将来の夢はカフェオーナー! コーヒーハンターTRIPLER「しおり」

経歴(行った国や、軽い自己紹介)

旅行会社に就職して添乗員として国内や海外にバリバリ行きたいと思っていた大学時代、夢の第一歩として総合旅行業務取扱管理者の資格を得て就活に励む。しかし、その後の就職先は旅行とは全く関係無い企業の営業職につく。

「私はいったいここで何で人にモノを売りつける仕事をしているのだろう・・・」と悩み、夢も希望も無く過ごす毎日。そんな仕事での楽しみの一つであったのが、年に二回もらえる10日間の連休で行く一人旅だった。アジアやヨーロッパへの旅を繰り返すたびに「もっと海外に行きたい!」という思いを募らせ、「海外で生活したい!」という漠然とした夢を持つようになる。しかし、最初は「そんなものは所詮ただの夢で今は日本で仕事をしないといけないし…」と半ば諦めていた。

ところが、友人と会った時に「海外で生活したいな〜」と軽く言ったところ、今まで全く知らなかったワーキングホリデーの事について教えてもらい、「日本で働くのはいつでも行けるけど、ワーホリは30歳まで。だったら海外に行くなら今しかない!」と退職を決める。

そして2年半働いた会社を退職し、24歳でワーキングホリデーでオーストラリア・メルボルンへ。

メルボルンで初めて友達に連れて行ってもらったカフェで飲んだコーヒーのあまりの美味しさに感動し、ここでコーヒーにハマり、カフェ巡りが日課になる。大好きなコーヒーを飲みながら、気さくに話しかけてくれるお客さんや店員さんたちの雰囲気、始めは英語も全然だったのにコーヒーという共通の話題で、国籍も年齢も性別も超えて仲良くなれる。すっかりメルボルンのカフェ文化とコーヒーの虜になり、将来は自分がカフェやコーヒーに携わる仕事がしたいと思うようになる。1年間のオーストラリアでのワーホリ生活を終え、日本へ帰国し、学生時代の夢だった添乗員として1年間働くも、オーストラリア生活が忘れられず、セカンドワーホリビザで再びオーストラリアへ。

二度目のオーストラリアワーホリで改めてカフェの魅力に取り憑かれ、将来はカフェオーナーになりたいという夢ができる。また、世界中のコーヒーとカフェ文化についてもっと知って経験して感じたいと思い、コーヒーとカフェを巡る旅に出ている現在。

出身地

 

奈良県奈良市

趣味

カフェ巡りをしてコーヒーを飲むこと・シュノーケリング・Google earthを見ること・建築鑑賞

好きな国・場所

台湾

初めて行った海外の国。初めての海外で不安でいっぱいだったけれど、道行く人みんなが親切に助けてくれて感動した場所。それと同時に、もっと海外の人と交流してみたいと思わせてくれるきっかけになった場所。

ベルギー

 

旅行業務資格の取得のために勉強していたときにベルギー・グランプラスの写真を教科書で見てから、一生に一度は行ってみたいと思っていた場所。実際に行って初めて見たその光景があまりにも美しくて、思わず涙が出たほど。また、建築家であるオルタの生家を見に行った帰り道、住宅地を歩いていてたまたま出会った3人家族の幸せそうに手をつないで玄関から出てきた姿がなぜか目に焼き付いて離れず、「海外に住みたい」と思うきっかけになった。

オーストラリア・メルボルン

海外で生活したいという夢を叶えてくれ、さらに新たな大きな夢を見つけさせてくれた場所。コンビニの数よりカフェの数が多いこの町はコーヒー好きの私にとっては聖地。カフェで相席になった人と話したり、バリスタさんと仲良くなったり、コーヒーを通じての人との交流が忘れられない。夕暮れのビーチでコーヒーを飲みながら過ごすときが至福の時間。

好きな映画・アニメ

出典:http://ukiyobanare.com/?p=6753

The Secret Life of Walter Mitty / ハウルの動く城 / My fake Fiance / The Grand Budapest Hotel

好きな本・漫画

出典:https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784048733281

パイロットフィッシュ / 胸懐 / スラムダンク / 鋼の錬金術師

好きな音楽

GLAY「BEAUTIFUL DREAMER」

GLAY「ここではない、どこかへ」

Coldplay「A HEAD SKY FULL OF STERS」

好きな食べ物

プリンとビターチョコレートは無限に食べれます。飲み物はもちろんコーヒー!!

日本に帰国したら必ず最初に食べるのは関西風ダシのおでん。

FB

https://www.facebook.com/shiori.yamaguchi.336

最後に一言

旅先で出会う人にいつも最初に聞かれることがあります。それは「どうして旅に出たの?」

そしてその次に聞かれるのは、「いつまで旅をするの?」

いつも旅に出るときのきっかけは小さなことでした。最初は海外ってどんなところだろう、海外の人と喋ってみたい、その次は見たことの無い景色を見てみたい、もっと自分の知らない世界をを知りたい…

旅に出るたびに新しい出会いがあり、やりたいことも、夢も次々に膨らんでいくのです。一つ夢を叶えたら、また新たな夢がもうできていて、またその夢を叶えるために旅に出る、私にとって旅は夢を与えてくれ、生きていく活力をくれるものです。

夢を持ち続け、あきらめない限り旅は終わらないと考えています。そして、私は自分の夢を決して諦めません。だから旅を続けます。

トリップラーで出会った記事が、あなたが夢を持つきっかけになってくれれば嬉しく思います。

 

最近書いた記事