笹川流れ(新潟県)の絶景海岸へ!海水浴、遊覧船、岩がきランチを楽しむ贅沢プランを徹底解説!!

日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ
自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら

夏だ!海だ!!笹川流れだ!!

笹川流れで泳いできました!


「笹川流れ」は新潟県にある絶景海岸。

川の名前っぽいですが、地域の名前です。

 

白い砂と澄んだ海、ゴツゴツした岩や洞窟がイイ感じ!

海水浴では「こんな近くにこんなに魚がいるなんて・・・」とびっくり。

お腹が空いたら岩がきランチや魚の干物にイカの一夜干し。

のんびりしたけりゃ遊覧船。

結構人気の釣りスポットでもあります。

 

今回は、そんな夏を満喫の笹川流れ贅沢プランを徹底解説しちゃいます!!

笹川流れの観光プランはこれだ!!



笹川流れといえば、キレイな海!!
笹川流れに行ったら海水浴メインがオススメです。

オススメの日帰りプランと宿泊プランご紹介します。

(1)日帰りプラン


午前 天ぴ屋で小腹を満たす→遊覧船
ランチ ちどりで岩がき定食
午後 お気に入りスポットで海水浴
 

「海に入って濡れちゃうと、乾かしたり着替えたりするのがちょっと面倒・・・」

そんな人が多いと思うので、海に入る前に遊覧船とランチを楽しんじゃうのがベスト!

各スポットの詳しい解説は、もうちょっと後に書いてありますので、見てね♪

(2)宿泊プラン


【1日目】
午前  天ぴ屋で小腹を満たす→遊覧船
ランチ  ちどりで岩がき定食
午後  お気に入りスポットで海水浴。

日本海に沈む夕日を見る。
宿泊  キャンプか民宿でゆったり♪
【2日目】
午前  昨日とは別のところで海水浴
 

宿泊プランは、1日目は日帰りプランとほとんど一緒です・・・・が。

「日本海に沈む夕日を見る」というナイスなオプションが付いてきますよ!


出典:新潟県ホームページ

海辺で見る夕日・・・イイ!!

 

そして2日目は、1日目とは違う場所で泳いでみましょう。

笹川流れは、たっくさんの海水浴ができる場所があります。

それは、笹川流れに入る手前から、終わってから少し行ったところまで広がってるんです。

 

岩が多いところや、砂浜が広がる場所、岩に囲まれた場所などいろんなタイプの場所があります。

なのでぜひ!

いろんなタイプの場所を楽しんで欲しいと思います。

 

私もお気に入りスポットが数カ所あります。

その日によって濁りや魚の入り具合も違うので、海水浴スポットをハシゴするのが私のスタンダード♪

 

そして宿泊ですが、

笹川流れには海辺のキャンプ場や海辺の民宿も多数ありますので、そちらに宿泊して楽しめます。

「笹川流れ キャンプ」「笹川流れ 民宿」で検索してみてください!

笹川流れで海水浴。「近くで魚が見れたよ!!」

 



笹川流れに行ったならば、ぜひ海水浴を!

 

海がキレイなのももちろんですが、岩が多いのも高得点のポイント。

岩、磯には魚が潜んでいます・・・♪

 

そんな笹川流れの海水浴の魅力をご紹介します!

(1)近くでも魚がいたよ!水中メガネは必須アイテム!



魚が見られるので、水中メガネは必ず持って行くべし!!

 

海岸の波打ち際のすぐ近くに魚が結構いるって知ってました!?

実は私、大人なってから知りました。

子供の頃は、海で水中メガネつけて魚観察したことがなかったんです。

 

水中メガネで海の中を見てみると・・・

キス、サヨリ、アオリイカ、豆アジ、アジ、クロダイ、ベラ、フグとかが、すぐそこの海で泳いでるんです!!!





水中メガネで、超見えます!

 

笹川流れは釣りスポットでもあるので、冷静に考えれば

「釣れるってことは、いるってことだよね。

ってことは、見れるに決まってるじゃん。」

ってなるんですが、やはり、実際に見ると感動が違います。

 

海って、生き物がこんなにいるんだな・・・超偉大だ!!と感じます。

 

キス釣りやる人なんかは、海で底が砂になっている所でキスが数匹連なって泳いでいるのを見ると、

「ほうほう、やっぱこーゆーところで、こーやって泳いでるわけね・・・

意外と手前にもいるもんだな・・・

釣りたい!」

ってなること間違い無し!!

 

なので、水中メガネをぜひ持って行ってください!!

(2)日本百景にも選ばれた絶景海岸。青い海、白い砂、奇岩にうっとり



笹川流れは、日本百景にも選定されるほどの絶景海岸景勝地域。

あと、国の名勝および天然記念物にも指定されています。

 

笹川流れは、日本海。

日本海って、冬の荒波やどんよりとした色の海を想像しがちですが、

笹川流れは、青い澄んだ海・白い砂・迫力ある奇岩の絶景があります!

日本海の魅力を見てください!!

(私は日本海育ちなので、超プッシュ☆)

(3)洞窟で探検気分バッチリ!



日本海の荒波で作られた奇岩がたくさんの笹川流れには、洞窟もけっこうあります。

洞窟って・・・・

探検気分バッチリですよね!!

 

入る前からワクワク・・・

入ってもワクワク・・・!!!



ただの穴なのに、こんなにワクワクするなんて、洞窟ってマジですごいです!

笹川流れで洞窟を見つけたら、探検して見てください♪

 

私の行きつけの洞窟は、すぐに水深が深くなります。

そして、洞窟の入り口から出口に向かって風が吹いてます。

なので、浮き輪で浮かんでいるとけっこう流されて、

「やばい!もどれない!?風に逆らって進むのって辛い!!」

ってなるので絶対に注意してくださいね!!

 

お子さんは、必ず保護者の監視下で。

泳げない大人の人も気をつけてください。

(4)海水浴スポットがたくさん!お気に入りの穴場を探してね



笹川流れと呼ばれている地域のちょっと前から、ちょっと後まで、海水浴スポットだらけです!

場所が多い割に、田舎のためか海水浴客が少ないので、空いてる穴場も見つけられるはず!

とりあえずいろんな場所を物色して お気に入りの海を探して見てくださいね♪

 

どんな基準で探せば良いかというと、、、

シャワー、トイレ、バーベキュー、キャンプ、砂浜、磯、小さな砂浜、大きな砂浜、遠浅、深い海、空いてる海、魚がいる、海藻が少ない・・・。

いろんな選び方ができます!

ぜひお気に入りの場所を見つけてください。

 

私は、お気に入りスポットが数カ所あります。

私の基準は、「魚がいるところ」一択!

 

いつも数カ所巡って、濁り具合や魚がいるかをチェック。

そして、その日のベストスポットで魚を満喫しています♪

(5)遠浅では無いので、安全にはくれぐれも注意!!



海は、急に深くなることがあります。

急に足がつかなくなることがあるので、子供はもちろん大人も注意してください!

 

だんだん深くなる海もありますが、急に50cm以上深くなることもあるので気が抜けません。

人が少ない海なので、他人の助けは期待できないかもしれません。

安全管理は自分でしっかりしましょう。

ライフジャケットをつけるのも良いと思います。

ランチはもちろん海の幸!素朴なうまさがたまらない!!



海でのランチは、貝や魚、海の幸を味わいたいものです。

笹川流れのキレイな海の美味しい海の幸をめしあがれ!

(1)食堂「ちどり」でランチ。岩がき定食が私の鉄板!!



ジャーン!岩がき定食!!

岩がきが美味しいのはもちろん、その他のおかずも美味しい!

おかずはいつも微妙に違ってて、でもいつも美味いっす。

 

そしてボリューミーで満足できます。

ご飯お代わりとかできちゃう。満腹、満腹♪

(2)遊覧船乗り場の「天ぴ屋」でイカや魚の一夜干しを食べて小腹を満たす♪



遊覧船乗り場には、ちょっとしたお店があります。

売っているものは、イカや魚の一夜干しや、ソフトクリームなど。

 

私はいつも、一夜干しを買っちゃいます。



 

お店の前で魚とか干してるんですよ!





イカが超かわいい♪
店舗名 天ぴ屋
住所 新潟県村上市桑川968
電話番号  0254-79-2154

遊覧船でカモメとたわむれながら絶景鑑賞!


出典:日本海きらきら羽越の旅

笹川流れは奇岩で有名なので、遊覧船で奇岩の絶景を鑑賞しちゃいましょう!

アナウンスを聴きながら、眼鏡岩、恐竜岩など名前のついた奇岩を海から見ることができます。



所要時間は約40分で、絶景鑑賞とカモメのエサやりを楽しめます。

カモメのエサ用のかっぱえびせんは船で100円で買えるので、ぜひチャレンジ!

出典:笹川流れ観光汽船


店舗名 笹川流れ観光汽船
住所 新潟県村上市桑川975-44
電話番号  0254-79-2154
 

どんな服装・持ち物で行けばいいの?



あまり海水浴に行かない人は何を持っていけばいいのかよくわからなくて、不安になりますよね。

何度も通っている私が選んだ、服装と持ち物をぜひ参考にしてください!

(1)服装



【海に入る前】

行きは水着の上に服を着ます。

服は脱ぎ着しやすくて、少し濡れたり汚れたりしても気にならないものがいいですね。

 

タイトな服よりもユルめの服が着替えが楽ちん。

私はいつも、ユルっとして伸縮するマキシ丈スカートとTシャツで行きます。

色はもちろん、濡れても気にならない系の色で!

乾きやすいとなお良し!

 

【海に入る時】

水着と海用の靴(マリンシューズ)を着用。

日焼けが気になる人は、ラッシュガードも着るといいです。

 

私は浮き輪で浮かんで魚を見るのが好きなんですが、そうすると、首と背中が超焼けます。

パーカータイプのラッシュガードで日差しを防ぎたい!

 

マリンシューズも必須アイテム。

砂の熱さが気にならないし、磯を歩く時も安全。

ビーチサンダルだと泳ぐ時にガポガポしますが、マリンシューズだとそんなこともありません。

 

【海の後】

着替えられるような場所が無い場合が多いので、着替えやすい服が良いです。

水着は濡れちゃっているので、下着に変えます。

水着っぽい下着にするとうっかり見えちゃっても

「別に、水着だし。下着じゃないし。」

ってかんじで堂々としていられるので、密かにオススメしておきます!

「水着乾かして、そのまま服着れば良っかー」

ってちょっと思っちゃいますが、水着って意外と乾かないので着替えるのが無難です。

 

着替え用にゴム入りバスタオル(プールタオル)があると便利!

そうすれば、隠れる場所がなくても着替えられますね。

(2)持ち物



【必ず必要】

水着、マリンシューズ、水中メガネ、タオル、バスタオル(プールタオルだとベスト)

【あると楽しい・安全】

水中カメラ、浮き輪、ライフジャケット、フィン(足ひれ)、シュノーケル

(3)海に入るとき、貴重品はどうするか



海に入る時に悩まされるのが、貴重品はどうしたら良いの!?って問題。

 

まずは、貴重品を最低限しか持って行かないのがベスト!

最低限のお金と家の鍵(車で行く人は、車の鍵も)ですね。

 

そしてそれを、防水のケースに入れて・・・

海に持って入ります。

 

私はジップロックに入れて水着に挟みますが、それ用の防水ケースも売られていますのでそっちがオススメ!

どんな時に行くのがいいの?「海が濁ってない時です!!」





こちら、濁ってる時の笹川流れの海の中。

 

緑色で何も見えません。

まるで、手入れを怠ったザリガニの水槽のよう・・・・!!

クラゲがいたとしても見えない恐怖。

すぐに撤退しました。

 

海がキレイな笹川流れですが、濁っている日もあります。

濁るのは、こんな日です。

・雨の後

・波が高い

・風が強い

 

晴れてるかどうかは関係ありません。

晴れてても濁ってる日もあれば、

どんよりくもってても濁って無い日もあります。

 

「雨が降らなくて、風も強く無い」

そんな日が2〜3日続けば悪く無いはず。

 

濁ってない日に行けると良いですね!

 

ちなみに、私も半分くらいは外してます・・・・。

笹川流れにはどうやって行くの?



では、笹川流れにはどうやって行ったら良いのか?

交通手段別にご紹介します。

(1)車で行くには?



高速道路の日本海東北自動車道「村上瀬波温泉IC」から車で45分で着きます。

ナビに入れる時は、「道の駅 笹川流れ 夕日会館」か、「桑川駅」で入れると良いです。

 

高速道路を利用する時の時間と料金を調べるのは、このサイトが便利です。

使ってみてください。

>>ドラぷら

 

【所要時間】
 東京  約5時間
 大阪  約8時間

(2)電車で行くには?



新潟駅まで新幹線で行き、そこからJR羽越本線に乗り換え、「桑川駅」で降ります。

桑川駅で降りたらもうそこは、笹川流れです!

(食堂「ちどり」も目の前!)

 

電車を使う時の、時刻や料金を調べるのはここのサイトが便利です。

>>ジョルダン

 

【所要時間】
 東京  約3時間30分
 大阪  約5時間30分

まとめ



遊覧船・海の幸・海水浴!!

海と夏を満喫できる贅沢プラン、いかがでしたか?

 

ぜひ、自然を楽しんで、癒されてください!

 

近くの海にもステキな非日常は潜んでいます。

ぜひ、体験してくださいね!!

The following two tabs change content below.
日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ

日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ

自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ

自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら