トロントから長距離バスでニューヨークへ!大興奮のバックパッカー女子1人旅

どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドトリップラーの「Coba」
宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。⇒プロフィールの詳細はこちら

カナダワーホリ後、ビンボー旅を続けていた私がたどり着いたのは、ニューヨーク。

トロントからニューヨークへ、できるだけ安く安全に国境越えしたいですよね!

トロントからニューヨークまで、長距離バスを使えば、格安で行けるんです!!

飛行機では1時間半ですが、バスは約12時間かかるので・・・

時間はあるけどお金はないよ。って方にもってこい!w

今回は、長距離バスで行く方法陸路での入国審査とニューヨークのおすすめスポットをまとめました。

アクシデントも少々ありましたが、よくあることですので、ご安心をwww

トロントからニューヨークへ長距離バスで行く方法

トロントからニューヨークへ行く格安の方法が長距離バスです。

私はグレイハンドを利用しました。

トロントの長距離バスの拠点はトロント・コーチ・ターミナルです。



ニューヨーク行の長距離バス乗り場もここになります。

トロントからニューヨークまでの所要時間:約10~12時間

料金:約100ドルですが、リファンド(キャンセル不可)のタイプだと半額近く安くなります。60ドルくらい。

また、時期やキャンペーンによって価格は変動。私の時は51ドル50セントでした。

インターネットで事前予約しておきましょう♪

メガバスとグレイハウンドの両方のスケジュールをチェックしておくとスムーズです。

長距離バスにありがちなアクシデント発生・・・

トロントに滞在していた私は、30分くらい前にバスターミナルに到着し、肌寒い中、コーヒー片手にバスを待っていましたが・・・

一向にバスが来ませんでした(泣)

出発時間少し前にターミナルからバス乗り場へ出ると、すでに列ができ始めました。

出発時間の夜9時半をとっくに過ぎてもバスは来ない。。。

そして絶対にバス1台では乗れないような行列が完成。

待っている人にも苛立ち見え始めたころ・・・オーバーブッキングだろって声が・・・

絶対に乗りたい!!って心で叫び・・・

2時間以上待った末、数台のバスが次々に出発するという現象が起きました。

結局、私が乗ったニューヨーク行きのバスが出発したのも夜11時過ぎてました。

長距離バスはなにかと遅れがち!スケジュールには余裕を持っておくべし!

バス(陸路)での入国審査

長距離バスで陸移動でのアメリカ入国。

トロントからバスで2時間くらいの国境で入国審査がスタート。真夜中の国境越えとなりました。

国境到着後、バスの中でしばし順番待ち。バスの入国審査渋滞が発生。

運転手の合図で、手荷物だけでバスを降ります。

バスの下に入れた大きい荷物は、運転手などによって、外側から建物の中へ投げ込まれます。

順番にパスポートを見せて簡単な質問に答え、投げ込まれた大きい荷物を持って、またバスに戻りますが、

またしても、ここでアクシデント発生です・・・。

バックパックのヒモが扉に挟まって荷物が取れないwww

しばらく頑張ってたら、黒人のイケメン兄さんが力づくで助けてくれました♪

その後バスに戻ると、私の座席の背もたれに後ろの人がジャケットをかけてくるではありませんか!!

ガーンって思ったら、横の席の大きな黒人のおばちゃんが怒ってくれました♪

この日、私が黒人さんを人生最大に好きになったのは、言うまでもないですw

バスの乗客全員の入国審査が終わるまで、約2時間かかったかな。。。朝3時くらいだったと思う。

そのあとガソリンスタンドなどで、数回トイレ休憩があり、ニューヨークへは、朝到着しました。

ちょっとした、おやつや飲み物くらいは、休憩中に購入できますよ。

長距離バスでの入国審査に必要な物

  • パスポート
  • 入国料:6ドル(アメリカドル)
※陸路ではESTAは必要なし。入国審査時に渡される出入国カードに記入するだけでO.K

ESTAについて

ESTAとはビザなしで、最大90日間アメリカに滞在するための、電子渡航認証システムのことです。

日本を含むビザ免除プログラムを利用できる国民で空路、海路でアメリカに観光、商用目的で入国する方対象。

なので、基本的にはバス(陸路)での入国の場合は必要ありません。

なにかのアクシデントで飛行機や船に変更する場合や、心配な方は事前にESTA申請しておいてください。

ESTAの申請は、オンラインで https://esta.cbp.dhs.gov/esta/application.html?execution=e1s1

申請料金は14ドル(アメリカドル)

パスポート、クレジットカードかPaypalアカウント、連絡先情報が必要です。

72時間前までに取得しておきましょう!

ニューヨークのユースホステル

出典:Hostelling International

HI-New York City(ホステリング・インターナショナル・ニューヨーク)

こんなにオシャレなユースホステルみたことない!!!!

外観も素敵ですが、内装もアーティスティックで、共有スペースも売店やビリヤード台があり充実★

エレベーター完備なのも嬉しかった♪

価格:約50ドル~ バックパッカー的にはお高めの設定だけど、NYのホテルの値段を考えると格安!

立地:良好 セントラルパークのすぐそば!ダウンタウンからは少々離れますが、駅近で便利★

清潔感:良好 大部屋でシングルベッド利用。部屋もバスルームも綺麗でした!

周辺になんでも揃っているので、全く不便を感じない最高のユースホステルです!

私は参加しませんでしたが、イベントやツアーもあるみたいでしたよ。

ニューヨーク満喫★1日モデルコース

時間が限られた人へ。オススメの1日モデルコースはコチラ!!

自由の女神



MoMA見学 or セントラルパーク散策



エンパイア・ステイト・ビルディング



タイムズスクエアでショッピング



ブロードウェイでミュージカル

もちろん他にも見どころ満載のニューヨーク!MoMA以外にも美術館はありますし、ショッピング中心で過ごすのもアリです。

自由の女神に会いに行こう!



初めてのニューヨークで絶対外したくない場所!自由の女神のいるリバティ島!

ニューヨークの象徴を間近でみれば、一気にテンションが上がりますよ~(^^)/

リバティ島へ行くためのフェリーは、かなり並びますので午前中に行ってしまいましょう。

オンラインでチケット予約をして、フェリー乗り場でチケットをゲットしますが・・・それも行列。

フェリーに乗るまで約2時間かかりますw

こちらがフェリーからのニューヨーク★



ご覧の通りフェリーの上も満員状態ですw

リバティ島に着いたら、日本語ガイド付き音声ガイドを渡されるので、それに合わせて自由に観光できます。



手に持っているのが、音声ガイド★詳しい説明ガイドのおかげで、自由の女神を満喫できるのです。

普段はなかなか見れない、自由の女神の後ろ姿は、私の好きなポイントw

みなさんも自由の女神をじっくり観察してみてね!

リバティ島への行き方



自由の女神のいるリバティ島へは、バッテリーパークからフェリーで行きます。

ダウンタウンからは地下鉄1で、終点South Ferryへ。

地下鉄を降りたら、バッテリーパークを歩いてStaten Island Ferry(フェリー乗り場)へ。

チケットブースでチケットを交換(チケットは事前予約しておきましょう)

ここから大行列に並び2時間近く待てば、リバティ島行きのフェリーに乗れますw

お隣の島エルス島も歴史ある素敵な島なので、一緒に見学しておきましょう!

自由の女神ツアーのチケット購入はコチラ:STATUE CRUISES

MoMAで近現代アートを楽しむ



ニューヨークの数ある美術館の中でオススメなのがThe Museum of Modern Art。通称MoMA(モマ)

入館料:20ドル

アクセス:5th Avenue 53rd Street駅からスグ

ゴッホ、セザンヌ、ルソーなどの有名画家の作品がズラリ~!!

知ってる!教科書で見たやつ!がいっぱいですw

美術はイマイチだよねって人でも、近代アートの独特な作品の多いMoMAなら楽しめると思います☆

またMoMAには、作品の展示だけでなく、カフェや中庭、レストランにギフトショップがあり、ゆっくりと過ごせるようになっています。

ポップアート好きなら、この辺りが好きなのかも・・・マリリン・モンローのシルクスクリーンも良かった!



私のお気に入りはコレ!!



可愛くない??w

意外と広いので、時間がない方はフロアガイドを要チェック!

ギフトショップにはアーティストの楽しい商品がいっぱいありました☆

が・・・私はココでのお土産は全て、次に行ったミュージカルの席に忘れてしまった(泣)

セントラル・パーク散策

マンハッタンの真ん中にある大きな公園が、セントラル・パークです。

59丁目から110丁目、5番街から8番街までに及ぶ広さ・・・。

ウロウロしてたら迷子になりますw地図要チェック☆ところどころに地図の看板あります。

観光スポットは公園内に点在してますが、59丁目から80丁目あたりがメインのようです。

アクセス:公園入口は各所にありますが、59th Street駅出口が分かりやすいと思われます。

ベルべドーレ城はかなり人気のご様子★



不思議の国のアリス像は、子どもに大人気★



やはり、ストロベリーフィールズは外せませんね。



ビートルズの曲やジョン・レノンのイマジンを演奏するストリートミュージシャン続出♪

他にも噴水やシェイクスピア庭園などなど見どころ満載・・・とても1日では周り切れない。

レンタサイクルなどを利用してみるのもアリですね!

セントラルパークの情報はコチラ→Central Park

エンパイア・ステイト・ビルディングでNYを眺めるべし



ニューヨークのど真ん中の超高層ビル、エンパイア・ステイト・ビルディング。

存在感抜群!地上102階建ての展望台は、世界中で人気のスポットです!

これだけの高さがあるので、NYのあらゆる角度から見ることができますが・・・

やはり展望台へ上ってみましょう!!

チケットは86階デッキだけのパスで、34ドル。

窓口で購入できますが、やっぱり行列なのでオンラインで事前購入する方法もあります。

詳しくはコチラ→EMPIRE STATE BUILDING

私は、偶然にもトロントのバックパッカーズで同室だった、ドイツ人の子とNYのホステルでも同室になり、二人で上りました。

彼女は写真家だったので、どうしても昼、夕方、夜のNYの移り変わりを収めたいということで、私たちは1日のほとんどを展望台で過ごしましたw

夜景はもちろんですが、日が沈む時間帯がオススメかな♪



昼間はこんな感じ★自由の女神を見れます!!



トイカメラ設定にすると、街や車がおもちゃみたいになって可愛かったですよ~。

なかなかそんなに長く居る人は少ないと思いますが、飽きない美しさでした。

時間のある方は、ぜひ一度、NYの1日の移り変わりを眺めてみてください★

タイムズスクエアが楽しすぎる



ニューヨークといえば、タイムズスクエアを想像する人も多いはず!

ブロードウェイとほぼ同じ場所に位置しているので、ミュージカルの前後でショッピングできました!

まさか夜10時以降に終わるミュージカルの後でも、あんなに賑やかだとは思わなかった!

さすが眠らない街ですね!!!w

どこのお店もこんな風にNY感満載(^^)/



中でも私のお気に入りは、ディズニーストア★



自由の女神ミッキーと友人の子供にコスチュームを購入してきたら、BGMが・・・

アナ雪の”Let It Go”に♪♪

お客さんの一人が口ずさむと、店員全員が歌いだしてビックリ!!!

でも、とっても楽しかった~~~~素敵な街だ~~~~~!!

タイムズスクエアの情報はコチラ→TIMES SQUARE

ブロードウェイでミュージカル



私がニューヨークで一番楽しみにしていたこと!!!

ブロードウェイでミュージカルを楽しむこと!!

数ある作品の中から、速攻で”ライオンキング”に決めました☆



大好きな作品なだけに英語が聞き取れなくても、全然大丈夫だった!!

ミュージカルを満喫するために、NYに着いてすぐ購入したワンピとサンダルで会場へ♪

たぶん、カジュアルな方もいるけど、自分のモチベーションが変わります!

ミュージカルが終わるとテンションの上がりっぱなしのお客さん達と一緒に、ワイワイと写真撮影しながらグッズを購入!

「あなたもライオンキングの大ファンなのね!わかるわ~」てのが定番文句のようですw

終了後のグッズ販売はかなり混み合いますので、先に買っておくのも良いかもね!

ミュージカルのチケット購入方法



ライオンキングのチケットを購入するために、早めにブロードウェイに向かった私。

タイムズスクエアで、チケット予約をとってるオジサンに声かけられました。

ライオンキングは人気だから、もうないかもしれない。チケット販売店に聞こうと言われた結果・・・200ドル近く。

高い気がして、劇場窓口へ。

なんと全然、当日チケットあった!しかも100ドルほど・・・。

アブナイ・・・アブナイ・・・( 一一)

ただし、人気のチケットは早めに売り切れることもあるので、事前購入しておきましょ!

劇場以外では、各作品のサイトで購入できます。

ライオンキングなら→THE LION KING

もしくはtktsチケッツでも購入できます。

タイムズスクエアの赤色の掲示板で、当日余っているチケットを表示しています。

下の写真の左端にある赤いやつです。



割引チケットになっているので、当日になって何か観たいという人にオススメです!!

まとめ



カナダの田舎から一人で訪れた大都会ニューヨークでしたが、偶然の出会いに恵まれてサイコーに楽しい日々を送りました☆

カナダ、NYのバックパッカーズで一緒だった彼女ですが、実は私は全く同室だと気が付かなかったんです。

だけど、トロントの宿で何やら聞かれて、パンフレットをあげていたようで、彼女の方が気づいて話しかけてくれました。

何気ない親切が、次のラッキーを生んでくれた気がします♪

こういう素敵な出会いがあるから、一人旅ってクセになるんですよね!!

そしてNY・・・めっちゃ好きって思いました!

The following two tabs change content below.
どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドトリップラーの「Coba」

どこでも鼻笛♪路上詩人アイランドトリップラーの「Coba」

宮古島からスタートして、沖縄を転々としながら、路上詩人などを経験。カナダ、オーストラリアでのワーキングホリデーを利用しながら、ヘルプエクスチェンジを楽しむようになる。旅にはいつも三線や鼻笛を持参している。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*