【魔の山】谷川岳登山の初心者向け日帰りコースを写真付きで徹底解説してみた!

日本一山を愛するトレッキングTRIPLER「ゆいこ」
自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら

今回は、谷川岳登山の初心者向け、日帰りコースを徹底解説します!

谷川岳に登るには何通りかのルートがあります。
今回ご紹介するのは、天神尾根コース。

どんなコースか・・・レーダーチャートで分析っ!!


【総合点】
3.8/5点
【総評】
ロープウェイもあり、わりと楽。
しかも、「the 山!」な雰囲気が味わえちゃうし、ロマンもたっぷりのオイシイ山!!
「the 山!」な景色とは?
ロマンたっぷりとは?

気になりますね~。詳しく見ていきましょう!

そんな気になる谷川岳は、新潟県と群馬県の間にある登山で人気の山!
登山客がたくさん訪れます。

そして、「魔の山」とも呼ばれています・・・。

その理由は、遭難事故死者が多く、なんと世界のワースト1位だから!

ギネスにも認定されちゃってます!

「きゃー!そんな山、登れなーい!?」

いえいえ、大丈夫!
安全安心なルートを行けば問題なし
初心者でも楽しく登れます♪

それでは、谷川岳の初心者向け日帰りルートの、天神尾根コースを写真付きで徹底解説します!!

谷川岳の初心者日帰り天神尾根コースプランはこれだ!

それでは、モデルプランをご紹介します!
このプランを元に、少しアレンジしてもいいかもしれませんね。

歩く速度は、ちょっとゆっくりめで計算してます。
早朝 or 前の夜 谷川岳へ向かう
7:30前までに 谷川岳ロープウェイ土合口駅に到着。
朝ごはん、トイレを済ませます。
8:00 ロープウェイに乗って、天神平駅へ!
※アレンジ※
土日祝は、7:00から運行しているので、早めに出発してもいいかも。
8:20 登山開始!
たまに休憩をしながら、登ります。
11:20 肩の小屋、到着!
ちょっと休憩。おやつやおにぎりを食べてちょっとゆっくりします。
11:35 登山再開!
トイレ(100円)を済ませてから、出発します。
11:45 1個目の山頂、トマノ耳、到着!
標識のところで写真を撮って、絶景を楽しみます。
まだまだ絶景は続くので、5分くらいで出発します。
11:50 登山再開!
マチガ沢の上を通ります。のぞきこんで「うっひょー!」ってなりましょう。
12:05 山頂(オキノ耳)、到着!
神社があるのでお参りをして、絶景を楽しみましょう!
登頂記念の写真もお忘れなく。
12:10 下山開始。
下山は登りよりも疲れないので、一気に行きます。
ヒザを痛めるので、急ぎすぎに注意!
14:10 天神平到着!
ロープウェイに乗ります。
14:55 一の倉沢見学に出発!
ロープウェイ土合口駅から一の倉沢まで、電気バスで行きます。2017年は最終運行が14:55でした。
歩きだと往復2時間かかるので、バスに間に合わなかったら諦めましょう。
!注意!
運行時間は変更になることがあるので、事前にみなかみ町に問い合わせると確実です。(観光商工課 自然観光グループ  0278-25-5031)
15:15 一の倉沢、到着!
クライミングの聖地、一の倉沢。
雄大な景色を堪能し、歴史とロマンを噛み締めます。
15:25 一の倉沢、出発。
来たときと同じ、電気バスで行きます。
滞在時間が短くて名残惜しいですが、最終便なので、出発です。
※アレンジ※
1時間歩ける場合は、もう少しゆっくりしてから歩いて戻ってもオッケーです。
日没時間に注意してくださいね!
15:45 谷川岳ロープウェイの土合口駅着
これで終了!お疲れ様!!
温泉に移動します。
17:00 水上温泉で温泉に入って、ご飯を食べます。
(みなかみ温泉日帰り)
余裕があれば、散策しても楽しいです。水上駅までは、バスもあります。
バスで30分です。(関越交通株式会社)
19:00 帰路につく。
※アレンジ※
水上温泉で一泊してもいいですね!(みなかみ温泉HP)
【アレンジ案 その1】
一の倉沢見学を諦めて、ゆっくり登る。
そして、温泉でもゆっくりする。
 
【アレンジ案 その2】
肩の小屋で一泊する。
そうすると、かなり時間に余裕ができる。
夜の星空や、朝の雲海も楽しめるかも!
モデルプランとアレンジ案、いかがでしたか?
これを元に、地図を見ながら検討してみてくださいね。

登山って、計画してる時も楽しい♪

それでは、コースの様子を、詳しく徹底解説いたします!!

初心者でも登れちゃう!谷川岳の天神尾根コースを徹底解説!!



それでは、登山コースはどんな様子なのかを徹底解説します!

 

「谷川岳に行ってみたいけど、危険そうだしちょっと不安・・・」
そんなあなたも、これを見れば不安はなくなるはず♪

天神尾根コースは、こんなコースです。
ピンクの点々のところ。

出典:谷川岳ロープウェイHP

こっちは、ピンクの線のところ。

出典:ヤマケイオンライン

さあ、それでは、写真付きで解説します!

(1)谷川岳ロープウェイで一気に登る!



 

まずは、ロープウェイに乗って一気に天神平まで!

 

ロープウェイには、とても広い6階建ての駐車場があるので車でも安心・・・と言いたいところですが!
休日はとても広い立体駐車場ですら満車になって、少し遠い駐車場にとめることも・・・。

谷川岳、人気すぎ!!
早めの到着がおすすめです。

↓↓ ロープウェイからの景色は、晴れてると抜群です。



↓↓ 曇っているとこんな感じ。



見えない・・・。
でも、なかなか幻想的で、私は割と好きです。

【谷川岳ロープウェイ】
片道所要時間  約15分
往復料金  2060円
住所  群馬県利根郡 みなかみ町湯桧曽湯吹山国有林
電話番号  0278-72-3575
ホームページ  http://www.tanigawadake-rw.com/
 

そんなこんなで天神平につきます。

天神平駅には、登山じゃないけど散策したいけど、汚れたくない人向けに長靴が用意されています。
うれしい心づかいですね!



ここには、自動販売機とキレイな水洗トイレがあります。

持ってきた水が足りなくないかを確認して、トイレに行って、いざ出発!!

(2)天神平から頂上(トマノ耳・オキノ耳)へ!

天神平から、登山道に入ります。

初めは木道が続く・・・。



木道や階段が続きます。
そんなに急な登りもなく、登りやすいと思います。
でも、木道が傾いていたり、階段の初めと終わりにやたら段差があったりするので注意が必要!

木道のあいまに、こんな感じのクサリがついた道がちょいちょい出てきます。



写真で見ると「こわっ!!」ってなるかもですが、実際に歩いて見ると全然たいしたことないです。
クサリあるけど、実際、使わないです。
なので、安心して登ってください♪

でも、落ちるとヤバいので注意はしてくださいね!!

そして、熊穴沢避難小屋に着きます。



なかなかキレイな避難小屋です。
数人なら泊まれそう。
避難小屋なので、水道やトイレはありません。

熊穴沢避難小屋を過ぎると、岩々しい急登が出現し始めます!



山っぽくて興奮し始めます!!!
これですよ、これ!!

とは言うものの、
実際に登るとたいしたことありません。
ちょっとしたアスレチックって感じ。

子供も年配の方も登っていました!
ロープがあるけど、実際使いません。

そんなに危険じゃないのに、『the 山!!』って雰囲気を楽しめる

っていう点でも谷川岳がオススメなのです!!

 

the 山!!な道は続きます!!!



うお!?って思うかもしれませんが、全然平気な道です。





人によって違うかもしれませんが、私はこんな道が続くと疲れません!

こんな道は、ちょっと危ないのでゆっくり進みます。
なので疲れないんだと思います。

あと、楽しいですしね♪ うふふふ♪
(ゲッソリしてる人もいましたので、個人差があると思われます・・・)

しばらく行くと、笹が一面に広がるツルッとした景色に変わります。



そして、階段が続いて・・・



山小屋「肩の小屋」に到着です。



肩の小屋には休憩スペースと売店、トイレがあります。



谷川岳グッズや水、ジュース、ビール、カップ麺、おでんなんかが売られています。
宿泊も可能!



トイレは、小屋の外にあって、ボットン便所。
100円払って使用します。
トイレットペーパーもついてるし、なかなかキレイ。

【肩の小屋】
料金(一泊2食+弁当) 8,300円
電話 090-3347-0802
住所 みなかみ町湯檜曽国有林内
詳細(水上温泉HP) http://www.minakami-onsen.com/tanigawa.php?itemid=198
(2017年8月現在)

素泊まりなどのプランもありますので、詳しくは上記サイトをご覧ください。

小屋まできたら、トマノ耳(一つ目の頂上)まではあとちょっと!
ちょっと歩くと・・・・
着きました!!



なかなかいい景色が広がります。
写真を撮るのをお忘れなく。

雲の向こうにもう一つの頂上、オキノ耳が見えます。



さて次は、オキノ耳を目指します!
コースタイムで片道10分。



道の両側が斜面になっている、いい感じの道です。

右側の斜面は崖!!
この崖はマチガ沢です。のぞきこんで「ウヒョー」ってなりましょう!
テンションが上がります。

 

そんな道をちょっと進むとオキノ耳に到着!


神社があるのでお参りします。

頂上で景色を堪能したら、来た道を戻ります。

(3)クライミングの聖地、「一の倉沢」でロマンに浸る



ロープウェイで下まで降りたら、帰る前に「一の倉沢」も見学しちゃいましょう!

電気バスで行けます。



最終便は14:55なので、早めの行動がオススメです。
(変更の可能性があるので問い合わせると確実。
観光商工課 自然観光グループ  0278-25-5031)

ロープウェーの駅から一の倉沢まで、電気バスで20分くらい。

歩くと片道1時間くらいかかります。
歩いて行っても楽しめます。

 

一の倉沢は、クライミングの聖地といわれていて、有名な岩場です!
昔、まだクライミングルートが開拓されていない頃、たくさんのクライマーがロマンを抱いて挑戦し続けた岩場です。
谷川岳に行ったからには、ぜひ見ておきましょう!

あんなところ登るんだ、、、。ひぇー!
って盛り上がります!

(4)登山の疲れは温泉で癒やそう♪



谷川岳の近くには、湯檜曽温泉と水上温泉があります。

【湯檜曽温泉】


【水上温泉】


 

わたしは、水上温泉の日帰り温泉「ふれあい交流館」に行くのが定番!
足湯もあります。



【ふれあい交流館 (水上温泉)】
料金(大人) 570円
住所 〒379-1617 群馬県利根郡みなかみ町湯原801
電話番号  0278-72-8885
詳細 http://www.minakami-onsen.com/spa.php?itemid=273
 

水上温泉は、無料のレンタサイクルもあります。
もし空いていたら乗ってみるのも楽しいですよ♪

小腹がすいたら、近くに食堂も何件かあります。



私は「そば処 まるよし」に行きました。
そば屋だけどカツ丼とかもあって、登山で疲れた体も満足!

谷川岳で注意すべきポイント



谷川岳は、コースをちゃんと選べば初心者でも楽しめる山です。
でも、注意するポイントももちろんあります!
注意するところはキッチリ注意して、安全に登山を楽しみましょう!

(1)滑りやすい石に気をつけて!



谷川岳は、滑りやすい岩が多いので気をつけてください!
上の写真の、黒っぽくてツルッとした岩がそれ。
慎重に進みましょう。
慎重に進めば大丈夫です!

(2)谷川岳の天気は変わりやすい!



谷川岳は、日本海側の気候と太平洋側の気候の境目にある山。
また、複雑な地形でもあるので天気が変わりやすい!

山のあっちは晴れていて、山のこっちは曇ってる。
なんてこともよくあります。

天気の変化に対応できるように、レインウェアと防寒着は必ず持っていきましょう!
悪天候時には、あきらめて下山するのも大切なことです。

無理は禁物!!

(3)念のため、熊や蜂にも気をつけて!



谷川岳でもツキノワグマが目撃されています。
熊よけの鈴やスプレーを持って、周囲に気をつけて歩くといいと思います。

また、山には蜂がいる可能性もあります。
ポイズンリムーバーを持つと安心ですね。
(私は、山で蜂に刺されたことはありません。)

熊にしても、蜂にしても、
野生の生き物のテリトリーにおじゃまさせてもらうって気持ちを忘れずに、
気を配って、気をつけて行動できるといいですね♪

(4)残雪や降雪のチェックもしよう!



山の季節は、平地のそれとはちょっと違います。
春なのに雪が残ってたり、秋なのに雪が降ったり。

雪があると、アイゼンやピッケルが必要になることもあります。
そうなると、危険なので、初心者は無理です。

登山の前に、山の情報を調べると安心!
こんなサイトでチェックできます。
山に行く前に、必ずチェックしましょう!!

>>ヤマケイオンライン 上信越の山岳情報

>>天気とくらす 谷川岳(オキノ耳)の天気

谷川岳天神尾根コースを動画でご覧ください!


登山道や景色がどんな様子なのか。
動画で見ると、写真よりもイメージしやすいので、ぜひ見てみてください。

行ったときも、写真以外に動画も撮ると意外と楽しめますよ。
お試しあれ!

まとめ

さて、今まで書いてきた、谷川岳の天神平コース(日帰り・ロープウェイ使用)を、レーダーチャートの項目でまとめます!
↓↓↓
    • わりと簡単
      スリリングに見えますが、行ってみると意外と簡単。
      小さな子供や年配の方も行ってます。
      ご安心ください!
    • あんまり疲れない
      ロープウェイで一気に登っちゃうよ!
      歩くのは、往復で  時間くらいです。
      そんなに急な坂も無いので、ゆっくり行けばあまり疲れません。たぶん。
    • 設備がけっこう快適♪
      ロープウェイの駅に水洗トイレとレストランあり!
      設備がしっかりしていると安心しますね。
      近くに温泉もあります。
    • ロマン感じる…
      一の倉沢はクライミングの聖地なのだ……!!
      ルート開拓に命を懸けた人々のロマンを、そしてシンパシー(共感)を感じてください。
    • 絶景だよ!!
      頂上からの景色と、一の倉沢を上からのぞいた景色が最高!
      一の倉沢を下から見るのも、また良し!!
    • スリルありそうに見えるよ!
      全然登りやすいんだけど、一見スリルがあるように感じられる道が多数!
      興奮しちゃいます。。。。
      写真を上手に撮ったら、いい感じになりそう♪
      インスタ映えも、できちゃうかも!?
谷川岳、楽しそうでしょ〜♪
ぜひ行ってみてくださいね!!

 

最後に:谷川岳を日帰り登山するための知っておくべき情報

谷川岳日帰り登山での基本情報リンクをまとめました。
登山の前に、チェックしてくださいね!
 【リンク先】
地図オンラインで確認(ヤマケイオンライン)
地図を購入(谷川岳(2017年版) 苗場山・武尊山 (山と高原地図))
アクセス谷川岳ロープウェイHP
天気谷川岳オキノ耳の天気(てんきとくらす)
日の出・日の入り前橋(群馬県)の日の出入り(国立天文台)
山小屋肩の小屋(みなかみHP)
肩の小屋twitter
ロープウェイ谷川岳ロープウェイHP
登山指導センター谷川岳登山指導センター(ヤマケイオンライン)
服装・持ち物私が作ったリストです!

 

The following two tabs change content below.
日本一山を愛するトレッキングTRIPLER「ゆいこ」

日本一山を愛するトレッキングTRIPLER「ゆいこ」

自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です