【ガイドブックにない秘境】バリの離島!ヌサペニダ島を大冒険してきた!

元100㎏超えシェイプアップDJ ヒデヨシ
ホノルルマラソンを102㎏の体重の体重で完走というか完歩し、このままでは体がヤバいと実感してダイエットを決意!DJででっかいフェスで回す夢を持ちつつシェイプアップDJヒデヨシとして活動中!⇒プロフィールの詳細はこちら

 

バリの離島、秘境のペニダ島に行ってきました!

手すかずの自然と人懐っこいやさしさを感じることができました^^



海外も危ない情報ばかり入ってくるけど、実際に行ってみるとすごく人がやさしかったり。

今回の旅もいい経験ができました!

で、

今回のペニダ島でとんでもない奇跡に遭遇しました!

では、お楽しみに^^さっそく行ってみましょう!

 

ペニダ島の概要

%e3%83%9a%e3%83%8b%e3%83%80

ペニダ島はバリ島からでも日帰りで行ける人口4万人程度の島です。

ペニダ島はまだリゾート開発されていない素朴な島なのですが、リゾートの島がいい!人には隣にリゾート開発されているレンボガン島もありますので素朴な田舎とリゾートを両方味わえる魅力的に島になっています。

ペニダ島への行き方



サヌールから1時間くらい船に揺られてペニダ島につきます!

サヌールから船で移動するのですが、何人ものキャッチ?!みたいな人達が声をかけてきますのでその中から一番安くて時間が合う人からチケットを購入するといいです。

いきなり声をかけてきた人に決めてしまうと料金を高く取られてしまう可能性がありますので交渉しましょう。

船に乗る時は必ずハーフパンツか濡れていような服装で臨んで下さい!

 

結構海の中に入ってから船に乗るような形ですので。

本当にあった話ですが、僕の前にいたおじちゃんが船から降りる時に波にさらわれそうになりましたので 汗

ペニダ島とはどんな島なのか?

15978712_1247354252024525_696837584_n

バリ島のサヌールや隣の島のレンボガン島とは違って、まったくリゾート開発がされていない今の時代にはなかなか出会うことが少ない島です。本当に何もないのがペニダ島のいいところです。

ペニダ島を一周したのですが、島の奥に行けば行くほど田舎度合いが増してきます。

逆に何もないですので、手付かずの大自然や海や星のキレイさ、人の優しさは日本ではなかなか味わうことのない経験ができます。

ペニダ島での理想の過ごし方

おすすめのホテル

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-12-21-27-27

今回のホテルは

Coco Resort Penida

に宿泊しました。



 

ペニダ島では一番いいホテルだと思います。

プールもキレイですし、部屋も広くてキレイです。

 

食事は朝食だけ食べたのですが、パンケーキみたいな物が基本でした。(写真がなくてすみません;;)

プールサイドでもコーヒーを持ってきてくれたりするのですが、バリの物価に比べるとコーヒーなども少しお高めになっています。

 

船着き場からホテルまでの行き方ですが、僕たちはそのあたりにいたおっちゃんに乗せていってもらいました。

たぶんおっちゃんが勝手にやっているタクシーみたいなものだと思うのでちゃんとしたタクシーは無いかと思います。

Coco Resort Penidaまでは歩くと遠いので、船着き場のおっちゃんかホテルの人に迎えに来てもらうのがいいです。

 

気になる値段は?



ペニダ島の中で一番高いホテルがCoco Resort Penidaでしたが料金は日本円で6000円〜7000円くらいです。

他のホテルはもっと安い価格ですが、ペニダ島の中でいいホテルを泊まるのに7000円くらいで泊まれるのでコスパは◎。

 

クレジットカードOKなのか?

さすがにここまで田舎だとクレジットカードを使えるのか不安ですよね?両替もできるのか?不安ですし。

Coco Resort Penidaはしっかりとクレジットカードを使うことができました。しかも、JCBも使えました!

 

なので、だいたいのクレジットカードを使えるので安心して宿泊することができます。

 

 

基本的な交通手段はバイク

バイクでGO!!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-12-21-29-05


基本的には、このような感じでバイクで移動になります。

国際免許を提示してくれ!とは言われませんでしたが、一応国際免許は持って行くようにして下さい。

 

あきらかに少年だろうと思われる子供も乗っていますので十分の安全に気をつけて下さいね!

で、僕たちはバイクでペニダ島1週を完遂することができました。

 

初めは、このくらいの島3時間くらいで1週できると聞いていたので楽勝かと思っていたのですが、

道がでこぼこで、穴が開いている道すらある感じです。スピードは出せないわ、お尻が痛くなるわでなかなかしんどかったですね^^

 

ですが・・・

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-07-03-16-03-04

1週しているとこのように手付かずの自然が姿を現すんですよ!

 



 

崖の下には集落があったり。

 



 



 

この集落にはカップラーメンとコーラが売られてました!

 

めちゃめちゃ美味しかったです。



 

 

バイクの借り方

バイクはCoco Resort Penidaだとホテルに言うと借りることができます。ペニダ島の船着場でも借りれそうな雰囲気はありましたが、ホテルに言うのが確実だと思います。

それに、ホテルで借りると最後に借りた料金もクレジットで精算されますので便利ですよ。

隣の島『レンボガン島』

15970417_1247382045355079_1049789154_n

隣の島。レンボガン島へ

ペニダ島から10分から15分くらいで着いたと思います。

ペニダ島の隣にある島でレンボガン島はリゾート開発されていて、いろんな人達がバケーションしていました。

アクティビティも豊富で、ペニダ島に行くのであればレンボガン島にも行くことをおすすめします!

ペニダ島にはないアクティビティやリゾート感がありますので。

 



 

ペニダ島からレンボガン島へ渡る橋。

これがまた魅力的でした!

バイクに乗ってそのまま渡ることができます。

 

レンボガン島はアクティビティが豊富

リゾート開発されているだけあってアクティビティは豊富にあります。

サーフィンやサップ、バナナボートなど定番のアクティビティはほぼありました。

でも、僕たちはそのようなアクティビティには目もくれずにめっちゃシンプルな飛び込むだけの飛び込み岩から飛ぶことにしました!

ここで、海外あるあるのちょっとしたアクシデントが発生です 笑

飛び込み岩から飛び込んでみたが・・・

海に飛び込むジャンプ台があったので飛び込んでみることに!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-1-53-20

波も高く、サーファーの人がたくさんいるくらいなのでなかなかの波でしたね!

ここから飛び込んでまた崖を登ってくる感じです。

 

もちろん僕も飛び込んだのですが、波を予想して飛び込まないと波にさらわれます!

僕の場合は飛び込んで崖に上がろうとした時に波から打ち付けられました。

 

その時には、助けてくれる現地の人がいてロープを垂らしてくれてそのロープにしがみ付いていたので波にさらわれなくてすみました!

飛び込むだけなのにここではお金を取られます^^;

 

でも、助けてくれる人がそこにいてくれるだけでも安心ですので安いものです。

 

この飛び込みでハプニングが発生しました!

 

一緒に行った友人が波が高く波のタイミングをミスって飛び込んで、すぐに波にさらわれて登る崖に近ずくことができずに沖へ沖へと流されてしまいました。

本当にやばい波が何回もくるのでこの時は正直焦りましたね;;

 

最終的には近くにいたサーファーの人が助けてくれて、監視している現地の人が海い飛び込んで助けてくれました。

戻ってきた仲間の顔からは笑顔が消え、死ぬ思いをした人の顔はこんなにもヤバイ顔になるのか?と思ったのはここだけの話です!!

 

スキューバダイビング

ペニダ島に戻ってスキューバダイビング

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-1-53-44

ペニダ島に戻って僕は初めてのスキューバダイビングをしました!

素もぐりは得意なので海には慣れていたせいか、初めてでしたが普通にできました。

海の中で呼吸ができているのが不思議なくらいでしたね!

 

今回は海の中の写真はありませんが、海の中は

超キレイでした!

いやー、やばかったですね!

ライセンスを取ろうと思ったきっかけになりました!

ライセンス取りにいきますよー^^

 

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-2-00-09

インストラクターの人も凄くいい人で本当に楽しむことができました!

Deep’r Ardiありがとー^^

 

離島ならではの人の優しさ

人懐っこい若い兄ちゃん

で、1週してたらこんな経験も

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-1-59-55

くったくのないペニダ島の子供達です。

僕らがバイクのガソリンを入れるのに止まっていたらどこからともなく集まってきました!

見て下さい!この曇りなき笑顔^^

子供はどこの国も同じですね!お金があるなし関係なく心が豊かとはこのことを言うんでしょうね^^

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-2-46-27

んで、道に迷っていた時に自然と集まってきて丁寧に道を教えてくれたお兄ちゃん!

その節はどうもありがとうございました!

 

非日常のドラクエの世界を体験

スクリーンショット 2017-01-12 18.30.11

出典:http://www.jp.square-enix.com/dqsp/dq5/

世界的にも有名なドラゴンクエストなんですが、この現実世界でドラクエを体験してきました。

僕ら世代にはたまらないドラクエですが、本当にドラクエの世界に迷い込んだ体験でした!!!

まさに非日常とはこのことを言うんだろうな!と思います。


さらに広がる神秘的な洞窟

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-12-21-27-48

ペニダ島を1週してたら何かまつりがあっていて、急に止められました。

最初は何事?と思っていましたが、ガソリンも入れてくれたり親切にしてくれました。

そして、『まつりがあっているからよ寄って行けよ!』的なニュアンスで行ってくれたので寄らせて頂きました!

 

いろいろとお話を聞いていたら、1年に1回?のバリヒンドゥー教のイベントでした。

じゃぁ、参拝に行こうということで階段を登っていくと上の写真の場所に着いて、そこで民族衣装に着替えさせてもらいました。

これだけでもいい経験ができたな~と思っていましたが、ここからとんでもない非日常を体験するとは夢にも思っていませんでした!

これを体験したのはおそらく日本人で僕たちが初めてだと思います。

 

参拝させてもらおうとしたら、小さな入り口を紹介されて『ここだよ!』みたいなことを言われました。

この穴の奥に神様がいてここで参拝するのかと思っていいると。

 

まさかの

この穴に入るとのこと!


 

何ーーーーーーーーーーーー!!!

 

 

この穴に入るの?

ちょっとこえーけど。。。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-12-21-28-07

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-13-1-53-27

もう入るしかない!と思って入ってみるとそこには幻想的な世界が広まっていました!

これには度肝を抜かれましたね!

みんな大興奮です^^

 

イヤーすごかったですよ!

あんなに小さな穴の奥にこんなに巨大な洞窟の神殿がありその中に神様がおられるとは。

 

言い方は失礼になるかもしれませんが、本当にゲームの世界に入った感じです。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2016-09-12-21-28-12

で、しっかりと一番奥にはお参りをするところがありお参りをさせて頂きました!

その時に手首にインドネシアの国旗の色をしたリングをもらいました。

それは今でも付けています。

 

ホントにこの体験は神秘的でした。

人生で忘れることが無い経験だったと思います。

 

まとめ



今回のヌサペニダ島、レンボガン島の旅は本当にスリリングで神秘的な旅になりました。

非日常を味わうのにはこれ以上ない非日常を味わうこともできましたし。

 

人の優しさ、大自然の豊かさ、子供達の笑顔と日本ではあまり味わえない空間を味わうことができて本当に楽しかったですね!

今後もこのような非日常の旅を続けていきますので、トリップラーに期待しておいて下さいね^^

The following two tabs change content below.
元100㎏超えシェイプアップDJ ヒデヨシ

元100㎏超えシェイプアップDJ ヒデヨシ

ホノルルマラソンを102㎏の体重の体重で完走というか完歩し、このままでは体がヤバいと実感してダイエットを決意!DJででっかいフェスで回す夢を持ちつつシェイプアップDJヒデヨシとして活動中!⇒プロフィールの詳細はこちら

2 件のコメント

  • 楽しく読ませて頂きました!

    年末バリ島旅行を計画してまして、レンボンガンにも3泊する予定を立てています。そこでレンボンガンからペニダ島に渡ってペニダをバイクで一周して日帰りでレンボンガンに戻ることが可能ならばペニダ島にも行きたいと思いまして調べていたところこのサイトにたどり着きました。

    日帰りでペニダ島一周可能そうですか??

    • KOYA様
      コメントありがとうございます!

      ペニダであれば日帰りで島を1週することは可能ですよ。
      もちろんバイクのレンタルになるかと思いますが、なかなか険しい道ばかりで突然穴が空いてたりしていますので十分に注意は必要です。

      他にも断崖絶壁みたいな場所を行くことになりますので、本当に十分注意して下さいね。
      でも、その感じがたまらなく楽しいのですが^^

      それと、夜はもちろん避けて下さい。
      行くのであれば朝から出て時間に余裕を持って行った方がいいですね。

      では、年末のレンボガンとペニダの旅を楽しんで来て下さいね^^
      お気をつけて行ってらっしゃい!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です