パキスタンマニア!秘境・辺境を旅するTRIPLER「ユキ ザハラ」

経歴

19歳の時、初海外でカンボジアのボランティアツアーに参加したことをきっかけに旅にハマる。
以来大学在学中は、週7バイトでお金を貯めては長期休みの度にバックパッカースタイルでのひとり旅等を繰り返していました。

大学卒業後は、総合病院の手術室看護師→小笠原諸島のカフェスタッフ→小笠原諸島にある無人島のフィールドワーク作業員として働くなど、様々な職種を経験。

26歳の時には、長年の夢だったシルクロードを巡る旅に出る。そのときの最初の訪問国だったパキスタンに、一瞬にして恋に落ちる。
旅から帰って来てからはリゾート地等で季節労働をする傍ら、パキスタンに通う生活をしている。
主にイスラム圏に生きる少数民族の暮らしや文化に触れることをテーマとし各地を渡り歩き、現地の人々と交流型の旅を続ける。

 

遺跡や建造物を見るよりは、大自然の中に溶け込む方が好き。足早に様々な地域を見て回るよりも、気に入った場所に長く滞在し現地の人と濃く触れ合うような旅を好む。多くの人が訪れる観光地よりも、ほとんど旅行者がいないような秘境に魅力を感じる。それが、自身の旅のスタイルにもなっている。

 

世界の辺境に暮らす人々の飾らない笑顔や暮らしぶりを言葉と共に伝えて行くことが今の目標。

 

これまでに訪れた国と地域

カンボジア、ウガンダ、エジプト、カナダ、中国、インド、タイ、グアム、パラオ、パキスタン、新疆ウイグル自治区、キルギス、ウズベキスタン、タジキスタン、カザフスタン、アゼルバイジャン、アフガニスタン

 

出身地

長野県

地元の千曲市は、日本一のあんずの里。
実家にはあんず農園があり、たまに手伝いをしている。

 

趣味

旅、スキー・スノーボード、サーフィン、マクラメアクセサリー作りなど。
・・昔から多趣味。(現在はセーブ中)

写真を撮ること、文章を書くこと、民族衣装集めも好き。

 

好きな国

好きな旅先は、イスラム色の濃い場所。人が親切でとても温かいです。

中でも愛してやまない「パキスタン」は私にとって心の故郷、アナザースカイ。
パキスタンは他民族国家であり、町や村が変わるごとに言葉や文化、人々の顔つきも変わる。何度行っても新たな発見があり、飽きることがありません。また、標高7000mを超える山脈から熱波の吹き荒れる砂漠まで、バラエティに富んだ自然の宝庫。観光国としてのポテンシャルを秘めた国だと思っています。何よりも、旅人に優しい。この国を旅しているとあちこちで素晴らしいおもてなしや歓迎を受けます。

 

「アフガニスタン」も、パキスタンと同じくらい強い思いを寄せる国です。
こちらも他民族国家であり、東西の文明の十字路。そして実は自然豊かな国でもあります。
首都のカブールは70年代初期までは「ヒッピーの聖地」「バックパッカーのオアシス」とも呼ばれていました。
様々な文化や民族が共存するも、大国の政治の思惑に巻き込まれてしまったこの国は、現在のところは渡航できるような状態ではありませんが、もし平和な時代が続いていたとしたら、観光大国の一つとして世界に名を馳せていたかもしれません。

 

好きな映画・アニメ

出典:https://www.amazon.co.jp/

ソウルサーファー

サメに襲われ片腕を失いながらも、諦めずに努力を続けてプロサーファーになった女性の実話をもとに描かれた、勇気と感動の物語。
サーフムービーとしても素晴らしいのですが、何よりも、夢を諦めないで挑戦し続ける主人公の強さに勇気と感動をもらいます。

 

他には・・・スターウォーズ、ハリーポッター、アルマゲドン、インデペンデンスデイ、トロイ、魔女の宅急便、もののけ姫、おおかみこどもの雨と雪など。

 

好きな本・マンガ

出典:https://www.amazon.co.jp

漫画版「風の谷のナウシカ」全7巻  /  宮崎駿

映画版のナウシカも好きですが、こちらの原作はさらに奥が深く、いろいろと考えさせられます。
(ちなみに映画版の内容は、漫画版の2巻の途中までになります)
漫画版「風の谷のナウシカ」は私の人生のバイブルであり、登場人物の「ナウシカ」は憧れの人です。

 

出典:https://books.rakuten.co.jp

戦場から女優へ  /  サヘル・ローズ

現在は女優として活躍しているイラン出身のサヘルローズさん。実は、イラン・イラク戦争中の空爆によってわずか4歳の時に全家族を失うという壮絶な体験をしています。一時は孤児院に送られますが、養母と出会い、そのあと様々な事情により8歳の時に日本に来日しました。この本は、彼女自身の自伝になっています。
奇異な体験をしながらも前向きに生きる彼女を、女性としてとても尊敬します。

 

他には・・・アルケミスト(パウロ・コエーリョ)、裸でも生きる(山口絵理子)、アナスタシア(ウラジーミル・メグレ)など。

 

好きな音楽

やなわらばー「空をこえて海をこえて」

 

Kiroro「未来へ」

日本語の歌詞が美しい、流れるような歌を好んで聞きます。

イスラム圏を旅していると聞くことの多いアザーンやコーラン詠唱の、まるで子守唄のように安心感のある、美しい音色も好き。

 

好きな食べ物

あんず。

実家のあんず農園で、採りたてのあんずを丸ごと頬張るのは至福のとき。
良く熟れた生食用あんずは、桃のような甘味に酸味が加わり、それはそれは絶品。
世界で一番美味しい食べ物はあんずだと思っています。

 

運営サイトやブログ

▶︎運営サイト
「インシャラ」https://yukirdam.net
自身の旅行記を写真とともに発信しています。
 
▶︎Instagram
https://www.instagram.com/tayu.tau/

 

最後に読者への一言

 

私が行く場所は、「途上国」と言われる国だったり、観光客が少なくマイナーな国や地域が多いです。
でも、そんな場所に行くからこそ、混雑とは無縁の美しい景色に出会えたり、人々の温かさに触れることが出来たりと、観光地や有名なリゾート地ではなかなか味わえない貴重な体験ができます。
人知れず山奥でたくましく生きる人々、写真に撮られる機会の少ない人を中心に取材・撮影し、世界の片隅に生きる人々の暮らしや文化、美しい景色・・そういったことをクローズアップし、日本の皆さんにお伝えして行ければと思います。

「世界にはこんな人たちがいるんだ」
そういう小さな発見を、心の片隅にでも止めておいていただければ、とても嬉しいです。

遠い異国のそのまた奥地の想像もしないような暮らしをする人々に思いを馳せることのできる人。
マイノリティである人々や、その文化を理解しようとし、大切に想える人を一人でも増やす。

そういったことを通して、この世界が少しでももっとHAPPYな場所になることを願っています!