熟練バリスタが厳選!ベルリンで最先端のサードウェーブコーヒーを巡ってみた!

  • 101
  • 0
  • 1
昼はバリスタ!夜はジュエリーデザイナーTRIPLER SHOKO

1989年静岡生まれ。海外在住7年目。バリスタとジュエリーデザイナーという二足のわらじを履きながらエキサイティングな日々を送っています。将来はヨーロッパでカフェを経営するのが夢!⇒プロフィールの詳細はこちら

バリスタ歴7年の私がBerlinの美味しいサードウェーブコーヒーショップをご紹介いたします!Berlinに来る予定のある方も、日本から読んでいただいている方もこれを読めばコーヒー通!


普通のコーヒーとは一味違う?最先端のサードウェーブコーヒーとは


 サードウェーブコーヒーの定義



皆さんはサードウェーブコーヒーという言葉を聞いたことがありますか?聞いたことのない人にも、聞いたことがあるけどよくわからないという人もサードウェーブの定義を改めておさらいしましょう!(以下geogia homepageより引用)

サードウェーブは、訳すと「第3の波」。まずは、第1の波と第2の波についてみていきましょう。
まず、第1の波、ファーストウェーブ。
19世紀後半から、1960年代まで続く、大量生産・大量消費のコーヒーの時代。流通の発達により安価になったことでコーヒーはポピュラーな飲み物に。

続いて、第2の波「セカンドウェーブ」。
1960年代、シアトル系コーヒーチェーンなどの台頭により広がった、深煎り高品質の豆を使ったコーヒーの時代。カフェオレやアレンジコーヒーがポピュラーになり、ロゴ付きの紙コップを片手に颯爽と歩くのがクールだというファッションアイコンが登場したのもこの時代の象徴です。

今注目の第3の波「サードウェーブ」。新しいビジネスとカルチャーがひとつになって確立している時代。
コーヒーの生産地への配慮や価値などが注目されるようになり、コーヒーがカップに運ばれるまでのトレーサビリティ、豆の素材や淹れ方など、各々の工程にこだわるスペシャルティコーヒーが注目されています。それが、サードウェーブコーヒーです!


フェアトレード!人と人をつなぐコーヒー



フェアトレードとは、《適正な価格での買い取り》《継続的な取り引き》《生産者の持続可能な生活改善と自立》がキーワードとなる貿易のしくみです。それによりいままで発展途上国で最低賃金以下で雇われていた労働者たちが自立して生きていけるようにサポートする仕組みのこと。日本から遠い国で汗水垂らして作ってくれている人たちに感謝の気持ちを忘れないようにしたいですね!

ベルリンで体験!最先端のサードウェーブカフェ

BONANZA COFFEE ROASTERS



bonanza coffeeはベルリンでコーヒー好きなら誰もが知っている有名コーヒーロースターです。私のカフェでも使っているコーヒー豆は1kg35ユーロ(3500円)という高級豆ですが酸っぱすぎずバランスのとれたコーヒーです。



名前
特にここで働いているバリスタは世界中からきた熟練バリスタばかり!Kreuzburgにはロースターもあるのでぜひチェックしてみてください!

FIVE ELEPHANT



Berlinに2店舗展開しているコーヒーショップです。roasterもBerlin にあり独自のコーヒーをサーブしてくれます。お店自体は小さく土日は特に人気なので平日を狙って行った方がいいかもしれないですね!



名前
Five elephantsのCheese cakeはとても美味しくて3人に一人は買っている人気商品です!!ここのを食べたら他にはいけませんよ!ww

FATHER CARPENTER COFFEE BREWERY



Mitteという街の中心にあるコーヒーショップです。中庭にあるのでレンガ造りの門を通り抜けていきます。騒がしいミッテの街並みから一層落ち着いた雰囲気を楽しめます。



名前
ここのバリスタはとてもフレンドリーで色々とコーヒーについて教えてくれました。日本でも有名なバリスタになりたいとのこと!www

CHAPTER ONE



実は一番お世話になっているのがここのカフェ。サイフォン式で入れたコーヒーも試すことができます。彼らのカフェは”スローコーヒー”がテーマ。一杯一杯丁寧に入れてくれるコーヒーをぜひ試してみてください!

DISTRIKT COFFEE



ご飯は美味しいけどコーヒーはイマイチだったり、コーヒーショップにはちゃんとしたご飯メニューがなかったりすることが多いですが、ここのカフェはブランチでもコーヒーでも有名です。
名前
バランスのとれたコーヒーにバターミルクパンケーキ、素敵なインテリア。休日をパーフェクトに始めるならここのカフェがおすすめ!

KAFFEE BAR



Kreuzberg という人気のエリアにあるコーヒーショップです。健康的な食事とコーヒーがテーマになっておりホームメイドのケーキはとても美味しく人気です。ビーガンのケーキもあり、とてもリラックスできるカフェです。周りにオシャレな洋服屋さんなどもあるので要チェックです。

ベルリンでカフェ巡りをさらに楽しむために

バリスタと会話を楽しもう!



ベルリンのコーヒーショップでは世界中の色々な街でトレーニングを受けたバリスタに出会う事ができます。平日の空いている時間を狙っていくとお店で使っているコーヒー豆などについて教えてもらえるかも!

建物とインテリアのセンスにも注目!

Germany はとても建築に優れた街であり古いビルが残っている街でもあります。インテリアにもコーヒーショップごとに色々な工夫が見られます。なかにはもともと薬局だったものをリノベーションしたものなどもあり、大変面白いので注目してみるといいかもしれません!またぜひ機会があれば紹介させていただきます!

ミルクにもこだわってみよう!



皆さんはコーヒーショップにいってミルクに注目してオーダーしたことはありますか? 私が日本に住んでいた頃は普通のミルクまたは豆乳の選択肢しかなかったと思います。健康志向の高まる中たくさんの種類のミルクが販売されていますので注目してオーダーしてみると楽しいかもしれませんね!(ベルリンでは上記写真のオートミルクと豆乳が人気です。

まとめ



Berlin には沢山のサードウェーブコーヒーショップがあります。コーヒーが美味しいお店、インテリアのかわいいお店、仕事に向いているお店など、色々と目的によって使い分ける事もいいかもしれないですね!

The following two tabs change content below.
昼はバリスタ!夜はジュエリーデザイナーTRIPLER SHOKO
1989年静岡生まれ。海外在住7年目。バリスタとジュエリーデザイナーという二足のわらじを履きながらエキサイティングな日々を送っています。将来はヨーロッパでカフェを経営するのが夢!⇒プロフィールの詳細はこちら
昼はバリスタ!夜はジュエリーデザイナーTRIPLER SHOKO

最新記事 by 昼はバリスタ!夜はジュエリーデザイナーTRIPLER SHOKO (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

昼はバリスタ!夜はジュエリーデザイナーTRIPLER SHOKO

1989年静岡生まれ。海外在住7年目。バリスタとジュエリーデザイナーという二足のわらじを履きながらエキサイティングな日々を送っています。将来はヨーロッパでカフェを経営するのが夢!⇒プロフィールの詳細はこちら