【アロー通りを完全網羅】マレーシア最大の屋台街でローカルグルメ旅!

音楽家×塾講師TRIPLER「FUMITAKE」

シンガーソングライターとして自主制作で音楽作品をリリース。iTunesやAmazon、タワーレコードなどから発売して全国ツアーを行い、旅の喜びに気づく。
現在はビジネスを学び、個人でウェブサイトの制作・運営を行いながら、ウェブマーケティングで企業すべく鋭意修行中。
⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは!マレーシアに行って多人種多文化なコスモポリタンな雰囲気に魅了されているトリップラーFUMITAKEです。

クアラルンプールで、アジア随一の屋台街とも言われるブキッビンタンのアロー通りに行ってきました。

今回は沢山の人で賑わい、中華を中心として日本だと食べた事ない美味しい料理を安く楽しむことができるアロー通り屋台街の体験レポです!

※人によっては閲覧注意な写真があるのでご注意ください汗。

また、アロー通り屋台街での体験を歌にしたので(なぜかグラサン汗)、お時間があればよかったら聴いてみて下さい。

それではどうぞ!

アロー通り(ジャラン・アロー)の屋台街とは?

マレーシア最大の屋台街であるアロー通りはクアラルンプールの繁華街ブキッビンタンにあります。

大型のショッピングセンターや高級ブランドショップ、ホテルなどが集まっているブキッビンタンは日本でいう原宿みたいな感じですが、その路地を一歩入るとアロー通りの別世界があります。

アロー通りは昼間はなんて事のない商店街ですが、夕方前くらい(6時半頃)から様子が変わり、暗くなるとどこからともなくたくさんの観光客や地元の人たちで溢れかえるんです。

新しいビルが立ち並び急激な変化を遂げているクアラルンプールにあって、アロー通りは昔から変わらない異国情緒たっぷりのアジアの喧騒を体感させてくれます。

僕が訪れたのは平日の21時頃だったんですが、普通に23時を過ぎてもずっとお祭りみたいな賑わいでした。

マレー系をはじめとして中華系やインド系などの多民族の多文化が凝縮された雰囲気は、エキゾチックなアジアの旅を味わい人にはおすすめですよ♪

アジア随一の屋台街⁉︎クアラルンプールのアロー通りを歩いてみた!


とにかく人、人、人。すごい人です。

200メートルほどの屋台街が人で埋め尽くされています。

カップルや子供ずれの家族もたくさんいました。

写真は21時にアロー通りについてすぐに撮ったものですが、この時間くらいが1番いい時間帯みたいですね。

これが平日の水曜にはまるで見えない笑。

エキゾチックな看板が慣れん出るのを見てると「マラッカ海峡の国にいるんだなぁ」ってしみじみ感じます。

煙を上げて魚や肉を焼く香りが、四方八方から食欲を誘って来て、どれも美味しそうで困ったことに目移りしかしません笑。

みたことないような不思議な食材なんかもいたるところに溢れかえってます♪

一番目につくのは中華系の屋台ですが、マレーシア料理やインド系、タイ料理、ベトナム料理からフルーツまで屋台もたくさんありました。

どんだけ多彩なんだ!」っていうキョロキョロを抑えるのに必死です。

丸焼きがドーン!

気温は28℃ですがお魚はこのように氷づけで露店に並んでいました。

鮮度は大丈夫なのか??さっぱりわかりません。注文があればこれをそのまま火を通すなどして食べる感じでしょうか。

マレーシア周辺の海で獲れた魚なんでしょうねきっと。

マレー風焼き鳥、サテーの屋台。

下味をつけて串刺しにした牛や羊、鶏肉などを炭火焼きにして食べます。写真手前には野菜の串刺しも並んでますね。

食べたいものを選ぶとその場で焼いてくれます。

1本1RMなので日本円にすると35円くらい。やっすいですよね。

カエルの串刺しもマレーシアでは普通に人気です汗。

鳥のムネ肉に近い食感で、クセは一切ないそうですが、僕はついに食べる勇気がなかった。。

フルーツの屋台もたくさんあり、食べ歩きしてる人も多いです。日本でみたことないフルーツもたくさんあるんですよ。

定番のドリアンの屋台はアロー通りのそこかしこにあります。
なんとフルーツの店で1番多いのがドリアンでした。

果物の相場は1パックで大体4〜10RMなので150〜350円なのですが、ドリアンは1/4のサイズで20〜40RMします。

日本円にして700円くらいなので食事代の2倍です。さすが高級フルーツ。果敢にチャレンジしてる人も普通にたくさん見かけましたよ。

ニオイがやばいんで食べるときはビニール手袋を忘れないようにしましょう。僕は今だに食べたことないんですが…。

アロー通りをずっとあるていくとコンビニらしき商店なんかもあります。

人でごった返すアロー通りですが、その中を平気で車が通っていきます。時には写真のようにスレスレな感じ。

見た目は完全に歩行者通りですが、実はただ通りに人が溢れているだけなので、頻繁に車が入ってくるんです。

驚くことにBMWとかベンツとかの高級車もよく入ってきてました。

ストリートミュージシャンがアロー通りにはたくさんいます。しっとりと屋台街の雰囲気に馴染んでいる演奏はこなれていて上手なんです。

なので邪魔な感じは皆無。むしろ食事しながら聞こえてきたりすると僕は気分がよかったです。それぞれのミュージシャンが絶妙に距離が離れていて、複数の演奏がかぶって聞こえてくるということもありません。

 

こちらのインド系の女の子はセーラームーンのコスプレで歌っています。見た目と歌のキュートさで、通りを行く人の関心をグイグイ集めていました。

写真は殺風景に見えますが、実際は僕の見る限り通りを歩いている人たちがみんな目を向けていて、1番人気でしたね。

マレーシアの安く美味しいグルメ!アロー通り屋台街で食事してみた

ひとしきりアロー通りを歩いてから、満を辞して屋台飯をいただくことにしました。ここからは軽く食レポをば。

アロー通りで抜群人気の通称「偽ミッキーの店」W.A.W RESTAURANT!

選んだお店は「W.A.W RESTAURANT(ウォン・アー・ワー・レストラン)」。
アロー通りの一番端っこの方にあるので見つけやすいです。

看板の絵にはミッキーらしきキャラがw

通称「偽ミッキーの店」とも呼ばれているそうですが、評判が良いので実際に行ってみたら、とてもたくさんのお客さんで賑わっていました。

見渡す限り満席で、空いてる席を見つけるのが大変だったくらいです。

一皿が10RMくらいの料理が多く、料金は安いです。

お酒を飲まなければ、チキンや海鮮料理などをおなかいっぱい食べても1人20〜30RM。だいたい700円前後です。

1人でブラブラしていたのですが、屋台はおひとりさまでも気兼ねなく入れるのが気楽でいいですね♪

偽ミッキーのお店で1番人気はこのチキンウィング。炭火で絶妙に調理された絶品の甘辛いタレがたっぷりの手羽先です。

さっそく注文して食べてみましたが、香ばしい表面はパリッと焼かれていて食べると中はジューシー♪

う、うま〜〜!!!

なるほど日本人の僕にとっても非の打ち所のない美味しさでした。

アロー通り屋台街でマストなおすすめグルメです!

空心菜のガーリック炒めもめっちゃ美味しい!

魚料理にもチャレンジ!

SKOL(スコウ)というマレーシアでよく見かける、カールスバーグが醸造してるビール。

アルコール分は5パーセントで、味はあっさりと薄めです。半袖の暑さの中で飲むにはちょうどいい感じの味でした。

テーブル変わってますが。

ちょっとアロー通りをひと歩きしてまたブーメランのように偽ミッキーの店に戻って注文したのは、またまたカールスバーグのビール♪

値段は11RM。300円前後くらいです。

マレーシアのお酒事情について

イスラム教徒が人口の6割を占めるマレーシアでは、半分以上の人々がお酒を飲まないため酒税が高く設定されており、通常の販売価格が日本の2〜3倍となっています。

つまりビールひと缶の方が食事代以上になるのが普通なんです。

びっくりするくらい高いですよね。お酒が好きな人には厳しいものがあります。

ただ、マレーシアがイスラム教国と言ってもそこは多民族国家。お酒自体は飲める場所が豊富にあり、実は探せば日本より安いビールを見つけることもできます。

アロー通り屋台街は非イスラム教徒や旅人が多いブキッビンタンにあり、ビールもそこまで高くはなかったので、クアラルンプールに来てお酒を飲みたい場合にはおすすめですよ♪

デザートはあっさりとした味のココナッツアイスクリーム!

屋台料理でお腹いっぱいになったところで、デザートにココナッツアイスクリームをいただくことにしました。

トッピングは好きなものを選んで入れてくれます。

アイスをココナッツの殻に入れてもらうこともできます。

味はあっさりと薄味なのがちょっと意外な感じで、すこしシャーベット的な食感もあるアイスという感じでした。

日本で生活してて今まで体験したことのない美味しさでしたよ♪

 

アロー通りはこう遊べ!屋台街を楽しみきる3ステップ!

マレーシアの屋台街に来たけれど「どうすればいいのかさっぱりわからない!」って最初はなるかと思います。

まずどんなお店に行けばいいのかから困ってしまいますよね。

ここではお店の選び方から注文の仕方、お金の支払い方などを紹介していきます!

ステップ1:アロー通り屋台街でのお店を選ぶ

お店の選び方はシンプル。にぎわっているお店を選んでください。

アロー通りをひととおり歩いてお店を観察していくと、空いている店と激混みのお店が結構はっきりしていたりするのでわかりやすいかと思います。

食べたいものやお店が決まったら、その屋台のそばの空いている席に座りましょう。

FUMITAKE
ネット情報をスマホで確認することもできないことはありませんが、いざアロー通りに行くとしっかり情報リサーチする余裕は僕にはありませんでしたw。なのでその場で自分の目で見て行くことをお勧めします。

ステップ2:アロー通りの屋台で料理を注文する

気に入ったお店に入りテーブルに着いたらまずはメニューを確認。注文を取りに来てくれたら注文をしましょう。

お店ごとの席が厳密にきっちり決められているわけではないので、食べたいものが複数の屋台であれば、それぞれの屋台で注文しても大丈夫です。

飲み物は無料で出てくることはありません。
なので料理を注文するときに、ドリンクも一緒に注文してください。

FUMITAKE
ちなみに水の管理が万全ではないので氷入りの飲み物には気をつけましょう!

ステップ3:アロー通りの屋台で食事代を支払う

支払いのタイミングは料理が運ばれて来たときに払うお店と最後に払うお店があります。

FUMITAKE
食べ終わったらまた別の場所に移動するのがジャラン・アロー流の楽しみ方です!

アロー通り(ジャラン・アロー)屋台街へのアクセスは?

アロー通り屋台街はモノレールのブキッビンタン(Bukit Bintang)駅から徒歩3〜5分くらいのところにあります。

ブキッビンタンは日本でいう原宿みたいところで、夜もオシャレで身綺麗な若い人が多いです。

僕は夜21時にそこを歩いてアロー通りに行き、帰りは23時を過ぎてまた歩きましたが、女性もたくさん歩いていて、ときに危険を感じるようなことはありませんでした。

ブキッビンタン駅を出たらブキッビンタンストリートを西に進みマッサージ店が並んでいる通りの一本脇のところにあります。

FUMITAKE
タクシーやUberを使って行くこともできますが、アロー通り周辺の路地は狭い一方通行が多く、とても渋滞するので、鉄道を使う方が良いでしょう。

詐欺注意!アロー通りを安全に楽しむ為の注意点は?

アロー通りのあるブキッビンタンのエリアでは賭博詐欺に注意する必要があります。
いわゆる「イカサマ賭博」です。

「マレーシアは初めて?」なんて優しい口調で話しかけて来て、日本人だとわかると言葉たくみに民家に誘われ、トランプゲームに巻き込まれます。

相手の詐欺師は5〜8人のプロ集団。当然のように負かされて現金や貴金属を要求されるんです。

クレジットカードで現金の引き出すことを要求されたり、高価な貴金属を買わされたりすることもあり、被害額が数十万から数百万という深刻なケースもあります。

ブキッビンタンにはその手の詐欺が多く、話しかけてくるのは男女2人組か女性であることが多いとか。

FUMITAKE
僕はアロー通りの屋台街を基本的には割と安心して楽しむことができました。

ただ、これは僕が体験したことなのですが、あまりお客さんのいない屋台のそばの席に座ったら、1人の女性が僕に話しかけて来ました。

中国系の30代くらいの女性だったんですが、ちょっといかにもな感じで様子が怪しいというか不気味な感じだったんでそっと場所を変えたんです。

もしかしたら賭博詐欺の人だったのかも…

また、注意が必要なのはアロー通りからちょっと西に行ったチャンカットブキッビンタン通りやそこから枝分かれしたテンカットシン通り周辺です。

そのエリアは、ショップハウスが並ぶクラシックな街並みに、様々な民族の料理店などが立ち並び、長期滞在ホテルやバックパッカー宿もある魅力的なコスモポリタン都市となっています。

でも最近はちょっと治安が悪くなりつつあり、引ったくりなどに注意が必要になっています。

なのでアロー通りに来ていてすぐ近くだからと言っても、アロー通りから外れたそれらの路地は夜はあんまり歩かない方が良いでしょう。

FUMITAKE
ちなみに僕は翌朝じっくりそのエリアを歩いてみたんですが、昼間歩く分には特に緊張を感じることもなくのびのびと国際都市の散策を楽しみことができましたよ♪

クアラルンプール・アロー通り屋台街まとめ

以上、クアラルンプールのグルメなディープスポット、アロー通り屋台街の体験レポでした!

クアラルンプールでいちばんの華やかな繁華街、ブキッビンタンから一歩入るとそこはアロー通り。

昔ながらの変わらない風景が広がっています。

美味しくてリーズナブルなローカルグルメの数々に、たくさんの旅行者や地元の人たちで毎日にぎわっています。

クアラルンプールにお越しの際は、ぜひ一度立ち寄ってみてください♪

The following two tabs change content below.
音楽家×塾講師TRIPLER「FUMITAKE」

音楽家×塾講師TRIPLER「FUMITAKE」

シンガーソングライターとして自主制作で音楽作品をリリース。iTunesやAmazon、タワーレコードなどから発売して全国ツアーを行い、旅の喜びに気づく。 現在はビジネスを学び、個人でウェブサイトの制作・運営を行いながら、ウェブマーケティングで企業すべく鋭意修行中。 ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

音楽家×塾講師TRIPLER「FUMITAKE」

シンガーソングライターとして自主制作で音楽作品をリリース。iTunesやAmazon、タワーレコードなどから発売して全国ツアーを行い、旅の喜びに気づく。 現在はビジネスを学び、個人でウェブサイトの制作・運営を行いながら、ウェブマーケティングで企業すべく鋭意修行中。 ⇒プロフィールの詳細はこちら