普通の観光地じゃ満足できない!世界一周経験者おすすめ「刺激あふれる世界の珍スポット5選」

HARU
楽しい、自由、が大好き!女性2人旅で世界1周を経験。ずーっと笑ってばっかりだった旅の思い出は宝物。 のんびりと知らない場所で遊ぶのが好き。無計画で現地にとりあえず行ってみる。考え方も、常識も、日常も全く違う世界に飛び込むのが好き。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

旅が好き!観光ももちろん好き!でも、定番ばかりじゃもう満足できない・・・そんなときに訪れてほしい刺激的な世界のスポットを5つご紹介!それぞれ違った「刺激」がたまりません。

ビエンチェンの薬草サウナ



ラオスという国の首都「ヴィエンチャン」。あまり日本人には馴染みのない土地ですが、訪れてみるとのんびりとした空気感、あまり整っていないどこか不思議な雰囲気の町並みがとっても好きになりました。

そんな「ヴィエンチャン」をフラフラ歩いていると、まさかの日本人に遭遇!これは、観光スポットを聞くチャンスと話しかけ、教えてもらったのが「薬草サウナ」。話を聞くと、そこから徒歩数分だったので、さっそく行ってみることに。



 

 

サウナに入る前の準備



更衣室(簡易)で着替える。更衣室といっても、安易なものなので、貴重品には要注意!外からも見えるような構造の部屋なので、気を付けましょう。

次にシャワーという名の、溜め水を浴びなければいけません。

シャワーを必ず、しっかり浴びて!と、注意されるのですが、見渡してもシャワーはなし。え・・?と思い、もう一度訪ねると、雨水がたまったような池のような水場が。水を浴びないと、サウナには入れてくれません。意を決して水を浴びました・・・。

上級者の方は受付で売っている謎のクリームを顔や体に塗る様子。受付で謎のクリームを売っているのですが、さすがに勇気が出ずに断念。後から来た、地元のお姉さんたちは慣れた様子で全身と顔にたっぷりと塗っていましたよ!美肌効果があるんだとか・・・?

サウナへ!



サウナは予想よりも熱い!そして扉をしめると真っ暗。薬草はサウナの外側で直接燃やしています。日本のサウナのような、繊細な温度管理は皆無。きつくなったら、無理をせずに外に出て休憩しましょう。入ったり、出たりを繰り返しましょう。

お茶ももらえます。アツアツのサウナと、アツアツのお茶!この組み合わせには、びっくり。さらに、行った時期は気温も暑かった。もう、汗だく。ダイエット効果も絶大?サウナの後は、さっぱり爽快な気分でした。ただ、汗はべたべた、シャワーは溜め水なので、速攻ホテルでシャワーを浴びなおしました。

ベトナムのスイ・ティエン公園(遊園地)



ベトナムのホーチミン郊外にある「スイ・ティエン公園」という遊園地。少し遠く、時間もかかるしバスも難しそうかなと思ったものの、行って本当に良かった!

基本情報(行き方や入場料)



ローカルバスでも行けますが、なかなか難しそうと感じ、タクシーを利用。入場料は9万ドン。入場する前から不思議な雰囲気が漂っています。もう、駐車場に着いたところからテンションがどんどん上がっていきます。



 

遊園地の中は、結構な広さがあります。アトラクションも沢山あるのですが、特におすすめの2つはコレ。

おすすめのアトラクション

ワニ釣り





スイ・ティエン公園にきたら、絶対に外せないのが「ワニ釣り」です!

ワニ釣りのゾーンに行くと、予想よりもたくさんのワニが!どこをみてもワニだらけ。ワニがいる池の中に、通路が作ってあり、柵でくぎられているような形です。これ、最初は結構な怖さ。ちゃんと柵きっちり囲ってくれてる?ワニ逃げ出していない?と、半信半疑になりながら通路を進んでいくと、スタッフさんと釣り竿が見えてきます。一安心。



ワニの釣り方はいたってシンプル。生肉のついた棒のような釣り竿の先を、ワニの方へ投げ入れるだけ。すぐにワニが勢いよく飛びかかってきます。迫力満点!ワニがかみついた竿を引っ張ると、ワニが釣れるんです。ワニとの引っ張り合いは、今まで味わったことのない面白さがあり、何回もワニ釣りに挑戦しました。

まるでハ〇ー・ポッター?な、お化け屋敷



お化け屋敷というものが苦手な私ですが、まるでハ〇ー・ポッター?のようなお化け屋敷の雰囲気に惹かれ、挑戦しました。でもこれが、すごく怖い!順路に沿って、自分で歩く形式。でも、中は真っ暗。ほとんど何も見えず、順路も分からない。そして急に人形がでてきたり、長い髪のようなものが絡んできたり!こわい!日本のお化け屋敷とは、一風変わった怖がらせ方の数々。進む方向が分からず、何も見えないことが一番こわい!そして、外に出れたときの達成感はすごい。

園内の摩訶不思議な装飾



アトラクション以外にも、いたるところに不思議な装飾が施されています。置物もたくさん!何を表現しているのか分からないものも多く、魔訶不思議な雰囲気を盛り上げています。お気に入りを見つけて記念撮影しましょう。

ラスベガスのビッグショット



私はカジノやショッピングが楽しいラスベガスが大好き!そんなラスベガスにある絶叫系アトラクションが「ビッグショット」です。

基本情報(行き方や入場料)



ストラトスフィアタワーの最上部にあります。入場券やアトラクションのチケットを買って、行列に並び、エレベーターで最上部へ。



オシャレなドレスやスーツ姿の方も多く、とっても素敵な雰囲気。私は夜に訪れました。

アトラクションがいくつかあるのですが、その中でも圧倒的に迫力があるのは「ビッグショット」。外からストラトスフィアタワーを見ると、最上部に見える部分です。

絶景を見る間もない絶叫系「ビッグショット」に搭乗



地上約300メートルに設置されたビッグショットは、あまりのこわさにスカスカでした。他のアトラクションは並んでいたのに、こちらは並んでいません。1つ前の回の人たちがビッグショットに乗っているのを間近でみた友人は搭乗を断念!チケットを買ったのに、もったいない、けど怖すぎる・・・。ということで、1人で・・・。怖すぎて隣のお兄さんたちに励ましてもらいました。

開始と同時にものすごいスピードで夜空に打ち上げられます!日本の絶叫系が大好きな私も、このスピードにはびっくり。打ち上げられたあと、夜景を見る暇もなく急落下。何度か上下して終了。あまりの恐怖に降りたとき膝がガクガクでした・・・。絶叫系が好きな人は、一生に一度は乗ってほしい。

ラオスのブッダパーク



世界一周を経験した私ですが、ここほど不思議な空間はなかなかないのでは?と感じました。ブッダパークという名前からして、仏教系の真面目な雰囲気の公園を想像していたのですが、まさかの・・・。

基本情報(行き方や入場料)



バスで行くことができます。ビエンチャンから30キロほど。道がガタガタなので、酔いやすい人は要注意。



何もないような場所に急にブッダパークは現れます。入場料は5000キープ。

不思議すぎる世界観



入場すると、簡単なお土産屋さんなどがあります。そして広大な敷地と、豊かな緑が見えます。そして見えてくる不思議なものの数々。何と表現してよいかわからないようなものばかり。一体どんな意味がこめられているのか・・・?

展望台に登ってみよう



メインのような展望台は、中に入ることができます。中を通って展望台の上にでることも。そこからは、ブッダパークが一望できなかなか素敵。しばらく座って眺めながら雑談。外国人も沢山いる人気スポットでした。

アカプルコの命がけのダイブショー



アカプルコの有名なダイブショーにラ・ケブラダの断崖から飛ぶダイビングショーがあります。ショーという感じより、もっと真剣なスポーツのような雰囲気でした。崖は約40メートルの高さ。


ダイブするのは地元の若者



ダイブを行うのは地元の若者だそう。ダイブする前に真剣に祈る姿からも、危険が伝わってきます。真剣な祈りが終わるといよいよダイブ!飛ぶのかと思いきや、いったん奥に戻ったり、彼らのタイミングが整うのを待ちます。

そしていよいよダイブ!!!

命綱もなにもなし。勢いよく飛ぶ姿は圧巻。観光客もみんな息をのんで見守りました。ショーよりも、良いスポーツを観戦したような気分になりました。ダイブした方々が無事でよかった!最後は3人で一気にダイブ、とても綺麗でした。

ダイビングを終えた彼らは、帰り道にチップを求めて立っていますので、チップを渡しましょう。記念写真も頼むと応じてくれるようでした!鍛え上げられた筋肉は素敵!

 

旅慣れた方や、長期間で旅に出ている方にもおすすめ、刺激的なスポットのご紹介でした!どれも、きっと思い出に強い印象を残してくれますよ。

The following two tabs change content below.
HARU

HARU

楽しい、自由、が大好き!女性2人旅で世界1周を経験。ずーっと笑ってばっかりだった旅の思い出は宝物。 のんびりと知らない場所で遊ぶのが好き。無計画で現地にとりあえず行ってみる。考え方も、常識も、日常も全く違う世界に飛び込むのが好き。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

HARU

楽しい、自由、が大好き!女性2人旅で世界1周を経験。ずーっと笑ってばっかりだった旅の思い出は宝物。 のんびりと知らない場所で遊ぶのが好き。無計画で現地にとりあえず行ってみる。考え方も、常識も、日常も全く違う世界に飛び込むのが好き。 ⇒プロフィールの詳細はこちら