。セブからだいたい30分〜1時間ほどで着いてしまうので日帰り旅行にもちょうどいいと思います。

カルカルシティの風景



この象はカルカルの父と今でも言われているメルカド町長です。

住民にために健康を管理できる養成所というのを作った名士とされる人物です。



この緑色の建物はメルカド家の旧邸です。歴史を感じる作りですね。



非常に大きな教会もありました。シマラチャーチほどではありませんが。



奥行きも広くとてもキレイな教会でした。

世界中いろんな教会を見てきましたが、いつどこの国の教会へ行っても教会はとてもキレイでなぜか涼しいところが多いです。笑

海外に行ったら教会を見に行ってみてください。現地の方の邪魔にならない程度に。



教会の隣にはカルカルシティの小さな歴史資料館がありました。

タダで入れましたが、全て英語で書かれているんで英語を勉強してから行きましょう。



教会に行った後歩いてメルカドに行きました。

小さな田舎町なので活気ないだろうと思って行きましたが、違いました。



活気しかありませんでした。

少しだけ危ない雰囲気もあったので貴重品に気をつけながら楽しみましょう。

まとめ

今回はセブから日帰りでいける観光地を紹介しました。

自分はオスメニアピーク、シマラチャーチ・カルカルシティと分けて観光しましたが朝早く起きて行けば3箇所全て周っても日帰りできる感じでした。

時間がない人は1日で全部周ってもいいのではないでしょうか。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

セブ島に関連するトリップラーコンテンツはこちら

【驚愕動画あり】セブ島オスロブでジンベイザメと泳げるツアーを格安で体験してきた件

2017.07.03

【ツアー体験談】セブ島の「リアル半魚人・バジャウ族」と共同生活?共に暮らす日本人に会ってきた!

2017.08.16

【セブ在住者おすすめ】デイユースならクリムゾン!魅惑の「泡パーティー?」に潜入取材!

2017.09.09

【プログラマー体験記】フィリピン・セブ島のIT留学を体験してみた!

2017.09.18
The following two tabs change content below.
元格闘家!現駆け出しプログラマーTRIPLER TatsuChannel
愛知県出身29歳です。 格闘技と旅に生涯はまり続けるであろう男です。 次行きたい国はロシア、韓国、モロッコです。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*