人生1度は観たい!世界3大レース「モナコF1グランプリ」を観戦してきた☆

パリでオーガニック満喫!栄養士TRIPLER「 YUKO」

国際結婚を機にパリへ移住。フランスと日本という、まるで逆な文化とそっくりな感性を併せ持つ2つの国をさらに結び付けたいと日々思うように。パリのアテンドやソムリエ資格を生かしたワインコンサルにいそしむ傍ら、日本文化をフランス人に知ってもらうため趣味の水墨画に邁進中!!
⇒プロフィールの詳細はこちら

F1レースの最高峰、モナコグランプリとは?

車好きじゃなくても憧れちゃう、フォーミュラ1!

http://www.formula1monaco.com/

誰でも一度は聞いたことのあるF1グランプリ。

世界中で開催される人気レースですが、なかでもモナコグランプリは

世界3大レースといわれるほどで、世界中からセレブや有名人も観戦しに来るようです。

開催時期は?そもそもモナコってどこにあるの?

モナコグランプリは毎年5月の木曜日~日曜日までの4日間、

2018年は5月24日~27日まで開催されます。

世界で2番目に小さな国、モナコ。

モナコはヨーロッパの地中海に面していて、

南フランスとイタリアに挟まれるように位置しています。

フランスのパリから直通のTGVもありますし、

南仏ニースやイタリアのヴェンティミーリアから鉄道で行くことも可能。

 

どこからレースを観る??

レース観戦、いざ!の前に…

モナコグランプリは鈴鹿サーキットのような会場はなく、

モナコの街中をマシンが疾走する市街地レース。

一番お手軽なのはゴール付近に設置されるスタンド席(写真右奥の青い席)で、

チケットはネットで購入できます。

F1モナコ公式サイト

実はタダでも観戦できる!

日本でTVでも紹介されていますが、デューク更家さんのように

モナコに家を所有されている方は自宅から観戦したり、

1泊100万円以上になるホテルを予約する方もいたり、

またパドッククラブと呼ばれる招待客しか入れない特別な場所があったり、

と聞くとなんともセレブ感が漂いますが、このレースの特徴は街の中であること。

なんと歩道や道沿いのカフェからフェンス越しに観ている人もいました!!

yuko
F1の最高峰レースなのに、
タダで観戦できるなんてさすがモナコ!太っ腹(?)

特別感たっぷり!クルーザー観戦!

私が観戦したのはコースに囲まれるマリーナに停泊するクルーザーから。

停泊できるクルーザーの数に限りもあり、毎年大人気なんだとか。

レースをよそに船上で繰り広げられているのは…?

外からは見えにくいクルーザー観戦&イベントの様子をお伝えします!

 

レースは4日間開催!

アルベール大公も出席

TVなどでよく見るモナコグランプリは、最終日の午後の決勝戦。

実際にはモナコ公国大公アルベール2世などVIPのパレードがあったり

F1直下レースの「F2」や写真のようなポルシェの「スーパーカップ」、

仏車メーカーのルノーがスポンサードする「フォーミュラ・ルノー2.0」など

様々なレースが行われます。

そんなレースとF1のプラクティスセッションや予選があり、

決勝戦でコースを78周するのです!

yuko
モナコの市街地コースはものすごい集中力を要求されることもあり、
2時間以上かかった場合は、そこで終了になります

コース道路を歩くことができる!

グランプリの走行道路は、全日レース後に解放されます。

さっきまでF1のマシンが走っていた道路、

真っ黒なタイヤの跡がついていたり、

エンジン音が耳に残っていて、マシンのガソリンの香りの余韻も感じ、

ふと目を上げるとひしめき合うクルーザーの向こうにきれいな海が見えるギャップなど

これぞモナコ、という気分になってくるのです。

レースの裏側ものぞけちゃう

スタンドに入って各チームの準備を見学することもできちゃいます。

ふと横を通ったマシンのタイヤはむき出しで横幅もボリュームがあるので、

間近でみる迫力に圧倒されたり、

レースの緊張感でこちらもドキドキしてきたり。

yuko
こちらはパスが必要ですが、
目の前で繰り広げられるF1の世界に高揚感が高まり、
実は車好きではなかった私も、
モナコグランプリに来て初めてF1にはまりました

 

クルーザーの醍醐味は?

前はF1、後ろは海、船上では…


観戦クルーザーへは、別のマリーナからボートに乗って

モナコの海を眺めながら到着。

クルーが笑顔で迎えてくれます。

この船は日本人女性達がチャーターしていたこともあり、

日本料理のシェフによるビュッフェ形式のランチとシャンパン、

ワイン、ワイン…。昼間から5月の地中海を満喫です。

陽射しも強く、晴れたらジャグジーで遊んだり、

シュノーケルをつけて船から船を渡り歩く有名人もいました。

 

耳栓必須!でも芸術的な音に心奪われ…

もちろんクルージングといえど目的はレース観戦。

デッキからコースはとても近いので前もって耳栓をしておきます。

レースが始まったと思って外に出たら

街の上の方からマシン音が聞こえてきます。

(モナコは山のように海から奥に向かって高くなっています)

速度が上がってきて、

「カーーーーーンン…ン…」ときれいに響く管楽器のようなマシンの高音は

街全体にこだまする独特のメロディのように聴こえ、爆音なのに美しい!

ひときわ右からの音が大きくなって、

トンネルから出て来る!と思って右を向いたら

マシンは既に私の視界を過ぎて遠く左の方へ・・・。

あわてて左を見たらマシンはすでにカーブを超え

「バリバリバリ…!!!」

という音とともに見えなくなっていました!

この間、たぶん1秒!笑

いえ、私の動体視力が鈍いだけです。

yuko
まさに目にもとまらぬ速さのレース、近くで観るときにはご注意を!!

クルーザーでジュエリーショー!

モナコの1日はまだまだ終わりません。

夜はそれぞれドレスアップし、カクテルパーティーが。

DJも入ったりゲストミュージシャンもいたり、

モナコの夜景にシャンパンにとどんどん酔っていきます。

(酔って写真ブレて…飲みすぎには気をつけましょう!笑)

いい感じになったところで雰囲気がかわり、

ジュエリーブランドによるショーが始まりました。

背が高いきれいな外人モデルさん達が、(いや、ここでは私が外人?)

私たちゲストの間を縫うように軽やかに歩き、

まぶしいほどキラキラしたジュエリーを見せてくれます。

気になるのがあれば試着したりその場で購入の交渉もできる素敵なイベントで

気軽に写真も一緒に撮ってくれました。…が、

モデルさん達の後ろにはムキムキマッチョなSPが各1人ずつ!

どれだけ高いジュエリーだったのでしょうか?

 

レース以外も楽しいモナコ観光

治安も景色も、天気も良い!

モナコは住民70人に対して警官が1人いると言われ、

街中にはいたるところに監視カメラも設置されています。

やはりお金持ちが多いモナコ、セキュリティはばっちりです。

実は見どころもたくさん


F1やカジノで有名なモナコですが、宮殿やカテドラル(大聖堂)、

海洋博物館、グレース大公妃バラ園などは観光客にも人気があります。

ホテルのスパやショッピングモール、ブティック街も楽しめるし

小さな国なのに飽きさせない観光スポットが満載です。

夜はカジノもクラブも!

もともとカジノ大国のモナコ。

カジノで遊ぶもよし、クラブやビーチのイベントに行ってみるのもよし、

事前にチェックしてみるといいですね。

フランス料理、アジア料理、食も楽しめる!

ミシュランの三ツ星レストラン「ルイキャンズ」から

地中海料理、手軽にピザが食べられるレストランなど

地の利を生かした食も存分に楽しめます。

和食が恋しくなったら、地元で人気の「マヤベイ」(写真)で

日本料理やタイ料理も食べられます。

 

モナコグランプリに行きたくなったら・・・?

モナコに泊まらずF1観戦する方法

これだけそろったモナコ。ちょっと行きたくなりませんか?

1泊100万円なんてムリ!と思ったあなたも大丈夫です!!

モナコの海岸から徒歩10分ほど山に向かえば、

道をはさんでボーソレイユというフランスの街。

ホテルもサービスアパートメントもあるし、

電車でニースに行っても30分以内。

yuko
モナコは物価が高い!とよく言われるけど
現地モナコ人の行くスーパーとかは普通のお値段で安心です
(日本よりはちょっと高いかも)

チケットはネットで簡単に。予算は?

とても現実的な話、フランスまでの飛行機は3万5千円からあり(サーチャージ等は別)、

パリからモナコまでのTGVは片道約50ユーロ~、

決勝戦でなければレースのチケットは30ユーロ~、

モナコ内に宿泊しなければ1泊1万円台~、

ぎりっぎりに切り詰めれば10万円前後も可能ではないでしょうか!

やっぱりモナコは良かった

「モナコグランプリ」は常にドキドキを味わえる壮大なイベントでした。

これを書いていて「またモナコに行きたいー!!」という思いもわいてきて、

美しい景観も含め、ヨーロッパの高級感あふれるリゾート地・モナコは

私にとって澄んだ活気に溢れるパワースポットです。

モナコの魅力が少しでも伝わって、行ってみたいな、

とあなたに思ってもらえたら嬉しいです。

*余談ですが、この旅行で素敵なパートナーにも出逢いました!

 

 

 

The following two tabs change content below.
パリでオーガニック満喫!栄養士TRIPLER「 YUKO」

パリでオーガニック満喫!栄養士TRIPLER「 YUKO」

国際結婚を機にパリへ移住。フランスと日本という、まるで逆な文化とそっくりな感性を併せ持つ2つの国をさらに結び付けたいと日々思うように。パリのアテンドやソムリエ資格を生かしたワインコンサルにいそしむ傍ら、日本文化をフランス人に知ってもらうため趣味の水墨画に邁進中!! ⇒プロフィールの詳細はこちら
パリでオーガニック満喫!栄養士TRIPLER「 YUKO」

最新記事 by パリでオーガニック満喫!栄養士TRIPLER「 YUKO」 (全て見る)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

パリでオーガニック満喫!栄養士TRIPLER「 YUKO」

国際結婚を機にパリへ移住。フランスと日本という、まるで逆な文化とそっくりな感性を併せ持つ2つの国をさらに結び付けたいと日々思うように。パリのアテンドやソムリエ資格を生かしたワインコンサルにいそしむ傍ら、日本文化をフランス人に知ってもらうため趣味の水墨画に邁進中!! ⇒プロフィールの詳細はこちら