【まるで異世界!】海外マレーシアのレゴランド子連れ体験談

家族で世界を旅するファミリートリップラー「おーちゃん」
WEBマーケティングの会社を経営しながら場所に囚われない働き方を体現。子供にグローバルな視点と自由な選択肢を持たせたい一心で、妻と2人の子供を連れて海外生活を試みる。2017年はシンガポール、マレーシア、バリを転々と生活予定。⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは!ファミリートリップラーのおーちゃんです。

マレーシア旅行でジョホールバルのレゴランドに行ってきました!

 

名古屋に新しくできたレゴランドでは人が少ない

すぐに値上げした

周辺のお店が人が入らなくて潰れた・・・

 

などなどあまりよくない評判も聞こえてくるなか。

 

海外のマレーシアのレゴランドはどんなものか?

家族で実際に体験したことをお届けできればと思います。

 

それでは、レゴの世界をお楽しみください。

 

まるで異世界!マレーシアのレゴランド



曇り。あいにくの天気。

 

マレーシア、ジョホールバルのレゴランド正門です。

隣に見えるのはレゴランドホテルで、ホテルに泊まったら秒速でレゴランドに行けます。

 

レゴでかっ!!

 



レゴランドホテルの前に身長3m級のレゴのキャラがいるので、門をくぐらずとも早速こどもが喜んでくれます。

 



手が大きいので顔もスッポリ入りますね。

 

予想以上にリアリティのあるレゴたち

 

さっそく門をくぐってみると、そこら中にレゴたちがお出迎え。

しかも作りがめちゃめちゃリアル。

 

例えばこんな感じです。



らくだと人のレゴバージョン。

 

よくよく見ると奥のでっかいファラオ像もレゴで出来てる!

相当凝ってます。

 



キリン。

 



タコ。

 



サイ。

 





中世ヨーロッパの騎士。

 



アインシュタイン。

 



犬。

 



近づいてみると細かくレゴを積み上げてるのが分かります。近づきすぎるとちょっとグロイですw

 

謎の生物もレゴで出来てる?!



 

マップのゾーンによってキャラクターや世界観が変わります。

お城のゾーンであれば先ほどの中世ヨーロッパの騎士がいたり、あとは和のゾーンであれば和の雰囲気の作りに。

 

こことか昔の日本みたいですよね。

 



 

大人だけどレゴの世界だけ見るだけでも、楽しかったですね!

「子供の頃に、よく遊んだなぁ~」と懐かしい気持ちに。

 

スターウォーズ × レゴランド



映画スターウォーズとレゴランドが組み合わさったゾーンもあります。

ダースベーダーはレゴになると強そうなのか弱そうなのかよく分かりません 笑!でも作りがリアル。

娘はピコピコハンマーで戦おうとしてました。

 

おなじみダースベーダーやC-3PO、R2-D2。





 

スターウォーズの世界の内部に侵入



スターウォーズのレゴの世界に入ると15分くらいのミニシアターがあって、レゴでできたスターウォーズキャラクターの映画が見れます。

ちなみにこの中、けっこう暗いので暗いところが苦手なお子様は嫌がるかもしれませんw

 

うちの娘もちょっと怖がってました。。

どちらかというと、スターウォーズ好きの大人が楽しめる場所です。

 

レゴで作られたスターウォーズの世界がズラリと並んでますよ!



ここは男の子の方が好きな人多いかもしれないですね!

 

最後はお土産コーナーで、スターウォーズのレゴが待ち構えてます。



 

子供向けのレゴの乗り物

子供向けの乗り物はいっぱいあったのですが、結構年齢制限や身長制限があるので、3歳以下の子供だと乗れるのが限られてしまいます!



このマシーンも3歳で100cm以下の娘は乗れず。

これくらいだったら乗れるでしょー!と思うようなのも乗れなかったのでそこは残念。

 

途中ドラゴン?の乗り物があったけど、娘が乗れず。悲しんでました・・

 

ただそのおかげで日常でごはんを食べるときに、「大きくなったらドラゴン乗れるよ!」って伝えると「うん!ドラゴン乗る!」

って言ってしっかりご飯を食べてくれるようになったので、乗れなくても良い教訓になるかもしれません。

 

ミニサイズのフリーフォール



子供でも乗れるサイズのフリーフォール。

 

高さでいうと2Fくらいの高さまで上がって・・・落ちる

また上がって・・・落ちる!

 

それを数十回繰り返される乗り物。

 

小さいから体への負担はあまりなかったですが、しっかり内臓が動く動く。

ジェットコースターやフリーフォールが苦手なパパさん、ママさんお気を付けください。

 

ただ子供はめちゃ楽しそうでした!

 

子供と一緒にレゴランドを見下ろせる乗り物



丸い円盤上の乗り物で一度に30人くらい収容できる乗り物。

レゴランドの世界が見下ろせますよ。



 

親子共同作業で動く消防車



めちゃめちゃ体力使った乗り物がこちら。

見た目は普通の消防車の乗り物ですが、手動でレバーを上下に動かして車が走る仕組み。

 

他の車も並んでて競争みたいになるので、負けられず余計体力が・・・

普通の遊園地にもありそうですけど、これもまた子供は楽しそうでしたw

 

3歳でもOK!飛行機の乗り物



飛行機の乗り物。

 

大人と一緒なら3歳でも搭乗OKでした!

遠心力が少しかかるので、大人は外側に乗ります。

 

ハンドル操作で上下に飛行機を動かせるので、子供は夢中になって操縦してました!

 

 

大人も楽しめるアトラクション「レゴ版 スプラッシュマウンテン」

 

ジェットコースターも色々あったので、どれを乗っても大人も楽しめそうでしたが、

そんな中実際に体験したのが、ディズニーランドのスプラッシュマウンテンみたいなやつです。

高いところから落ちて行って、水の上にダイブする、あの乗り物です。

 

3歳のわが子供は小さくて乗れなかったので、パパ一人でチャレンジ。

楽しいのですが、乗ってみるとちょっとした問題がありました。

 
 

ゆっくりと山の上に上ってからの~・・・ダイブ!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

濡れすぎw

 

もうTシャツやらパンツやらビッショビショになりました。肌透けてるし 笑

真っ白Tシャツだったら乳首透けちゃうよ。

 

やはり海外はダイナミックですね。後先考えないところがw

レインコート着た方がいいレベルのアトラクションでした!

 

 

体を小さくして散策したくなる「ミニュチュアのレゴたち」



これはマレーシアのクアラルンプール。

全部レゴで出来てます!

 

こういった色んな世界・町のレゴがズラーっと並んでるゾーンがあるんですよね。

写真だと大きく見えますが、実際サイズは小さいです。人はよくある人型のレゴサイズ。

ツインタワーは大きかったですね。3mくらいはありそう。。

 



街にはエアコンの室外機まであって再現性がヤバい。

 

閉園前は子供向けのショー!



閉園前、夕方18時頃からレゴキャラクターによるダンスショーがあります。

 

子供も一緒に参加できるので、うちの子はかなりハシャいでました!

 

ドラゴンが好きなようでドランゴンに釘付け。



 

最後は記念写真を撮ってフィナーレ。



 

レゴランドマレーシアについて

食事



レゴランドの中にいくつ食事できるところがありますが、こちらは西洋のゾーンにあったレストラン。

(肝心の食事の写真がありません・・)

鶏肉、ポテト、コーラ!ということでがっつりアメリカンサイズの食事でした。

 

家族4人だったら4人分頼むと、食べきれない可能性あるので、3人分とか減らしてもいいくらいです。

子供が小さかったら尚更ですね!

 

他にも入り口にカフェがあるので、子連れでバテたときでも休憩できますよ。

 

レゴランドマレーシアの料金・営業時間

 

料金は日本円で(2017年6月現在)、

 
パスの種類 大人(12~59歳) こども(3~11歳)
テーマパーク1日フリーパス 5,000円 4,000円
ウォーターゾーン1日フリーパス 3,200円 2,700円
両方の1日フリーパス 6,300円 5,000円
 
  • 営業時間:10時~19時
 

アクセス

  • 住所:7, Jalan LEGOLAND, Bandar Medini Iskandar Malaysia, Nusajaya, Johor Darul Takzim, Malaysia, 79250


 

シンガポールのチャンギ空港から楽にレゴランドへ行く方法

子連れだと移動だけでもシンドイですよね・・

そこで少しお金はかかりますが、楽に行けるのが国境越えまでしてくれる国際タクシーを使って行く方法です。

(タクシー乗り場までは電車を使って利用しますが国境越えが超楽)

 

レゴランドからではなかったですが、チャンギ空港に帰るときに実際に国際タクシーを僕らも利用しまして。

レゴランド周辺のジョホールバルの宿からチャンギ空港まで80$(シンガポール)円。

 

時間は1時間ちょっとでチャンギ空港に到着しました。

行きはバスでシンガポールからジョホールバルの国境越えしたときは、一回バスに降りてイミグレーションして、またバスに乗って・・・と、非常に面倒でした。

子供2人抱えてると、かなり体力削られます。。

 

でも国境越えタクシーの場合、降りずに乗ってるだけで国境越え。

乗用車タイプでなくワゴンタイプもあるので、大き目のタクシーなら尚ストレスフリー。

国境を越える前にタクシーの中で飛行機でよく書く用紙に記入したりしますが、税関の人とのやりとりは全部タクシーの運転手さんが代わりにしてくれます。

 

しかも国境越えの手続き早い!

 

荷物のチェックも適当で、バックの中身が開けられるとか赤外線でチェックするとか、そういうのも無し。

逆に「セキュリティ大丈夫w?」って心配になるくらい素早く手続き完了です。

 

ちょっと割高でも楽にレゴランド行きたい場合は、国境越えタクシーがおすすめです。

 

国際タクシー乗り場までの行き方

チャンギ空港からタクシー乗り場までは電車を使ってブギス(Bugis)駅に向かいます。

こちらに電車路線図が載ってます。

 



Changi Airport ⇒ Tanah Merah ⇒ Bugis

Tanah Merahの乗り換えはホームの向かい側に移動するぐらいなので、そこまで移動しなくてよかったです。

 

Bugis駅からタクシー乗り場までのルート



徒歩10分くらいでタクシー乗り場に到着です。

Bugis駅からSingapore-Johore Express Terminal(国際タクシーの乗り場)へ。

 

あとはタクシーに乗ってれば目的地に連れてってくれます!

 

マレーシアレゴランドの注意事項2つ!

①年齢制限と身長制限に注意

どのアトラクションにもほぼ年齢制限と身長制限があります。

どの遊園地もそうだと思いますが、「これ乗っても問題ないでしょう~」と思うような乗り物でも結構厳しくて乗れず。

 

特に~3歳児だと7割くらい乗り物に乗れないです・・

 

色んな乗り物に乗るならせめて4歳、できれば子供の年齢が5歳以上になってから行くと更に楽しめると思います。

もちろん、記事で紹介したような自分ら家族が行った場所でも十分子供は喜んではくれます。

 

②夕方に行っちゃだめ!絶対!

どの時間帯に入ったとしても金額が変わりません。

例えば夕方17時にレゴランドに来ても、1日フリーパスの値段をガッツリ取られます!!

 

なのでレゴランドに行くなら営業が始まる10時とかお昼には行きましょう。

遅い時間に行ったら回り切れず損してしまいますので・・

 

実はうちら家族は前日の夕方にレゴランドに行って、お金の話を聞いてなんか勿体ないなぁと思って、なくなく次の日に行くことにしました 笑

 

混雑状況



結構、空いてますw

ディズニーランドと比べてしまえば、天と地の差。

土曜日に行きましたがストレスなく過ごせました!

 

アトラクションに並ぶのも待って15分くらいだったので、待ち時間の辛さは感じなくて済みます。

最後の子供向けのショーだけ少し人が集中しますが、ディズニーランドほどではなかったです。

 

レゴランドの周辺でも楽しめる



 

レゴランドの周りにはレストランやカフェ、子供が遊べるスペース、アートなんかもあったり。

 







ここだけでも楽しかったです。

レゴランドをまわった前日夕方に来た時も、ここの存在が大きかったので入園を諦められたので。

 

マレーシアのレゴランドの感想まとめ

 

レゴランド、年齢制限とか身長制限が厳しかったりパスの融通が利かなかったりしますが、レゴの世界というだけでも子供は楽しめます。

3歳の子供が楽しんでくれて、「また行きたいねー!」「ドラゴン乗ろうねー!」と言ってて嬉しかったです。

 

また子供がもう少し大きくなったら、行きたいなぁと思いました。

以上、マレーシアのレゴランドでした!

 

子供と思いっきり楽しんできてください^^!

 

レゴランドマレーシアのホームページ

 

 

マレーシアに関連するトリップラーコンテンツはこちら

世界遺産から離島・秘境ビーチまで!マレーシアの心揺さぶる3つの島レポ

2017.03.20

【後悔する前に必読!】マレーシア移住費用やビザの条件や賃貸の契約方法を詳しく紹介!

2017.03.30

マレーシアのワークキャンプボランテイアを体験して激変した自分の世界観とは!?

2017.05.11

The following two tabs change content below.
家族で世界を旅するファミリートリップラー「おーちゃん」

家族で世界を旅するファミリートリップラー「おーちゃん」

WEBマーケティングの会社を経営しながら場所に囚われない働き方を体現。子供にグローバルな視点と自由な選択肢を持たせたい一心で、妻と2人の子供を連れて海外生活を試みる。2017年はシンガポール、マレーシア、バリを転々と生活予定。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です