在住者おすすめ!絶対買いたくなるベルリンのチョコレート屋8選

旅=自己成長!地球に恋する帰国子女TRIPLER「Yuri」

父の仕事で小中学生の4年間、ドイツで海外生活を送ったことがきっかけでドイツが大好きになり、移住したいと思うようになる。大学卒業後、東京で就職するもその思いは枯れることなく5年後に退職。現在はドイツでワーキングホリデー中。息をのむような絶景、涙が出るほどの感動、笑っちゃうくらいの驚き・・・旅を通してより感受性の豊かな人間になることが旅の目的。
⇒ プロフィールの詳細はこちら </A >

突然ですが、チョコレートはお好きですか?

私は、大好きです!

チョコレートと言えばベルギーやスイスのイメージがありますが、私が今住んでいるドイツ・ベルリンにも味も見た目もばっちりの思わず買いたくなるチョコレート屋さんがたくさんあります。

今回は、自分用もお土産用も見つかる!ベルリンのおすすめチョコレート屋さん8選をご紹介します!

【おすすめ1】ポケットサイズの正方形チョコRitterSPORTの専門店

出典:https://www.ritter-sport.de/de/index.html

 

まずは日本でも輸入食品店などで取り扱っているRitterSPORT(リッタースポーツ)チョコレート!

1912年にリッター夫妻が始めたチョコレート屋ですが、今やドイツを代表するチョコレートです。「どんなスポーツジャケットのポケットにも収まり、ポケットの中で割れたりしない正方形のチョコレートを」というのが正方形の理由なのだとか。

スーパーやドラッグストアなど色んな所で買えますが、ベルリンに来たらぜひ訪れてほしいのでRitterSPORTの専門店”Bunte Schokowelt“です。

yuri
お店の名前を直訳すると「カラフルなチョコレートの世界」になります。それでは、要チェックポイントを紹介していきます!

【ポイント1】全種類揃う

期間限定フレーバーを含めるとかなりの種類があるリッタースポーツですが、ここでは全種類揃います!店内にはチョコレートがずらり!定番のミルク、ナッツの入ったチョコ、中にはVegan(動物性の原材料が含まれていない)チョコレートやオーガニックチョコレートもあります。

yuri
100gの板チョコが一つ1.20Euroくらいなので、気になるフレーバーがあれば買っちゃいましょう!

【ポイント2】併設のカフェでRitterSPORTのケーキが食べられる

店舗の2階にあるカフェでは、なんとRitterSPORTを使ったケーキが食べられます!

日本だとこういったカフェっていつも満員で並んでいるイメージがあるのですが、ここはなぜか比較的空いています(笑)

ただ休日はさすがに少し混んでいるのでカフェを利用するなら平日がおすすめ!

yuri
また、遅い時間だとケーキが売り切れてしまっているかもしれないのでご注意を!

【ポイント3】オリジナルチョコレートが作れる

ナッツやドライフルーツ、コーンフレークなど自分の好きな材料を入れたオリジナルチョコレートが作れるのはベルリンでここだけ

ベースとなるチョコレートはミルクチョコレート、ダークチョコレート、ホワイトチョコレート(夏季のみ)の3種類あり、そこからマシュマロ、ストロベリーフレーク、ライスクリスピーなど10種類以上ある中から好きなものを選んでチョコレートを作ってもらいます。

N a n c yさん(@dienancy1994)がシェアした投稿

最後はオリジナルパッケージに入れて完成!

yuri
チリパウダーや赤コショウなどの変わり種もあるので冒険してみるのも楽しいですね!

【おすすめ2】歴史あるチョコレート専門店Rausch Schokoladenhaus

1つ目に紹介したBunte Schokoweltの近くにある、こちらも歴史あるチョコレート専門店がRausch Schokoladenhausです。

1918年にRausch家が始めたチョコレート屋で、良質なカカオのみを使用したこだわりのプラリネやトリュフなどを販売しています。

1999年からベルリンで最も美しい広場と言われている”Gendarmenmarkt”(ジャンダルメン広場)の眼の前にショップ・カフェを構えています。

yuri
ちなみに、このお店のあるエリアは高級ブランドのお店が並ぶ、日本で言う所の銀座のような場所です!

【ポイント1】ここでしか買えない

Nathalie C Bergmanさん(@naathaliebergman)がシェアした投稿

RitterSPORTはスーパーなどどこでも買えますが、Rauschのチョコレートは卸売りをしていないので、買えるのはここだけ!

おしゃれなパッケージに入ったパッケージもありますが、ショーケースに並んでいる中から気になるフレーバーを一つから購入することもできます。

yuri
ベルリンのクマやブランデンブルク門など、ベルリンならではのパッケージのチョコレートもあり、お土産にもぴったりです!

【ポイント2】カフェのホットチョコレート

店舗の2階にはカフェもあります。チョコレート屋のカフェですから、やっぱりおすすめはホットチョコレート♡

ホットチョコレートって、普通のカフェだとメニューに一つだけですよね。

ですが、ここRauschではチョコレートの原産地(ミルクチョコレートorダークチョコレート)を選んだ後、さらにモカ、チリ、オレンジ、ラムなどのフレーバーから選ぶことができます。

暑い時にホットチョコ!?って思ったあなた、ご安心ください。コールドドリンクチョコレートもあります!これで夏も安心ですね!

yuri
カフェはネット予約もできます。有名店なので予約していったほうが良いと思います!
  • 営業時間 ショップ10:00-20:00(月~土曜日)、11:00-20:00(日曜日)/カフェ11:00-20:00
  • https://www.rausch.de/en/

【おすすめ3】元薬局のレトロでかわいいチョコレート屋

出典:http://www.winterfeldt-laden.de/ueber-uns/

観光地からは少し離れますが、レトロな店内がとっても素敵なチョコレート屋・カフェがWinterfeldt Schokoladen

店内は広くはありませんが、ベルリンで作られたチョコレート、オーガニックチョコレートなど世界中のチョコレート、プラリネを買うことができます。

出典:http://www.winterfeldt-laden.de/

yuri
元薬局という店内の奥には、薬の瓶が並べられていたであろう棚が残されていて雰囲気も抜群です。

時間があれば、ぜひ併設のカフェでお茶をしていってください!

コーヒーとケーキも美味しいですが、おすすめは様々な種類のあるドリンクチョコレート!ベーシックなものから、スパイスの入ったもの、オレンジなどのフルーツフレーバーなど、本当にたくさん種類があって、間違いなく迷います

【おすすめ4】ベルリン発の宮廷御用達プラリネSawade Berlin

1880年に創業し、かつて宮廷御用達チョコレートとしても愛されたSawade Berlinはベルリンで最も歴史のあるプラリネチョコレート屋です。

Sawade Berlinさん(@sawade_berlin)がシェアした投稿

2013年に経営者が変わっていますが、トリュフやプラリネは昔と変わらない製法で作られているそうです。

ベルリン柄の箱に入ったチョコレートもあってお土産にもぴったり!箱に入ってしっかりとラッピングされたものの他に、袋に入った簡易パッケージのタイプだとチョコレート10個で7Euroくらいです。(※2018年4月時点)

また、ショーケースにずらっと並んだチョコレートを一つから選んで買うこともできます。

yuri
クリスマスやイースター後などには、サンタやうさぎなど関連のデザインのチョコレートがセールになっています!
  • 営業時間 11:00-19:00(月~土曜日)※Hackesche Höfe内の店舗の場合。
  • ベルリン内数店舗あります→店舗検索はこちらから
  • https://sawade.berlin/en/

【おすすめ5】あま~い生活をあなたに♡Das süße Leben

いろんなチョコレートを色々見たい!買いたい!という方にオススメなのがDas süße Leben。直訳すると「甘い生活」というお店です。

こじんまりとした店内に、おしゃれなチョコレートがおしゃれに並べられています。

一つから買えるトリュフは、新鮮な材料を使って丁寧に手作業で作られたチョコレートなので、お土産にするよりも自分用に買ってその場で食べちゃったほうがよいかも!

yuri
カフェが併設されているのでコーヒーやホットチョコレートで休憩することもできます。観光客のあまりいない住宅地エリアで、とっても穏やかな雰囲気のあるお店です!

【おすすめ6】見ているだけでも楽しいSchokogalerie

おすすめ⑤のDas süße Lebenは遠くて行けないかも・・・というあなた。ご安心ください。ベルリンの中心Mitte(ミッテ)地区にも、いろんなチョコレートが買えるお店があります。

その名はSchokogalerie(チョコギャラリー)

棚にぎっしりと並べられたチョコレートがギャラリーみたいですね!

材料にこだわった板チョコから、海外のスーパーに売っていそうなかわいいチョコレートまで様々あります。

一つ1Euroくらいのものもあり、バラで買うことができるので気になるものがあれば買っちゃいましょう!

yuri
私が訪れた時は店員さんが英語が話せたので、オススメを聞いてもよいかも!

【おすすめ7】プラリネもクッキーもグミも買えるHUSSEL

1949年創業のHUSSELはドイツ全土に店舗があるので、ベルリン観光をしていると探さなくても見つかるかもしれません。

ショーケースに並んだプラリネ・トリュフの他、クッキーなどの焼き菓子、グミやキャンディなども買うことができます。

店舗にもよるかもしれませんが、板チョコの量り売りもあります。

個人的なオススメはクリスマス前の11月中旬ごろから売り出されるアドベンツカレンダー!かわいいだけでなく味も美味しいのが高評価ポイント。(ちなみに12月に入るとアドベンツカレンダーもちょっと割引されます)

yuri
春夏秋冬の期間限定パッケージもあって、パッケージがかわいいのもおすすめポイントです!

【おすすめ8】何でも揃う旧西ベルリンの老舗デパートKaDeWe

KaDeWe Berlinさん(@kadewe_berlin)がシェアした投稿

最後は旧西ベルリンの高級デパートKaDeWe(カーデーヴェー)のお菓子売り場!

ここはGODIVAやNeuhausなどの外国のブランドチョコレートの他、日本でも有名なスイス発のチョコレートLindt(リンツ)やオーストリア土産でよく選ばれるモーツアルトのパッケージのチョコレートなどなど・・・広い売り場内では色々なチョコレートを買うことができます!

パッケージツアーでベルリン観光される場合など、自由時間があまりない方は、ここに来るとドイツや世界の有名チョコレートを買うことができます。

食料品売場には他にもオリーブオイル、紅茶、スパイスなどがたくさん売っています。高級デパートなので、価格帯はやや高めですが「良いものを買いたい」という方はここでお買い物するのがおすすめです!

yuri
ただし、普通のスーパーでより安い値段で売っているものもあるので、可能であれば事前にスーパーの品揃えと値段をチェックしておくことをおすすめします!
  • 営業時間 10:00-20:00(月~木曜日)、10:00-21:00(金曜日)、9:30-20:00(土曜日)
  • https://www.kadewe.de/en/

まとめ

ベルリンには材料にこだわった老舗チョコレート屋がたくさんあります。ショーケースに並んでいるチョコレートなどは一つから買うことができるので、気になるものがあればぜひ試してみてくださいね。

また、ベルリンの夏は日本の東京や大阪よりは暑くありませんが、それでも長く持ち歩くと溶けてしまうかもしれないので、チョコレートを買われる際は気をつけてください!

The following two tabs change content below.
旅=自己成長!地球に恋する帰国子女TRIPLER「Yuri」
父の仕事で小中学生の4年間、ドイツで海外生活を送ったことがきっかけでドイツが大好きになり、移住したいと思うようになる。大学卒業後、東京で就職するもその思いは枯れることなく5年後に退職。現在はドイツでワーキングホリデー中。息をのむような絶景、涙が出るほどの感動、笑っちゃうくらいの驚き・・・旅を通してより感受性の豊かな人間になることが旅の目的。 ⇒ プロフィールの詳細はこちら </A >

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

旅=自己成長!地球に恋する帰国子女TRIPLER「Yuri」

父の仕事で小中学生の4年間、ドイツで海外生活を送ったことがきっかけでドイツが大好きになり、移住したいと思うようになる。大学卒業後、東京で就職するもその思いは枯れることなく5年後に退職。現在はドイツでワーキングホリデー中。息をのむような絶景、涙が出るほどの感動、笑っちゃうくらいの驚き・・・旅を通してより感受性の豊かな人間になることが旅の目的。 ⇒ プロフィールの詳細はこちら </A >