マイナーなんて言わせない!旅人が絶賛する国ジョージアの魅力15選!

目指せ世界遺産マスター!世界遺産大好きTRIPLER「Mami」

ホテル業に約7年勤務した後、世界の絶景や遺跡を求めて世界一周中☆一度きりの人生を全力で楽しむ為、日々悪戦苦闘しながらも世界を駆け巡っています♩
⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは!
世界遺産大好きTRIPLER☆Mamiです!

私が世界一周中に他の旅人たちに「おすすめの国はありますか?」と聞いた際に、多くの旅人が口にしたのが「ジョージア」という国。
皆さんはご存じですか?
実は、私は知りませんでした笑
旅人の間では、絶大な人気を誇る国ジョージア。
実際に訪れた私がお勧めするジョージアの魅力をお伝えします☆

ジョージアとは

「ジョージア」と聞くと…
アメリカのジョージア州?
缶コーヒー?
などという答えが返ってくるかもしれませんが、
ジョージアは国です!!
まずは、ジョージアについて基本情報を♪

基本情報

ジョージアとは、コーカサス地方に位置する国です。
そもそもコーカサス地方とは、カスピ海と黒海に挟まれたロシア、トルコ、イランと隣接する「ジョージア」「アゼルバイジャン」「アルメニア」の3国を指します。
この3国はいずれも旧ソ連の構成国であり、1991年に共和国として独立しました。
ジョージアの国民の8割がジョージア正教を信仰するキリスト教国家です。
国土は、日本の5分の1の面積であり、その多くは山地や山麗地帯となっており、低地はごくわずかしかありません。
また、国民の4分の1は首都トビリシで暮らしています。

ジョージア?グルジア?

「ジョージア」という国名を知らない方も「グルジア」という国名を知っているかもしれません。
ジョージアは以前、グルジアと呼ばれていました。
そもそも国名の「ジョージア(グルジア)」とは、ドラゴン退治の英雄として古来から有名な聖人の名前。
その名前を以前は、ロシア語を起源とした読み方の「グルジア」と呼んでいたのですが、ロシアと武力衝突以降、国民感情に配慮し、英語表記の「ジョージア」に変更するように他国に働きかけ、日本も2015年4月に「ジョージア」とすることを定めた為、現在は「ジョージア」が正しい国名となっています。

旅人が絶賛するジョージアの魅力15選

多くの旅人に薦められて、私たちも訪れることとなったジョージア。
実際に訪れると、ジョージアという国の魅力にハマってしまいました!!
約20日間ジョージアで過ごした私がお勧めするジョージアの魅力がこちらです♪

基本編

【魅力1】ヨーロッパとアジアが生んだ美人の国

ジョージアの街中を歩いていると、すれ違う人々の中で女性の美しさに驚かされます!!
ジョージアは国の場所的に、ヨーロッパとアジアの間に位置し、双方の混血が多くされていると考えられます。
一般的に混血が進んだ方が美しくなると考えられる為、ジョージア美人が生まれているのではないでしょうか?!
スタイルも抜群で、女の私でもすれ違う時に思わず目がいってしまうほどの美しさです♡

【魅力2】物価の安さ万歳!!

ヨーロッパの雰囲気も感じるジョージアの首都トビリシですが、驚くのはその物価の安さです!!
地下鉄は1回約30円!
ワインも1本500円のものも多数!
レストランで食事をしても、お腹いっぱい食べても500円ほどだったり!
常に節約が基本となる長期旅行者にとって、物価が安いというのはとーーーっても有難いこと♡
物価の安い国は最高ですね♪

【魅力3】ほっこりする温かい人柄

ジョージアの人々はどこに行ってもとっても優しい!!
あまり英語が通じない人もいる中で、お互い片言の英語ながらも一生懸命コミュニケーションをとろうとしてくれる優しさに何度も助けられました☆
また、ジョージアの宿は、街によっては1泊2食付きのところも多く、宿の方が食事を用意してくださります!
その際にも「これ食べてー」「もっと食べてー」と本当の両親かのようにもてなしてくれました♡
行き先を間違えてバスに乗ってしまった時も、ほぼ言葉が通じない中で私たちが間違えて乗ってしまったことを理解してくれ、正しい行き先のバスに乗せてくれ、お金を支払おうとすると「いらないよ☆」と言ってくれたり!
ジョージア人の優しさに何度も触れました♡
どれだけ素敵な国でも出会った人々や街の人々との交流次第ではその国を好きになれない場所もある中で、ジョージアでは素敵な交流をたくさんすることが出来、さらにジョージアを好きになることが出来ました☆

宿編

【魅力4】快適な日本人宿「Hostel Comfort Plus」

ジョージアに到着して、最初に泊まった宿が本当に快適でジョージアを好きになったきっかけともなりました!
首都トビリシの中心地からは少し離れた場所に位置している宿「Hostel Comfort Plus」
とても快適だと有名になりつつあり、私たちが到着した時は、なんと10人を超える日本人が滞在しているほど日本人に大人気の宿です♪
その人気の秘訣は、何と言ってもその清潔さ!!
オーナーであるマナナさんがしょっちゅう掃除をしてくれており、宿の中はどこもとっても綺麗♡
さらに、洗濯機が無料で使用することが出来るんです!
長期旅行中に1番面倒だったのが洗濯。。。
洗濯機の有難さを身に染みて感じていたのです…!
洗濯機の使用は有料のところがほとんどの中、無料で使わせてくれるというのは本当に感動です♡
キッチンもとっても広いし、リビングルームでは自分の家にいるかのようにくつろぐことができました☆

Mami
自分たちで網を買ってきて、庭でBBQ&スイカ割りもやって盛り上がりましたー♪

【魅力5】国宝級のワインパフォーマンス「スリコの家」

ジョージア第2の都市クタイシにある宿「Medico&Suliko Gust house」通称「スリコの家」
この宿は、ジョージアを旅する旅人の間ではとても有名!!
何がそんなに有名かというと…宿を経営するオーナーのスリコが行うワインパフォーマンスなのです!!
夕食の時間になり、食卓に現れたスリコは早速ワインを注ぎ始めます。
注ぐのは普通のグラスではなく、牛のツノ…!!
中身を飲み干すまでテーブルに置くことの出来ないという恐ろしいグラスです!笑
腕をクロスして飲むスタイルはスタンダード☆
スリコはワインパフォーマンスを次々に披露します♪
究極は…床に置いたグラスをものすごいポーズで口でくわえて飲むスリコ!!
どんどん薦められるワインにみんなのテンションもどんどん上がり、楽しい夜を過ごしました♪
だいぶ年齢を重ねたスリコは、22時ごろそっと寝室に帰っていきました笑

Mami
スリコの奥さんであるメディコ♡
メディコは顔出しNGの為、写真は控えます。。。笑
この夫婦、めちゃめちゃラブラブなのです♡
45年連れ添ってもこんな仲良しでいれる夫婦素敵です♪
そんな2人の姿にも癒されます♡

料理編

【魅力6】日本人絶賛!美味しいジョージア料理☆

ジョージア料理ってどんな料理?
とあまりイメージがないかもしれませんが、実は日本人の口に合うと絶賛されるほどの美味しさなのです!!

どのレストランにも置いているジョージア料理の定番と言えば、ヒンカリ」
小龍包のような見た目であり、中からはたっぷりの肉汁が溢れだします♪
ジョージア人は食べる時にヒンカリのてっぺんの部分を手で持ち、その部分は食べません…!
でも、どうしてもフォークなどで食べてしまい「違うよ~」とよく言われていました笑

Mami
私たちは持参していた醤油につけて食べました♪
相性抜群です♡

ジョージアで定番のパンと言えば、ハチャプリ」
名前も可愛い♡
パンの上に卵とチーズがのっている、ジブリの映画に出てきそうな惹きつけられる見た目です♪
お店によってチーズの種類が違い、味が異なるのでお気に入りのハチャプリを探してみてください☆

私が1番気に入ったジョージア料理は、シュクメルリ」
サワークリーム主体の鶏肉の煮込み料理であり、ニンニクがたっぷり入っています☆
柔らかく煮込まれた鶏肉の美味しさとニンニクがしっかり効いたソースにパンをつけて食べるのがたまりません!!

【魅力7】安すぎるジョージアワイン

ワインと言えば、フランスやイタリアのイメージがあるかもしれませんが、実はジョージアはワイン発祥の地であり、その歴史は8000年とも言われています。
温暖な気候であるジョージアでは、世界の3000種あるブドウの品種のうち500種が栽培されているのです!
そんなジョージアのワインたち!
1本500円のものもあり、とっても安く購入することが出来ちゃいます☆
また、スーパーでは5リットルのワインが販売されていることも…!
そんな大きさのワイン初めて見ました笑

街編

【魅力8】100円以下で入れるトビリシ動物園

首都トビリシには驚くほど激安で楽しむことが出来る動物園があるんです!
その入場料はなんと2ラリ、約95円(2017年7月当時)!!
園内に入ると、入口近くにはかなりクオリティがやばめな某有名キャラクターたちがお出迎え。。。
出だしからかなりシュールなモノを見て、95円という激安動物園にかなりの不安を覚えましたが、値段以上の見応えのある動物園でした☆
チーターやサイ、ゾウといった迫力満点の動物たちがたくさん!
サーベルキャットは、かなり生々しい食事姿も披露してくれました♪
園内の人も多くないので、ゆっくりと見て回ることが出来ます☆
園内には人が乗る部分がむき出しなこわめな観覧車も!
この観覧車も激安で約45円で乗れちゃいました☆
95円以上の満足感が得られる動物園です♪

【魅力9】ジョージアの癒し銭湯「ハマム」

日本を長く離れていると恋しくなるものの1つが、湯船!!
日本を出発してから初めて湯船に入ることが出来たのが、ここジョージア☆
旧市街に位置する「ハマム」というジョージアの銭湯♪
ドーム型のプライベートハマムを通り抜け、私たちは奥にある公衆ハマムへ向かいました☆
いくつかあるハマムの中から私たちが選んだハマムは、女性は5ラリ、約240円(2017年7月当時)とリーズナブル!
建物の中はタイル張りでとっても可愛い♡
湯船は日本と違い、深さがあり、立って入るスタンスのよう♪
湯船でくつろいでいると、ディズニー映画のベイマックスのようなおばちゃんがやって来て垢すりが始まりました!!
タイルの上に寝かされて、おばちゃんにされるがままです笑
でも、これが気持ち良いんですーーーー♡
湯船だけでも気持ち良いのに垢すりもやってもらって最高でした♪

Mami
垢すりは、約500円の追加料金です!
必要なければ断りましょう☆

【魅力10】首都トビリシの夜景と噴水ショー

首都トビリシは夜になるととっても綺麗にライトアップがされます☆
ジョージアは、比較的治安も悪くないので夜に街を歩くことも出来るかと思います♪
小山の上にあるトビリシタワーもライトアップ!
私は勝手に東京タワーと呼んでいました笑
昔この地域を支配していた国が要塞とし使用していたナリカラ砦も夜には綺麗にライトアップされ、かっこいい姿を披露していました☆
このナリカラ砦に上るロープウェーがある公園では、夜に噴水ショーが行われます♪
水の出方のバリエーションが様々で、周りの景色と合わせて楽しむことが出来ます☆
22時過ぎまで噴水ショーは続いていたので、遅くまで楽しめますよ♪

【魅力11】スタイリッシュなマクドナルド

トルコとの国境近くの街バトゥミにには、世界一美しいマクドナルドがあります。
世界を旅中に世界一美しいマクドナルドと言われるものにはいくつも出会いました笑
美しさはそれぞれ違いどれも美しいので、世界一美しいマクドナルドの1つとして見ていただけたらいいかと思います☆
バトゥミの街の海の近くにあるマクドナルドは、かなりスタイリッシュな外観☆
全面ガラス張りなおしゃれな店内♪
店内に入ると、階段状になった店内のディスプレイには人参や小麦がとてつもなくおしゃれに飾られています♡
おしゃれな店内で食べると、いつものハンバーガーもより一層美味しく感じられますね♪

【魅力12】国境の街「バトゥミ」のおしゃれなオブジェたち

バトゥミは海に面した街であり、その海沿いには様々なオブジェがあり、お散歩にぴったりです♪
ハートがモチーフになったオブジェが多数!
ゴルフをしていたり、プロポーズしているシチュエーションのものがあったり☆
その中でも、一際多くの人が足を止めていたのが動く大きな男女のモニュメント!
ゆっくりと2体のモニュメントが動き、段々と近づき…キス
2体がすれ違い通り過ぎ、また1周するというものでした♪
なんだかロマンチックじゃないですか?
サイクリングロードも設置されており、屋根付きの2人乗り用自転車など面白い自転車が借りられるようでした♪

絶景編

【魅力13】最後の秘境世界遺産「ウシュグリ村」

ジョージアの北西部にある街メスティアから、さらに45kmほど行った場所にある村「ウシュグリ村」
ヨーロッパ最高所にある村であり、標高は2140m!!
その美しさからヨーロッパ最後の秘境と言われる村です♡
村には独特な塔状の建物が立ち並んでおり、村全体が世界遺産に登録されています☆
その塔は復讐の塔と呼ばれ、これはこの地方にある、血の復讐の文化により、家族の一員が危害や侮辱を受けた場合、必ず相手またはその家族に復讐を果たすという掟があり、その復讐から身を守る為に、それぞれが塔を持ち、中に身を隠したそうなんです。
現在では、その風習はすでに行われておらず、観光資源として保存されています!

このウシュグリ村に行く途中には、Tower of Love 愛の塔と言われる場所もあります☆
愛の塔と呼ばれる所以は、結婚を反対された2人の男女がこの塔を建て愛を育んだとか、戦争で愛する男性を亡くした女性が彼を想い1人で塔に住み続けただとか諸説あるようです。
1ラリ、約25円で塔の中に入ることも出来ます♪

【魅力14】秘境の教会「ツミンダ・サメバ教会」

首都トビリシから150kmほど北へ行ったロシアとの国境に近い場所にあるのがカズベキ村。
カズベキ村で1番人気のスポットは、山の上にある「ツミンダ・サメバ教会」
標高は2170m!!
緑に覆われた山の上にある秘境の教会と言われているのです☆
教会までの道のりは、ゆったり遠回りコースと急なショートカットコースの2種類!
私たちは、急なショートカットコースを選んだのですが、このコースがなかなかハード…!!
ここ合ってるのかな…?と思うような道なき道を進み、ひたすら上を目指して汗だくになりながら頑張ります!
たどり着いた頂上からはカズベキ村が一望ーーー☆
その頂上にあるのが、「ツミンダ・サメバ教会」♡
教会内部は撮影禁止、派手な装飾はなく、シンプルな造りになっていました!
大きな十字架と緑の上に建つその姿は、秘境の教会の名にぴったりです♪

Mami
登っている時は、汗だくになりますが、登りきると標高もあり、肌寒いので上着を忘れずに持って行ってください!
斜面がかなり急な為、下りで2度ほど転びました。。。笑
気を付けて下りてください☆

【魅力15】緑の絶景マイナスイオン放出「ジュタバレー」

カズベキ村から車で30分ほどの場所にあるジュタ村が「ジュタバレー」を目指すスタート地点です☆
目指すポイントまでの道のりは、急すぎず、景色を見つつ楽しむことができます♪
馬に乗った人たちに抜かされつつも…笑、約1時間で目的地に到着!
たどり着いたポイントから、目の前には広がる一面の緑!!!!!
マイナスイオンが降り注ぎます♪
建物内のお店でワインを注文し、絶景に乾杯♡
置いてあるハンモックに揺られて、緑の絶景を楽しんだり♪
緑のパワーに癒されまくりです♡

まとめ

ジョージアには美味しい料理と優しい人々、癒しパワー全開の緑の絶景が待っています☆
旅人には嬉しい物価が安い国なので、普段よりもちょっと贅沢が出来ちゃったり♪
過ごすほどにどんどんジョージアの魅力に惹きこまれていくこと間違いなしです♡
ジョージアは、日本国籍を持つ者はビザなしで1年間も滞在することが出来るウェルカムな国♪
ぜひ一度ジョージアに足を運んでみてください☆

The following two tabs change content below.
目指せ世界遺産マスター!世界遺産大好きTRIPLER「Mami」

目指せ世界遺産マスター!世界遺産大好きTRIPLER「Mami」

ホテル業に約7年勤務した後、世界の絶景や遺跡を求めて世界一周中☆一度きりの人生を全力で楽しむ為、日々悪戦苦闘しながらも世界を駆け巡っています♩ ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です