あなた次第!フィリピン留学成功者と失敗する人の違いと注意点とは?

目指せマニラのスター!元日本柔道3位TRIPLER「KAN」

世界11カ国18都市を周りました! 誰も行った事のないような場所に行く事が好き。旅をする時は、1人で行って、現地のコミニティーに入り込むのが大好きです。⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは!

目指せマニラのスター!Kanです。

僕はトリップラーの名前の通りフィリピンには人並み以上います。今までに15回以上、合計1年3ヶ月フィリピンで生活してきました。

フィリピンと聞くと何を思い浮かべますか?「貧しい国」「綺麗な海」でしょうか?

もしかしたら、あなたも一度は聞いた事があるかもしれない「フィリピン留学」について、今回は紹介していきます。

留学するとなったら学校選びをしなければいけません。フィリピンには100校以上も語学学校があります。正直何処の学校にすればいいか分からないですよね。

僕は、大学生の時にセブ島留学を経験しました。今は、セブ島の語学学校に関わる仕事をしています。そんなセブ島留学経験有り+セブ島の語学学校に関わっている僕が教える「フィリピン語学学校選びの注意点」「留学生活で成功する人の特徴と失敗する人の特徴」を説明します。

・語学学校がありすぎて何処にしたら良いか分からない

・自分に合う語学学校を探す方法は?

・留学で失敗したくない

こんな事気になってる人は、この記事が助けになるかもしれないので、読んでください。

ここを失敗したら全てが台無し「学校選びについて」



フィリピンの語学学校には、まず大規模校と小規模校があり、様々なコンセプトの学校があります。

ネイティヴがいる学校・TOEICに特化してる学校・旅人が集まる学校・超スパルタの学校 etc…..

まず最初に大規模校か小規模校どちらが自分に合うのか考え、その後どのコンセプトの学校が合ってるか考えます。

例えば、あなたが小規模の学校でネイティヴの英語を習いたいなら、そのようなコンセプトの学校を探すといいです。

最初の段階では大雑把にこんな学校に行きたい!ってのを想像するだけでいいでしょう。

留学で何を勉強したいのか考える



そしたら次に、留学をして何をしたいのか考えてみてください。真剣に勉強をしたいのか、勉強しながら観光したいのか、息抜きに遊びに行くがてら語学学校に入るのか。

先ほど、例に上げた「小規模の学校でネイティヴの英語」を習える学校でも、生徒たちが真剣に勉強している学校と、遊び半分で来る学校もあります。

あなたが英語を真剣に勉強したいのに「小規模の学校でネイティヴの英語」を習えるって理由だけで選ぶと、夜な夜なPartyばかりしてる傾向がある学校に行ってしまったら失敗します。

ここまで来ると、真剣に勉強したくて、小規模の学校でネイティヴの英語に行きたいなってのが漠然にですが見えてきます。それでいいです。

留学エージェントに問い合わせる

真剣に小規模の学校でネイティヴの英語を習いたいというあなたの留学の目的が見えてきたので、まずは、数十校を束ねて紹介しているエージェントに電話してみて、自分にあった学校を選んでもらいましょう。

エージェント会社は2つくらい電話して、自分に合いそうな学校を2-3校ピックアップします。エージェントからは申し込まず、学校名をに抑えるだけでOK!これには理由があります。

こんな感じで聞きましょう。

Kan
もしもし。マニラでスターを目指してるKanです!真剣に勉強して英語を喋れるようになりたいです。

エージェント
お電話ありがとうございます。

Kan
小規模の学校でネイティヴの英語を真剣に習える学校はありますか?

エージェント
それならいくつかご紹介できる学校がございます。

学校選びの注意点!



・数十校束ねて紹介しているエージェントだと正確な語学学校の情報伝える事ができない。

1つのエージェントが20校の学校を紹介しているとしましょう。その従業員が提携している学校を年に1度必ず学校視察に行っている会社を僕は知りません。

なので提携している学校側からの情報だけで、お客さんに紹介しています。これだと事前の情報と実際の情報が違う。という事によくなります。

もし、年に1度視察に行っているとしても、時期毎に変わる生徒の層や雰囲気などの、生活しなければ分からない事情を肌で感じて知る事はできません。

・エージェントは学校ごとに紹介料が変わる。

これが一番の注意しなければいけない点ですね。ブログでこんなDeepな事を書く所はないので書いちゃいます。

例えば、エージェントがA校にあなたを紹介した場合、A校からエージェントに10%を支払うとします。そしてエージェントがC校にあなたを紹介した場合、C校からエージェントに30%を支払うとします。

1ヶ月の留学費用が20万円だとすると、AとCのエージェントの利益に4万円の差ができます。

エージェントは表向きには「こちらの学校がオススメですよ!」と紹介してくると思いますが、同じ仕事量で3倍の利益差になるのであれば、C校を紹介すると思っています。

あなたが、仕事をしていて、毎月のノルマがあり、上司の重圧があったらどちらをお客様に紹介するでしょうか?こうなってくると「仕事だから」と会社に貢献できる学校を紹介してしまう可能性も十分にあるでしょう。

クリーンですがこういう裏のシステムがあるので、右も左も分からない場合、エージェントの話を100%信じるのは注意が必要です。

では、どうすればいいの?って所を次で教えます。

直接語学学校のホームページから問い合わせる



どこの語学学校も専用のホームページを持っているので、そちらから問い合わせしましょう。

直接学校に連絡すれば、その学校に勤めているインターン生やスタッフが対応をしてくれます。

明らかに、こちらの方が学校の正確な状況を聞けるのでオススメです。

順番は、エージェントでは自分に合った学校を選ぶ→その後、語学学校のホームページから問い合わせましょう。一般的に留学のお申し込みはインターネット上から出来ますが、大体の語学学校は留学説明会を開いているので、一度説明を聞きにいきましょう。もしオフィスが遠くて行けない場合は、電話して相談した方がいいです。

説明会に行ったからといって申し込まなければいけないという事はありませんので。

説明会では不安な事を聞いて、この学校なら大丈夫だ!と思ったらお申し込みをお願いすればいい話です。

この手順を踏めば、学校選びで失敗する確率はグンっと減ります。高いお金を自分に投資して行く留学ですので下調べはしっかりしてくださいね^^

セブ島での基本的な安全対策


ここからは留学生活中に注意しなければいけない点についてです。

フィリピンと聞くと良いイメージを持っていない方もいますが、基本的な事に注意していれば快適に過ごす事ができます。

Kan
今まで、危険な目に合う事もなく快適に楽しめています。

そんな快適に過ごせて、楽しいフィリピン・セブ島ですが、僕が今でも気をつけてしている安全対策を説明します。

1、知らない人にはついていかない。

小さい時、両親からよく言われていた言葉ですね!

ショッピングモール等でいきなり知らない人に、言葉たくみに話かけられて、一緒に遊ぼうとか怪しい事を言ってきたりします。男性の場合だと、夜になるとAyaraモールには売春婦が現れて、「遊ぼう」と話かけてくれるので注意しましょう。

知らない人に、声をかけられて愛想を振りまいてると、付け込まれるので完全に無視でいいです。

ネット上には「トランプ詐欺」に注意という情報もありますが、これも知らない人についていかなければいいだけです。簡単です。

2、ストリートチルドレンに気をつける

留学生の中で一番被害が多いのがストリートチルドレンによる窃盗被害でしょう。ドゥテルテの施作によってストリートチルドレンはかなり減りましたが、まだ少しはいます。

「Give me money」と言って、近ずいてきたり、通りすがりにポケットから財布やスマホを盗む場合もあるので、ストリートチルドレンを見かけたら警戒しましょう。

可哀想な光景が広がっていますが、何を言われてもスルーでOKです。

3、窃盗被害に気をつける。

ストリートチルドレン以外にも、金品を盗もうとする方達はいます。聞いた事ある話だと、リュックサックを背負ってて、レジを並んでる時に、リュックのチャックを開けて財布を盗まれたなど。

スマホや財布は、ショルダーバックなどに入れると安心です。僕は、チャック付きのズボンやジーパンの横ポケットに入れています。

ジーパンの横ポケットってタイトなので盗まれる心配はありません。

4、交通状況に気をつける

セブ島は日本のように交通インフラが整っていません。渋滞も鬼のようにあり、信号も不十分です。

道を横断する時は、感覚で通らなければならないところもあります。車線も日本と逆なので、僕は一度車に引かれかけた事があります(笑)

移動手段としてバイクの後ろにのって移動もできますが、危ないので出来るだけ控えた方がいいです。

一度、母親をセブ島に連れてきた事ありますが、治安より「交通状況が危ないわね」と言っていました、僕もその通りだと思います。特に親子で留学する方は、子供から目を話さないように。

学校に行ってからは自分次第



自分の目的に合った学校に行き、授業だけを受け勉強した気になってると残念ながら英語は伸びません。

授業は当たり前でその後が一番大事です。外に出て積極的に英語を使ったり、自分からどんどん行動を起こして英語を使う機会を増やす人が英語力が伸びます。

学校で英語を伸ばす上での注意点もいくつかあります。

・学校に外国人がいたからといって、彼らが英語が話せる訳ではない

フィリピン留学では、日本人以外に韓国人や中国人、ベトナム人など多国籍な学校もいくつかあります。でも、フィリピン留学に来る語が外国人も英語が初級者の人がほとんどです。

英語初心者のあなたと英語初心者の外国人が一緒になっても、全く会話が進みません。結果実践的な英語が伸び悩みます。僕はこの経験をしたので、「これじゃあ英語伸びないな」と英語初心者ながらひしひしと感じたのを今でも覚えています。

なので僕が留学したときは、英語が上手な日本人の留学生と行動していました。その先輩は、英語が喋れるので、学校外にもレベルの高い多国籍な友達がたくさんいて、一緒に遊びに連れて行ってもらい、色々な人と関わる事ができ英語力が伸びました。

留学してから、想像より良い環境を作り出すのは自分次第です。

・授業中にフリートークはしなくてもいい。

授業では、授業だからこそ出来るカリキュラムをやった方がいい。フリートークは、外に出れば、フレンドリーなフィリピン人がレストランにでもショッピングモールにでもたくさんいるので、生きた日常会話はそこでも十分にできます。

なので、授業中にはしっかりと文法や発音、カンバセーションなど学校のカリキュラムを進めていきましょう。

「1時間だらだら雑談をして授業が終わってしまった」という声がまだ聞こえてくるので、注意しましょう。

留学期間を無駄にしないように行動しまくろう!

留学を成功する人の特徴



1、常に自発的に行動しいる人

語学学校では、授業のスケジュールは組まれていますが、それ以外は自由行動です。ここで言う自発的に行動している人は、授業外での話にします。

授業外に外出して行動すると、思いもよらない出会いもあり、英語を使うチャンスも増えます。当たり前ですが、授業が終わって部屋でゴロゴロしていても出会いは増えません。

行動している人は、外国人の友達もたくさんできて充実した生活を送っています!

2、スケジュールをたててる人

凄い人だと、1週間の日課を事前に立てている生徒もいました。予定通りに行かない事はあると言っていましたが、自分でルーティーンを確立させて生活しています。

そんなと思うかもしれませんが、1日のスケジュールの予定があるとないのでは雲泥の差になります。

予定を立ててない人は、授業後の予定と簡単な小さな目標をたてると良いです^^

3、勉強方法を工夫している人

スキマ時間にスマホのアプリで単語やフレーズを勉強していたり、自分の身の回りのものスマホの文字表記など全て英語表記にしていました。

予習はあえてせずに、授業に挑み自分の弱点を見つけて自習時間に自分の弱点の勉強をしている方も。

みんながやっている正しい勉強方法に加えて、小さくても工夫している人は英語も伸びて成功しているでしょう。

留学が失敗する人の特徴



1、行動しない人

残念ながら行動しないとあなたの思う理想な留学はできません。行動しない人は全て学校側が自分の思い通りにアレンジしてくれると思っているのかなと、思います。

2、すぐに愚痴を言う人

留学を楽しんで成功させてる人から、ネガティヴな言葉を聞いた事がありません。一方充実していない方からは、人や環境の愚痴を言う人が多い傾向です。

学校選びの注意点を踏まえて、学校選びをした方は学校の失敗はあまりないと思いますが、それでもイメージと現実が違って、合わない場合もあります。

その時はまず語学学校のスタッフに相談してみましょう。

3、常に暇な人

「この後なにしよ〜!」とか「ひま〜!」とか言っている方は予定を立てていなく、留学中の余っている時間を有効に活用できていない人です。

貴重な留学期間にリラックスする時間はあったとしても、暇な時間はないはず。時間は有効に使いましょう!

留学時に失敗しないお金の管理方法



中期長期の留学だと、ある程度の現金が必要になります。現金って落としてしまったらほぼ戻ってこないので出来るだけ持っていきたくないですよね。

お金の管理方法としてオススメなので、必要最低限の現金+複数枚のクレジットカード+国際キャッシュカードの3点セットがオススメです。

クレジットカードを複数枚作る理由として、万が一落としたときに予備があると便利という理由とクレジットカードの補償内容を合算する事ができます。

保険料を建て替えは大変なので、キャッシュレスのカードを作成しましょう。

国際キャッシュカードはフィリピンのATMで現地通貨をおろせるカードの事です。フィリピン社会はクレジットカードが普及していますが、友達と出かけて、食事代を割り勘で支払うときなどは現金が必要です。

フィリピンにATMはたくさんあるので、基本的に24時間お金をおろせます。

まとめ

どうでしたか?

フィリピン留学の注意点ですが事前に情報収集や準備をしておけば、防げる注意点です。

防犯対策の1つとして、自分の体を鍛えるといいですよ!僕は、体を鍛えて体が大きくなってからストリートチルドレンも近寄らなくなりました!笑

いつ何があるか分からないので、筋トレも防犯対策の一つ…….

ではでは、最後まで読んでくれてありがとうございました!

The following two tabs change content below.
目指せマニラのスター!元日本柔道3位TRIPLER「KAN」

目指せマニラのスター!元日本柔道3位TRIPLER「KAN」

世界11カ国18都市を周りました! 誰も行った事のないような場所に行く事が好き。旅をする時は、1人で行って、現地のコミニティーに入り込むのが大好きです。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です