【動画アリ】オランダ野原風景!のどかなライデンの街を運河クルーズで観光してみた

いつもロンリーなアートリップラー「カジヤマシオリ」
いつもひとりで、オランダやイギリスなどヨーロッパの国々を旅しています。美術館巡りが大好きです。国内では、大好きなアーティスト・超特急を追いかける旅を展開中。⇒プロフィールの詳細はこちら

オランダで運河のある町は、首都アムステルダムだけじゃありません。

実はライデンも運河が街じゅうに張り巡らされています。

アムステルダムほど大きくないけれど、こぢんまりとしていてゆったりとした時間が流れている街です。

ライデンを散策するなら、徒歩もいいけれど、この街ならではの運河の上をゆくクルーズもおすすめです。

約1時間の運河クルーズで満喫するライデン観光を、動画付きで紹介します!

ライデンってどこ?



ライデンという街は、オランダのこのあたりにあります。

首都アムステルダムよりも少し南、デン・ハーグ寄りにありますね。

首都アムステルダムから電車で30分!

ライデンには飛行機でのアクセスはできませんので、公共交通機関だとバスや電車でのアクセスとなります。

アムステルダム中央駅からはインターシティ(急行列車)で30分くらいです。

実は日本とも関係の深い街



ライデンの街は、日本と深いつながりが。

江戸時代の日本で医師として活躍したシーボルトは、オランダに帰国後、晩年をライデンで過ごしました。

現在も、彼が暮らしていた家が残っており、日本に滞在していた時に収集した浮世絵や工芸品などの展示を行う博物館となっています。

また、オランダ最古の大学「ライデン大学」には、世界で最初に日本学科が設置されました。

もともとオランダは日本とつながりの深い国ですが、ここライデンはとくに日本にまつわるスポットが多いのです。

ライデン観光は運河クルーズがおすすめ!

ライデンについてちょっぴり詳しくなったところで、街をゆく、運河クルーズについて紹介します。

クルーズ乗り場はココ!

運河クルーズに参加するには、ライデン中央駅から少し歩いて、チケット売り場のあるベースデンマルクト広場へ。



Rederij Rembrandt(レイドゥライ・レンブラント)」という名前の運河クルーズです。

チケット売り場の前には、看板も出ていてわかりやすいですね。クルーズに参加する前から、運河のあるかわいらしい景色に出会えます。

自分の参加したい時間帯をチケット売り場で伝え、空きがあればチケットを購入できます。自由席です。
住所 Blauwpoortshaven 5, 2312 EL Leiden
 クルーズの開始時間  10:30、11:30、13:00、14:00、15:00、16:00
 所要時間  約1時間
 料金  大人10ユーロ
公式ホームページ http://www.rederijrembrandt.nl/home_engels.html
 



 

雨の日も楽しめる屋根付きクルーズ

運河クルーズのような屋外でのアクティビティは、雨や雪だと楽しめないんじゃ?



その心配はありません。クルーズ船は屋根付きで、天気が悪くてもあきらめなくて大丈夫!

英語が苦手でも大丈夫!日本語ほか計7か国語の音声ガイドあります

運河クルーズは音声ガイド付きです。音声ガイドでは、注目スポットやクルーズを楽しむためのポイントなどを紹介してくれます。

そして、音声ガイドにはオランダ語、英語だけでなく、複数の言語が。

ドイツ語やスペイン語、フランス語にイタリア語、さらに日本語も入っています!外国語が苦手でも、安心して楽しめますね。

オランダ語以外の音声ガイドを希望する場合は、船の前方の席を確保しましょう。後方の席にはありません。

さあ、運河クルーズでライデンの街をゆこう



それでは、運河クルーズを楽しみましょう!

実際に運河クルーズで見ることができる、ライデンの街を紹介します。

運河沿いの建物はかわいらしく、のんびりとした時間を過ごすことができますよ。

【動画】運河クルーズで眺めるライデンの景色


ライデンの運河クルーズで必見のスポット5選

動画を見ていただいたところで、運河クルーズで見逃せないスポットを5つ紹介します。

ボートハウス



ゆったりとした時間が流れる運河に浮かぶボート。その中には、実際に人が住んでいる「ボートハウス」があります。

運河クルーズ中にも、ボートハウスで暮らす様子を見ることができます。運河のある街ならではの光景です。

ライデン市庁舎



ライデンの市庁舎は、17世紀に建てられた歴史のあるものです。華やかな装飾は、運河からも眺めることができる、街のランドマーク的存在です。

跳ね橋



ライデンの運河には、ところどころに跳ね橋がかかっています。

オランダらしい、風情のある光景。橋の下スレスレをゆく運河クルーズは、ちょっぴりドキドキもある体験です。

ライデン大学



運河クルーズでは、オランダいち古いライデン大学のそばをめぐります。

大学の誇る、広大な敷地の植物園が見えます。大学の学生でなくても見学可能なので、興味のある方は運河クルーズのあとにぜひ。

Plantsoenpark


地元の人々の憩いの場となっている公園「Plantsoenpark」は、かわいらしい花の咲き誇る癒しスポット。運河沿いにある公園で、クルーズからも花々を愛でることができます。

ライデンの運河クルーズは癒しの時間♪

1時間というちょうどよい所要時間で、ライデンのハイライトをばっちりおさえた運河クルーズ。

ライデンの街がどのような雰囲気なのか、つかむにはぴったりのアクティビティです!実際に運河クルーズで見た場所を、クルーズのあとに見てまわるのも理解が深まります。

アムステルダムからも近いので、オランダを訪れたらぜひ体験してみてくださいね。

The following two tabs change content below.
いつもロンリーなアートリップラー「カジヤマシオリ」

いつもロンリーなアートリップラー「カジヤマシオリ」

いつもひとりで、オランダやイギリスなどヨーロッパの国々を旅しています。美術館巡りが大好きです。国内では、大好きなアーティスト・超特急を追いかける旅を展開中。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*