【旦那がモロッコ人】モロッコの青の街シャウエンの行き方から楽しみ方まで!

ダーリンはモロッコ人トリップラーMichi
旅が好きだったフリーフォトグラファー。ふらっと旅したモロッコで運命の出会いを果たし、モロッコ人のダーリンと「モロッコでホテル建てるー!」ことを目標に日本で生活中。結婚して180度変わった日常生活と価値観の違う旦那はんとのドタバタな日々をお伝えします♪ ⇒プロフィールの詳細はこちら

初めまして♪

TRIPLERライターをさせていただくことになりましたのMICHIです。

ダーリンはモロッコ人トリップラーということなんですが、たまたま行った旅先のモロッコで運命的な出会いを果たし!?2年前にモロッコ人の旦那さんと結婚しました。

まさかのアフリカとの遠距離恋愛を経て、今は二人で日本で暮らしています。英語もろくに喋れない自分が、まさか自分が国際結婚するとは!?毎日が冒険と言って過言ではない日々を送っています笑。

今回は、旦那さんの地元、青い町のシャウエンの行き方から楽しみ方まで生の情報をお伝えしようと思います!


モロッコ青の街・シャウエンまでの行き方は??




どうやって行くのか!?

モロッコへは日本からの直行便はなく、一般的には、ドーハやドバイ、トルコなどの中東を経由していくことができます。

日本からだとどうしても19時間以上、、だいたいまる一日移動にかかってしまいます。
お値段手頃なのは、ドーハ経由のカタール航空なのですが、残念ながら関西空港からの便がなくなってしまい、東京に一度出ないといけないので関西人には少し不便です。

ちなみに前回帰省した時は、セール価格で航空券往復6万弱でいけたので、

モロッコってとってもお金かかるんでしょ?って思ってる方も多いと思いますが意外に安くて驚かれます。

女の子一人でも大丈夫??治安や物価は?

「アフリカでもっとも旅行しやすい国」とも言われるモロッコ。

特にシャウエンは夜、女性一人で出歩いても問題ないくらい治安はいいです。夜の10時くらいまではお土産屋さんも空いていてメインストリートも賑わっています

マラケシュなど大都市には観光客を相手に近寄って来るモロッコ人もたくさんいますが、全体的に比較的治安はいいと思います。

ただし、イスラム圏の国ですので女性の極端に露出した服装などは好ましくありません。自分の身は自分で守るではありませんが、過度な露出は控えた方が懸命です♪

また、道案内をしてくれたと思ったら人気のない場所へ連れて行かれて現金を要求されるなんてケースも起こりえますので、しつこい客引きや強引に来る人は注意しましょう!!


物価はどうなの?

モロッコの現地通貨はディルハムで、1DHで約10円強です。

モロッコの物価は日本に比べて安く、特にサンドイッチなど食べ物はお安く100円前後、レストランでお腹いっぱい食べてもタジンやクスクスなど400円前後でたべれます。

フルーツ、野菜なんかはキロ売りでさらに激安です。しかも種類も豊富♪ 

またタクシーも激安でモロッコではタクシーは皆の頼れる交通機関です。日本で電車やバスのに乗るのと同じくらいの感覚で利用することができます。日本とは違い相乗りが普通ですので初めは戸惑いますが慣れるとすごく便利ですよ。

観光地が国内に点在しているので、都市から都市への移動にお金と時間がかかるかと思います。


旅女子必見!青い町のシャウエンに行くには

さて、モロッコについてもシャウエンにはまだ簡単にはたどり着けません。

空港のあるカサブランカの街から、直通で車を走らせても6~7時間ほどかかります。。本当に毎回、モロッコに到着しても彼の家に行くまでが遠い遠い。。

しかも山間にあるため残念ながらアクセスはそれほどよくありません。

鉄道も通ってないので、一般的にはバスを使って訪れるのか、車をチャーターするなどが一般的です

(フェズのメディナ城壁の門)

日本から空路でモロッコに入ると必ず、カサブランカにある国際空港に到着します。カサブランカからシャウエンへは直行バスは出ていますが一日一便しかないため、シャウエンから4時間ほど行ったところにあるフェズという観光でも有名な大きな街があるので、まずはこちらを目指すのが一般的です。

カサブランカらフェズまでは列車があります。(約4時間)

フェズからシャウエンは、CTM(国営バス)と民間バスが出ています。

CTMはネットで時刻表を確認できるので、計画も立てやすくネットでチケットの購入もできます。シャウエン便は満席となることも多いので、旅の予定が決まっている方は早めにチケットを購入する方が安心です♪

モロッコにはシャウエン以外にも、魅力的な街が点在しているので、ルートを考えながら旅行するのもまた楽しいですよ^^


スペインから海を渡ってシャウエンに行ってみる場合♪

(スペイン側からみるアフリカ大陸)

一つの方法として、スペインから海を渡ってモロッコにくる方法もあります。

実は私が初めてモロッコを訪れた際は、「南スペインからジブラルタル海峡を渡ってアフリカ大陸上陸!」 という旅ルートで一人旅しました。

船で国境を越えるのやりたかった~!!っていうあこがれがあって。

世界一周中の方や長期旅行の方はアフリカからヨーロパへ旅する(またはその逆)割と一般的なルートですので国境超えも船の中でとてもスムーズです。

船で約30分と以外に早く渡れちゃうので、スペイン旅行中に、1日だけ(数時間だけ)モロッコinする日本人の方もいらっしゃいました。

また記事にしたいですが、南スペインもとーっても素敵な街なので、旅好き女子のみなさんにとってもオススメです♡

(タンジェの街)

で、スペインから海路でモロッコに入ると、、タンジェという街に入りますが、このタンジェからシャウエンは近いんですよね~

約2~3時間でほどでシャウエンについちゃいます。

またタンジェには空港があるので、時間が限られる方はモロッコ航空でタンジェまで空路で来るのも 一つの方法です◎

タンジェからシャウエンはバスも出ていますが便数があまり多くはないので、私はタクシーを利用しました

貧乏旅行には少し痛手ですが、時間の少ない方はタクシーは直通で行ってくれるので快適ですよ

こちらは、初めてきたときお世話になったタクシーのおっちゃん。笑顔が可愛い素敵なおじさまでした

ホテルも決めてなかったので、シャウエンに着いたらガイド?の人を紹介してくれてスムーズにホテル探しもでき、5件ほど案内してくれましたが、チップやガイド料を請求されることもなく安心でした。

ちなみに最終的に案内され決めたホテルに、今の旦那はんが働いていて出会ったので、ガイドのおっちゃんは今から考えるとまさかのキューピットw


シャウエンってどんなところ?


シャウエンは、正式名称をシャフシャウエン(Chefchaouen)といい、モロッコの北部、リフ山に位置する4万人の小さい町です。

山に囲まれた自然が豊かな街で、小さい街ですが、青い街として世界的に有名で、ヨーロッパをはじめ世界中から観光客が来ます。夏はモロッコ人の中でも避暑地として国内旅行で人気の街です。200ほどあるホテルも夏は満室が続くらいしいので驚きです。


シャウエンの歴史

美しい町ですが、シェフシャウエンはもともと、ポルトガル人による侵略に対抗するための城塞としてつくらたそうです。スペインによるレコンキスタ(Reconquista)の後には、この地域の人に加え、多くのユダヤ教徒が移住して来たと言われています。


そもそもなぜ青いの?

壁が青く塗られている理由は諸説ありますが、最も有力とされているのは、かつてこの地に隠れ住んでいたユダヤ人の聖なる色であった というもの。

移住して来たユダヤ教徒の人たちが「平和の象徴」として青く塗ったのが始まりとか?

イスラエルが建国されると、シャウエンにいたユダヤ人のほとんどはイスラエルへと移住していきましたが、町を青色に染める習慣だけは残った、ということらしいです。

イスラムでも青は高貴な色ですし、どこの国でも好かれている唯一の色はと言われているので、世界中から観光にやって来るのかな?^^

そのほか「虫除けの効果がある」「夏の暑さを視覚的に和らげる」など現実的な諸説もあったりとw ちなみに旦那はんに聞いても理由はわからないと答えるので、今となっては本当の理由は現地の人もよくわかってないみたいですね笑


シャウエンの街の事情

モロッコにはどこの町にもだいたい旧市街地と新市街地があり、青い街として有名なのは旧市街地(メディナ)です。

フェズからバスでシャウエンに到着するバスターミナルはメディナから少し離れている新市街地に止まリます。歩いてもいける距離ですが、坂道が続くので疲れてるならタクシーがオススメです。

青い町は城壁の中にあり、城壁はいびつな楕円形になっています。城壁の門をくぐってメディナに入ると、建物がひしめき合い人がすれ違うのがやっとの細い道が続くので異文化情緒たっぷり感じられますよ◎

シャウエンの近隣の山間部に住む村の人が、山で取れた野菜や自家製オリーブなど持って、朝市を開いている時もあるので、地元の人で大賑わいしています。

(旧市街地旧市街地・カスバからの眺め。左がモスク)

少し歩けば旧市街の中心ウタ・エル・ハマン広場というひらけた場所にたどりつき、広場に面してモスクと17世紀に建てられた城塞カスバが隣接します。

(夜のウタ・エル・ハマン広場)

広場にはカフェや商店が並び、夜はカスバがライトアップされたりとメディナの中心地としていつも多くの観光客や地元の人々で賑わっています。

メディナの中にもホテル、レストラン。お土産物屋さん、商店などすべて揃っているので、困ることはないかと思います

(メディナの近くの新市街地)

新市街地は、バスターミナルがあったり、学校があったりと市場があったり地元の人が多く行き来する普通の街です。彼の実家も新市街地の山手の住宅街にあります。

(新市街地の山の上の住宅街 チラリとサッカーコートも)

こちらは全てが青いという訳でもなく、白を基調としたおうちがたち並びます。旧市街地からはタクシーで5~10分ほどですが、観光客は来ないので打って変わり閑静な住宅街です。市場や商店はメディナの外に密集しているので、地元の人もお買い物にはメディナ周辺に行くので地元民で賑わっています


街が絵になるシャウエンの楽しみ方!

とにかく歩いて見よう♪

メディナの中は入り組んだ細い道が迷宮のように入り組んでいて、坂や階段も多くまるで迷路です。

迷路みたいな印象を受けるので最初は戸惑うかも知れませんが、方向感覚さえ掴めば、とても簡単なので歩きやすいです。適当に歩いても、気づけば広場に戻って来たり、迷ってもカスバの見える方に歩けば広場にたどり着けるので安心です とにかく歩いて見ましょう◎

青い街と言っても、全部青いというわけではなく、濃い青や薄い青、また白と青みたいな場所も多いので、自分好みの青い街並みフォトスポットを探して、あてずっぽうにブラブラ歩くのが一番贅沢な過ごし方かも?

シャウエンのメディナはゆっくり歩いても数時間、一日あれば十分回れるので、ツアーなどで数時間だけ滞在されて移動するということも多いみたいですが、シャウエンの魅力は、それだけではないのでぜひ宿泊して訪れることをお勧めします♪

シャウエン街を見下ろそう♪

メディナの端っこにある洗濯場には川が流れ、地元の人が多く洗濯や夕涼みしています

時には子供が泳いだり。夏場はとても暑いので気持ちはすごくわかりますw

こちらの川のすぐ近くにあるカフェは、お気に入りスポットです。

地元の人も多く、お茶してます。

サッカーの試合がある時は、まちの男性が集まって来てみんなでサッカー観戦していたり、憩いの場です。

そこから山の上のモスクを目指すと、軽いハイキングで登れる道があるのですが、そこを登り切ると街を見下ろすベストスポットとなっています

上から見るとまた、街が青いのよくわかります。

夜は満点の星空で、横になって寝そべっていると、流れ星が普通に見れます。天気がよければ肉眼で天の川もみれたりする絶景の星空です。


 街以外にも魅了が?青いだけじゃないシャウエンの本当の魅力♪

シャウエンは、その青い幻想的な街並みだけではありません。

本当の魅力的は「素朴な田舎町」であることだと私は思います

私も訪れる前は、シャウエンには1泊だけして、フェズへ移る旅ルートを予定していました。

それが、訪れるとなんとも言えないいごごち心地の良さ、のんびりした空気、適度なコンパクトさwなどなど、出会う人の優しさにふれ、、もう一泊、、もう一泊と結果的に最大まで滞在時間を伸ばすことになりました。

テラスで山を見ながら過ごすのんびりとした時間はかけがえないのないものです。

よくモロッコは、旅人が好きか嫌いかはっきり分かれる国と言われていたり、3大うざい人 の中にモロッコ人が入ってたりするのを聞いてたんですが、、

それってモロッコの中でも大都市で出会う しつこいお土産もの屋の亭主だったり、騙したり勧誘してくる人だったり、罵声をあげる人などで、あまりいい経験やいい人に出会うことができないからなんですよね><

私は、偶然ですがシャウエンがスタートのモロッコ旅行だったので、人に恵まれ本当に良かったなと思います。そして今思えば、モロッコに到着した日に旦那はんに出会ったので、それもまた運命だったのかも?その話はまたおいおい。笑

メディナの中にも家も多く、地元の人が普通に住んでいるので、夕方になると子供達が遊んでいたり走っていたりします。全てが観光地化されているわけでなく普通に人が暮らしています。

観光地でありつつ、地元の人が普通に生活する場所としても混在しているので、ザ観光地とも言えない自然な空気が流れています。

それもシャウエンの魅力かなと思います。お土産物屋さんも商売っ気がないというか何というか、むしろ店員のおばちゃんは店の真ん中でお昼寝してたりするし^^; マラケシュのお土産物屋さんとかに比べると拍子抜けするくらいのんびりした接客です(笑

平和で治安もいいので夜歩いても平気だし、居心地やすさは抜群です


猫好きにはたまらない猫パラダイス♪

そしてもう一つ!
シャウエンの魅力は、、 猫の町!
青い町で有名ですが、実は猫がたくさん住んでいて、猫好きにはたまらない癒し100パーセントのシャウエンです。



気持ち良さそうに寝ていたり、

売り物の上でもお構いなしだったり、

いたずら好きの子猫がいたり♪

野良猫が多いですが飼い猫もいて、町の人みんなエサやるので、町中至るところに猫がいます。
ブルーの町の背景に、お昼寝中の子猫なんてもう、女子の心鷲掴みですよね♡

ただし、オープンテラスでレストランでのお食事中は、目を話すと料理に飛びついて来るので要注意です♪

私は、到着した初日のランチで2匹のにゃんこにテーブル囲まれました笑

もちろん店員さんが追っ払ってくれますが、足元すり寄って来たり可愛いですよ

ちなみにあちらでは、『プスプスプス …』と言って 猫を呼んだりすので、お試しあれ◎

実は青いだけじゃない色鮮やかな街

メディナにはたくさんのお店がありますが、シャウエンのお土産物やさんは、軒先や壁一面を使って商品展示していることが多いです。

青い背景に色鮮やかな雑貨や絨毯など、そのディスプレイの仕方はセンス抜群!

個人的には真っ青な路地もいいけど、お店がオープンしてディスプレイされている風景も鮮やかで大好きです。 また織物や工芸品などシャウエンにしかないお土産物も多いので、要チェックです♪

シャウエンの楽しみ方まとめ

いかがでしょうか?

シャウエンの魅力が伝わりましたでしょうか?最近は日本でもテレビで取り上げられたり、CMになったりしたので青い街は知ってるよ って方も多いかと思いますが、可能であれば1泊して、時間が許すなら連泊して、 ぜひ青いだけじゃない、シャウエンの魅力を感じていただけたら嬉しいです^^

ちょっと一言♪ 我が家の近状報告

もともと私たちは、私が飛び込みで入った小さなホテルで彼が働いていたことをきっかけに出会いました。 そう、ガイドのおっちゃんが案内してくれたホテル。 そのホテルは、モロッコ人がよくくるホテルだったらしく、外国人もたまにくる程度、日本人の女子が飛び込みで来たのは初めてだったらしく、とても印象が強かったようです(笑)

今は日本で二人暮らしていますが、もともとホテルで働いていたこともあり彼の夢は 『モロッコでホテルを経営する!』大きな夢を目標に、日本で日々頑張っています。

一時期シャウエンで土地を購入したいとやたら言っていましたが、観光が盛んなシャウエンの土地はとってもお高いんです〜。。そんなお金どこにあるんだーーと何度ケンカしたことか・・

「とりあえず今じゃないよね」 なんて話してたのに、突如「旦那はん、私に黙って土地を買う」(事後報告) をスタートさせました

旦那「親戚から買った(譲ってもらった)から破格だよ」 って。

私「うん、でも今お金全然ないよね?」

「っておいー!!怒」

結婚した時彼の全財産3万円。私、フリーのカメラマン。。安定などどこにもないではないか!

ちなみに場所は、シャウエンから40分のこれまたさらにちっちゃい街。海沿いの素敵な場所ではありますが、、観光客なんてこない場所です

彼曰く、別荘の建築ラッシュだからきっと価値が上がる とかなんとか、、

そこにホテルを建てるのか?はたまた転売するのか??いつかそこに移住するのか??なーんてことは今の私には全くもって想像できないことで。

とりあえず少しずつ支払いしなきゃだよねーー。(汗)

 

もちろん、買ったと言ってもすぐに自分のものになった訳ではないので、スローペースですが、「モロッコでホテルを建てる!」編の近状報告もしていきたいと思いますので、長い目でお楽しみください〜笑

イッシャアッラー

all photo by michicamera


 

モロッコの犠牲祭の体験談も合わせていかがですか?

【心臓の弱い人は見ちゃダメ】2大イスラム圏最大のお祭りモロッコの犠牲祭のディープ体験レポ!

2017.09.15

The following two tabs change content below.
ダーリンはモロッコ人トリップラーMichi
旅が好きだったフリーフォトグラファー。ふらっと旅したモロッコで運命の出会いを果たし、モロッコ人のダーリンと「モロッコでホテル建てるー!」ことを目標に日本で生活中。結婚して180度変わった日常生活と価値観の違う旦那はんとのドタバタな日々をお伝えします♪ ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

ABOUTこの記事をかいた人

ダーリンはモロッコ人トリップラーMichi

旅が好きだったフリーフォトグラファー。ふらっと旅したモロッコで運命の出会いを果たし、モロッコ人のダーリンと「モロッコでホテル建てるー!」ことを目標に日本で生活中。結婚して180度変わった日常生活と価値観の違う旦那はんとのドタバタな日々をお伝えします♪ ⇒プロフィールの詳細はこちら