憧れ!ドイツのフランクフルトでクリスマースマーケットに突入☆お土産15選☆

世界の絶景をお届け☆元看護師・CRC TRIPLER「みさきち。」

23歳のとき、2回目の心臓の手術を受け、呼吸ができること、動けることに感銘を受ける。と同時に、自分が生きている意味を模索、世界を知りたいと思うようになる。その後看護師・CRCの経験を経て、30歳も過ぎ、世界一周を敢行。現在住所不定・無職で世界を放浪中。プロフィールはこちら

毎年どこの旅行会社でも企画される、ドイツのクリスマスマーケット。

いつかはいってみたい・・・そんな憧れを抱く人も多いのでは?

ということで・・・今回はそんなドイツの代表的なクリスマスマーケットが催されている「フランクフルト」に潜入し、クリスマスならではの可愛いお土産を厳選してみました。

この記事の目次

1.フランクフルトのクリスマスマーケットって?

ドイツのクリスマスマーケットの中でも、世界最古と言われており、かつ最大規模のもので、世界中から人々が集まります。

普段は何もないレーマー広場やパウルス広場にも、毎年この時期だけは所狭しと鮮やかなマーケットが軒を連ねます。

2.厳選☆お土産15選☆

今回はクリスマスマーケットで買えるお土産を中心に、ドイツならではのお土産もご紹介します。

2-1.クリスマスマーケットならではのお土産

せっかく来たんだから、やっぱりクリスマスマーケットでお土産を買いたい。

まずは歩いているとどれもこれも欲しくなっちゃうお土産から、厳選7選をご紹介☆

【1商品目】あげたくない!?自分用土産にも・・・ワインコップ

クリスマスマーケットで必ず目にするのが、ホットワインを飲む人達。

1杯6€~で、Frankfurtのロゴが入った可愛い限定コップに注いでくれます。

コップを返却する場合は3€の返金がありますが、限定デザインはどれも可愛くて、むしろお土産にもってこい。

コップだけでも売っているので、ここでしか手に入らない限定コップ、是非是非一つは持って帰ってください☆

【2商品目】クリスマス限定ケーキ!?シュトレン

ドイツのクリスマスに欠かせないケーキ。

ドライフルーツやナッツを混ぜたパウンドケーキに、パウダーシュガーを掛けたもの。お値段1.95€~

スーパーでも買えますが、クリスマスマーケットだと星型があったり、まさしく限定商品に出会えるかも・・・

【3商品目】置物と思いきやまさかのアロマ!?

フランクフルトの市庁舎や、伝統家屋等の置物・・・かと思いきや、実はこれ、お香立てなんです。

中が空洞になっていて、お香を入れられるようになっています。お香も1€~売っています。

こんな可愛いアロマだったら、毎日焚いちゃいますよね。置物としても使えるお香立て、厳選するのが難しいかも・・・

【4商品目】キャンドルも可愛い!部屋に飾りたいカラフルキャンドル

お香立ても可愛いけれど、透明なグラスに色が付いたキャンドル立ても捨てがたい。

クリスマスっぽいデザインもあれば、フランクフルト限定のキャンドル立ても(写真で私が持っているものです)。

大きめなので、小物入れにしても良いし、クリスマスの時キャンディーやチョコレートを入れても可愛いかも・・・

【5商品目】やっぱりオーナメントが欲しいっ!

オーナメントもたくさん売っていますが、日本でよく見るプラスチック製より、木製のオーナメントをたくさん見かけました。カラフルなものも可愛いけれど、色のないものも可愛い!

落ち着いた色合いのオーナメントは、壁に飾っても上品な演出をしてくれるかもしれませんね。

【6商品目】レープクーヘンもクリスマスヴァージョンを

ドイツでよく見かける「レープクーヘン」。少し柔らかめの、食感はパンにも似たクッキーに、色々なデコレーションが施されたもの。

クリスマスマーケットには、クリスマス限定のものがたくさん! すでにラッピングもされているので、このままお土産として渡せちゃいます☆

【7商品目】病みつき!?焼きアーモンド(Gebrannte Mandeln)

ヨーロッパの道端でよく見る焼きアーモンド。アーモンドにシュガーを絡めて焼いたものですが、クリスマスマーケットでは、アーモンドだけじゃなくてマカデミアナッツやカシューナッツ等々、色々なナッツの様々な味が売られています。

これが本当に美味しいんです・・・日持ちするし、時間が経ってからもキャラメルの香ばしさが消えないし。

味見させてくれるので、お好みの組み合わせを是非探してみてくださいね。

2-2.クリスマスならこんなものも・・・マーケットじゃ買えない、けど欲しい!お土産

クリスマスマーケットだと、配る用のお土産を買うのはちょっと難しい・・・そんなあなたにピッタリな、スーパーや1€ショップで買えちゃうお土産をご紹介します☆

【8商品目】ミルカのチョコレート~クリスマスヴァージョン~

ドイツを代表するチョコレート「milka(ミルカ)」

色々な味があって、日本で買うと1枚300円以上しちゃう板チョコですが、ドイツだと1枚1€以下で買えちゃいます!

が・・・この時期、ミルカはクリスマス限定デザインを出しちゃっているんです!写真のようなものから、雪だるまの形のものまで、デザインは様々。

ドイツの定番土産、だけどクリスマス限定デザインのミルカのチョコは、配る用にもピッタリです。

【9商品目】Hanukaのウエハース

「Hanuka」もドイツの製菓会社が作っているもの。ナッツとチョコレートを挟んだウエハースで、クリスマスにはやっぱり限定パッケージが。チョコレートも美味しいけれど、固めのウエハースがまた絶妙!

1つ1つ個装されていて、しかも全ての包装がクリスマスデザインなので、こちらも配る用に最適です。

【10商品目】キンダーチョコ

実はこちらはイタリアのチョコレートなんですが・・・キンダーチョコも、ヨーロッパならではのお土産。

定番はスイートチョコから、中にミルク味のチョコが入ったもの。こちらもクリスマスデザインのものが色々と売っているので、お好みに合わせて選んでみてください☆

【11商品目】突撃☆1€ショップで見つけたクリスマスコップ

100円ショップならぬ、1€ショップ。ここの品はもちろん全て1€。

ここでしか手に入らないクリスマスグッズもたくさんあります☆

このデザイン、この大きさ。これで1€・・・実は私、日本の100円ショップで食器を見るのが大好きなのですが、この大きさとこんなに可愛いデザインのコップは、恐らく今の100均では手に入らない・・・

暖かいココアやホットミルクを入れるのにピッタリなこちらのマグカップ、3色揃えてのお土産でも良いですよね!

1€ショップには、他にもオーナメント日本ではありそうで中々見かけないクリスマスグッズが目白押しです。

見ているだけでも面白いので、是非立ち寄ってみてくださいね。

2-3.ドイツ土産ならこんなものも・・・

クリスマス限定じゃないけれど・・・せっかくドイツに来たんだから、ドイツ定番のお土産も欲しい~。

ということで、最後はドイツならではのお土産をご紹介致します☆

【12商品目】丸パン

ドイツ北部の伝統菓子。アーモンドと砂糖を練り込んだ、練り餡のような食感の砂糖菓子で、ドイツではケーキの上の飾りに使うこともあるらしいです。

色々なデザインがありますが、こちらの豚ちゃんは、「幸福を呼ぶ」と言われた定番デザイン。

可愛いだけじゃなく、もちろんそのまま食べても美味しいので、ドイツに行ったよ~というお土産にいかがでしょうか?

【13商品目】やっぱり定番、ビール

ドイツといえばビール! スーパーでなら、1瓶1€以下で買えちゃう上に、とっても美味しい

色々な種類が売っているので頭が混乱しちゃいますが、産地で決めちゃうのもアリかもしれません。写真のビールはフランクフルトのビール。麦の香りがしっかりして、苦味・後味も良く美味しいビールでしたよ~。

【14商品目】これであっという間に美味しいサラダを☆粉ドレッシング

ドイツのスーパーには、混ぜるだけで簡単にサラダが作れちゃう、クノールの粉ドレッシングがたくさん売っています。

写真のように小分けされているものもあるので、何種類か買って、1種類ずつ組み合わせて渡すと、色々な味を楽しめるし喜ばれるのではないでしょうか。

【15商品目】ドイツのスープやソースを自宅で・・・

ドイツの煮込み料理やスープを作ってみたい・・・けど、自分じゃ手間がかかるし面倒・・・

そんな人にピッタリなお土産が、こちらのインスタントソースとスープ。どこのスーパーでも手に入るし、何種類もあるので、渡す人の好みに合わせてチョイスしてみてください。

まとめ

いかがでしたか?

フランクフルトは、ドイツ内では日本からの直行便が一番多く出ており、アクセスも抜群です。

ドイツの中でも経済都市なので、ビルが多く、夜景もとても綺麗なので、是非足を運んでみてくださいね。

The following two tabs change content below.
世界の絶景をお届け☆元看護師・CRC TRIPLER「みさきち。」

世界の絶景をお届け☆元看護師・CRC TRIPLER「みさきち。」

23歳のとき、2回目の心臓の手術を受け、呼吸ができること、動けることに感銘を受ける。と同時に、自分が生きている意味を模索、世界を知りたいと思うようになる。その後看護師・CRCの経験を経て、30歳も過ぎ、世界一周を敢行。現在住所不定・無職で世界を放浪中。プロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

世界の絶景をお届け☆元看護師・CRC TRIPLER「みさきち。」

23歳のとき、2回目の心臓の手術を受け、呼吸ができること、動けることに感銘を受ける。と同時に、自分が生きている意味を模索、世界を知りたいと思うようになる。その後看護師・CRCの経験を経て、30歳も過ぎ、世界一周を敢行。現在住所不定・無職で世界を放浪中。プロフィールはこちら