カナダのレンタカー会社のおすすめや注意点と超絶景ケープブレトン島へ車旅行記

どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドトリップラーの「Coba」
宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。⇒プロフィールの詳細はこちら



広い国土を持つカナダ!

長く滞在するにしても、個人で観光するにしても、車が必要になってきます。

私が、ワーホリと観光で、1年ちょっとの滞在中でも、何度もレンタカーしました!

仲良くなった友達と、車を借りて旅行なんて、とっても楽しいですよ☆

国際免許証持って行って良かった☆って本気で思いました。

でも、初めてのカナダでのレンタカーって、ちょっと緊張しますよね。

どこの会社が良いのだろうとか、何が必要なんだろうとか・・・

これから、カナダに行く人の参考になれば良いと思います♪

そして、ラッキーが重なり、車旅で見つけた、絶景ドライブウェイもご紹介します!!

カナダのレンタカー会社を比較

まず、はじめに思うでしょう!どこのレンタカー会社が良いのだろうと・・・

こちらは、そこまで心配しないで大丈夫!!

日本でも見かけるような大手のレンタカー会社が、カナダにもあります!

Hertz(ハーツ)AVIS(エイビス)Budget(バジェット)など

大手なら、日本語表示のホームページもあって分かりやすくて、安心です。

 
レンタカー会社名 Hertz(ハーツ) AVIS(エイビス) Budget(バジェット)
料金 80ドルくらいから車種、営業所によって異なります。
接客
HPの日本語表示
口コミ
車のバリエーション
禁煙 全車禁煙
カーナビ 各営業所に要確認 レンタル代1日約17ドル~営業所に要確認 各営業所に要確認
営業所のエリア Alberta

British Columbia

Manitoba

New Brunshwick

Newfoundland

Northwest Territories

Nova Scotia

Ontario

Prince Edward Island

Quebec

Saskatchewan
3社ともカナダ全域に営業所があって、とっても便利です。

価格や車種は、営業所によって異なります。

また、カーナビは予約やレンタルの際に伝えてみてください。貸し出し在庫があれば、レンタルできます。

また、ホームページは日本語表記ですが、営業所での対応は、ほぼ英語だと思ってください。

【ここなら間違いない】オススメのレンタカー会社

先にあげた3つの会社であれば、料金的にも変わりなく、安心して借りれます。

その中でも、私が一押しするのはAVIS(エイビス)です!

一番長く滞在したバンフでは、ここしか使ってなかったです。

バンフは、ロッキー山脈の観光地にありながら、レンタカー会社が少なかった。。。

 

AVISは、バンフでも街中にあるのに、車の保有台数が多く、ギリギリの予約でも借りれることが多かったです!

しかも、いつでも、綺麗で、大きめの車を貸してくれて、快適なレンタカーでした。

これは、支店にもよると思いますが、店員さんの感じも良く、リピートしようと思わせてくれたんですね☆

オーストラリアでは、Hertz(ハーツ)も利用しましたが、AVISのが好きw

 

AVISのホームページ http://www.avis-japan.com/world/canada/

バンフ(カナディアンロッキー)のおすすめ観光地も紹介中☆

http://tripler.asia/banff/

レンタカーの料金システム

料金システムは日本と、ほぼ同じ!

24時間単位で借ります。

料金は、車種などにもよりますが、1日1万円弱(80ドル)くらい。

大手なら、長期レンタル割引料金もあったりしますよ。

大手の料金は、同じくらいです。

ローカルのレンタカー会社の方が、安い傾向にはありますが、車の数が少ない、古い、対応が悪いといった不安があります。

車種は、大きめがオススメ

日本の軽自動車のような小さな車は、ほとんどありません。

当然、普通車をレンタルすることになりますが・・・

予約がギリギリだと、稀にコンパクトカーしかないことがあります。

 

小さな車でカナダの道を運転するのは、本当に恐ろしい!!!

 

ハイウェイは、みんな超スピード出してます。

小さな車でゆっくり進んでいると・・・「ファック!!」って何度も言われる(涙)

それに、地図では近く見える場所も、意外と遠いんです。

ゆったりとした空間が、恋しくなります。

また、朝晩が冷え込むこともあるので、毛布などの荷物が詰める方が良いですね☆

レンタカー予約する方法

観光シーズンは、事前予約することをオススメします。

レンタルする日が決まっている場合は、日本国内で、予約しておくこともできます。


主な予約方法は、4つ
  1. 日本の旅行代理店に手配してもらう
  2. ホームページからのオンライン予約
  3. レンタカー会社に電話する
  4. レンタカー会社に直接行って予約する
英語に不安があれば、1か2の方法が良いでしょう。


ちなみに私は、いつも4番w

最寄りのレンタカー会社のカウンターで、予約してました。

現地にて、ギリギリで予約することが多かったのと、ネット環境の問題などのため。

英語は下手ですが、直接的なやり取りの方が、電話やネットよりも分かりやすいかなと。

カウンターで「レンタカーしたい」って事さえ伝われば、日本同様の手続きをするだけです。

ちなみに、レンタカーでも伝わりますが、「車をhire(ハイヤー)する」と言いうことも。

レンタカー予約の際に必要なもの

予約したレンタカーを実際に借りる際に、必要な物を揃えておきましょう。


〈レンタカー予約に必要な物〉
  • 国際免許証
  • 日本の免許証
  • クレジットカード
  • 予約票

海外で、日本の免許証を使うことは、ほとんどないですが、国際免許所はあくまで補助。

なので、いつでも一緒に持っておく方が、良いです。

また、クレジットカードは身分と支払い能力の証明です。

万が一、ガソリンが満タンでなかった時などに、引き落とされることもあるようです。

予約票は忘れても、名前など情報があれば大丈夫ですよ~。

カナダでのレンタカーの注意事項や必要事項



レンタカーの方法は、日本とほぼ変わりませんが、予約の際に必要な物やルールに違いがあります。

カナダでレンタカーする前に、事前に知っておいた方が良いことを、お伝えします☆

国際免許証を事前に申請する

国際免許証は、日本で、簡単に取得できます。

免許証に記載されている都道府県の、運転免許センター、警察署、運転免許試験場で申請します。

手続きの場所は、都道府県によってことなるので、事前に確認しておきましょう。

警察署以外では、即日発行してくれる場合が多いです。


<申請に必要な物(本人による申請)>
  • 運転免許
  • 写真1枚(縦5x横4cmの6ケ月以内に撮影されたもの)
  • 印鑑(認印でOK)
  • 国外運転免許証交付申請書(申請所にあります)
  • 手数料2,400円

有効期限は1年です!!

あれ?ワーホリ1年して、観光に切り替えたら期限切れでは?

すでに、カナダにいたら、申請できないの?と思われた、あなた!!

安心してください!!カナダからでも申請、再申請できます!!

私は、カナダにいながら、両親の協力を得て、再申請しました。

 

実は・・・

申請者がすでに外国へ渡航している場合に限り、代理人(親族など)が申請、手続きを行うことが可能

親族にお願いして、本人の申請時と同様の書類と委任状、代理人である証明があればOK!!

再申請の場合は、古い国際免許証も提出するので、自分で適当な紙で作った、手書きの委任状と一緒に、送ったと記憶してますw

また、写真はスマホで撮影したのを送って、印刷してもらいました。

いざというときの為に車の保険に加入する

カウンターで、必要書類を提出した後、任意保険に加入するか尋ねられます。

確か、カナダのレンタカーには、対人、対物の強制保険が付いていたと思いますが・・・

任意保険にも、絶対!入っておいた方が良いです。

2種類ありますが、どちらもさほど高くはないので、フルカバーの方を選ぶ方が無難です。

レンタカーを破損した際の支払い責任を免除してくれるはずですが、詳しくは各会社に確認しましょう。

レンタルする車の傷などは、担当者としっかり確認してくださいね。

カナダのガソリンスタンドは、日本とちょっと違う

レンタカーを返却する際は、満タンにして返却します。

満タンにしてないと、ペナルティになったり、やたらと高いガソリン代を請求されることも・・

カナダは、観光地間の距離が離れていたり、山道も多く、ガソリンスタンドを見つけるのも一苦労。

私は、ガソリンスタンドを見つけるたびに、給油してました。

 

ちなみに、ほとんどがセルフで、コンビニと一緒になっています。

初めてのガソリンスタンドを、日本と同じ気持ちで挑んでビックリ~~~~

まず、どのガソリンを入れて良いのか分からなかったw

Regular87、Supecial89、Super91

のような表示があります。

 

レギュラーだろうと思うが、レギュラーが一番安いので不安になるやつですw

近くにいたオジサンに聞いたら、どれでも良いけど、レギュラーで大丈夫と教えてくれました。

どれでもイイの?って感じですが、安いに越したことはないw

不安な方は、レンタルの人やガソリンスタンドの人に聞いてみましょう。

あと、支払い方法ですが、ガソリンを入れた所の番号を伝えて、付属しているコンビニで支払います。

知っておきたい!カナダの交通ルール

・右側通行、左ハンドル

日本と逆なので、要注意!!

ウインカーとワイパーを間違えるくらいなら良いですが、逆走しかねません。

 

・赤信号でも右折できる(ケベック州以外)

赤信号で止まっていると、後ろからプップーと鳴らされることもしばしば。

禁止の標識がなければ、安全確認で、赤信号でも右折できるんです。

ちなみに、ケベック州は不可で、標識もフランス語だったりと、州によって異なるルールもあります。

 

・スクールバスでストップ

海外ドラマなどでも見かける、黄色いスクールバス。

スクールバスがSTOPサインを出したら、STOP後続車も対向車もストップです。

 

カナダの長い山道では、動物が飛び出してきたり、冬には、吹雪きにあったりと、日本とはちょっと違った場面に遭遇すると思います。

安全を心がけて、旅を楽しみましょう~♪

おすすめのドライブコース!!プリンスエドワード島からケープブレトン島カボット・トレイルへ



赤毛のアンで有名な、プリンスエドワード島(PEI)に、滞在していた時のことです。

ユースホステルで仲良くなった人たちと話ている時、話題が今後の予定に。

私は、「PEIを出たら、ハリファックスまでバスで行く予定だよ」と伝えたんです。

そしたら、ホステル仲間が「ナイス!もうレンタカーしてあるから、一緒に車で行こう!」と誘ってくれました☆

その代わり、ケープ・ブレトン島で1泊するから、同じユースホステル予約しなよって。

ケープ・ブレトン島ってどこだ?って思ったけど、車旅めっちゃ楽しそう♪でしょうw

早速、ケープ・ブレトン島にあるホステルを予約して、出発前夜を飲み明かしw

かなりグデグデの私でしたが、本当に行って良かった!!!!

どこかも知らなったケープ・ブレトン島に、まさかの超絶景が広がっていました☆

プリンスエドワード島からケープ・ブレトン島カボット・トレイルへのドライブマップ



プリンスエドワード島からは、車ごとフェリーに乗り込み出発☆

ノバスコシア州、カリブー港まで約1時間半。

フェリーの情報はコチラ:https://www.ferries.ca/ns-pei-ferry/

 

そこからは、東端の半島ケープ・ブレトン島まで、ひたすらドライイブです☆

ケープ・ブレトン島の先端部分を、ぐるっと巡るドライブコースへ!

そこが、カボット・トレイルです☆

北米一美しいドライブ・コース

と呼ばれています!!!!!

北米一美しい!カボット・トレイルの超絶景!!!



さぁ、フェリーを降りてから数時間。

北米一美しい!といわれるカボット・トレイルの入り口に到着です!



カボット・トレイルに入ると、そこからは、ひたすらに美しい景色が続きます。



自然が、いっぱい♪

私は、残念ながら会えませんでしたが・・・

カボット・トレイルは、ムース出没地帯☆

同じホステルに泊まった方々は、「ムース見たよ~~~~!!」って言ってましたよ。

くねくねの山道をひたすら、ドライブすると、しばしば撮影スポットに遭遇します。



ケープ・ブレトン島は、ムースだけぢゃない!

ホエールウオッチングも人気☆



この展望台のところは、ボードウォークになっていて、より海に近づけます!



こんな感じで崖っぷちまで、行っちゃいましょう♪

ドライブコースが、ずーっと絶景続きです。

山から見下ろす景色も最高!!!!



このずーっと黄昏モードの旅の友・・・w



カボット・トレイルをドライブ中、登り坂のてっぺんから見えた光に感動・・・

涙を流してました。。。

「こんなに美しい物を見たら、涙ぐらい出る!」らしいです☆



Cabot Trail, Nova Scotia, Canada

【1泊するなら】カボット・トレイルの絶景おすすめホステル



HI-Cabot Trail Hostel

カボット・トレイルに行くなら、カボット・トレイル・ホステルが絶対おすすめ!!

ココに泊まって、サイクリングに行くにも良し、トレイルを歩きに行くも良しです☆



これが入り口☆とっても可愛い(*’ω’*)

スタッフさんも、とっても気さくです♪

ベッドルームがあるのは、ロッジ風の建物で、2段ベッドが数台ありました。

料金は、1泊25ドルくらいからです。

シングルの部屋と共同ドミトリーがありまずが、私はもちろんドミトリー派☆

ここで、仲良くなった子とハリファックスで再会して、ロブスター食べに行きました♪

ホステルの近くには、小さなコンビニ兼お土産屋さんがあります。

このホステルの最大の魅力は、カボット・トレイルの美しさを堪能できることでしょう!



ホステルからの眺め・・・・最強です☆

しかもこの日は、ダブルレインボー♪♪


カナダで車を運転する時に注意すること

カナダで車を運転する時は、日本と違う交通ルールを知っておくだけでなく、気候にも注意しましょう。

冬には積雪で、通行止めになる道や、強風で渡れなくなる橋もあります。

現地の人は、慣れているので、雪の上でも、ガンガン進みます。

でも、慣れないとスリップしまくって、動けなくなることも・・・。

昼間は暑いのに、朝晩とっても冷えることもありますよ。

車泊したとき、毛布にくるまっても寒くて、全く眠れなかったです。

そして、野生動物もいます!

観光地では、野生動物を見つけた人が、車を止めて写真を撮っているんですが・・・

日本同様に、どこでも停車して良いわけではないですよ( ゚Д゚)危険です。

もちろん動物の飛び出し注意ですw

ひたすら超長い直線道路が続いて、眠くなったり・・・

気づいたらスピード出し過ぎてるなんてことも。

州によっては、フランス語標識もあるので、注意です。

安全第一で、楽しいドライブをしましょう~。

まとめ

私は、カナダに行くって決めたときに、たぶん農業するだろうなって思ってたんです。

だから、広い農場なら車使うかもって思って、国際免許証持って行ったんです。

でも結局、観光にばかり使ってましたw

現地であった日本人の中には、国際免許証を持ってない子が、たくさん。

でも、国際免許証を持っていたら、いつでも「レンタカーで行こう!」って言えるんですよw

もちろん、一人で運転はツライので、交代できる子を連れていくべしですけどねw

とにかく!カナダでは、レンタカーかなり使えます!

ぜひ!!カナダでのドライブを楽しんでください☆

The following two tabs change content below.
どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドトリップラーの「Coba」

どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドトリップラーの「Coba」

宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です