衝撃体験!!フィリピンのゲテモノ“バロット”を勢いよく2個食べてしまった件

ゲテモノ担当トリップラー今村
20歳からバックパックをスタートして24歳の時に世界一周50カ国の旅に! しかし帰国後ファッションデザイナーになるが海外に行けない事に嫌気がさし起業。目標は「旅を仕事にするトリップラー」という職業を作るの事。とにかく好奇心旺盛で特に知らない食べ物を食べるのが好き。今まで、食べてききたゲテモノは昆虫全般、コウモリ、サソリなどなど、でも、ちょっぴりお腹ちょっと弱め・・・。⇒プロフィールの詳細はこちら

どうも!

人が苦情の表情でゲテモノを食している姿を見るのが好きな、

ゲテモノ担当トリップラー今村です!

今回はフィリピンのゲテモノとしても有名なバロットを探しに行こうと思います。

バロット・・・海外が好きな人なら一度は、聞いた事あるであろうバロット。

鳥の卵を羽化しかけの半分鳥の状態で見た目がかなり

グロテスクな事から有名なゲテモノでフィリピンの路上でも結構売っています。

(グロテスクなので、まずはイラストでお楽しみください。)

このバロットフィリピン人は大好きで、これを食べると精がつく!といって

多くのフィリピン人が愛してやまないソウルフードです。

言ってみれば、日本の納豆ですね。笑

 

フィリピン人にゲテモノ料理が食べれるレストランを聞いてみた!

僕は昔フィリピンのマニラに3ヶ月ほど英語留学に住んでいてその時の

英語の先生とも今も連絡をとっていて今回は、昔僕の英語の先生をしていた

ガーリーに連絡してみた。

今村
ガーリー元気!?

いきなりだけどフィリピンでパロット食べれるお店ある??

ガーリー
元気よ。

もちろんあるわよ!

バロット、クロコダイル、エイ、ナマズが食べれるお店があるわ!

任せて!!

こんな感じでノリノリなフィリピン人の友人ガーリーに

連れられてゲテモノ料理ツアーが始まりました。

 

ガーリーのいる学校へガーリーを迎えにいって、

いざ出陣。



今回一緒に同行してくれたのは、おーちゃんとMOTOくんです!

おーちゃん
(毎回ゲテモノ企画だけは、同行したくない…)

MOTO
(台湾に引き続き、フィリピンのゲテモノもまさか行く羽目になるとは…)

フィリピンでゲテモノ一式が食べれるレストラン「ボーダーライン フード パーク」



今回ガーリに紹介してもらったのは、

マニラのマカティーから車で

1時間くらいのところで、なかなかのローカルの地区にある

ゲテモノ専門料理店

「ボーダーライン フード パーク(BORDERLINE FOOD PARK)」

というお店です。

 

関西弁に直訳すると「ギリギリ食堂」

・・・どんな名前やねん。笑

っと心の中でつっこみを入れつつ

ガーリーの用意してくれたお店に到着。



こんなローカルで怪しい店一人だと絶対にこれない店です。笑

メニューも恐る恐る見てみると・・・



今村
出た〜〜〜!!!
ゲテモノ!!!

で、ドSなガーリーがありったけのゲテモノを全てチョイスしてくれましたw
  • クロコダイル
  • エイ
  • シャーク
  • 牛のキンタマ
  • バロット(卵の浮かしかけの食べ物)
というラインナップ。

食べた事のないゲテモノばかり・・・。

おーちゃん
・・・・・。(ゲテモノもう食べたくない・・・。)

フィリピン人は本当にバロットが好きなのか聞いてみた!



今村
ところでさぁ〜〜ガーリーは、バロットとか好きなの?

ガーリー
え?
私バロット食べた事ないわよ。

今村
・・・ん?

僕の英語が、まずかったのか伝わっていないのかと思いもう1回聞いてみた。

今村
ガーリーは、バロットとか好きなの?

ガーリー
だ・か・ら!
私はバロットとか気持ち悪くて食べた事ないし食べたくないの!!

今村
え〜!!!!

っとまさかの、フィリピン人なのにバロットも食べた事がない人がいました。

フィリピン人みんなバロット大好きと聞いていたのに、バロットを

食べた事がない人がここにいました。

 

しかも、ゲテモノ注文するだけ注文して自分は下のフロアにある

ピザ屋でピザを注文するというSっぶり



(僕たちのゲテモノを注文してくれて自分用のピザを買うガーリーw)

 

でゲテモノ料理を待つ事数分・・・

まず出てきたのがクロコダイル



見た目が鳥っぽくて普通に美味しそう!



今村
あ!これ意外といける!!w
なんか普通に豚と鶏肉の間みたいな味で美味しいww

MOTO
普通にいける!!

おーちゃん
うんっ。

これならまだ大丈夫!全然いける!

今村
ガーリー食べる??

ガーリー
NO!!

クロコダイルさえ綺麗に断るガーリー・・・。



この次に出てきたのが、サメの肉。

今村
うん、これも普通に大丈夫。
魚と肉料理の間の味。

MOTO
うん、まだまだ余裕!!

おーちゃん
まぁ〜・・・。

サメの肉は、普通に料理に入っていても臭みもなく、

魚ほど淡白でなくちょうどよく個人的には全然いけるレベル

今村
ガーリー食べる??

ガーリー
NO!!

今村
ですよね〜・・・。

で、ここからが少しレベルを上げてきました。笑

次に出てきたのが、

なんとこれ・・・

「牛のキンタ◯のスープ。」



おそるおそる中をスプーンですくってみると・・・



今村
(はっ!!

この丸いのは・・・!

キンタ◯といえば前回の香港のゲテモノ料理ランキングの
記事で堂々の1位を飾ったのが鶏のキンタ◯でした。

【※グロ注意!】蛇にネズミ。ガチでエグい…台湾の最強ゲテモノ料理BEST8

2017.06.28

食感といい味といいまぁ、想像以上に食べにくかった印象ですが・・・

果たして今回の牛のキンタ◯は?

・・・

・・


今村
うぅーーん、ギリギリアウト。。。

MOTO
わざわざ食材にする必要はないような・・・。

おーちゃん
・・・。(ごほっ)←むせた

どうやらおーちゃん前回の鶏のキンタ◯が

トラウマになっている様子です。

超グロい?フィリピン人のソールフードバロットの登場

フィリピン人のソールフードバロットがいよいよ登場しました。


意外にもバロットが嫌いなフィリピン人もいる事からおそらく

日本の納豆的なポジションにいるのが「バロット」です。←勝手な自己解釈

さぁ〜いよいよバロットの中身を・・・

見た目は普通の卵ですが・・・中を恐る恐る開けてみると。



今村
うわっ!!!

汁が飛んでTシャツに・・・!!汗



意外にも中は汁が豊富に入っていて、注意してあけないと服に

汁がかかってしまいます。

そして中の具をフォークで刺してアップで撮影してみました。。。



おーちゃん
・・・。(血管のようなものが浮き出ている・・・)

いざパロット試食・・・



今村
卵の黄身がやたら濃厚でちょっと食べただけでパワーが出るのは分かるような・・・

でも見た目が。。。

と言いながら1個完食

MOTO
食べれない事もないが・・・やっぱり見た目が・・・

あと味が無駄に濃いいわ・・・。

と言いながら1個完食

おーちゃん
(・・・・・うっっ。ごほっ←むせた。本日2回目)

おーちゃん2口でギブアップ・・・。

今村
いやぁ〜・・・

正直なところバロットゲテモノの中でもやっぱりキツイわ・・・。
正直1個が限界・・・!

 

若干みんな胸焼けもし出して店を出ようとしていました。

 

・・・

 

・・

 



が・・・・・・。

 

店員さん
バロット料理持ってきました〜〜♪

まさかの店員さん・・・。

さらにバロット料理を運んできました!(涙)

まさかの、バロットを2種類もオーダーしていた模様です。



 

今村
・・・まぢか・・・!!!

しかも若干手が前の料理より込んどるやないかいっ!!!

MOTO
もう要らない・・・

なんなんだ、このトロトロのあんかけスープ・・・。

おーちゃん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。(絶句)



今村
ガーリー食べる??

ガーリー
NO!!

結局、フィリピン人のガーリーはゲテモノに一切手をふれず、

そして、おーちゃんは戦闘不能。

結局残った二人で食べる事に・・・。

今村
き、きつい・・・バロットもう要らない。。。

MOTO
バロットの胸焼け感半端ないわ・・・

結局、バロットを2つ食べてその後何もその日は喉を通らない程胸焼けしてました。



そして、その姿を見て満足そうなドSなガーリー。

フィリピン人がみんなバロット大好きなのは間違いなく迷信です。

 

人気のこちらのゲテモノ記事も読んで見てね!

【※グロ注意!】蛇にネズミ。ガチでエグい…台湾の最強ゲテモノ料理BEST8

2017.06.28
The following two tabs change content below.
ゲテモノ担当トリップラー今村
20歳からバックパックをスタートして24歳の時に世界一周50カ国の旅に! しかし帰国後ファッションデザイナーになるが海外に行けない事に嫌気がさし起業。目標は「旅を仕事にするトリップラー」という職業を作るの事。とにかく好奇心旺盛で特に知らない食べ物を食べるのが好き。今まで、食べてききたゲテモノは昆虫全般、コウモリ、サソリなどなど、でも、ちょっぴりお腹ちょっと弱め・・・。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

ゲテモノ担当トリップラー今村

20歳からバックパックをスタートして24歳の時に世界一周50カ国の旅に! しかし帰国後ファッションデザイナーになるが海外に行けない事に嫌気がさし起業。目標は「旅を仕事にするトリップラー」という職業を作るの事。とにかく好奇心旺盛で特に知らない食べ物を食べるのが好き。今まで、食べてききたゲテモノは昆虫全般、コウモリ、サソリなどなど、でも、ちょっぴりお腹ちょっと弱め・・・。⇒プロフィールの詳細はこちら