【知らないと損!】海外(国内)旅行を無料・格安にする8つのウラ技

4社経営トリップラー代表「MOTO」
元ブラックなアパレル企業で働くも限界を感じ退社。本を数百冊読み漁り独学でWEBマーケティングで起業。総額5000万円以上自己投資をして様々な分野を学び現在4社を経営。世界中を旅して周っている自由奔放人。もっと自由に旅が出来る人や夢を追いかける人を増やすことを目標としてトリップラーで情報を発信!⇒プロフィールの詳細はこちら

どうも!経営者トリップラーのMOTOです。

今まで25ヶ国以上、一時期は沖縄に毎月行っていたぐらいの旅好きのMOTOがその旅経験の中で得てきた知らないと損する海外(国内)旅行のお得過ぎる8つの裏ワザを徹底してお伝えしますね!

特に海外(国内)旅行好きの人はこの8つの裏ワザを知っていると高いお金を払ってツアー会社に申し込まなくても1人でも自由に海外を旅することが出来るようになりますよ!

 

↓の目次から気になる裏ワザをチェックしてみてください。

この記事の目次

裏ワザ1:マイルを貯めて飛行機代を無料にする裏ワザ



マイルってご存知ですよね?

LCC(格安航空)では使えないですが、

JAL系列やANA系列の飛行機に乗ったりすることで貯まるポイントです。

このマイルを使うことでJALやANAの航空券と交換出来てしまうのです。

一般人でも今からお伝えする裏ワザを使えば、1年間で約1万マイル以上貯めることが出来ます。

実質、国内航空券であれば1万マイルで交換することが可能です。

 

どれぐらいのマイルでどんな航空券と交換できるのか?

知らない人も多いのでマイルの交換の目安を記述しておきますね。

ちなみにMOTOが活用しているマイルがANAなのでANAの目安です。

といってもJALもさほど同じような感じですけど。

 

ANAマイル目安テーブル(往復のマイル)
ローシーズン ハイシーズン 備考
日本国内(近距離) 10000マイル~ 15000マイル 東京~大阪など
日本国内(長距離) 8500マイル~ 17000マイル 東京~石垣など
海外(近距離) 12000マイル~ 18000マイル~ 韓国、アジア圏など
海外(中距離) 30000マイル~ 40000マイル~ シンガポール、オーストラリアなど
海外(遠距離) 50000マイル~ 65000マイル~ ハワイ、アメリカ、欧州など
ローシーズンの目安が1月、2月、4月、12月
レギュラーシーズンの目安が3月、5月~11月
ハイシーズンの目安が正月、春休み期間、盆休み、年末

ビジネスクラスに乗るためには上記のマイル×2~4倍が目安
ファーストクラスの乗るためには上記のマイル×4~8倍が目安
ビジネスクラスやファーストクラスに乗るためには、

例えば日本~NY間のビジネスクラスで往復60~80万円ぐらいかかるのですがマイルだと10万マイルほどで行けるので圧倒的にマイルを活用するほうがお得です。

 

一度、NYに行く時に貯まったマイルを使ってビジネスクラスで行きましたが超快適過ぎます。



足は伸ばせるし、僕が乗ったビジネスクラスの飛行機はフルフラットになったので長時間のフライトでもぐっすり寝ることが出来ます。



機内食もとんでもなくグレードアップします。

普通にレストランで食べるお肉よりも美味しかったです。



夜食は一風堂のラーメン。メニューみたいなのがあってその中にあるものはいつでも自由にオーダー出来ます。なんて素晴らしいシステムなんだ!!

正直、ビジネスクラスは快適過ぎて14時間のフライトでも着いた時は名残惜しかったです(笑)

頑張ってマイルを貯めて一度ビジネスクラスに乗るのも最高の経験になると思いますよ!

 

どうやってマイルを貯めることが出来るのか?

マイルを貯める方法は正直たくさんあるのですが、苦労することなく普通に生活している範囲でマイルを貯められる方法を記述しておきます。

というのも、「1年で何十万マイル貯めた!」という記事も見かけたりするのですが、

実際蓋を開けてみると、何十回とポイントサイト経由で登録、何十人もの友達紹介、たくさんのクレジットカードを作るなど・・・

とにかく労力がかかり過ぎるからです。

 

そうではなくて、普通に生活して1年間で1万マイル~貯まっていたらいいよね?

という気軽な感じで誰でも実践出来ることを記述しておきます。

 

(1)飛行機を利用してマイルを貯める

普通にLCC以外の飛行機に乗ればマイルが貯まります。

海外旅行の際は入国チケットを貰う時に

パスポートと一緒にマイレージカードを渡せばその時のマイルを加算してくれます。

万一、その時にカードを忘れた場合でも後から事後登録すれば加算することが出来ます。

 

またANAやJALの飛行機でなくても提携している航空会社を使ってもマイルが貯まります。

 

ANAが提携している航空会社の一覧とマイルの積算率はこちら

(シンガポール航空、タイ国際空港、ガルーダ航空、などなど・・・)

JALが提携している航空会社一覧とマイルの積算率はこちら

(ジェットスタージャパン、アメリカン航空、エミレーツ航空などなど・・)

ジェットスターはLCCなのにマイルが貯まるの?と思うのですが、「ちゃっかりPLUS」「しっかりMAX」プランを選んだ場合のみ積算率25%でマイルが加算出来ますまた、ジェットスタージャパンはマイル加算出来ますが、ジェットスター航空、ジェットスターアジア航空は加算対象外ですのでご注意ください

 

マイレージ会員ではない場合はまずは入会する必要があります。

ANAマイレージクラブ登録はこちら

JALマイレージバンク登録はこちら

 

ただし、ANAかJALのどちらか1つにしたほうがいいと思います。

2つだと分散してマイルが貯めきれなかったりするので・・・

困ったらANAを選んでおくといいかと思います。(ANA贔屓なので)

 

(2)クレジットカードでマイルを貯める

次に使うクレジットカードでも貯まるマイルは異なってきます。

ただ、このクレジットカードのマイルが貯まるのも細かいことを言いだすと何百種類あるねん!!と怒りたくなるぐらい色々種類が有り過ぎて困るかと思います。

 

その上、マイルが貯まりやすいけど年会費が数万円かかったり、1年間のクレジットカードの利用料金が何百万円越えたらマイル加算されたり、いくつもの条件をクリアすれば還元率を高められたりと色々有り過ぎるので、ここではマイルを貯めるために無難な至極の1枚をご紹介します。

 



それが「ANA VISAカード」です。

初年度年会費は無料、2年目以降2000円+消費税です。

キャンペーンの時は入会だけで1000マイルが貰えたりもします。

また、ANAカードでも色々種類があります。。。

ANA 一般カード(年会費 2,000~7,000円)
ANA ワイドカード(年会費 7,250円)
ANA ワイドゴールドカード(年会費 14,000~31,000円)
ANA プラチナカード(年会費 70,000~155,000円)

ただ、基本的には一般カードでOKです。

年会費が高いカードはマイル移行料が無料だったり、マイル還元率が高くなったり、空港ラウンジが使えたり(安く利用できる方法を後述しています)、コンシェルジュサービスを活用出来たり・・・

そうはいっても、ANAプラチナカードはマイル還元率2%とかなり高く魅力的なのですが年間800万円以上使う人であればお得になる計算です。

なので、一般的には一般カードでいいかと思います。

 

アメックスが貯まりやすかったりしますが、色んな海外などよくいく人はVISAかマスターにしておくほうが無難です。アメックス、JCBなどは使えない国が多かったりするので。

 

ANA VISAカードの入会はこちら

 

(※JAL派の人はJAL VISAカードです)

 

実際にクレジットカードを作ったら、生活費を出来るだけこのクレジットカード1枚で支払うようにしましょう。

 

(3)提携先のホテルや特約店を利用してマイルを貯める

次に提携先のホテルを利用してもマイルを貯めることが出来ます。

ANAの提携先ホテルの一覧はこちら

(インターコンチネンタルホテル1滞在300~500マイル、ペニンシュラホテル1滞在500マイルなど・・・)

■JALの提携先ホテルの一覧はこちら

(ヒルトンホテル、リッツカールトンホテル、マリオットホテルなど・・・1$利用につき1~3マイル)

 

また、ANAやJALがそれぞれ提携している特約店というものがあります。

特約店でカード利用するとマイルが2倍貯まったりします。

ただ、5万店以上あるのでさすがに把握するのは大変です(汗)

 

わかりやすくてよく使うコンビニの例で言えと、

・ANAを使うならセブンイレブン

・JALを使うならファミリーマート

と覚えておきましょう。

 

■ANAの提携特約店の一覧はこちら

(アート引越センター、マツモトキヨシ、グローバルWIFI、iTunes、セブンイレブン、イセタン、大丸など・・・)

■JALの提携特約店の一覧はこちら

(アマゾン、ユニクロ、ビッグカメラ、ファミリーマート、大丸、紀伊国屋など・・・)

 

(4)ANAスマートフォンで貯める



実はANAPhoneというマイルが貯まりやすいスマートフォンをANAが出しています。

当然、普通のスマホを利用するよりもマイルが貯まりやすいです。

通常プランを契約していても年間14400マイル貯まるそうです。

スマホの機種よりもマイルという方は使ってみてはどうでしょうか?

ANA Phoneの詳細はこちら

 

 

ということで、、、

基本的にはANAカードなどのクレジットカード利用でマイルを着実に貯めながら、

出来るだけ提携先ホテルや特約店を利用する。ということをやっていけば、

年間1万マイルは貯まるでしょう。

 

裏ワザ2:飛行機代を少しでも安くする方法



飛行機代を少しでも安くする最も簡単な方法をお伝えします。

それはズバリ!!!

「LCC(格安航空)のセールを活用する」

ということです。

LCCは通常でも安いのですが、それに加えて定期的にセールをした時はもう破格です!!

このセールがとんでもなく安いのです。

 

例えば、

石垣~香港まで片道1380円~

沖縄~バンコクまで片道5555円

東京~沖縄まで往復ホテル付きで11800円

などなど・・・・

 

破格とも言える金額で色んな所に行けちゃうのです。

ただし、

期間限定だったり、24時間のタイムセールだったりですぐに完売したりするので

情報収集が肝となります。

 

LCCのセール情報をチェックする

LCCのセール情報をチェックするといってもピーチ、ジェットスター、バニラエア、スクート、セブパシフィックなどなど・・・

たくさんのLCCがあります。

各LCCのツイッターのフォロワーになっていたり、メルマガ会員になっていれば、

セール情報が送られてきますがいくつも確認するのはさすがに大変ですよね・・・

 

そこで、LCCの最新のセール情報を毎日まとめて更新してくれている便利なサイトがあります。



LCCjpはこちら

 

こちらのサイトをチェックしていればお得なLCCセール情報を逃すことなくチェック出来ます。

是非、こまめにチェックしてみて格安チケットをゲットしてくださいね。

 

特定のLCCを活用する場合は

既にピーチやジェットスターなど特定の決まったLCCの最新最速でセール情報だけが欲しいという人もいると思うので、

そういう人はツイッターでフォローしておくといいでしょう。

 

■ピーチ公式ツイッターアカウントはこちら

■ジェットスター公式ツイッターアカウントはこちら

■AirAsiaの公式ツイッターアカウントはこちら

■バニラエアの公式ツイッターアカウントはこちら

■セブパシフィック公式ツイッターアカウントはこちら

LCCの注意点として事前予約は安いのですが直前の予約は高かったりするので注意が必要です。

 

裏ワザ3:株主優待券を有効活用する方法



ANAやJAL、スターフライヤーには「株主優待券」というチケットがあります。

この株主優待券を使えば、通常価格の50%OFFで航空券を購入することが可能です。

ヤフオクやなどで購入すると1枚2500円~3500円で購入することが出来ます。

 

ただし、2ヶ月前の早期購入割引で購入するほうが株主優待券を使うよりも安くはなります。

(例)ANAで東京~大阪間
株主優待券 12890円~(+3000円~円合計15890円)
3日前予約 13590円~
75日前予約 10990円~
という感じで株主優待券を購入する費用を含めた場合、

3日前の直前でない限り株主優待券が一番高くなり、

当日、急遽航空券が必要になった場合は株主優待券がお得になります。

 

また、早期割引の場合は予約の変更など出来ませんが、

株主優待券の場合は予約変更などが出発直前まで自由に出来ます。

つまり、出張などスケジュールが変わりやすい人は株主優待券を活用するといいでしょう。

 

株主優待券の入手方法は?

株主優待券を手に入れるには、

(1)株を購入する

 

ANA、JAL、スターフライヤーの各株を購入すると株主優待券が送られてきます。
株主優待券を貰うために必要な株数 株価(2017-3月時点) 配当金 株主優待券の内容 株主優待券の相場
ANA 1000株 350円(1000株購入35万円) 1000株持っていると年間3500円程配当金が入る 1年に2枚 3000円~5000円
JAL 100株 3663円(100株購入約36万円) 100株持っていると年間9700円程配当金が入る 1年に1枚 3000円~5000円
スターフライヤー 100株 3655円(100株購入約36万円) 配当金なし 1年で6枚 2000円前後
 

(2)チケット販売サイトで購入

チケット販売サイトや駅などにある金券ショップでも購入することが可能です。



さくらチケットはこちら

 

 

(3)ヤフオクで落札する

常にヤフオクでも出品されているのヤフオクで落札するのもありでしょう。

ただ、だいたい相場ぐらいでの落札になるので破格で購入出来るわけではないです。



 

以上、株主優待券を入手するためには(1)~(3)のいずれかです。

 

裏ワザ4:払うべき税金で飛行機にのっちゃう方法



実際に働いている人は税金を国に納めていますよね?

その本来は国に納めるべき税金で飛行機に乗れちゃうのです。

決してブラックでもグレーな方法でもありません。

それは、「ふるさと納税」を使うということです。

 

ピーチの場合の事例ですが、

2000円で50000ポイント(5万円分の航空券)を手に入れることが出来ます。

 

知っている人が知っているかなりお得な裏ワザです。

 

お得なふるさと納税って何?

ふるさと納税は、納税すべき税金の一部を自分の意思で選んで納税することが出来る仕組みです。

納税する場所をピーチやジェットスターが支援している地域を選ぶとそのお礼に航空券(航空ポイント)が貰えるということです。

(ただし、全額控除されるわけではなく2000円だけ負担する必要があります)

 

航空券のほかに高級肉や海鮮、カニなどお礼の品もいいものが多くて、

知っている人達はふるさと納税を活用して実質2000円で色んなものをGETしているのです。

 

ふるさと納税で航空券が貰えちゃう!

ふるさと納税で貰える航空券は、ピーチ、ジェットスター、JALの3つです。

価格は1万円~10万円です。

半年間と有効期限がありますが半年以内に旅行などでピーチ、ジェットスター、JALを使う予定がある場合は

ふるさと納税で購入したほうが断然お得に行けちゃいます。

 

ピーチのふるさと納税はこちら

ジェットスターのふるさと納税はこちら

JALのふるさと納税はこちら

 

ふるさと納税の控除額は?

実質2000円で航空券が5000円~5万円の航空券が貰えるわけですが、

どれだけふるさと納税に使えるか?は、各々のお給料で異なります。



ふるさと納税控除額の具体的なシュミレーションはこちら

 

ただし、今までふるさと納税のお礼額の上限を3割にするという法案が通りそうです。例えば、今まではふるさと納税でピーチ航空券100000円分を購入すると50000ポイントが手に入り実質2000円で50000円の航空券が手に入っていましたが、上限3割になると実質2000円で30000円の航空券が手に入るようになるということです。まあそれでも得なことには変わりはないんですけどね。

 

裏ワザ5:旅先の宿泊費を安くする5つの方法



旅先の宿泊費を安くする方法をお伝えします。

大きく5つあります。

(1)最安値の宿が探せるトリバゴを活用する

エクスペディア、ブッキング.com、アゴダなどの宿泊検索サイトの中でも最安値のサイトを探すことが出来るサイトが「トリバゴ」です。

CMなどでも有名ですよね。でも以外と活用してなかったりするので使ってみるといいでしょう。



最安値の宿が探せるトリバゴの詳細はこちら

 

(2)ホテルよりも安い!?airbnb(エアビ)を活用する

airbnbのサイトを使うことで民間の家に泊まることが出来ます。ホテルや旅館などよりも安く、

大人数3名~で泊まる場合はairbnbを利用するほうが安かったりします。

また、キッチンスペースなどもある家がほとんどなので旅先で自炊も出来て、

長期滞在の場合にもすごく活用出来ます。

 

airbnbに関しては別の記事で詳しく記述しているので

そちらでご覧ください。



 

賢いaibnbの使い方を徹底公開の記事はこちら

 

(3)海外版エアビを活用する

実は、airbnbのようなマッチングサイトは海外には他にはいくつもあるのです。

繁忙期でairbnbのサイトではあなたの条件にマッチする宿泊先が見つからなかった!

という場合は、海外版エアビを活用しましょう。

 

サイトは英語ですが、Googleクロームの日本語翻訳機能を使うと英語が出来ない人でも使えると思います。



9flats(ドイツ版エアビ)はこちら

 



HouseTrip(ヨーロッパ版エアビ)はこちら

 

(4)仲間が欲しいなら!ユースホステルやゲストハウスを活用する

ユースホステルやゲストハウスというのは、旅人同士が一緒に泊まる宿のことです。

個室もありますが、多くはドミトリーの部屋が多いです。

共有の休憩スペースなどもあって、見知らぬ旅人同士の団欒などが楽しめたりします。

 

・旅先で話す仲間が欲しい

・長期滞在でコストを抑えたい

・一人旅で寂しくなった

・海外の人達と交流を持ちたい

 

こういった場合は、

ユースホステルやゲストハウスを活用するといいでしょう。

 



海外のユースホステルを探すサイト「ホステルワールド」はこちら

 

また、世界の日本人が経営するゲストハウス一覧をまとめてくれているサイトがあるのでご紹介しておきます。

世界の日本人が経営するゲストハウス一覧はこちら

 

(5)ホームステイサイトで滞在先を探す

ホームステイをすることでコストを抑えるということも出来ます。

留学する場合もエージェントを通すとどうしても手数料で高くなりますが、

下記のサイトから自分で探せばホームステイのコストも抑えることが出来ます。

※英語ですがGoogleクロームの日本語翻訳機能を活用してみてください。



ホームステイ先を探すサイトHomestay.comはこちら

 

少し探してみることで宿泊コストを抑えることが出来るので上記の5つの方法で探してみてくださいね。

 

裏ワザ6:空港の秘密リラックススペースを使う方法



空港にVIP達が使っている秘密のリラックススペースが存在することをあなたはご存知でしたか?

僕はずっと知りませんでした・・・(汗)

空港のラウンジです。ビジネスクラスラウンジとかファーストクラスラウンジとか名前は色々あるのですけれど。

主要な空港であればどんな国にでもだいたいラウンジがあります。

世界各国1000か所以上に空港ラウンジがあるので。

 

この空港ラウンジは、

リラックスできるソファーやシャワールームもあったりしますし、ビュッフェ形式で軽食など食べ放題です。

ペットボトルのお水も完備されているので飛行機に乗る前に空港の売店で買わなくてもいいのです。

特に海外旅行の乗り継ぎで時間が何時間もある場合とか超便利です。

 

知らなかった時は、年間数十万円ぐらいする年会費を払わないと使えないんじゃないか?

特別なVIPだけのクレジットカードを持っていないと使えないんじゃないか?

と思ってましたが、意外とラウンジを使うのはハードルが低いのでどうやって使えるか?方法をお伝えします。

 

プライオリティーパスの入手方法は?

この空港ラウンジを使うためにはプライオリティーパスというものが必要です。



 

こんな高級そうなカードです。

通常、直接このプライオリティーパスを入手しようと思うと年会費(約1万円~4万円)+利用料金(約3000円)を支払う必要があります。



プライオリティパスの直接申し込みはこちら

思っていたよりも安いけどそれでもちょっと高いしやめておこうかな・・・

と思いますよね?

 

でも、あるクレジットカードを申し込めば、

プライオリティーパスのプレステージ年間約4万円が無料で使えるようになります。

そのクレジットカードとは?

・・・・



この楽天プレミアムカードです。

年会費は1万円かかりますがこの楽天プレミアムカードは審査もゆるく申し込み安いです。

他にもプライオリティーパス付きのクレジットカードはありますが(アメックスや三井プラチナカードなど)年会費が2万円以上するので一番安く使えるのが楽天プレミアムカードです。

なので、出張や旅行する回数が多く年間3回以上空港ラウンジを利用したいという方は楽天プレミアムカードを使っているとお得です。

 

楽天プレミアムカードの申し込みはこちら

(※キャンペーン期間であれば入会で10000ポイントとか貰えたりします)

 

約1週間でプレミアムカードが届くので、届いてからプライオリティーパスの申請をします。

(※申請をしないと勝手に送られてくることはありません)

楽天プレミアムカードのプライオリティーパスの申請方法はこちら

 

是非、プライオリティーパスを活用して快適なラウンジをご活用してみてください。

 

裏ワザ7:海外での携帯代を安くする方法



海外に行く時に困るのが携帯電話。

ホテルのWIFIだけで無料で使いたいけど、

でも、外出時に携帯が繋がらないと心もとないし・・・

 

長期滞在するからモバイルWIFIだと高くついてしまうし・・・

という方に必見です。

まとめると以下のような感じです。
ソフトバンク、ドコモ、au海外パケ放題 海外モバイルWIFI プリペイドSIM(フィリピンの例)
価格 0円~2980円/日 970円~/日 約600円/5日・約1400円/15日
特徴 緊急時に少し使うには適している。海外でメジャーでない場所ではつかない。ソフトバンクはアメリカのSPRINGであれば無料で使える。 SIMカードを購入するのが面倒な場合、手軽に使うことが出来る。 国によってプリペイドSIMの価格は異なるが、4日以上滞在する場合はプリペイドSIMを利用するほうがお得な場合が多い。
 

国によって違うのですがプリペイドSIMを使うほうが安く使えるケースが多いです。

アメリカやハワイなどの場合は、4日以上滞在するのであればプリペイドSIMの方がお得という感じです。

特にフィリピンとかプリペイドSIMの価格が安いです。



フィリピンであれば、空港に↑こういう風にプリペイドSIMを売っている人達がいるので、

SIMフリーのスマホを渡して購入するSIMカード分のお金を渡せば3分ぐらいで設定もやってくれます。

 

プリペイドSIMの価格や購入方法は国によって様々なので、

「国名+プリペイドSIM」でGoogleで検索してみてください。

 

特に、海外に長期滞在する場合はプリペイドSIMを検討されるといいかと思いますよ。

 

裏ワザ8:移動手段で安心快適なUBERを活用する方法



海外旅行でコストがかさむのは宿泊費についで移動だと思います。

バスや電車などの交通機関を使えると安くいけますが、

海外の場合、都合よくバスや電車があるとは限りません。

 

仕方なくホテルからの送迎や現地タクシーなどを使うとぼったくり価格だったりします。

 

特に海外旅行の経験が少ない場合、

何も知らずに現地のタクシーに乗ると「メーターが壊れている」と言われて

通常の5~10倍以上のタクシー運賃を支払ってしまっている。というケースもかなり多いです。

日本人はいいカモなので・・・

 

その上、現地のタクシーって本当に目的地まで連れて行ってくれるのか?とか何かと不安ですよね?

夜だったら特に不安かと思います。

 

そんな時に活用出来るのがUBERタクシーです。

スマホアプリのUBERを使うことで正規価格の料金でUBERタクシーをあなたの元に呼ぶことが出来ます。

また、UBER会社が審査した人がドライバーをしているため現地タクシーよりも安心安全です。

UBER公式サイトはこちら

 

一応、招待コードを載せておきます。招待コードを使えば初回のUBER利用料が無料になります。使う地域にもよりますが。

初回の乗車が無料になる招待コードは「dcrv75y9ue」です。

日本だと規制緩和されておらず今のところ東京でしか使えませんが海外であればだいたいの国でUBERを利用することが出来ます。

 

番外編:航空券が90%OFF!?秘密のチケットその2



実は株主優待券とは別に航空会社にはもう一つ秘密のチケットが存在するのです。

その秘密のチケットその2とは、「スタッフチケット」です。

 

航空会社のパイロットや客室乗務員の家族は使えそうですが、

実は彼氏彼女、友達でもスタッフ登録して貰うと「スタッフチケット」を使うことが出来る場合があります。

(※航空会社によって細かなルールは異なります。登録出来る人数が決まっているとか使える回数が決まっているとか)

 

このスタッフチケットが使えると搭乗する飛行機に空きがある場合にかぎりますが

90%OFFで飛行機に乗ることが出来ます。

中にはスタッフチケットでビジネスクラスに乗れる場合もあるとか?

 

一応番外編として載せておきました!

 

海外(国内)旅行の8つの裏ワザのまとめ

いかがでしたか?

実はこれらの8つの情報を知っているだけで海外でも1人で自由に行けたりするのです。

長期休暇で明日から海外にいきなり行こうと思っても行くことが出来ます。

 

全く知らない国、言葉が通じない国でも

トリバゴで宿を確保して、エクスペディアで航空券を手配して、交通手段でUBERを使えば

だいたいなんとかなります(笑)

 

また1人で海外はちょっと・・・という人でも

こういう裏ワザを使ってコストを抑えることが出来ると年に2回行けるようになるかもしれません。

 

是非、一つずつ試してお得に海外(国内)旅行を楽しんで貰えたらと思います。

 

他にもお得な情報をどんどんUPしていきますので

小まめにチェックしてくださいね!

 

経営者トリップラーMOTOでした!

有難うございました。

The following two tabs change content below.
4社経営トリップラー代表「MOTO」
元ブラックなアパレル企業で働くも限界を感じ退社。本を数百冊読み漁り独学でWEBマーケティングで起業。総額5000万円以上自己投資をして様々な分野を学び現在4社を経営。世界中を旅して周っている自由奔放人。もっと自由に旅が出来る人や夢を追いかける人を増やすことを目標としてトリップラーで情報を発信!⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

4社経営トリップラー代表「MOTO」

元ブラックなアパレル企業で働くも限界を感じ退社。本を数百冊読み漁り独学でWEBマーケティングで起業。総額5000万円以上自己投資をして様々な分野を学び現在4社を経営。世界中を旅して周っている自由奔放人。もっと自由に旅が出来る人や夢を追いかける人を増やすことを目標としてトリップラーで情報を発信!⇒プロフィールの詳細はこちら