カナダ・バンクーバーの日帰りで行けるおすすめトレイル8選!定番からちょっと変わったトレイルまで!

カナダでアウトドアデビュー★TRIPLER SAKI
ねこ2匹とバンクーバーに在住。趣味は、ダンナさんと旅行を楽しむこと。またカナダでアウトドアに目覚め、アウトドアの楽しさ、ビギナーなので失敗も含めて情報も発信していく予定。⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは、SAKIです。

海と山に囲まれているバンクーバー。
夏になると、気候も良く、天気が続きます。
つまりバンクーバーはアウトドアにぴったりの街なのです!

そして、バンクーバーの人々はアウトドアが大好き♪
小さな子供から大人まで、ハイキングやサイクリングを楽しむ姿がたくさん見られます。
バンクーバーに遊びに来たら、ぜひアウトドアを楽しみたいですよね!

そこで、今回はバンクーバーから日帰りで行けるトレイル8選をご紹介したいと思います。

人気のトレイルから、ちょっと変わったトレイルまで。
地域ごとに紹介していますので、アクセスの良いトレイルをぜひチェックしてみてくださいね!

North Vancouver(ノースバンクーバー)

1.Quarry Rock Trail(クアリー・ロック・トレイル)



DeepCoveにある、とても人気のトレイル。
Quarry Rockと呼ばれる大きな岩から眺める景色が最高です!



道も整備されているので、歩きやすい。



トレイルの周辺は、ビーチに囲まれたのんびり過ごせる公園

海で泳いだり、BBQをしたり、日光浴をしたり・・・
たくさんの人で賑わっています。


距離も短く、初心者や子供も楽しめるトレイルです。
そして、トレイルの醍醐味ともいえる、山頂からの美しい景色は格別
ぜひ一度はトライしてほしいコースです。

 
基本情報
1 全長(往復) 約3.5km
2 標高差 約180m
3 難易度 ★★
4 景観 ★★★★★
*難易度と景観は、実際歩いて感じた個人的な評価です。


2.Lynn Canyon Park(リン・キャニオン・パーク)



Lynn Canyon Park内にはたくさんのトレイルが用意されています。
おすすめは、Suspension BridgeからRice Lakeと呼ばれる湖まで歩くルート



エメラルドグリーンが美しい、Lynn Creekと呼ばれる川沿いを歩きます。
美しい天然のプール



さらにずんずん歩いていくと・・・



Rice Lakeと呼ばれる湖に到着!
ベンチに座って、湖の中ランチを楽しみましょう。

橋から始まり、美しい川沿いのルート、そして湖と、多彩な景色が楽しいLynn Canyon Park。
ほどよい距離で、最後まで飽きずに楽しめるコースです。


基本情報(Suspension Bridge~Rice Lake)
1 全長(往復) 約5.3km
2 標高差 約75m
3 難易度 ★★
4 景観 ★★★★
*難易度と景観は、実際歩いて感じた個人的な評価です。

3.Capilano Suspension Bridge(キャピラノ・サスペンション・ブリッジ)



バンクーバーの観光スポットと言えば、キャピラノ・サスペンション・ブリッジ

出典:https://www.tourismvancouver.com/listings/capilano-suspension-bridge-park/17604/

橋だけでなく、周りにはアスレチック感覚で楽しめるトレイルが用意されています。

出典:https://www.tourismvancouver.com/listings/capilano-suspension-bridge-park/17604/

こちらは、足元の絶景を存分に生かしたクリフウォーク!



歩くだけでは物足りない・・・と言う人には、フクロウのプログラムに参加してみてはいかがでしょうか。間近でフクロウが観察できますよ!

入場料は1人$37と高額ですが、BC州のID(免許証、BCID、SIN)を持っていれば一年間フリーパスになるので何回でも入場可能です。

アクセスも良く、手軽に楽しめるトレイルとしてオススメ。

 
基本情報
1 全長(往復) 約2km
2 標高差 約90m
3 難易度
4 景観 ★★★
*難易度と景観は、実際歩いて感じた個人的な評価です。


West Vancouver(ウェストバンクーバー)

4.Lighthouse Park Trail(ライトハウス・パーク・トレイル)



その名の通り、灯台(Lighthouse)の周りを歩くトレイルです。



歩きはじめてすぐ、さっそくビュースポットが!



岩場の至る所で、人々がくつろいでいます。
気持ちよさそうです♪



海沿いを先へ進むと、灯台が見えるビュースポットに到着。
灯台を眺めながら一休みしましょう。



さらに先へ進むと、ダウンタウンを見渡せるビューポイントが!
折りたたみチェア持参で、長居してしまうのも納得の見晴らし♪

ビューポイントが連続で楽しめる、海沿いのルートがお気に入りです!
内陸には、ところどころに野生のベリーが実っていますので、探してみてくださいね。

 
基本情報
1 全長(往復) 約5km
2 標高差 約175m
3 難易度 ★★
4 景観 ★★★★
*難易度と景観は、実際歩いて感じた個人的な評価です。

Vancouver

5.Huckleberry, Hemlock, Salish and Imperial Loop(ハックルベリー・ヘムロック・サリッシュ・インペリアル・ループ)



こちらは、UBC大学の周りにある巨大な公園の中にあるトレイル
今回ご紹介するルート以外にもたくさんのトレイルが張り巡らされています。



とにかく広い!



森の中へ入ると、景色は基本こんな感じ。
景色は単調ですが、夏の暑い時期にひんやりとした空気が心地いい
犬の散歩をしている人やサイクリングを楽しむ人など、運動にGoodな場所です。

 
基本情報
1 全長(往復) 約9.3km
2 標高差 約102m
3 難易度 ★★★
4 景観
*難易度と景観は、実際歩いて感じた個人的な評価です。

Port Moody(ポートムーディ)

6.Diez Vistas Trail(ディズ・ビスタス・トレイル)



コキットラム(Coquitlam)の周辺にあるトレイル。



登頂までは、険しい坂が続きます
しかし、この坂を頑張って登りきると・・・



登頂では、バンクーバーを見渡せる絶景が広がります
右奥がダウンタウン、その左がBurnaby(バーナビー)です。



山頂のビューポイントは、3~4つあります
好きなポイントでランチタイムを楽しみましょう。



ちなみに、トレイルの入口付近は、とてもポピュラーな公園です。
BBQしたりや泳いだり、たくさんの人で賑わっています。

 
基本情報
1 全長(往復) 約15km
2 標高差 約460m
3 難易度 ★★★★
4 景観 ★★★
*難易度と景観は、実際歩いて感じた個人的な評価です。

Richmond(リッチモンド)

7.Iona Jetty(アイオナ桟橋)



変わったトレイル?として、アイオナ・ビーチ公園の桟橋をご紹介します。



ここがスタート地点。
あとはただただまっすぐ、桟橋を進んでいくだけ!

ちなみに、近くに空港があるので飛行機がたくさん飛んでいます。



平坦な道なので、ランニングでゴールを目指したいと思います!

真っ青な海の中、まっすぐに続く道はなんとも不思議な景色・・・



突然ベンチが現れました!
せっかくなので一休み。



ゴール地点は少し高台になっていて、海を見渡せるようになっています。

アイオナ・ビーチ公園は、車がないとアクセスしにくい場所ですが、散歩やランニングにとても気持ちいいコースなので、機会があればぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

 
基本情報
1 全長(往復) 約8.2km
2 標高差 約8m
3 難易度 ★★
4 景観 ★★★
*難易度と景観は、実際歩いて感じた個人的な評価です。

Bowen Island(ボーエンアイランド)

8.Mount Gardner Loop Trail(マウント・ガードナー・ループ・トレイル)



ボーエンアイランドは、バンクーバーからフェリーで行ける近くの島の一つ
日帰りで行くことが可能です。

ではさっそくトレイルへGO!



キレイな池の周りにはベンチがあり、ここでランチを食べている人も。



道は序盤から険しく、小さな石がゴロゴロしている急な上り坂が続き、けっこうキツイ



橋が雑です・・・

実際あまり整備が行き届いていないようです。
日本はわかりませんが、カナダやアメリカではこのようなトレイルも結構よく見かけます。道がわかりにくいため、事前のルート確認やiPhoneアプリなどで現在位置が確認できるよう準備しておきましょう

 

出典:https://www.vancouvertrails.com/trails/mount-gardner/

ゴールはこのビューポイント!!
頑張って登ってきた苦労が報われる瞬間です。

日帰りだと、帰りのフェリーの関係で時間が厳しいです。実際私はビューポイントまでたどり着くことができませんでした・・・。なので、左右の分かれ道では(ループになっています)、右半分には見どころがないため、左を行ってビューポイントでリターンしてもいいかもしれません。

体力に自信のある人はぜひ挑戦してみてくださいね

 
基本情報
1 全長(往復) 約17km
2 標高差 約719m
3 難易度 ★★★★★
4 景観 ★★
*難易度と景観は、実際歩いて感じた個人的な評価です。

まとめ

トレッキング(ハイキング)は、カナダではとても人気のあるアクティビティ。カップルや夫婦、友達グループで楽しんでいる姿をよく見かけます。

ぜひ週末にデートの相手や友達を誘って、おしゃべりしながら自然を満喫してみてはいかがでしょうか?

The following two tabs change content below.
カナダでアウトドアデビュー★TRIPLER SAKI

カナダでアウトドアデビュー★TRIPLER SAKI

ねこ2匹とバンクーバーに在住。趣味は、ダンナさんと旅行を楽しむこと。またカナダでアウトドアに目覚め、アウトドアの楽しさ、ビギナーなので失敗も含めて情報も発信していく予定。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です