セブ島在住者が教える!SMシーサイドシティモールに行ったら「必ず」やってほしいこと7選

国境なき移住家族トリップラーHIRO
家族での夢「住みたい所に住んでみる」をひとつずつ実現するため、一旦、第2の故郷メルボルンを離れ日本に帰国。2017年1月よりフィリピン・セブ島にて移住開始し、家族で非日常を体験中!「人生は一回ポッキリ」という魔法の言葉を唱えやりたいことはやってきます! ⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは。国境なき移住家族トリップラーのHIROです。

先日、友人が「SMシーサイドに行った?子供たちはきっと喜ぶよ!」と進められたのですが、SMシーサイド?ただのショッピングモールでしょ?とタカをくくっていました…でも…

「すいません!激しく訂正させてください…」

こんなに格安で親も子供も大満足なショッピングモールは初めてでした…

そんなSMシーサイドシティセブに、勝手にトリップラー気取りの息子2人と妻とで行ってきましたが、広すぎて半日では回れず何日かに分けて行ってきたので「着ている洋服が違う?」というツッコミはなしでお願いします(笑)

セブ在住の私がSMシーサイドシティセブに行ったら「必ず」やってほしいことを7つ選んでみたので参考にしてみてください!

 

 

子連れでセブ島に来たら絶対に行って欲しい巨大ショッピングモール「SMシーサイドシティセブ」



「SMシーサイドシティセブ」とは、SM系列が運営しているショッピングモールで、セブ島最大級と言われているぐらいなので、まぁ巨大です。

SM系列といっても、あっちのSMではなく(笑)、日本でいうイオンモールみたいな感じでSMモール自体、フィリピンにたくさんあります。

建物のなかは回廊型の4階建て、その回廊の中心部にはまだオープンしてない展望台?のようなタワーがあります。こんな感じ。

 


引用(http://business.inquirer.net/

じつは、SMシーサイドセブは2015年11月にオープンしたので、真ん中にある展望台もそうですがオープンしていない店舗がたくさんあります…

もうオープンして1年半ぐらい経っているのに?という疑問は持たないようにしています(笑)

 

 

SMシーサイドシティセブの行き方&地図



SMシーサイドシティセブは、今後開発が進められる海岸沿いに建てられているので、セブで有名なアヤラモールよりは少し遠いですね。

たとえば、アヤラモール前の「クエストホテル」に滞在したとして、そこからUBERを使って行くとすると…

 



こんな感じで、時間としては20~30分乗っても、かかる金額は135ペソ(約300円)で行けちゃいますね。

あと、日本人に人気のシャングリラホテルから行ったとしても300ペソ前後(約660円)なので、距離を考えると日本のタクシーと比べたら激安です。

 



ただ、上記のように時間帯によっては価格が少し高めだったり、かかる時間も違うので、まずは物は試しにUBERを活用してみてください。

とっても便利で安全なので海外旅行が楽しくなりますよ!

 

 

SMシーサイドシティセブでショッピングするなら?お土産は?


格安でショッピングするならココ!

SMシーサイドシティセブを入ったら店舗数の多さに驚くと思います。ふくらはぎが筋肉痛になることは覚悟しておいてくださいw

海外の有名なブランドもありますし、ユニクロやH&Mとかもあります。

ただ、時間も限られていることですし、子供も遊ばせてあげたいからショッピングもほどほどにと考えているなら「THE SM STORE」がオススメです。

いろいろなものが格安で買えますし、先日、ビールを飲むために購入したグラスもひとつ20ペソ(44円)で本当に大丈夫なのか不安になりましたw

セブではグラウンドフロアーと呼ばれているところに位置していますが、日本でいう1階なので迷わないように。

 

もらったら嬉しい!?セブ島土産



お土産にしたら喜ばれそうなものを見つけたので幾つか紹介させてください。

まず、最初に紹介するのはオススメというか「セブ島に行ってきました!系」のお土産が欲しい方は上記の「island souvenirs」が格安ですし良いと思います。

ただ、ちょっとハデすぎる気もするので…

まずひとつ目にオススメしたいのがココ!Kulutra(クルトゥーラ)です。

 



フィリピン土産がたくさん置いてあるアジアの雰囲気満載のお店です。

質の良いお土産が揃っていて、セブの伝統衣装、女性に人気の石鹸やココナッツオイル、ドライマンゴーなどの定番お菓子、葉巻なども置いてあります。

次はね、これ結構オススメなんですけど…

 



何だかわかります?

これアロマなんですけど可愛くないですか!?色ごとに香りが違うんです。

ミックスして買うことができて小さい箱(40g)に詰めて299ペソ(660円)と激安で、下の写真の測りに乗っている量で40gです。

 



上の写真のようにライトの上にそのアロマを乗せて溶けてくると、良い香りが広がってくるそうです。

これをお土産でもらったら嬉しいですよね。

最後は子供服なんですけど、じつは、フィリピンは子供服が安い!

 



価格がお手頃で日本人が好きそうな色合いなのが、このGingersnapsです。

 



Tシャツ2枚で700ペソ(1540円)とかなのに、西◯屋と比べたら格段に質がいいのでオススメです。

 



 

じゃあ、お土産&ショッピングを済ませたら、次はランチスポットを紹介しますね。

 

 

 

ランチならココ!日本人の味覚に合うランチスポット!



ランチを簡単に済ませたい!のであれば、吉野家もありますし、Jollibee(ジョリビー)にもチャレンジしてみてほしいですね!

なんと、Jollibee(ジョリビー)はあのマクドナルドより売上高が高いほどフィリピン人に人気のファーストフードです!

 



日本人の味覚に合うかどうかは「???」です…ちょっと甘いかもw

で、じつは激しくオススメしたいのがココ!

 



なんと本場香港でミシュランを取得したほどの飲茶のお店「添好運(TimHoWan)」なんですけど、まだオープンしたばかりということもありいつも混んでます。

平均価格が一品140ペソ(約300円)ぐらいとさすがに格安とはいかないけど、リーズナブルだとは思います。

 



シュウマイやエビ餃子、ワンタンスープにお粥、定番の春巻きやチマキなど子供が喜びそうなメニューも豊富です。

 



ただ、周りの人がみんなこぞって頼んでいる「あれ」が気になり、思わず追加で頼んでみたのですが…

子供の顔が喜びでこんなになっちゃいました!

 



その正体はコレ!

 



じつは、これ「チャーシューまん」なんです!

じつは、私は元シェフなので味には厳しい?のですが、この「外はカリカリ、中はトロトロ」はヤバめのテクスチャで、ちょっと甘めなんですけど病みつきになりそうですwww

久しぶりに驚きを覚えた一品なので、これだけでもSMシーサイドシティセブに行く価値ありです!

さて、お腹もイッパイになったところで、そろそろ子供の遊び場へと移りましょう!

 

 

 

SMシーサイドシティセブには子供の遊び場がたくさんある!



まずは、3歳以下でも遊べる場所をピックアップしたいと思います。

3階まで上がっていくと外に出られる場所があるのですが、そこには屋外の公園と水遊び場があります。

 



屋外の公園は日曜日に行ったので激混みでしたが、平日に行くとそこまで混んでないですし、下は柔らかい素材になっているので小さい子供でも危なくないですよ。

滑り台やシーソー、モンキーバー(日本語でなんでしたっけ?平行棒?)、ブランコなど十分楽しめると思います!

さらに、15時になるとこんな感じで水遊び場が開放されます。

 



もちろん、子供達は大喜びですが、親が着替えとかで大変なのと水着を持参しないと入れないので注意してくださいね。

あとは、キッズーナという子供が職業体験できるタイプのもの。日本にも似たようなのがありますよね。

 

 


Kiddy Cart(キディカート)とかもあります。5分間で50ペソ(110円)とこちらも格安w

 



そのほかにも、ジャンピングキャッスルが30分で100ペソ(220円)とか、子供の遊び場が山ほどあります。

特に、2階のフロアー(日本でいう3階)にたくさんあるのでチェックしてみてくださいね。

あれ?ちょっと小腹が空いてきました?

 

 

 

小腹が空いてきた?ちょっと休憩するならこういうのはどう?



SMシーサイドシティセブには、もちろんスタバもあるので定番のものはホッとしますよね。

ただ、メニューが違うのできっと新しい発見があるはず…たとえば、コーヒーゼリー入りのフラペチーノはいかがですか?

ちょっと甘すぎる(フィリピンはなんでも甘いw)ので「less sugar」でお願いするといい感じになりますよ。

じゃあ、自分でカスタマイズできるアイスクリームなんてどうですか?

 



マグナムというアイスクリーム屋では、まず、普通のアイスを購入してからチョコレートソースやホワイトチョコソースをかけます。

 



それにさらにトッピングまでできちゃいます!

 



もう見ているだけで口の中が甘くなってきますw

ちょっとお腹が空いてきた?ってことなら、日本風?の菓子パンを買えるお店「Bread Talk」があります。

 



定番系のレーズンパンやチョココロネ、スライスしたロールケーキなど種類は豊富です。

で!元シェフの舌を唸らせたのがコレ!

 



名前を見てみると「AnPan Cream Cheese(アンパン クリームチーズ)」!?

そうなんです…アンパンとクリームチーズが出会ってしまったようです…

 



まさか!?とは思いましたが、意外とたっぷりクリームチーズが入ってます…

早速、見た目は普通のただのアンパンを一口食べてみると…

 

「なんとアンコの甘みとクリームチーズのほのかな酸味が絶妙にマッチしているじゃないですか!!」

 

そんな感動に浸っている私を横目に、さすがは元シェフの遺伝子を継ぐ下の息子がそれを嗅ぎつけ…

 







あっという間になくなってしまいました…

帰り際に、もう一個自分のために買って帰ったのは言うまでもありませんw

さて小腹も満たせたとこで、帰る前に大人も一緒に楽しめるところをピックアップしてみました!

 

 

 

SMシーサイドシティセブには家族で楽しめる場所もたくさんある!



じつは、セブ島にもアイススケートができるところが一つだけあります…

「そうなんです!ここSMシーサイドシティセブですw」

通常価格は1日滑りたい放題で420ペソ(約900円)でしたが、平日になるとプロモーションで1時間99ペソ(220円)でできる情報をキャッチしたため、平日に上の息子のスケート初体験に付き合ってきました!

この価格には、スケート靴、ヘルメットも込みですが、ロッカーは別料金でした。

 



滑る前は、簡単だよ!な感じが満載ですが、滑りはじめると難しいことにすぐ気づき、レンタルでポーラーベア(白くま)を借りましたw

 



これは1時間で100ペソ(220円)で、入場料と同じ価格!?という小さい不満は置いておいて、とにかく息子にとっては親友のように仲良く滑ってましたw

白くまちゃんにしがみ付きっぱなしの1時間だったので面白くなかったかも?という心配はよそに本人は大満足だったみたいです!

あと、5歳以上じゃないと入場できないので気をつけてくださいね。

【価格表】



そのほかにも、SMシーサイドシティセブ内には、いくつか映画館もあります。

 



これが普通の映画館。

 



こっちがゴージャスな気分が味わえる映画館です。もちろん、両方とも英語。

 



あとはボウリング場もありますし、ゲーセンもたくさんあります。

 



ゲーセンはかなり格安で、1ゲーム15ペソ(約30円)とかで遊べちゃいますよ!

今さらながら、本当になんでもありますね、このSMシーサイドシティセブは…

で、最後に紹介したいのがコレ!

 



これは、子供の遊び場が集まっている2階(日本でいう3階)にあるのですが、子供が乗れるカートにしてはかなりスピードが出るので面白いです!

上の子は65kg以下なので一人で乗って100ペソ(220円)、下の子は私と一緒に大きめのカートに乗って150ペソ(330円)でした。

 



この価格で7、8周ぐらい乗らせてくれますし、何よりスピード感、ドリフト感がたまりません!

二人の息子も乗っている間ずっとニヤニヤしていたので、子供の満足度はもちろん高いと思いますし、大人も十分楽しめると思いますよ!

さぁ、これだけ遊んで食べたので、暗くなってきたしそろそろ帰りましょう!

と思いきや…最後にワナにハマりました…

 

 

 

最後に巧妙なワナにハマりました…



さぁ帰ろうとエスカレーターを使って一番下まで降りていくと…(ちなみに、エスカレーターは写真のように日本とは逆で左側通行ですw)

何やら音が聞こえてきました…

 

「ピューガガーーーン、ピュロピュロドドーーーン!」

 

音のなる方と帰る方向が一緒だったため、近づいていくと目に飛び込んできたのはコレ!

 



動く巨大ロボ…しかも、3分たったの50ペソ(110円)…

親の了解を得る間もなくロボットに乗り込む息子たち…どんだけ自由なんだ…お前達www

 


 

ちょっと乗っている姿を見てみたい!っていう気持ちもあったので良しとします!

ただ、SMシーサイドシティセブの出口、入り口付近には、このような巧妙なワナが仕掛けてあるので注意してくださいねw

他のところの出口にも、結構大きいメリーゴーランドがあったりもするので…

 

 

 

SMシーサイドシティセブのまとめ



SMシーサイドシティセブなら、小さい子供連れでも大人でもみんなで楽しめるショッピングモールなので、足を運んでみてほしいなと思います。

どうしても、子供がメインで行動するのはしょうがないし、親が我慢する場面って多いと思うのですが、私たち親も人間ですからね。

 

「ショッピングもしたいし、楽しみたいし、ワガママも言いたいですからねw」

 

そんな「ちょっとした欲求」を叶えてくるのがSMシーサイドシティセブなので、たまにはワガママ言って思いっきり家族と楽しんでみてくださいね。

最後に私の「SMシーサイドシティセブに行ったら【必ず】やってほしいこと7選」をまとめておきますね。

 
  1. 本場香港でミシュランをゲットした飲茶のお店「添好運(TimHoWan)」
  2. お手頃価格の子供服「Gingersnaps」でショッピング!
  3. カスタマイズできるアロマ「ECOLITE」でお土産を!
  4. 小腹が空いたら試してほしいアンパンクリームチーズ「Bread Talk」
  5. 常夏の島でアイススケートを!「SM Skating」
  6. ドリフト感がたまらない家族で楽しめるゴーカート「Racing Line」
  7. 子供の満足度120%の屋外の公園&水遊び場
 

おまけで帰り際に巨大ロボも乗ってみてくださいね!

あっ、最後に一つだけ!

たまにiPhoneの歩数計をみてください…1万歩超えてますからw

 

セブ島に関連するトリップラーコンテンツはこちら

【驚愕動画あり】セブ島オスロブでジンベイザメと泳げるツアーを格安で体験してきた件

2017.07.03

【セブ在住者おすすめ】デイユースならクリムゾン!魅惑の「泡パーティー?」に潜入取材!

2017.09.09

【元シェフ厳選】セブ島のスーパでも手に入るお菓子系土産を徹底分析

2017.10.07

【時間がない人必見】セブ市内から日帰りできるセブ島南部のおすすめ観光スポット3選!

2017.10.21

The following two tabs change content below.
国境なき移住家族トリップラーHIRO

国境なき移住家族トリップラーHIRO

家族での夢「住みたい所に住んでみる」をひとつずつ実現するため、一旦、第2の故郷メルボルンを離れ日本に帰国。2017年1月よりフィリピン・セブ島にて移住開始し、家族で非日常を体験中!「人生は一回ポッキリ」という魔法の言葉を唱えやりたいことはやってきます! ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

国境なき移住家族トリップラーHIRO

家族での夢「住みたい所に住んでみる」をひとつずつ実現するため、一旦、第2の故郷メルボルンを離れ日本に帰国。2017年1月よりフィリピン・セブ島にて移住開始し、家族で非日常を体験中!「人生は一回ポッキリ」という魔法の言葉を唱えやりたいことはやってきます! ⇒プロフィールの詳細はこちら