【所持金30万以下で】カナダワーホリ!宿・仕事・友達の探し方inヴィクトリア

どこでも鼻笛♪路上詩人トリップラーの「Coba」
宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。

私がカナダでワーホリを続けるぞ!!と意気込んだ場所がヴィクトリアです!

何も考えずヴィクトリアにたどり着いた私は少し焦ってました。

知り合いもいない、宿もない、おまけに貯金は30万円をきっている・・・

一件目のバックパッカーが満室だったときは、ベンチに座り込んで「地球の歩き方」を眺めてましたよ。

そんなアホすぎるスタートのカナダワーホリでしたが、ちゃんとキッチリ一年、おまけに観光ビザまでとって、めちゃくちゃ満喫して帰国できました☆

ここでは私の能天気ながら頑張った自力ワーホリの様子をお伝えします!

ヴィクトリアの概要



ヴィクトリアはカナダ、ブリティッシュ・コロンビア州(B.C)の州都。

イギリス植民地の影響からアフタヌーンティーやガーデニングなどの習慣が残っています。

同様に街並みも英国風で、花に囲まれたとっても綺麗な街です。

位置


バンクーバー島の南端にあります。

宿探し

バックパッカー



私が泊まったのは「Ocean Island Inn」壁の絵がとっても可愛い☆

比較的、町の中心部に近く、便利な場所にあります。

1階はバーや共有スペースになっていて、日本人も数人見かけました。

一人旅ならドミトリーがオススメです。

食事に誘ったり、情報交換できたりと、何かと便利で楽しいです。

1泊約30ドル。

残念なことに飛込だったのでドミトリは満室でしたが、個室をドミトリー価格で提供してくれました☆

バックパッカーはホテルと違い不具合も多いですが、融通が利くことも多いので、スタッフに相談してみましょう。

シェアハウス

私はオークベイという海の近くの閑静な住宅街のある小さな可愛い街と、ヴィクトリアの中心地に近い場所の2ヶ所で、シェアハウスに住んでいました。

シェアハウスも色々です。一軒家やアパートの一部をを間貸ししているパターンや、友人同士で部屋を契約する等の方法があります。

日本人の学生で、友人同士で部屋を不動産屋から借りたものの・・・契約期間が長いので、引き継ぐ人を探すのに必死になっている人もいました。

家具等の調達も考えると、間借りする方が安くて楽。引っ越し時の面倒も少ないと思います。

シェアハウスの探し方

シェアメイト募集を記載しているサイトから、物件を探しす方法が効率的です。

記載されている写真や内容が実物と異なる事は多々あるので、ちゃんと下見をしてから決めましょう。

日本人向けで有名なサイトはコチラの2件

JPカナダhttp://www.jpcanada.com/

e-Maplehttp://www.e-maple.net/

どちらもシェアメイトだけでなく求人やイベントなどお得な情報満載なので、要チェック!

外国人の人とシェアしたいなって方はコチラが有名

Craigslist(クレイグスリスト)https://geo.craigslist.org/iso/ca

英語のサイトですが、それだけに現地の情報が豊富にそろっています。

e-MapleやJPカナダなどの日本人向けサイトで、少しカナダ生活に慣れてからクレイグスリストを利用すると良いですね。

家賃など

オークベイ(ダウンタウンまで徒歩1時間)の場合

ペルー人の家族の住む一軒家のベースメント。カナダの一般的な家には、半地下にベースメントと呼ばれる居住スペースがあります。多くの人がこのベースメントを貸し出しています。

ベースメントには3部屋(私と日本人ワーホリ2人の部屋)とバスルーム、キッチンがあり、洗濯は週に1回。

家賃が月350ドル、デポジット(敷金的なやつ)が175ドル。

ベースメントということもありますが、オークベイでこの価格は激安です。

こちらがオークベイの街並みです♪



ヴィクトリアのダウンタウンにほど近い場所の場合

メキシコ人のおばあちゃんの住むアパートの1室を借りる形。

自分専用のバス・トイレ付で、キッチン、リビングは共有なので、ホームステイしてるみたいでした。毎日一緒にドラマ見てましたよ~。

家賃が500ドル、デポジットが250ドルです。

カントリー風な家具が可愛すぎて、一目で気に入りました☆


退居時の注意点

退居時にもめる事多々あります。

特に注意したいことは、「ミニマム」と「ダメージデポの返金」です。

私のパターン・・・

契約書にミニマム(最短ステイ期間)が書かれていなかった。確認した子によると3ケ月と言っていたらしいが、聞かなかったことに(笑)

2ケ月で退退居を決める。→1か月前に伝える。→報告を忘れられ、聞いていないと言われ怒られる。。。

説得して退居が決まるも・・・「カーペットクリーン問題」発生というパターンでした。。。

この「カーペットクリーン問題」非常に多いので要注意!

つまりは、部屋汚れてるから掃除代にデポジットもらうぞ!ってやつです。

初めから汚れていようと、むしろ綺麗でも大抵カマかけられます。

なので、入居時に部屋の汚れの確認と不安なら写真を撮っておくと良いです。

そして納得いくまで、強気で話し合ってください。

私は全額返金してもらえましたよ♪

ペルー人ママさん、お菓子とか缶詰とかいっぱいくれる、とっても良い人なのに、最後はちょっと残念でした。

メキシコ人のおばあちゃんの所は問題なし☆

とっても仲良しになって、帰国してからもずーっと連絡取り合ってます♪

仕事探し



お金がなければ作ればいい!!です。

とはいえ、そんなにすぐに仕事が見つかるわけもなく・・・

しばらくは、ダウンタウンの中心ダグラス通りにて三線と鼻笛のストリートパフォーマンスをしてお小遣い稼ぎしちゃってました。

しかーし、このままではマズイって気づき、本気で仕事探しを始めたわけです。

携帯電話の購入



仕事を探すには、携帯電話が必須です。

スカイプではネット環境ないとダメだし、家主の番号を借りる事にも限界を感じました。

履歴書にちゃんと自分の携帯番号ないと雇ってもらえるわけないです。

通常の契約だと日本と同じように2年契約になってしまいますので、プリペイド携帯が便利です。

携帯本体は、wallmartのfuture shopが激安の35ドルでした。携帯ショップで購入するよりスーパーや電気屋の方が安く手に入ること多いです。

携帯の契約はインターネットでもできるらしいですが・・・内容が複雑ですのでショップでアクティブ(使えるように)してもらいましょう。

オススメの会社はTELUS。最大手です。電波も良く、サービスも充実しています。

Bell、Rogersも有名ですが、少々割高です。その他は、電波が悪かったりショップが少ないところが多いです。

レジメ(履歴書)作成

カナダでは日本のような決まったフォーマットがなく、手書きはNGです。パソコンがない場合でも図書館で使えます。

レジメの作り方は、ネットで調べれば沢山出てきますので、希望職種などに合わせて作ると良いです。

カバーレターがあれば、なお良いみたいですが、アルバイトの場合は必要ないと思います。

私のレジメはこんな感じです。かなり簡素ですが、こんなもんです。


エージェントの利用

ホームステイや学校を考えている方なら、登録したり聞いたことがあると思います。

シェアメイトの子からエージェントの存在を聞きました。

高いお金を払って、学校やホームステイの斡旋をしてもらわなくても利用ができます。

私は、履歴書の添削と印刷をエージェントさんのオフィスでお願いしました。

図書館などでコピーするより安く印刷してもらうことができます。

他にも様々なイベント等を行っていて、情報交換の場としてもとっても便利なので、気軽に尋ねてみるといいですよ。

とにかく配れ!!

日本人のようにネイティブスピーカーでなく、しかもワーホリで短期間しか働けない人を雇ってくれる優しいお店はそうそうありません。

とにかく数打つしかないのです。

毎日レジメを10枚以上印刷して、とにかく配る!!

初めのうちこそ緊張しますが、慣れてくれば絶対無理そうな店でも平気で入っていけます(笑)時には鼻で笑われますが、気にしてる場合ではないのです。

韓国人の友達は100枚配ったけど、電話も来ないって嘆いてました。

私は、何とか30枚目くらいのところで、贅沢は言えないからアジア系も回ろうと決めて、すぐに中国人経営のタイ料理屋に決まりました(笑)

ちなみに、シェアメイトの募集の際に利用したサイトにも求人載ってます。

お給料は小切手

家賃のデポジットの返金もお給料もお支払い関係は全て小切手なのがカナダ流です。

現金は好まないらしく、買い物もデビットやクレジットなどのカードが主流です。

そんなことも露知らず・・・銀行で小切手を現金にしたいって言ったら、銀行アカウントがないとできないよって言われてしまいました。

現金にできなければ紙切れやないかい!って突っ込んでも仕方がないので、銀行開設しました。

この銀行アカウント開設もアポが必要だったり、ATMや支店で小切手で入金しても5日~1週間使えなかったりするわけです。なんせ手動らしい。

そしてATMでの入金の場合、入金金額を自分で入力するって・・・おもしろいですよね。

銀行開設に必要なもの

身分証明書2種類

住所と電話番号、それにSINカードとクレジットカードがあるとなお良いです。

クレジットかーどがあると、キャッシュカードに簡単にクレジット機能つけてくれます。もちろんデビットも。

ATMの入金方法

  1. カードを挿入
  2. Depositを選択
  3. To Chequingを選択
  4. 小切手に書かれた金額を入力
  5. 機械横にある封筒に小切手を入れる
  6. 小切手の入った封筒を挿入
窓口はかなり並ぶので、ATMの利用をオススメします。

ちなみに他銀行の小切手でも大丈夫です。

Chequingはすぐ使える貯金(いつでも取り出せるお金)でSaveはすぐに使えない貯金らしいです。

タックスリターン

カナダで働いたお給料からは税金が天引きされています。日本の年末調整のように過払い分の払い戻しを行うことをタックスリターンと言います。

ワーキングホリデーのような低所得者は大抵戻ってきます。やっておいて損はないです。(むしろ義務です)

申請書類(T4)

タックスリターンの申請には「T4」と呼ばれる給与明細が必要不可欠です。

通常は前年度2月末までに働いたところから送られてきます。

しかし残念ながら小さなお店だとこちらから連絡しない限り忘れられます。なので、働いたお店の連絡先や給与明細などは取っておきましょう。

申請の申し込み用紙は税務局か郵便局でもらえます。「T1 general」申請キットです。

申請方法

自力で申請する場合には、申請キットに必要事項記載のうえ、T4と一緒に4月末日までに申請します。

しかし、申請キットにあるガイドを見ても複雑です。。。日本人むけのタックスリターン申請代行の会社にお願いするのもアリです。

現地の代行会社は手数料が高額のこともありますが、インターネットだと格安です。

私はコチラにお願いしました。

インカムタックスリターンお助け隊http://www.taxtaxtax.ca/

友達探し



さぁ一人旅の醍醐味!友達作り!!

学校に通わず、バッパーでもない。今のところシェアメイトだけって感じになっちゃいますよね?

全然出会いは転がってます☆

ESLクラス

多くの教会がESLクラスを開いています。

ESLとは英語が母国語でない人のためのクラス。

格安のとこと、無料のところがあります。

私はGlad tidings ChurchのESLに通ってました。

週2回、月25ドルで、毎回お菓子とカップ麺とお茶がでます。

生徒も多く、日本人だけでなく、韓国や台湾などのアジア系の人からヨーロッパ系の人まで幅広く利用しています。

先生も明るい方ばかりで、授業も少人数で毎回違う人とグループになって、プリントを元に会話します。

めちゃくちゃ楽しかったし、ヴィクトリアでできた友達のほとんどが、ここの生徒です♪



ESLのみんなでホッケーの試合を見に行きました♪

イベントに参加



履歴書でお世話になったエージェントさんのメンバー主催の「編み物教室」に参加してました。ヴィクトリア在住でカナダ人の旦那さんを持つ人も参加していたので、現地で人気のバーなんかにも連れて行ってもらってました。

他にも町では様々なイベントが開催されます。

こちらはチョークアート。



そして、ゾンビウォーク。



他にもクリスマスパレードなんかがあります!

こういったイベントにどんどん参加していけば、自然と友達増えちゃいます♪

まとめ



こんな感じで焦っているようで呑気にスタートした貧乏ワーホリ。

最終的には30万以下で焦っていたのが馬鹿みたいに思えるほど、楽しく充実した日々になりました。

一般的にワーホリ費用で検索かけると100万くだらないなんて記事をよく目にしますが、そんな人ばかりでもないです。

全然なんとかなります。なんとかなりました。

いや、むしろ最高でした。

貯金が出来てから出発なんて言ってたら30歳なんて、あっという間です。

行きたい!と思った瞬間が、出発の時!笑

 

 

 

 

 

 

 

 

The following two tabs change content below.
どこでも鼻笛♪路上詩人トリップラーの「Coba」

どこでも鼻笛♪路上詩人トリップラーの「Coba」

宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

どこでも鼻笛♪路上詩人トリップラーの「Coba」

宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。