【ギネス認定の魔の山】谷川岳登山の初心者向け日帰りコース徹底ルート解説!

日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ
自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら


谷川岳は、新潟県と群馬県の間にある登山に人気の山!

登山客がたくさん訪れます。

 

そんな谷川岳は、「魔の山」とも呼ばれています・・・。

その理由は、遭難事故死者が多く、なんと世界のワースト1位だから!

ギネスにも認定されちゃってます!

 

「きゃー!そんな山、登れなーい!?」

 

いえいえ、大丈夫!

安全安心なルートを行けば問題なし

初心者でも楽しく登れます♪

 

それでは、谷川岳を日帰りでたっぷり堪能するプランをご紹介!!

 

初心者向けの日帰りプランはこれだ!

今回ご紹介する谷川岳日帰り登山プランは、こちら!

 
早朝 or 前の夜 谷川岳へ向かう
午前 谷川岳登山(ロープウェイ使用)
午後 一の倉沢を見学!
水上温泉で温泉に入る

(余裕があれば、散策やご飯しても楽しいよ♪)
帰宅
ロープウェイを利用すると、登山は往復で5時間

朝一で登り始めれば、戻ってくるのはお昼頃です。

 

朝一で登ると早めにお腹が空くので、頂上付近で早めの軽いお昼を済ませます。

 

ロープウェイで戻ったら、今度は一の倉沢を見学しましょう。

一の倉沢は、日本三大岩場の一つでロッククライミングの聖地!

雄大で力強いロマンあふれる岩場に圧倒されること間違いなし!!

 

それが終わったら今度はゆっくり温泉へ♪

登山の締めは、やっぱ温泉だよね〜。

疲れが癒されます。

 

こんな日帰りプランで谷川岳を満喫しましょう!

それでは、詳しく徹底解説いたします!!

初心者でも登れちゃう!谷川岳の天神尾根コースを徹底解説!!



それでは、登山コースはどんな様子なのかを徹底解説します!

 

「谷川岳に行ってみたいけど、危険そうだしちょっと不安・・・」

そんなあなたも、これを見れば不安はなくなるはず♪

 

(1)谷川岳ロープウェイで一気に登る!



 

まずは、ロープウェイに乗って一気に天神平まで!

 

ロープウェイには、とても広い6階建ての駐車場があるので車でも安心・・・と言いたいところですが!

休日はとても広い立体駐車場ですら満車になって、少し遠い駐車場にとめることも・・・。

 

谷川岳、人気すぎ!!

早めの到着がおすすめです。

 

↓↓ ロープウェイからの景色は、晴れてると抜群です。



↓↓ 曇っているとこんな感じ。



見えない・・・。

でも、なかなか幻想的で、私は割と好きです。

 

【谷川岳ロープウェイ】
片道所要時間  約15分
往復料金  2060円
住所  群馬県利根郡 みなかみ町湯桧曽湯吹山国有林
電話番号  0278-72-3575
ホームページ  http://www.tanigawadake-rw.com/
 

そんなこんなで天神平につきます。

 

天神平駅には、登山じゃないけど散策したいけど、汚れたくない人向けに長靴が用意されています。

うれしい心づかいですね!



ここには、自動販売機とキレイな水洗トイレがあります。

持ってきた水が足りなくないかを確認して、トイレに行って、いざ出発!!

(2)天神平から頂上(トマノ耳・オキノ耳)へ!

天神平から、登山道に入ります。

初めは木道が続く・・・。



木道や階段が続きます。

そんなに急な登りもなく、登りやすいと思います。

でも、木道が傾いていたり、階段の初めと終わりにやたら段差があったりするので注意が必要!

 

木道のあいまに、こんな感じのクサリがついた道がちょいちょい出てきます。



写真で見ると「こわっ!!」ってなるかもですが、実際に歩いて見ると全然たいしたことないです。

クサリあるけど、実際、使わないです。

なので、安心して登ってください♪

でも、落ちるとヤバいので注意はしてくださいね!!

 

そして、熊穴沢避難小屋に着きます。



なかなかキレイな避難小屋です。

数人なら泊まれそう。

避難小屋なので、水道やトイレはありません。

 

熊穴沢避難小屋を過ぎると、岩々しい急登が出現し始めます!



山っぽくて興奮し始めます!!!

これですよ、これ!!

 

とは言うものの、

実際に登るとたいしたことありません。

ちょっとしたアスレチックって感じ。

 

子供も年配の方も登っていました!

ロープがあるけど、実際使いません。

 

そんなに危険じゃないのに、『the 山!!』って雰囲気を楽しめる

っていう点でも谷川岳がオススメなのです!!

 

the 山!!な道は続きます!!!



うお!?って思うかもしれませんが、全然平気な道です。



 



人によって違うかもしれませんが、私はこんな道が続くと疲れません!

 

こんな道は、ちょっと危ないのでゆっくり進みます。

なので疲れないんだと思います。

あと、楽しいですしね♪ うふふふ♪

(ゲッソリしてる人もいましたので、個人差があると思われます・・・)

 

しばらく行くと、笹が一面に広がるツルッとした景色に変わります。



そして、階段が続いて・・・



山小屋「肩の小屋」に到着です。



肩の小屋には休憩スペースと売店、トイレがあります。



谷川岳グッズや水、ジュース、ビール、カップ麺、おでんなんかが売られています。

宿泊も可能!



トイレは、小屋の外にあって、ボットン便所。

100円払って使用します。

トイレットペーパーもついてるし、なかなかキレイ。

【肩の小屋】
料金(一泊2食+弁当) 8,300円
電話 090-3347-0802
住所 みなかみ町湯檜曽国有林内
詳細(水上温泉HP) http://www.minakami-onsen.com/tanigawa.php?itemid=198
(2017年8月現在)

素泊まりなどのプランもありますので、詳しくは上記サイトをご覧ください。

 

 

小屋まできたら、トマノ耳(一つ目の頂上)まではあとちょっと!

ちょっと歩くと・・・・

着きました!!



なかなかいい景色が広がります。

雲の向こうにもう一つの頂上、オキノ耳が見えます。



ちょっと景色を堪能してお昼ご飯をつまんだら、次はオキノ耳を目指します!

コースタイムで片道10分。



道の両側が斜面になっている、いい感じの道です。

右側の斜面は崖!!

テンションが上がります。

 

そんな道をちょっと進むとオキノ耳に到着!



頂上で景色を堪能したら、来た道を戻ります。

(3)クライミングの聖地、「一の倉沢」でロマンに浸る



ロープウェイで下まで降りたら、帰る前に「一の倉沢」も見学しちゃいましょう!

電気バスで行けます。



最終便は14:55なので、早めの行動がオススメです。

ロープウェーの駅から一の倉沢まで、20分くらい。

 

一の倉沢は、クライミングの聖地といわれていて、有名な岩場です!

昔、まだクライミングルートが開拓されていない頃、たくさんのクライマーがロマンを抱いて挑戦し続けた岩場です。

谷川岳に行ったからには、ぜひ見ておきましょう!

 

あんなところ登るんだ、、、。ひぇー!

って盛り上がります!

(4)登山の疲れは温泉で癒やそう♪



谷川岳の近くには、湯檜曽温泉と水上温泉があります。

【湯檜曽温泉】


【水上温泉】



 

わたしは、水上温泉の日帰り温泉「ふれあい交流館」に行くのが定番!

足湯もあります。



【ふれあい交流館 (水上温泉)】
料金(大人) 570円
住所 〒379-1617 群馬県利根郡みなかみ町湯原801
電話番号  0278-72-8885
詳細 http://www.minakami-onsen.com/spa.php?itemid=273
 

水上温泉は、無料のレンタサイクルもあります。

もし空いていたら乗ってみるのも楽しいですよ♪

 

小腹がすいたら、近くに食堂も何件かあります。



私は「そば処 まるよし」に行きました。

そば屋だけどカツ丼とかもあって、登山で疲れた体も満足!

谷川岳で注意すべきポイント



谷川岳は、コースをちゃんと選べば初心者でも楽しめる山です。

でも、注意するポイントももちろんあります!

注意するところはキッチリ注意して、安全に登山を楽しみましょう!

(1)滑りやすい石に気をつけて!



谷川岳は、滑りやすい岩が多いので気をつけてください!

上の写真の、黒っぽくてツルッとした岩がそれ。

慎重に進みましょう。

慎重に進めば大丈夫です!

(2)谷川岳の天気は変わりやすい!



谷川岳は、日本海側の気候と太平洋側の気候の境目にある山。

また、複雑な地形でもあるので天気が変わりやすい!

 

山のあっちは晴れていて、山のこっちは曇ってる。

なんてこともよくあります。

 

天気の変化に対応できるように、レインウェアと防寒着は必ず持っていきましょう!

悪天候時には、あきらめて下山するのも大切なことです。

無理は禁物!!

(3)念のため、熊や蜂にも気をつけて!



谷川岳でもツキノワグマが目撃されています。

熊よけの鈴やスプレーを持って、周囲に気をつけて歩くといいと思います。

 

また、山には蜂がいる可能性もあります。

ポイズンリムーバーを持つと安心ですね。

(私は、山で蜂に刺されたことはありません。)

 

熊にしても、蜂にしても、

野生の生き物のテリトリーにおじゃまさせてもらうって気持ちを忘れずに、

気を配って、気をつけて行動できるといいですね♪

(4)残雪や降雪のチェックもしよう!



山の季節は、平地のそれとはちょっと違います。

春なのに雪が残ってたり、秋なのに雪が降ったり。

 

雪があると、アイゼンやピッケルが必要になることもあります。

そうなると、危険なので、初心者は無理です。

 

登山の前に、山の情報を調べると安心!

こんなサイトでチェックできます。

山に行く前に、必ずチェックしましょう!!

>>ヤマケイオンライン 上信越の山岳情報

>>天気とくらす 谷川岳(オキノ耳)の天気

谷川岳はこんな装備で行こう!



谷川岳は、標高が2,000mもない山です。

が!

森林限界も低くて天気も変わりやすい。

 

ちゃんと装備を整えていきましょう。

(1)服装は、こんな感じで


  • 長袖、長ズボン(吸水・速乾!!乾かないと、超寒くなります。)
  • レインウェア(上下に分かれて、動きやすいもの)
  • 靴は、トレッキングシューズか登山靴(グリップが効くスニーカーでもなんとかなる)
  • リュック(20〜40リットル)
  • 帽子

(2)持ち物は、こんな感じで


  • 日焼け止め(山の日差しは厳しいので必須!)
  • ザックカバー(雨よけ)
  • 防寒着(フリース、ダウン)
  • 靴紐の予備
  • 水(1.5〜2リットル)
  • おやつ
  • 昼ごはん
  • 予備食(遭難した時とかに食べる用)
  • ヘッドランプ(うっかり日がくれちゃった時に必要)
  • ケータイ(スマホ)
  • 地図
  • コンパス
  • ナイフ
  • 時計
  • ペーパー(トイレットペーパーかティッシュペーパー)
  • ゴミ袋
  • 財布
  • 保険証
  • 手袋(手をついて登るので、手の汚れが気になる人は必要。私は使わない派です。)

谷川岳へのアクセス方法



谷川岳は、JRの駅や高速のインターが近くにあり行きやすい山です。

どうやって行くかご説明します!

(1)電車で行くには



電車は、降りる駅が2パターンあります。

有名なのは土合駅ですが・・・・。

いかんせん、階段が多すぎます!

 

お好みで選んでください。

●JR「水上駅」で下車 → 谷川岳ロープウェイ行きバス

●JR「土合駅」で下車 → 改札口まで400段以上の階段を登る → 徒歩20分

【所要時間】
東京から 約2時間30分
大阪から 約7時間
 

乗り換え、料金などはこちらのサイトで調べると便利です。

>>ジョルダン

(2)車で行くには



高速道路の水上インターから国道291号線を通って、約30分で着きます。

【所要時間】
東京から 約3時間
大阪から 約7時間30分
 

高速料金・時間などは、こちらのサイトで調べると便利です。

>>ドラぷら

まとめ



谷川岳の日帰り登山、いかがでしたか?

初心者でも楽しめるので、ぜひ行って見てください!!

 

いつもよりも、ちょっと足をのばして、非日常を体験しちゃいましょう!

人生、やったもん勝ち!

The following two tabs change content below.
日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ

日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ

自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*