音楽家が送るアメリカンな街・福生のおすすめ観光&ランチまとめ!

音楽家×塾講師TRIPLER「FUMITAKE」
シンガーソングライターとして自主制作で音楽作品をリリース。iTunesやAmazon、タワーレコードなどから発売して全国ツアーを行い、旅の喜びに気づく。 現在はビジネスを学び、個人でウェブサイトの制作・運営を行いながら、ウェブマーケティングで企業すべく鋭意修行中。 ⇒プロフィールの詳細はこちら


東京から約1時間のところに手軽にアメリカにいる気分になれる街があるのをご存知でしょうか?

どうも、音楽家×塾講師トリップラーのFUMITAKEです。

米軍横田基地のある福生にはアメリカンテイストのオシャレなショップが軒を連ねています。

今回はそんなカラフルでキュートな福生の街に心躍らせる観光レポ!

福生の面白いところについてのボリュームのある内容となっているので、

目次から気になるところへピュッ♪と飛んで読んでもらえたらと思います^^。

福生ってどんな街なの?

福生市は東京都の多摩地域中部にあり、市の1/3がアメリカの空軍基地となっています。

都心から電車で約1時間という好アクセスの場所にあり外国人の方が多くみられる影響でアメリカンテイストな街になっています。


またアメリカンな福生の街を歩いてワクワクした気持ちを歌にしてみたので、よかったら僕のオリジナルソングも聞いてみてください♪

それではどうぞ!

この記事の目次

福生観光ならここ!アメリカの大衆文化を味わえるベースサイドストリート!


福生ならではの異国情緒が味わえるのは米軍横田基地に面した国道16号選沿いの「ベースサイドストリート」。

おしゃれなカフェや雑貨屋さん、アンティークショップ、古着屋さんなどバラエティ豊かなショップが立ち並びアメリカンな雰囲気です。

ベースサイドストリートの全体を把握できる大きな地図が通りに設置してあります。

「ここにこんなお店があるんだ!」という発見があったりして楽しくなります。


街角にはハーレダビッドソンのド派手なバイクが無造作にゴロンと停めてあったりします。

1950年代のクラシックなアメリカ車が。しかもどれもピカピカ。

実物はめちゃくちゃでかくてゴージャスでカッコよくて、現代の車と比べると世界観が全く異なる夢とロマンが感じられました。

オシャレなお店が立ち並ぶ街路を歩いていると、客寄せのバンド演奏が。

なんでしょう?まるでニューオリンズの街みたいなノリ?を感じるんです(あくまで想像)。

続いてはベースサイドストリートにあるカフェや雑貨屋さん、アンティークショップなどをそれぞれ詳しく見ていきましょう♪

ベースサイドストリートの詳細
アクセス JR八高線・東福生駅から徒歩5分
TELL 042-530-2341 (福生市観光案内所 くるみる ふっさ)
ウェブサイト http://www.kurumiru-fussa-omotenashi.com/

観光&ランチにオススメの福生グルメ6選!


福生のベースサイドストリートにはアメリカンなグルメを楽しめるスポットがたくさんあります。

魅力的なお店が色々ありすぎて、どこにしていいか迷ったりすることも珍しくなですよね。

なのでここからはオススメのグルメを体験レポを織り交ぜながら紹介していきますね!

⑴福生でハンバーガーならここ!DEMODE DINER(デモデダイナー)


福生のグルメとしてまずオススメなのが、1950〜1960年代のアメリカのレストランをイメージした「デモデダイナー福生(DEMODE DINER)」です。

アメリカンサイズの大きくてジューシーなこだわりのハンバーガーが人気となっています。

僕は福生に来て、いの一番に訪れたのがこのハンバーガー・レストランでした。


国内の普通の飲食店では見られない、統一感のあるおしゃれなインテリアで徹底的に演出された店内は独特のかっこよさがあります。

ただそこにいるだけでレトロなアメリカ映画の自分が出ているような気分に僕はなっちゃいました。


こういう文字表示って、ビートルズとかローリングストーンズ、ボブディランなどの1960年代のコンサート会場に使われてる、エンターテイメントでポップなイメージが僕は強かったりします。

「ROLLING STONES 8:30PM TONIGHT」って書いてあるみたいな。

そういうのをよく雑誌や映像なんかで見かけた記憶があるので。

こだわりのマスタードとケチャップ。
デモデダイナーのメニュー。

入り口のドアにも貼ってありました。

独自の個性を持ついろんなハンバーガーがあるのがわかります。

角のテーブルでこれから食べるハンバーガーにワクテカしてるのを隠しきれないワタクシ。
ドーン!
来ましたデモデダイナーのハンバーガー!

「TEX-MEX BURGER(テックスメックスバーガー)」というチリビーンズの入ったテキサス×メキシコ料理のハンバーガーにしてみました。


とにかくまず思うのが「デカイ!!」の一言。

手に持って食べるのはちょっと無謀かも。

一緒についてくるナイフとフォークを使って、ステーキとかと同じように自分の食べやすいサイズに切り分けていただくスタイルですね。


と言いつつ実は手づかみでかぶりついてみました(笑)。

パティは名物となっていて、カタマリで仕入れたお肉に7種類のスパイスを混ぜ、それをじっくりと炭火で焼き上げています。

ジューシーで肉感たっぷりの忘れられない美味しさでしたよ♪


ちなみに店外では服のフリーマーケット的なことが開催されていてこちらも賑わっていましたよ♪

DEMODE DINERの詳細
名称  デモデダイナー福生(DEMODE DINER)
住所  東京都福生市熊川1121
TELL  042-530-6614
OPEN  11:30~22:30(L.O.21:45)
定休日  なし
ウェブサイト  https://tabelog.com/tokyo/A1330/A133001/13010205/

⑵米軍基地生まれ沖縄育ちのアイスクリーム屋さんBLUE SEAL(ブルーシール)


「BLUE SEAL(ブルーシール)」は、沖縄の米軍基地が発祥の有名なアイスクリーム屋さんです。

沖縄の素材で作られた軽やかな口どけの、アメリカンフレーバーのアイスを楽しむことができます。

巨大でありつつ50’sでポップ&キュートなデザインの看板があるおかげで、簡単に見つけることができます。


好きなアイスクリームを自分で選んで組み合わせられる「ワッフルボール」を食べてみました。

美味しそうに盛りつけようと気負ってアイスクリームをモリモリに(笑)。

見た目は鮮やかですが味は爽やかで食べやすい美味しさ。すごく満足しました。

アイスの種類は豊富なので、迷ってしまいますが楽しく選ぶことができますよ♪

BLUE SEALの詳細
名称  ブルーシール福生店
住所  東京都福生市福生2475 横田基地前
TELL  042-551-0539
OPEN  11:00~22:00
定休日  なし
ウェブサイト  https://www.blueseal.co.jp/shop/

⑶スタイリッシュなベーグルカフェ、HOOP(フープ)


「HOOP(フープ)」はカフェが併設された焼きたてベーグルのお店です。

ベーグルは30種類ものメニューがあり、ボリュームのあるもっちりとした食感なので、1つだけでも満足できます。

店内はとても広く、ダークトーンの木を基調としたスタイリッシュな雰囲気と開放感あふれるガラス張りの作りの素敵な空間となっています。

自家製ローストビーフサンドなども人気で、オススメ♪

サラダやスープ、ポテトチップスがつくセットを頼むこともできますし、テイクアウトも対応してくれますよ。

HOOPの詳細
名称  Hoop(フープ)
住所  東京都福生市福生2475
TELL  042-530-8877
OPEN  9:00~20:00 (LO 19:30)
定休日  なし
ウェブサイト  https://tabelog.com/tokyo/A1330/A133002/13140250/

⑷レトロで可愛いサンドイッチ屋さんCHEESE AND OLIVE(チーズ&オリーブ)


「Cheese and Olive(チーズ&オリーブ)」はキュートてレトロなロッジ風の建物が印象的なサンドイッチ屋さんです。

ボリュームがしっかりとあるサンドイッチは種類も豊富で、とても奥深い美味しさ。外国人の方も多くおとづれています。

CHEESE AND OLIVEの詳細
名称  Cheese and Olive(チーズ&オリーブ)
住所  東京都福生市加美平3-7-11
TELL  042-552-2315
OPEN  11:00~21:00(平日・土曜日)
11:00~18:00(日曜日)
定休日  毎週火曜日 第一月曜日
ウェブサイト  http://cheese-and-olive.jp

⑸日本にピザを広めたニコラスザペッティのピザ屋さんNICOLA PIZZA(ニコラピザ)本店


「NICOLA PIZZA(ニコラピザ)」は戦後日本に初めてピザを伝え広めたイタリア系アメリカ人ニコラス・ザペッティが開いたピザ屋さんの、本店です。

ニコラピザ本店の歴史は古く、1959年にオープンして以来、福生の名所となっています。

生地をカリッと薄く焼いて、たっぷりとスパイスやゴーダチーズを使って作られる本場ニューヨーク仕込みのニコラのピザの味は、創業以来たくさんの人々に愛され続けています。

30種類以上あるトッピングの組み合わせで700ものバリエーションからピザを楽しむことができます。

NICOLA PIZZAの詳細
名称  ニコラピザ福生本店
住所  東京都福生市福生2402
TELL  11時〜23時(ラストオーダー22時)
OPEN  11:00~23:00
曜日により多少の変更があります。
定休日  火曜日
ウェブサイト  http://pizza-nicola.com/

⑹木を植えるレストラン オーロラのB級グルメ「福生ドッグ」


「木を植えるレストラン オーロラ」は壁にツタが絡まる外観と洞窟の中のような店内が印象的な「自然は洋食レストラン」です。

石垣島直送の石垣牛100%の肉汁と旨みたっぷり柔らかハンバーグなどが人気となっています。


福生ではご当地B級グルメ「福生ドッグ」が様々なお店で食べることができるのですが、僕はオーロラさんのをいただきました♪

木を植えるレストラン オーロラの詳細
名称  木を植えるレストラン オーロラ
住所  東京都福生市福生二宮2477
TELL  042-539-4139
OPEN
ランチ:11:30~15:00(L.O.14:30)
ディナー:18:00~22:00(L.O.21:30)
定休日  月曜日(祝日の場合は火曜日)
ウェブサイト  http://restaurant-aurora.com

福生ならではのアメリカンなインテリアショップ/雑貨屋さん5選!


福生はアメリカンな雑貨や家具・インテリアを始め他では見つからないような素敵なアイテムと出会える街でもあります。

ただ見て歩くだけでも新鮮で非日常な刺激がありワクワクしてくるそんな福生のショップをここでは紹介していきますね♪

⑴アメリカ直輸入品やハンドメイドなどの可愛い雑貨を扱うTABASA(タバサ)


「tabasa」はアメリカから直輸入したものやハンドメイドのものを扱う可愛い雑貨屋さんです。

ピンクの壁にカラフルな花飾りのレトロアメリカンでポップな外観が魅力的。

ハロウィンやクリスマスなど季節ごとのイベントの時期には飾り付けが変わっているので、行くたびに楽しくなります。

花をモチーフにした雑貨やかわいいキッチン雑貨など、ただそこにいるだけでワクワクするような素敵な雑貨を多数取り扱っていてプレゼントにもオススメですよ♪

TABASAの詳細
名称  tabasa
住所  東京都福生市福生2479
TELL  042-553-1634
OPEN  10:00〜19:00
定休日  水曜日と木曜日(祝日をのぞく)
ウェブサイト  https://www.facebook.com/kurumiru.fussa.omotenashi/posts/673102079397503

⑵アメリカから買い付け!ヴィンテージ家具ショップDECO DEMODE(デコデモデ)


「DECO DEMODE(デコデモデ)」は、ヴィンテージハウスパーツショップです。わかりやすく言うとユーズド家具のお店ですね。

アメリカから直接買い付けをして、メンテナンスをした1930〜60年代のヴィンテージ住宅建材を扱っています。

ミッドセンチュリーの素敵なキャビネットや照明器具を始めスクリーンブロックやタイルからUSメイドの食器まで、本格的なアンティークもののインテリアショップです。

お引越しの際やDIY、部屋のリフォームをするときなどにまさにオススメのショップですよ♪

DECO DEMODEの詳細
名称  DECO DEMODE
住所  東京都福生市福生2351
TELL  042-552-6274
OPEN  11:00~20:00
定休日  なし
ウェブサイト  www.demode-furniture.net/deco

⑶大正〜昭和期の日本家具・照明を扱うデモデ福中(DEMODE FUKUNAKA)


「デモデ福中」は大正〜昭和期に作られた上質な日本製家具や照明を中心にアンティークな食器類や古道具などを扱うおしゃれな空間です。

長い時間を経て変化してきた鉄や木ならではの風合いは、素材に本来備わっている美しさを感じさせてくれます。

店舗のコーディネイトやスタイリングなどもしてくれるそうですよ♪

デモデ福中の詳細
名称  デモデ福中(DEMODE FUKUNAKA)
住所  東京都福生市熊川1148-4
TELL  042-553-3981
OPEN  11:00~20:00
定休日  なし
ウェブサイト  http://www.demode-furniture.net/fukunaka/

⑷アメリカの50〜60年代アンティークを扱うBIG MAMA(ビッグママ)


「BIG MAMA(ビッグママ)」はアメリカの西海岸や南部から直接買い付けた1950〜60年代のアンティークを扱う家具・雑貨のショップです。

ポップな外観がとてもキュートですね。

店内に所狭しと並べられている1000点以上ものアンィーク品のほとんどがヴィンテージの一点ものです。

もし気に入ったものが見つかったらその時が一期一会の運命かもしれません。

おしゃれでキュートなもので溢れているので女子はそこにいるだけでテンションMAXになりますよ。

ウェブサイトから入荷された商品が随時紹介されおり、通販も行っているのでぜひチェックしてみてください♪

BIG MAMAの詳細
名称  BIG MAMA
住所  東京都 福生市 福生二宮2485-1
TELL  042-513-7897
OPEN  12:00~19:00
定休日  水曜日
ウェブサイト  http://fussa.bigmamablog.jp/

⑸アメリカングッズやアメコミグッズならここ!APRILL FLASH(エイプリルフラッシュ)


「April Flash」はアメコミグッズやレトロ雑貨、ステッカーや香りものなど、海外雑貨やアメキャラ好きな人が欲しいものが何でも揃っているアメリカン雑貨のショップです。

人1人がやっと通れるスペースの周囲に所狭しと並んでいるグッズの数々に、ワクワクすること間違いなしですよ♪

APRILL FLASHの詳細
名称  April Flash
住所  東京都福生市福生2364-1
TELL  042-553-5910
OPEN  11:00~20:00
定休日  なし
ウェブサイト  http://www.fussabasesidestreet.com/shoplist/?id=1490196733-305172&p=1&ca=8

他にも色々ある!アメリカンな街・福生の個性的なショップ5選!


福生のベースサイドストリートには、様々な個性の素敵なショップが軒を連ねて、街の景観に異国情緒を演出していたりもします。

ここではそのほかの福生ならではのショップを紹介していきますね!

⑴レトロアメリカンなアートギャラリー×クレープカフェのREPAIR PLANT(リペアプラント)


「REPAIR PLANT(リペアプラント)」はレトロアメリカンな雰囲気のアートギャラリー/カフェです。

店頭で美味しいクレープをテイクアウトすることができます。

アートギャラリーは2階ににあり、不定期で子供達の作品と展示するキッズギャラリーやライブペイントのイベントなどが行われています。

お店の建物には見ごたえのある大きな壁画が描かれています。

ガレージの中が飲食スペースとなっており、ご家族連れのお客さんで賑わっていました。

ポップなクラシックが置かれているギャラリーの奥。オールドアメリカンな雰囲気抜群ですね。

移動クレープ屋さんの車もガレージの中にあって、パンチの効いた大きなインテリアとなっています。

この移動クレープ屋さん「Harry’s Garden」は福生周辺では毎週火曜日と水曜日にTSUTAYA羽村店で営業しています。

おしゃれな雰囲気ですよね♪

オリジナルポップコーンなどもテイクアウトできますよ♪

REPAIR PLANTの詳細
名称  REPAIR PLANT
住所  東京都福生市福生2356-7
TELL  042-513-3681
OPEN  10:00~19:00
定休日  不定休
ウェブサイト  https://www.facebook.com/artgallerystudiop2h

⑵ミリタリー物をお探しならここでキマリ!PHANTOM(ファントム) 横田


「Phantom(ファントム)」はコアなマニアからファッション・アウトドア好きの方まで幅広い層に親しまれているミリタリー雑貨ショップです。

欧米やヨーロッパなど約15カ国の軍物が並び、サバイバルゲームで着る服も全身ここで揃えることができますし普段着る物として重宝する衣類も豊富ですよ♪

PHANTOM横田の詳細
名称  PHANTOM 横田店
住所  東京都福生市福生2212
TELL  042-553-1666
OPEN  11:00 – 20:00
定休日  なし
ウェブサイト  http://www.phantom-web.com/

⑶宇宙人が出迎え⁉︎ネイティブアメリカンなRAINBOW TRIBE(レインボートライブ)


「Rainbow Tribe(レインボートライブ)」はネイティブアメリカン好きにはたまらないジュエリーショップです。

お店の外では変な宇宙人の人形がお出迎え!

シルバーアクセサリーやお香などをリーズナブルに買うことができますよ♪

RAINBOW TRIBEの詳細
名称  RAINBOW TRIBE
住所  東京都福生市福生2269
TELL  042-551-9406
OPEN  平日12:30-8:30 土日11:00-8:30
定休日  なし
ウェブサイト  なし

⑷アメリカンな見た目の保険代理店(有)パラマウントジョーンズ


「パラマウントジョーンズ」は自衛隊やミリタリー、外国人の人たちに対応してくれる医療・生命保険の代理店です。

窓にびっしりとステッカーが貼られているアメリカンな見た目がカッコよくて、福生特有の異国情緒を醸し出していました。

(有)パラマウントジョーンズの詳細
名称  (有)パラマウントジョーンズ
住所  東京都福生市福生2474
TELL  042-551-2744
OPEN  平日:9:00~18:00
土 曜:10:00~14:00
定休日  日曜日
ウェブサイト  なし

⑸音楽の街でもある福生のシーンを支える、信頼度の高いギター屋さん楽器工房キャットロック


「楽器工房キャットロック」がギターを中心に取り扱う楽器屋さんです。

30年以上の経験を持つオーナーは楽器について非常に博学。

販売されている楽器はしっかりと調整が行き届いており、リペア工房を備え他お店は、確かで末長いサポートをしてくれます。

楽器の試走などもフレキシブルに対応してくれますよ。

店内には様々な弦楽器があり見ていて面白いです。

小ぶりなビザールギターが天井にまで!

楽器が好きな方は福生に来た際にはぜひ、面白い楽器屋さんのキャットロックに立ち寄って見てはいかがでしょうか。

キャットロックオーナーで楽器職人の大崎さんと。

キャットロックのオーナー、大崎さんはハワイの弦楽器「ワイゼンボーン」を自ら日本製で作り独自ブランド化している凄い人です。

大崎さんが作ったR&Bellの日本製ワイゼンボーンは、国内で入手できる上質なものとしてはとても貴重となっています。

プロの有名ミュージシャンにも愛用者が多いんですよ。インターネットから注文して購入することもでいます。

僕はせっかくなので直接このキャットロックに足を運んでR&Bellワイゼンボーンを買ったことがあり、今も大切に弾かせていただいています。

楽器工房キャットロックの詳細
名称  楽器工房.Cat Rock.(キャットロック)
住所  東京都福生市福生867-14-101
TELL  042-551-0052
OPEN  13:00〜20:00
定休日  水曜日
ウェブサイト  http://catrock-guitar.com/

国際都市・福生のアメリカンな名所・観光スポット3選!

ここからは米軍基地のある福生ならではのマジックを感じさせる、コアな観光スポットを紹介していきます!

⑴50年代〜のオリジナルの姿が残されている「福生アメリカンハウス」!


「福生アメリカンハウス」は1958年に作られた米軍ハウスをリノベーションしてオリジナルグッズ販売や、建物内を見学できるコミュニティースペースです。

アメリカンハウスを保存し、当時の姿を再現し無料で展示しているんです。

米軍ハウス(アメリカンハウス)とは?

米軍ハウスは、1951年の朝鮮戦争で横田基地の人員が増加し、基地の中に収まりきらなくなった米兵の居住する場として用意された住宅です。

カラフルな平屋建てに広い芝生の庭がついて、アメリカンな住まいが再現されているのが特徴なんです。

朝鮮戦争の終結後に人員の規模が縮小され、住む人のいなくなった米軍ハウスには日本人が住むようになりました。

当時、小説家の村上龍さんや音楽家の大瀧詠一さん、桑田佳祐さん、忌野清志郎さんといった人たちがに住んでいたことはよく知られているんです。

最盛期には2,000棟も建てられたいて米軍ハウスは、現在残っているのは150棟ほどになり、他にはない貴重な建築遺産となっています。

福生アメリカンハウスの中はこんな感じです。

1950〜70年代のアメリカンハウスの様子が伝わってきます。

僕が来た時は、ドラムやアンプ類が置いてあって、中でこれからバンドのライブイベントが行われるところでした。


レトロなオーディオが設置されていて雰囲気があります。

ちなみにこのオーディオ、ちゃんと音が出ていましたよ。

奥にあるキッチン。

オールドアメリカンテイストのインテリアでコーディネイトされています。

キッチンのテーブルには、日本を代表する伝説のシンガーソングライターで福生LOVEな大瀧詠一さんの代表作「LONG VACATION」などの往年のレコードが!!

冷蔵庫も50〜70年代のアメリカ映画で見るような重厚感のあるポップな冷蔵庫です。
ゆったりと寛げるアメリカンなソファーとキャデラックの模型。
壁にはアメリカンハウスの歴史を感じさせる数々の写真も展示されています。
オリジナルのTシャツ。

ベースサイドストリートの公式グッズのトートバッグなど、福生アメリカンハウスでは様々なオリジナルグッズを購入することができます。


福生アメリカンハウスの芝生の庭には白い木製の柵に、小さな自由の女神と国旗が飾られています。

とても新鮮な非日常感を味わえる福生米軍ハウスに、是非一度遊びに来てみてください♪

福生アメリカンハウスの詳細
名称  Fussa American House(福生アメリカンハウス)
住所  東京都福生市福生2476-1福生G-14
TELL  042‐513‐0432
OPEN  11:00~17:00(土日祝)入場無料
定休日  月〜金曜日(祝日をのぞく)
ウェブサイト  https://www.facebook.com/pages/Fussa-American-House/519260601533975

⑵数々の伝説のアーティストを輩出!LIVE MUSIC CAFE UZU(ウズ)


「福生UZU」は1975年創業の老舗ライブハウスです。

ジャムセッションのイベントやオープンマイク、ジャズ企画などが毎週定期的に開催されています。

有名無名を問わず多くのミュージシャンが楽器を持ち寄り気軽なセッションを楽しんでいるんです。

かつて村八分、外道、ZIGGY、ジュン・スカイウォーカーズなど数々の伝説のバンドがここから次々と世に出ていったことで知られています。

UZUの公式ウェブサイトには創業した頃の米兵のお客さんたちとのエピソードが記されているので紹介しますね。

オ-プンして一年位たった頃
ベトナム戦争が終わりUZUに毎晩のように通ってくれた兵隊達は
その兵役が終わる日、ステ-ジに上がり軍服をステ-ジから客席に投げ
「俺は後五時間で自由だ。もう銃は手にしなくて良い俺は自由だ!」
と叫んだあと皆にドロドロになるまで踏ませ
前の空き地の十字に組まれた木に軍服を着せてガソリンをかけ火をつけた。
真赤に燃え上がる火を見上げ
戦死した戦友の名前を叫び
ベトナムの人々に詫びながら涙を流し、
「もう二度と・・・・」と言いながら走り出した。
その光景を見て
戦争を知らない私達は衝撃を受けた事を今でもハッキリ覚えています。
翌日、彼らは、軍が用意した飛行機には乗らないで羽田からアメリカに帰っていった。

私達は、羽田から旅立つ彼らを見送りに行った。

出典:福生UZUオフィシャルHP


ここにはアメリカ軍兵士の葛藤を目の当たりにした実体験が生々しく描かれていて、当事者ではないと知り得ない物語が感じられます。

様々な人たちが思い思いに集まるカオスな場であることが伝わってきます。まさに渦(UZU)。

福生UZUの詳細
名称  UZU(ウズ)
住所  東京都福生市武蔵野台1-3-12
TELL  042-551-4477
OPEN UZU Cafe11:00-17:00
Live Music Cafe UZU 20:00
定休日  月曜日・火曜(レンタルスタジオとしてご使用頂けます)
ウェブサイト  http://www.geocities.jp/fussauzu21/

⑶知る人ぞ知る観光名所!リリー・フランキーの描いた壁画


JR福生駅の近くにある「赤線」と呼ばれる繁華街にリリー・フランキーさんの巨大な壁画があり、隠れた観光名所となっています。

「これはリリー・フランキーの壁画です!」みたいな猛アピール感は皆無で、さりげなく街の中に佇んでいます。

詳細はリリー・フランキーさんが1998年に書いたエッセイ「二階から落とすツバ」(『美女と野球』に収録)で読むことができます。

以下、その引用です。

話は八年前に遡る。真夏だった。東京近郊のF市。米軍のエア・ベースのあるその町の繁華街にディスコのような所があって、ボクはその店の外壁に壁画を描いていた。縦五メートル×横十メートルぐらいの巨大な白壁は公園通りの壁のようにツルツルではなく、筆がまっすぐ動かない厄介な材質だったりして作業は十日以上も泊まりこみでやることになった。

絵柄はハダカの女と海と戦闘機と原爆と加山雄三など、御当地にちなんだ題材を取り入れたモノだったんだけど、その黒人が、”黒人も描け!!”としつこく言うので、マイルス・デイヴィスがラッパを吹いている絵も描いた。マイルスが描き上がった時に黒人が”グレイト!!”といってホメてくれたのだけれど、後から聞いた話によれば、この絵柄が次元の人々から風紀を著しく害するということでたいそう不評だったらしい。

出典:リリー・フランキー『美女と野球』


壁面の下の方は建物の影になり隠れてしまっているので、引用文に出てくるマイルス・デイヴィスはきっとそこに描いてあるのでしょう。

ちなみにこの壁画はグーグルのストリートビューでも確認することができますよ♪


楽しすぎる福生のアメリカンなイベント3選!

自由でレトロアメリカンなワクワクする活気を感じる街、福生ならではのイベントを紹介していきますね♪

⑴来場者十数万人の大イベント!横田基地日米友好祭(フレンドシップフェスティバル)


「横田基地日米友好祭(フレンドシップフェスティバル)」は福生にある米軍横田基地で毎年開催されている2日間のイベントです。

通常は一般人が入れない米軍基地の中がこの時に限り解放されて、毎年10数万人の来場者が訪れるほど人気を博しています。

アメリカの軍用機に乗ることができたり、珍しいアメリカンフードやグッズなどを楽しむことができますよ。

友好祭について詳しく体験レポした記事がありますので、興味のある方は是非チェックしてみてください♪

⇒シンガーが横田基地友好祭の見所や注意点を徹底体験レポ!【オリジナル歌付き】

横田基地日米友好祭の詳細
名称  横田基地日米友好祭(フレンドシップフェスティバル)
住所  東京都福生市大字福生2552
TELL  042-552-2511
OPEN  9:00~21:00(開門は20:00まで)
開催時期  8月〜9月の時期に2日間
ウェブサイト  http://www.airliftmagazine.com/friendship-festival/#new-page-1-1

⑵アメリカンな掘り出し物がいっぱい!福生フレンドシップフリーマーケット


「福生フレンドシップパーク フリーマッケット」は毎月第2日曜日に福生で開催しているフリーマーケットです。

出店数は約50店舗で、アメリカン雑貨やアンティーク家具を始め古着や日本の骨董品、ハンドメイド雑貨などが沢山やりとりされています。

珍しいアイテムが見つかることもあり、遠方から来られる方も多く、外国人の方にも人気。

フリマ好きにはたまらないイベントとなっています。

FLEA MARKETの詳細
名称  福生フレンドシップパーク フリーマーケット
住所  東京都福生市福生 2351-11
TELL  042-553-6986(福生武蔵野商店街振興組合)
OPEN  10:00 ~ 15:00
開催日  毎月第二日曜日
ウェブサイト  http://www.fussabasesidestreet.com/event/

⑶キャデラックのパレードもある!インターナショナルフェア


「インターナショナルフェア」は1989年から続くインポートフェアで、外国を感じさせるイベントが盛り沢山となっています。

主な催しはキャデラック・フォードなどの名車ガセ揃いするクラシックカーパレードや横田基地特殊車両パレードです。

DJやバンドによる音楽もたくさんあり、街の人たちが気軽に参加してアメリカンスタイルのブロックパーティを楽しむことができます。

インターナショナルフェアの詳細
名称 インターナショナルフェア
場所 国道16号線 横田基地前商店街周辺
TELL 042-551-2927
ウェブサイト https://www.facebook.com/basesidestreet16/

福生の街をテーマにした大瀧詠一の名曲『福生ストラット(パートⅡ)』


大瀧詠一さんの「福生ストラット(パートⅡ)」は『NIAGARA MOON』というアルバムに収録されている曲です。

伝説のグループ「Tin Pan Alley」や「シュガーベイブ」のメンバーによるバンドサウンドがめちゃくちゃカッコよくてヤバいですね。

大瀧さんが、福生に自分のスタジオができたのを記念して最初にレコーディングしたのがこの「福生ストラット」だと言われています。

ウルフルズが歌詞の「福生!」の部分を「大阪!」に置き換えてこの曲を元ネタにした「大阪ストラット」という曲もあります。


また、実は「福生ストラット」にも元ネタにした曲があるのではないか?と言われています。

それがニューオリンズのファンクバンド、ミーターズの「Chicken Strut」です。

The Meters-Chicken Strut
聴き比べてみるといろいろ発見があって面白いですよ♪

まとめ


いかがでしたでしょうか。

福生のように街全体が1950〜60年代のアメリカンテイストな場所は国内ではかなり珍しいですよね。

ポップでキュートな雰囲気に包まれてワクワクしてくる、福生はそんな待ちです。

アメリカンな雑貨やオシャレ、またアート系や音楽が好きな人は是非一度訪れてみてください!

そんで、おまけというか、よかったら是非ついでに僕の本格レコーディングのオリジナル曲もチェックしてみてください♪

 

The following two tabs change content below.
音楽家×塾講師TRIPLER「FUMITAKE」

音楽家×塾講師TRIPLER「FUMITAKE」

シンガーソングライターとして自主制作で音楽作品をリリース。iTunesやAmazon、タワーレコードなどから発売して全国ツアーを行い、旅の喜びに気づく。 現在はビジネスを学び、個人でウェブサイトの制作・運営を行いながら、ウェブマーケティングで企業すべく鋭意修行中。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

音楽家×塾講師TRIPLER「FUMITAKE」

シンガーソングライターとして自主制作で音楽作品をリリース。iTunesやAmazon、タワーレコードなどから発売して全国ツアーを行い、旅の喜びに気づく。 現在はビジネスを学び、個人でウェブサイトの制作・運営を行いながら、ウェブマーケティングで企業すべく鋭意修行中。 ⇒プロフィールの詳細はこちら