【スピリチュアル体験】インドのリシケシで国際ヨガフェスティバルに参加!

ヨガ・健康美を追い求めるTRIPLER「Uka」

元ホテリエ、日本と海外のホテルで勤務経験あり。
べトナム、ホーチミンでヨガに出会う。ヨガの恩恵を感じ、ヨガを取り入れたライフスタイルを続けながら健康に自由に生きることを目指す。
アーユルヴェーダや東洋医学にも興味あり。旅先では、予定を詰め込みすぎず、ヨガをしたりのんびり過ごします。
⇒プロフィールの詳細はこちら

ナマステ!Ukaです。

前回に引き続きインド旅の体験をシェアしたいと思います。

今回の目的の一つでもあった、インド・リシケシでの国際ヨガフェスティバルの体験記です。

私の中でスピリチュアルな体験をしました。。。是非ご覧ください!

1.国際ヨガフェスティバルとは?



1週間のヨガ週間として、毎年3月にインド・リシケシ(ガンジス川の上流)で行われ、インドはもちろん世界各国から選ばれた指導者が集まりレッスンや講演を行います。

世界各国から情報によると、約1,000名を超えるヨギ、ヨギーニが集まります。

場所は、Parmarth Niketan (パラマータ・ニケタン/ パルマス・ニケタン)アシュラムで行われます。


広大な敷地に、美しい庭や1,000を超える部屋があり、スピリチュアルな雰囲気を感じられるアシュラムです。



 

1-1.参加方法



事前にホームページよりチケットを購入します。

基本的に、パスをこ購入するとその間はいくらでもクラスに参加できます。

最大7日間のパスを購入し(宿泊込み)、施設に泊まりながらヨガを受けるという人も多くいます。

Uka
今回は1日だけのパスを購入し、参加しました。

2019年の予定はこちらから>>http://www.internationalyogafestival.org/

1-2.フェスティバルの内容



内容は多岐にわたります。そして早朝(午前4時!)からお祈りのようなものがあります。

・普段皆さんが想像するようなアーサナ(ポーズ)中心のヨガ

・呼吸や瞑想中心のクラス

・スピリチュアルな内容の講演

などなど。私は聞いたことのないものが沢山ありました。

2.参加の1日のスケジュール

2-1.ハプニングからのスタート



今回私は現地在住の友人がチケットを先に手配してくれるということで、

事前にチケットを購入していませんでした。。
(今思うと、いつもですが本当に事前準備は大事!!

当日事前に聞いていた関係者の方に会い、チケットオフィスに行くと話が通っていなかったようで、

しばらく待った挙句。。その場で購入(当日購入も可)することになりました。。

しかしそこで、パスポート原本が必要に。。。

私は失くしたら困ると思い、その日はホテルに置いてきていました。。(後悔。。!)

結局、ホテルに戻ることに、、朝から体力&気力が半滅しました。。!

Uka
オートリキシャ(三輪タクシー)を捕まえるのはちょっと大変。。でも往復しました(泣)

2-2.クラス参加&ヨガランチ



気を取り直し、やっとチケットを購入出来て、お昼前からクラスに参加。

Jiva Mukti Yoga (ジバ ムクティ ヨガ)に初参加です。



アライメント、身体の使い方に気を付けながら大きなテント内で行いました。

そして、お待ちかねのランチです。

Uka
ハプニングがあってもお腹はペコペコに。。





ブッフェスタイルで、もちろんベジタリアンです。

豆や野菜、チャパティ(小麦粉と水で出来たもの)を中心としたランチでした。

インド人の女性、イギリス人の女性、インドネシア人の男性と一緒のテーブルで頂きました。

そして、素敵な先生のデトックス(クレンズ)についての講演を聞きました。



 

そして最後にスピリチュアルなクラスに参加です。。!

3.スピリチュアル体験


3-1.Sattva Yoga (サットバヨガ)クラス参加で国際交流



デトックスの講演後、同じ教室で私が聞いたことのない、Sattva Yoga (サットバヨガ)クラスが行われるということを知りました。

隣のマットにいた、こちらの写真のイギリス人の女性が、

“次の先生はインド人のイケメンらしいわよ!”と冗談交じりに教えてくれました。笑

移動も面倒だったので、このまま参加することに。(どんな先生か興味もあったので!)

Sattva  (サットヴァ)とは?

インド哲学ですべての物はグナといわれる3つの性質の組み合わせで出来ていると考えます。

その中で、サットヴァ=純粋なもの と言われ、食べ物だと例えば、野菜や果物、豆など、味付けだとあっさり、マイルドなものと言えます。

クラス中の写真は集中していて取っていませんが、

今回のクラス内容を簡単にまとめると。。(説明が難しいのですが)、

直立し、音楽や先生の声に合わせて呼吸を行います。

その時に自分の胸を開くこと、音に合わせて、自分の中にあるネガティブな要素(と思われるもの)

を身体から呼吸と共に出すようなイメージで息を吐きます。

だんだんと、音のペース、先生の誘導が早くなり少し呼吸が辛くなりました。。!

それでも音に合わせ続けていきます。

イメージ的には手を挙げて、息を吸い、吐きながら手を下に振りかざす感じです。

その後は、近くの人5人くらいで円になり、

ひとりひとりが、順番に中心に立ちます。

そして、他の人がその中心の人の身体に手を置き(頭や肩や腕など)、

ポジティブなエネルギーを送る、といったことを行いました。

このクラスのサブテーマが<Discovering True Love = 真実の愛の発見>といったことでした。

国籍も違う大勢の人々が集まり、一つのホールでそのようなことを行っていた時間は

不思議とパワーに溢れ、心が満たされた気持ちになりました。

終わった後は、すごくすっきりし平和な気持ちになっていました。。!

Uka
因みに先生はワイルドでスピリチュアルな雰囲気の方でした!

有名な方のようで、Anand Mehotra さんと言います。

興味がある方は、こちらから!(英語のみ)https://sattvayogaacademy.com/sattva-yoga/

3-2.参加後に起こった出来事。。



その日はすごく平和な気分で、終わった後もいい感じに疲れていました。

翌日朝起きて、別のヨガクラスを受講し、午後くらいから身体がデトックスを始めました。

食べ物にあたり具合が悪い感じではなく、ただただデトックスが続きます。

そして、夜になると悲しいのか自分でも分からない涙が溢れてきました。。!

理由が分からず、2‐3時間は続きました。

そして翌朝起きるとすっきりとしていたのです!涙の理由もわかりません。

調べてみると、呼吸の練習は身体のデトックスを促し、涙は感情のデトックスであるといいます。

振り返ってみると、4年ぶりに体験した寒い日本の冬で、(4年間ずっと暖かい国に居た為。。)

風邪をひき薬を飲んだり、身体に溜まっていたもの、

色々と憂鬱な気分だったものが心にも溜まっていたのかな?と心当たりがありました。

Uka
ヨガの聖地に居たことでよりスピリチュアルな考えに。。(あくまで個人的は考えです!笑)

4.【番外編】リシケシでカフェ&買い物

ある日、オートリクシャーを探していた時、同じく探していた香港人の女性に遭遇しました。

彼女はヨガの合宿の為、1カ月程滞在していて、意気投合しお友達になりました。

その彼女と行ったカフェ&ショップを紹介します。

【Tattv Cafe】

オーガニックショップの上階にあり、静かでお勧めです!








インド料理(カレー)に飽きたら、フレッシュなオムレツやピザなどもここで食べれます!

そして1,2階には輸入品も手に入るショップがあります。





多くの外国人を見かけました。

私もアーユルヴェディックなクリームを購入しました。


5.まとめ



今回、念願の国際ヨガフェスティバルに参加し、改めてヨガは万人のものであること

多種多様なヨガがあり、人種国籍関係なく共有出来るんだなと感じました。

人それぞれヨガの目的は違うと思いますが、

私は単なるエクササイズではなく、

より自分の内側と繋がることが出来るということがヨガを行う一つの理由です。

今回は、主にスピリチュアルな体験、感覚を得た旅でした。

今度は身体を動かす、アーサナを中心としたヨガも体験していきたいと思います!

興味がある方は是非一度リシケシに足を運んでみてくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました~!

The following two tabs change content below.
ヨガ・健康美を追い求めるTRIPLER「Uka」

ヨガ・健康美を追い求めるTRIPLER「Uka」

元ホテリエ、日本と海外のホテルで勤務経験あり。 べトナム、ホーチミンでヨガに出会う。ヨガの恩恵を感じ、ヨガを取り入れたライフスタイルを続けながら健康に自由に生きることを目指す。 アーユルヴェーダや東洋医学にも興味あり。旅先では、予定を詰め込みすぎず、ヨガをしたりのんびり過ごします。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ヨガ・健康美を追い求めるTRIPLER「Uka」

元ホテリエ、日本と海外のホテルで勤務経験あり。 べトナム、ホーチミンでヨガに出会う。ヨガの恩恵を感じ、ヨガを取り入れたライフスタイルを続けながら健康に自由に生きることを目指す。 アーユルヴェーダや東洋医学にも興味あり。旅先では、予定を詰め込みすぎず、ヨガをしたりのんびり過ごします。 ⇒プロフィールの詳細はこちら