【海外旅行あるある】狂犬病には要注意!野良犬に襲われ学んだ対処法

インドのパイオニアを目指して!現役大学生TRIPLER「Charlie」

佐賀県出身。23歳大学生。オーストラリアのワーキングホリデーを経て将来は海外で働きたいと決意!これから世界中の面白い人と出会いクレイジーな挑戦を続けていきたい。プロフィールの詳細はこちら

現在インドでインターンシップ中のCharlieです。

今回は私が一番大好きな動物である「」に襲われた体験をシェアしていこうと思います。

小学3年生から犬を飼っている犬好きの私にとってなんとも皮肉な体験です。

この経験からインドで若干の犬恐怖症に陥っています。笑

今回は、犬に限らず途上国で気をつけたいことをサクッとまとめてみました。

途上国に行ったら気をつけたいこと

まず気をつけたいことはですね!

日本のみたいに蛇口をひねると水が飲めるという概念は途上国では通用しません!

改めて日本って素晴らしい。

例えば、私が今いるインドの水道水を飲めば一発でお腹を壊すことになるでしょう。

以前、私はフィリピンに3ヶ月滞在しておりました。

シャワーを浴びる際に歯磨きもしていました。そして、シャワーの水で口をすすいでいました。

そのせいか3ヶ月毎日下痢でした。

他の外国人はウォーターサーバーの水で歯磨きをしていることを帰国する頃に知りました。

つまりシャワーを浴びている時は口を閉じていないと私のようにお腹を壊します!

その反省で今は必ずウォーターサーバーの水を使って歯磨きをするようにしています。

水にはくれぐれも気をつけましょう!

食中り

どんなに美味しい料理でもお腹を壊してしまうことはあります!

これは仕方がないです。個人差もありますし。

使っている油が体に合わなかったり、生野菜を綺麗な水で洗っていなかったり。

フィリピン滞在時、お世話になっている現地の方の家に招かれ、ご馳走になりました。

作っている様子をみていると、野菜を洗うのに使用していた水はなんと貯めた雨水!

Charlie
うっ!まじか…(笑)
Charlie
いや、でもこの人たちはこれでお腹壊さないから大丈夫だよね?(必死に自分に言い聞かせる)

案の定、次の日は腹痛に襲われました〜!

明らかにこれは食中りするだろうと思うものは口にしない方が無難です。

楽しい旅が腹痛で楽しめなくなります。

ちなみに、私はすでにインドで謎の高熱と下痢に見舞われ、病院(ER)で治療を受けました。

Charlie
原因は急性胃腸炎。きっと何かが当たったのでしょう。

デング熱

私はフィリピンに来るまでデング熱について詳しくありませんでした。

これは、蚊を媒介して腹痛、高熱、かゆみに襲われる病気です。

蚊除けのスプレーやクリームを身体にしっかり塗っておかないと大変なことになります。

私もフィリピンでデング熱ではないですが、全く同じ症状が出て1週間入院させられました。

Charlie
全く同じ症状なので、デング熱じゃないの?と思いましたがドクター曰く違ったみたいです。

狂犬病

これは今回の記事のメインとなる話です。

日本の可愛い犬とは違って危険なので見かけても野良犬によしよしと撫でたりするのはやめた方が身のためです!

詳しくはこれから話していきます。

インドで野良犬に襲われる体験

写真のように昼頃は野良犬って昼寝をしています。

※ いたずら厳禁です。キレて襲われます。

Charlie
ちなみに犬に限らず他の動物もゴロゴロいます。
Charlie
イノシシかと思いましたが、インドではよく見かける豚です。鹿児島県産の高級黒豚のようなルックスです。
Charlie
ちなみに、インドならではの光景ですが、道端に牛や豚、猿、リスなどが普通に道路にいたりします

それでは、ここから私が襲われた体験を。

その日は朝方6時ごろ。辺りはまだ薄暗い。

ランニングをするために公園に向かっていました。

歩いていると突然、

野良犬
ワン!
Charlie
うわっ!(逃げる)
野良犬
ワン!ワン!ワン!ワン!ワン!

とにかくダッシュで逃げる!

振り向くと、最初2匹だった野良犬がなぜか5匹に増えている!!!

Charlie
HELP ME!! HELP ME!!

助けを呼びながら100mほどダッシュしていると、インド人がいるのが見え駆け寄ります。

その瞬間砂利道で滑ってこけてしまいました。

Charlie
(もうだめだ、噛まれる!)

すると、インド人がバッグを振り回し追い払います。

野良犬が逃げ去ると、

Charlie
助かった…(涙)
インド人
いいか?絶対に逃げてはならない。犬が襲って来たらバッグか木の棒を振り回すんだ!

教訓です。

野良犬が襲ってきても逃げてはいけません。

逃げると遊んでもらっていると勘違いし、いつまでも追いかけて来ます。

また朝方、夕方は空腹で目をギラギラさせ昼間より怖いです。

たとえ擦り傷でも病院へ!

野良犬から逃げ切った代償で大きな擦り傷を得ました。

日本だと消毒して絆創膏貼って終わりですが、インドでは破傷風にかかる危険性があるため必ず病院へ行った方がいいです。

私は消毒手当と別に破傷風の予防注射を打ちました。 ドクターの判断で注射を打つように言われました。

一見楽しそうに見えます。笑

現地で予防接種をする場合、海外保険が適応されない場合が多いです。今回はドクターの判断で予防接種を打つように言われたので、治療という形で保険が適応されました。海外へ行く際は予防接種を日本で受けておくといいかもしれません。

野良犬と遭遇した場合の対処方

途上国に行けば野良犬はゴロゴロいます。

インド人から教わった野良犬と遭遇した場合の対処法をシェアしていきます。

  • 野良犬がいたら目を合わさないこと
  • 襲ってきたら持っている物を振り回す

もし何もなければ石を拾い投げる(ふり)

  • 早朝、夜は外を出歩かない

お腹を空かしている為、襲ってくる場合がある

  • 絶対に逃げないこと!

逃げてしまうと遊んでくれていると勘違いします!

もし噛まれた場合は、速やかに病院へ行きましょう。

まとめ

もともとはかなりの犬好きです。

フィリピンやインドネシアの野良犬は一切襲ってくることはありませんでした。

油断してたんです。

野良犬に限らず、もし海外に行く際は「ここは日本ではない!」ということを頭に入れておけば

きっと楽しい旅行ができることでしょう。

ちょっとした気の緩みが大きな事件や事故に繋がることもあります。

まあそれも旅の醍醐味(?)だと私は思っていますが。

ご拝読ありがとうございました!

The following two tabs change content below.
インドのパイオニアを目指して!現役大学生TRIPLER「Charlie」

インドのパイオニアを目指して!現役大学生TRIPLER「Charlie」

佐賀県出身。23歳大学生。オーストラリアのワーキングホリデーを経て将来は海外で働きたいと決意!これから世界中の面白い人と出会いクレイジーな挑戦を続けていきたい。プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です