【雲の上の絶景!】北アルプス西穂高岳、独標の登山ルート・西穂山荘を完全解説!

日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ
自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら



北アルプスの西穂高岳、独標を登山してきました!



西穂高岳は、岩だらけ、崖だらけの危険な山。
ですが!独標までは、初心者でも楽しめちゃう登山コースなんです。
しかも、岩を登っている感じも高度感がある絶景も雲海も楽しめる贅沢さ。

岩っぽいところは、ちょっとコワイ・・・そしてその怖さがクセになる〜!!

そんな贅沢コースを、山好き女がご紹介!
今回は、登山が初めてのミドリンと一緒に行きました。

西穂高岳の独標までのプラン・登山コースを徹底解説!(新穂高ロープウェイ利用)

 



西穂高岳独標まで行くには、長野県側から行くコースと岐阜県側から行くコースがあります。
今回は、岐阜県側から。
新穂高ロープウェイを利用するコースをご紹介します!

(1)登山プランを徹底解説!



日帰りと1泊のプランは、こんな感じです!

①日帰りプラン

 

時間に余裕がない人は日帰りプランで!
(でも、オススメなのは一泊プランです・・・!)

コースタイムはこんな感じ。
新穂高ロープウェイ  30分
登山口〜西穂山荘  1時間30分
西穂山荘〜独標  1時間30分
独標〜西穂山荘  1時間
西穂山荘〜登山口  1時間
新穂高ロープウェイ  30分
全部で5時間歩くプランです。
初心者の人は、1.5倍の時間で計画する方が良いかも。

今回はミドリンが初心者だったので、それくらい長く時間がかかりました。

目標時間に惑わされないで、自分のペースで登山するのが良いと思います。

②一泊プラン@西穂山荘で一泊



一泊すると、日の入り、夜、早朝の景色が楽しめます!
素晴らしい景色が山の醍醐味なので、時間に余裕がある人は、ぜひ!!一泊プランを!!!
【1日目】
新穂高ロープウェイ  30分
登山口〜西穂山荘  1時間30分
西穂山荘で一泊
1日目は1時間30分だけなので余裕〜♪

混んでいない時期なら、お昼に登り始めても平気なので、気が楽です。

【2日目】
西穂山荘〜独標  1時間30分
独標〜西穂山荘  1時間
西穂山荘〜登山口  1時間
新穂高ロープウェイ  30分
2日目は、3時間30分歩きます。

慣れていない人は「長い!」と感じるかもですが、爽快感があるルートなので、長さはあまり感じないのでご安心を!

(2)登山ルートを徹底解説!


①新穂高ロープウェイ〜西穂山荘

ロープウェイのすぐ近くの駐車場は、登山者用ではないようです。
登山者用駐車場は、数百m離れた駐車場。

そこから新穂高ロープウェイまで歩きます。

私だけじゃないと思うんですが、登山道までの道のりって、登山よりもきつく感じます・・・。
身体ではなくて、メンタルがやられているのでしょうか。

なんででしょうか・・・。
毎回げっそりします。

げっそりしながら歩いて行くと、ロープウェイの駅に到着!!


ロープウエイは、第一ロープウェイと第二ロープウェイがあります。

出典:新穂高ロープウェイ公式サイト

駅がちょっと離れているので、1分ほど歩いて移動しての乗り換えです。

駅も、施設が充実!
レストランやカフェ、露天風呂もあります。

登山をしなくても、十分楽しめますね!
私が行ったときは、登山じゃないお客さんの方が多かったです。

到着したら、標高はもう2,156m!!
屋上は展望台になっています。
天気が良ければ、西穂高岳、槍ヶ岳、笠ヶ岳などの北アルプスの山が見渡せます。

さて、ロープウェイの駅を出て、しばらく歩くと登山口にたどり着きます。


そこからは、森の中を登ります。
この道を登っている時は、登山道が雲の中でした。


そんな天気だと、こんなに幻想的!!
青空以外でも景色を楽しめちゃいますね。

素敵な景色がいい感じなのですが、ちっさい虫が多い!
虫除けネットがあるといいかもですね。
私が行った時は、登りの時にすごい多くて、下りの時はそうでもなかったので日や時期によって虫の多さは違うのかもしれません。

そんなこんなで同じような道を登り続けることしばし。
山小屋「西穂山荘」に到着!
ミドリンお疲れ!

②西穂山荘〜独標



西穂山荘から上は、木の高さも低くなって、見晴らしが良くなります!
石もゴツゴツしてきていい感じ!!

景色最高!!


登山は、早朝の景色がキレイです。
西穂山荘はちょっと低いところにあるので、ちょっと登ったところで朝焼けを見るのがオススメ!

景色がどんどん変わっていきます。
足元が軽い石になりました。
慣れていない人は歩きにくいかも。

そして、どんどんスリリングな道に・・・・。
足元が大きい石なので、乗るとグラグラするかもしれません。



崖側に傾いて落ちちゃうととっても危険なので、注意!!
そうやって落ちた人を見たことがあります!

でも、
ちゃんと注意すれば大丈夫なので、必要以上にビビることはありません。

そして、独標!!
果たしてこんなところ登れるのか・・・。



登山が初めてのミドリンがビビります。
でも、矢印の通りに慎重に進めば大丈夫!!

矢印を見失うととても危険なので超慎重に!!

独標につきました。


今までもとても良い景色でしたが、上に来ると更に良い!!



「ちょっと怖かったけど、上まできてよかった・・・」
そんな顔で、ミドリンがたたずんでおります・・・・!



最高ですね!
ぜひチャレンジしてみてください。
年配の初心者の方も登っていました。

【!!注意!!】
上級者以外は、独標まで!
独標よりも先は、超危険なルートです。

知り合いの知り合いは、滑落して死亡したそうです。
くれぐれも安易な気持ちで進まないでくださいね!
マジで!!

西穂山荘は、こんなに快適な山小屋!



山小屋と聞くと、小さくて不便な小屋を想像する人も多いと思います。
が、しかし!!
西穂山荘は、とってもキレイでとっても便利♪
その魅力をご紹介します!

(1)とってもキレイな建物です!本当に山の中!?



こんなにキレイ。
普通の民宿!?ペンション!?って感じでした。
いや、ちょっと古い民宿よりもキレイですね。
そして、なんだかオシャレ。
木とライトの感じが、ログハウスっぽいです。

(2)本・マンガも充実!時間つぶしに困りません



登山するときは、時間に余裕を持ってプランを立てます。
なぜかというと、予想以上にバテたり怪我をしたりして時間がかかってしまっても、日暮れ前に宿泊地に着かなければいけないからです。

なので、順調に進むとけっこう早く宿泊地についちゃいます。
そんな時にうれしいのがこちら!

本とマンガがこんなにたくさん!!
暇つぶしに最適〜。

部屋にお借りしてリラックス〜。
私とミドリンは、山の雑誌を見て次の登山の計画を立てたり、星の本を読んだり、山のマンガを読んだりで超充実でした。

(3)トイレもキレイ!ホッとします



山って、トイレが汚かったり、無かったりでなかなか厳しいトイレ事情。

山のトイレ事情はとても気になります。
トイレがキレイだと良いですね。

でも、西穂山荘はこんなにキレイ!!
バイオトイレでした。

(4)ご飯も贅沢!山って本当にご飯がうまい!!

山って、ご飯がとってもおいしい!
登山すると私はなぜか2kgは太ります。

たくさん歩いているのですが・・・食べ過ぎですかね。。。
だっておいしいんだもん!

夜ご飯はこちら↓↓



朝ごはんはこちら↓↓



宿泊しなくても食堂を利用できます。
西穂ラーメンが有名です。



見よ!!
このキンキンに冷えたグラスのビールを!!

山の上でこんなの飲めるなんて・・・・・うれしすぎます・・・・・・。
美味し!!!!!

(5)夜と朝の景色が綺麗!!

一泊した人にしか味わえない極上の景色!!

山に来たからには絶景を楽しみたい!
そんなあなたは、ぜひ!
夜と朝の景色を見てください。

キレイな星空。


月と山と雲海。

朝焼け。

(6)寝るところも快適!畳で布団。



自分の家!?
ってぐらいくつろげます♪

ミドリンは星が好きなので、星の本を読んでリラックス~。

 

畳の部屋に布団が用意されています。
今回は山小屋が空いていたので、2人で一部屋の利用できました。

しかし。。。。
混んでいる時は、この部屋に20人くらい入るみたいです。
ちょっとシーズンずらした平日に行くと空いてそうですが、7月8月の土日祝日は混むかもしれませんので、注意ですね!

(7)テント場もあります!



山小屋の横にはテント場があります。
30張可能。

もちろん、山小屋も快適で良いのです。
でも!
テント泊をすると、安い!サバイバル感を楽しめる!

テント泊はテント泊で魅力がたくさんなので、体力に自信がある人はぜひチャレンジしてみてほしいです!!
テント泊は、テントと寝袋など、調理器具、食料を背負って登ることになります。
ザックの重量が、山小屋に宿泊するよりも5kg強くらいは重くなります。

でも、山小屋よりも、自然との一体感を感じられること間違いなし!!
私は大好きです!

(8)西穂山荘、テント場の料金

 
西穂山荘 1泊2食(大人) 9,500円
西穂山荘 素泊まり(大人) 6,800円
テント場 1,000円
 

子供料金や冬の料金などもありますので、西穂山荘のホームページもご覧ください!

>>西穂山荘 宿泊

山の気温は、平地よりも低いし、夏も短いので注意!



山の気温は、平地よりも低いです。

平地が夏のような気温でも、山の上は寒かった・・・。
なんてことはよくあります。
気をつけましょう!

(1)気温は平地よりもかなり低いですよ!


山の気温は低い!!
「夏でも寒い!」なんてことはよくあります。

標高が1000m高くなると6℃低くなるんです。

ってことは、標高0mと比べると、
西穂山荘だと約14℃、
独標だと約16℃低くなります。

防寒対策は万全にしていきましょう!!
晴れている時は暑くても、天候が崩れると寒くなる。
それが山ですので、準備はしっかりしましょう!

(2)夏は短く、冬が長いです



標高が高い山の登山のシーズンは7、8、9月です!

平地では5月でもあたたかったりするのですが、山はまだ冬です。
10月は、平地ではまだまだあたたかいですが、標高が高い山は、すでに雪の気配です。

登山をする際にはちゃんと山の上の天気や気温をチェックしましょう。
私はこのサイトを利用しています。

>>天気とくらす
山の名前で検索してみてください。

こんな服装と持ち物で行くと安心



西穂高岳の独標は、標高が高いし、なかなか危険な山なので、しっかりした服装と装備でいきましょう!

(1)高い山なので、ちゃんとした服装で行こう!



長袖、長ズボンがまちがいないです!
それなら急に寒くなっても平気ですね。
半袖でもOKですが、羽織れるものを持って行くと安心!

あと、着るものは吸水速乾が原則!!
汗で濡れた衣服が冷えると、体も冷えるので最悪です。
体が冷えると体力が奪われます。
乾きやすい服を着ましょう。
あと、下着も乾きやすいものを!

靴は、トレッキングシューズか軽登山靴か、登山靴。
浮石で足元がぐらつくし、落ちる危険がある道なので滑ると危険です。
なので、いつものスニーカーはやめましょう。

軽い浮石の道は意外と歩きづらいです。
初心者のミドリンも苦戦していました。

「独標のコワイ道よりも、この岩の道の方が大変です・・・」
と申しておりました。

靴選びが不安な人は、経験者や登山用品店の店員さんに相談するとまちがいないです。
私的には、底が厚めのハイカットが良いかなーって思います。

靴下も山用が良いですね。

(2)持ち物はこれ!山では油断禁物。しっかり確認しよう!



持ち物と服装は、こちらの記事に詳しくまとめていますので、ご覧ください!
↓↓↓
登山持ち物リスト決定版!【無雪期】持ち物、服装、装備はこれでOK!!

新穂高ロープウェイにはどう行くの?



今回の登山の入り口は、新穂高ロープウェイ!!
そこにはどうやって行ったらいのいでしょうか?

私がよく使うサイトはこちら。

乗り換えを調べるのに便利です!

>>ジョルダン 乗換案内・時刻表・運行情報サービス

また、詳しく調べたい人は公式サイトをチェック!
>>新穂高ロープウェイ公式サイト

(1)車で行くには



車では行くには、高山IC、富山IC、長野ICから行く方法があります。

ICから降りてからの時間は上記の通りです。

 

駐車場は、新穂高ロープウェイの近くにあります。

近い駐車場は有料ですが、ちょっと離れたところに無料駐車場があるのでチェック!!

【所要時間】
東京から(東京〜松本〜新穂高)  4時間30分
大阪から(大阪〜高山〜新穂高)  5時間10分
 

(2)電車・バスで行くには



いろんな行き方がありますが、代表的なものはこちらです。

【関東方面から】
JR・定期バス【新宿駅〜(JR)〜松本駅〜(バス)〜平湯〜バス〜新穂高】  4時間50分
高速バス【新宿〜平湯〜新穂高】  5時間10分
 

【関西方面から】
JR・定期バス【大阪〜(JR)〜高山〜(バス)〜新穂高】  5時間
高速バス・定期バス【梅田〜高山〜新穂高】  7時間10分

まとめ



さあ、いかがでしたか?

ちょっとスリリングな登山、してみたくなりました??

 

ちょっと気合を入れて、ぜひチャレンジしてみてください!

気合はちょっとで大丈夫!
いつもよりもちょっとだけ。

そうすれば、
いつもよりもステキな景色、ステキな体験に出会えるはずです!!

 

不安なことがあったら聞いてくださいね〜。

 

The following two tabs change content below.
日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ

日本一山を愛するトレッキングトリップラー ゆいこ

自由な気持ちになれる、自然が好き!身近なところで非日常を探すべく、 山に登ってキャンプをしたり人気の少ない海で泳いだりしています。 ちょっと足をのばせば行けるような非日常をご紹介しています! ぜひ行ってみてくださいね!!⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です