オーストラリアパースのワーホリ開始1ヶ月目の生活費を公開!初期費用から食事の節約方まで!

節約☆ワーホリトリップラーMAKO
問題ありありな家族を姉に託し、「英語がなせるようになりたい」という夢を諦めきれずオーストラリアワーホリをスタート!こんな情報知りたかったというワーホリ前の気持ちを元に、実体験レポでリアル収入支出を大公開します。大自然と多くの旅人との出会いから、私も旅をしたいと具体的に計画中。そのためにも英語と節約に奮闘します! ⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちわ!!
節約トリップラーのMAKOです!

毎年約10,000人の人々がワーキングホリデーを利用しオーストラリアへ飛び立っています。

2017年2月私も長年の夢だったワーホリを開始しました!!!!!!!

向かった場所は、、、、、

日本人ワーホリの中で
人気No1のオーストラリア^^



出発前まで、たくさんの事が疑問で分からないことばかりでした。
実際一番の不安といったら、

生活費はいくらかかるのか、

費用は足りるのかということ・・・

お金が足りなければ即帰国ですもんね。

今回は私が実際に行ってかかった1ヶ月の費用を大公開します!!!!

同じような悩みのある方の参考になれば幸いです。

オーストラリアを選んだ理由



ワーホリができる国はたくさんありますが、人気な国はオーストラリア、カナダですよね!
私が、ワーホリに行きたい理由は

ただ単に英語を現地で勉強したかったから

でも、自己紹介にもあげたように家族の問題が色々ありまして、笑
➡︎気になる方は私のプロフェィールをチェック!笑

選ぶポイントを絞りました。

・英語圏であるところ
・治安がいいところ
・航空券が比較的安いところ
・時差が少ないところ(いつでも帰れる、家族とskypeなど出来る)

憧れのヨーロッパは
時差も大きく、物価も高い、不景気の影響で働く場所が少ない・・・。

最終的にカナダとオーストラリアで悩みました(*´-`)

どちらも多民族国家で治安も良く人気国

私の選ぶポイントで比較してみました⬇︎
言語 時差 航空券 気候 治安
オーストラリア イギリス英語 約1-2時間 セールで約1-5万円 暖かい
(冬は東京と同じくらい)
良い
カナダ アメリカ英語 約12時間 セールで約7-10万円 寒い
(-10度以上)
良い
言語だけを除けばオーストラリアが一番理想的!!

英語はイギリス英語で訛りもすごいと聞きましたが、
いろんな国の訛りがあって面白そうだと思い、

オーストラリアに決めました!

 

 

 

オーストラリアってどんなところ??



オーストラリアのイメージってどういうものを想像しますか??

私は最初、大きくて暑いっていうことしか知りませんでした笑

それから魔女の宅急便の舞台になったタスマニア島の存在を知り、

魔女の宅急便が大好きな私は興味を持ち始めました。

では、簡単に紹介しますね。

オーストラリアの国土






簡単に日本と比較してみました。
地域 人口 面積
オーストラリア オセアニア
(南半球)
約2400万人 約770万km2
日本 アジア
(北半球)
1億2686万人 37万8000km2

2016年統計

国土は日本の20倍大きく

ロシア、カナダ、中国、アメリカ、ブラジルについで
世界で6番目に大きい国。

とにかく、
大きいのに人口が少ない笑

面積の20%が砂漠
!!!!!!・:*+.\(( °ω° ))/.:+


日本の面積の4倍の砂漠を持っています。

高校時代、地理を全く勉強しなかった私は本当にびっくりしました。笑

オーストラリアをラウンドするには



オージーでも夢にしちゃう、
ラウンド
(オーストラリアを一周すること)
には、友達は車で1ヶ月半かかっていました。

オーストラリア人の友達情報では、

 

「観光も含めて全部回るなら1年かかる」

 

とも言われました笑

オーストラリア全周が1万キロ以上(世界1周が4,77キロ笑)あるから

それほど大きく見所が満載な国だということですね!

オーストラリアの季節・気候


オーストラリアは南半球に位置しているので
日本と季節は逆になります!!

こんな感じです⬇︎
9-11月 12-2月 3-5月 6-8月
オーストラリア
日本
でも日本の20倍の国土を持つオーストラリアは
国の中でも4つの気候帯に分かれています。
熱帯性
気候地域
ダーヴィン・ケアンズ
ブルーム
11-3月夏(雨季),6-8月冬(ドライシーズン)冬でも基本は暑いので年中半袖
砂漠性
気候地域
アリスプリングス
ウルル
昼と夜の気温差が激しい
12-2月夏は日中が35度以上になる
亜熱帯性
気候地域
ブリスベン
ゴールドコースト
年間通し晴天率が高く冬でも日中は半袖で過ごせる
湿帯性
気候地域
シドニー・メルボルン
パース
四季がはっきりある
冬は高山地域でスキーができる
北に行けば行くほど年中暑く
南に行けば四季を味わえるというわけです。

オーストラリアの言語・民族



1901年までイギリスの植民地だったたので
共通語はイギリス英語。

さらにアクセントや訛りは本当に強い
男性が話す言葉は聞き取れません。笑

田舎に行けば行くほど訛りが強いです。
オーストラリアといえば広大な土地で砂漠が多いと話したので、大自然!!

というイメージが強いでしょうが、

イギリスの植民地だった背景があるため
ヨーロッパ系建築物も数多く残り、
特に人口第2位のメルボルンはヨーロッパ調が残っています。


ヨーロッパに憧れていた私がオーストラリアに惹かれた理由もここにあります。

多民族国家として有名な国ですが、
本当に多民族!!!

アジア人はもちろん世界中の様々な国の人が暮らしています。

どこでもここでも色んな国の人に会える!!笑

忘れてはいけないのが、
先住民のアボリジニです!


(画像:plaza.rakuten.co.jp)

東南アジアから移住してきたアボリジニは独自の文化を作り
今もディヂュリジュという楽器で民族音楽を支えています。

この話は悲しい過去や複雑な問題があり

調べて行くとすごく興味深いから
また次回に!笑

オーストラリアワーホリで人気な都市


(画像:https://matome.naver.jp/m/odai/2138560529578043101)


人口 特徴
シドニー  ニューサウスウェールズ州  約4620万  No1大都市
オペラハウスで有名!世界で住みたい国6位
メルボルン  ヴィクトリア州  約434万人 アートや音楽の街 お洒落なカフェや建築が有名
世界で住みたい国1位になったことも
ブリスベン  クイーンズランド州  約223万人 北や南には有名なビーチに行ける好立地と安全面で留学生に人気!人口増加率No1
ゴールドコースト  クイーンズランド州  約55万4000人  サーファーに絶大の人気!観光で成り立っている街
長く青いビーチが有名
ケアンズ  クイーンズランド州  約15万9000人  世界でも有名なサンゴ礁を持つグレートバリアリーフで有名!小さな街
パース  西オーストラリア州  約202万人  西オーストラリア唯一の都市
自然と都市が融合し過ごしやすい都市として有名
地図でもわかるように
有名な都市は東側に集まっていますね!

ここのどれかをワーホリで選ぶ人が多いです。

最初に行く場所は皆さん悩むと思います。

私もそうでした、、、(*´-`)
初めはメルボルンに行く気満々でした。
でも、私の目的は

「英語を話せるようになること」

だったので、
比較的日本人が少ないと言われている

西オーストラリアで唯一の都市パースを選びました。





確かにパースに日本人は少なく
街で日本語を聞くことはほとんどありませんでした。

もちろん学校にも街にもいますよ!!

でも東を回ってきた方はみんな口を揃えて
「日本人ばっかりだった!」と言います笑

色んな意味でパースを最初に選んで良かったと思っています。

そうそう!
シドニーが都市だと思っている人結構いますが
首都はキャンベラという、
人口8番目の都市なんです。

リアル!オーストラリアの物価



私は実際に自分で外食やスーパーで買い物するまで
物価についてよくわかっていませんでした。笑

まず、通貨から!
オーストラリアはオーストラリアドルを使用します。
硬貨は、5C,10C,20C,50C$1,$2で
紙幣は$5,$10,$20,$50$100です。


そして、レートですが、、私が渡豪した時は

1オーストラリアドル=80~85円
(2017年2月)でした!

食費について



外食がとにかく高い!!
( ;∀;)




オーストラリアといえばハンバーガーですが、レストランで食事しようとすると
セットで$25します。笑

それにドリンクをつけるとランチだけで
$30飛んじゃいます。

プラスでビールなんて飲んだら・・・・・・笑

もちろん穴場の安いお店やマーケットもあります。
それを探すのも楽しいですよ!

外食は本当に高いと書きましたが
食費を浮かせることはできます!!


オーストラリアには
・coles
・woolworths
の二大スーパーがあり
毎週水曜日にディスカウント商品が変わります。

⬆︎coles

⬆︎Woolworths

このディスカウントを駆使して節約できます!

ディスカウント商品でないもので
日本に比べ高い商品はもちろんありますが
逆に日本ではとびきり高いチーズや牛肉が破格の値段で買うこともできます。

基本的には日本と比べ・・
米・パン・チーズ・果物➡︎安い
スナック・水➡︎高い

かな・・・。

野菜は同じくらいか安いかな。

それも日によりけりです。
昨日$3したレタスが今日は$1!!
なんてこともしょっちゅうです笑

交通費について(料金表)



パースはゾーン制でcityを中心に
1ゾーン上がるごとに料金が加算されます。
こんな感じ⬇︎
(画像:http://gitsint.com.au/2014/04/24/1962/

パースの公共交通機関は、
・バス
・電車
・フェリー   です!

「Smart Rider」
というパースの全ての公共交通機関で使用できる電子ICカードにお金をチャージして乗るのが基本です。


パースに住むなら欠かせないカードです。

そして全て同じ料金表を使います。

こんな感じ⬇︎
(画像:wavenework.com.au)


オレンジライン
➡︎現金で支払う料金
ピンクライン➡︎Smart Riderを使用して支払う料金
ブルーライン➡︎Smart Riderを使用かつ自動的にお金をチャージするためにクレジットカードと連動させている時の料金

Smart Riderを持つことで
15-25%割引で乗れるんです!

さらに!!!
学割がとってもお得!!!!

なんと60%も割引になるんです!!!

1ゾーン学割料金 $1.2(約98.4円)
1ゾーン15%OFF $1.02(約83.64円)
1ゾーン25%OFF $0.90(約73.8円)

Smart Riderと学割は併用できるので
最大でなんと
75%以上の割引になります!!!

本当に学生に優しい街なんです。

まだまだあります

・市内ではキャットバスというバスを無料で使用できる!

・2時間以内でかつ同じゾーン以内では
何度乗っても一回の料金だけ支払われる!

素晴らしいシステムです。。
パースにワーホリで来来るなら
交通費はそんなに心配はいらないと思います^ ^


 

家賃について



⬆︎私のホームステイ先

オーストラリアでは基本的には、
一人で不動産会社に行って契約することはほとんどなく、
何人かでキッチンやシャワールームを共有し、
部屋を借りる「シェアハウススタイル」が主流です。

そしてシェアハウスは
1週毎家賃を払うシステムになります。
家賃のことを「レント」と言います!
◉以下、家賃=レントと省略

そして光熱費を「Bill」と言います!

またオウンルームとシェアルームではレントも違います。
何が違うかというと

オウンルーム➡︎自分一人の部屋
シェアルーム➡︎相部屋

ということです。

シャアルームではオウンルームに比べて基本的に$50ほど安く借りられます。

パースの家賃相場を表にしました。
地域 家賃/ 週
市内・人気エリア $150-$180 / 週
郊外 $100-$140 / 週
一概には言えませんが・・

私は比較的高い地域に住んでいたので
$160/週でした。

ちなみに、
大都市シドニーやメルボルンではパースに比べて$20-$30ほど高いようです。
他の記事にはパースはシドニーやメルボルンと同じくらい高いとも言われていますが、、、

私はそうは思いませんでした。笑

 

大公開!1ヶ月実際にかかった生活費

 


ホームステイの場合



私は最初の1ヶ月はホームステイを選びました。
初めての土地や生活は不安でしかないため
ホームステイが一番安心かなと思って^ ^
ホームステイ代 $1,041 (約35,362円)
学費(一般英語コース2ヶ月分) $2,660 (約218,120円)
教材費 $115    (約9,430円)
入学金 $200    (約16,400円)
手配料 $165    (約13,530円)
空港ピックアップ代 $115    (約9,430円)
TOTAL $4,296 (約352,272円)

◉$1=82円計算

⬆︎これが学校に支払った金額です。
約35万円・・・・( ;∀;)

学校以外にかかった費用はこちら⬇︎
昼食代 $32  (約2,624円)
携帯代 $30  (約2,460円)
交通費・日用品・外食 $400(約32,800円)
TOTAL $462(約37,884円)
 

◉$1=82円計算

ホームステイを選ぶと基本的には
朝・夕食代が含まれています。

必要なのは昼食代になります。

私の1ヶ月の昼食代は約2,624円で。
1日約80円しか使わないように節約していました!!!

 

幸運なことに
「昼ごはんのパンもうちの使っていいわよ!」

とホストオーナーがとってもいい人だったっていう理由もあります笑

でも毎日同じサンドイッチ・・・
さすがに飽きました笑

また、私はホームステイ先から学校まで徒歩で行ける場所だったので
交通費はかかりませんでした。

でも、友達は電車とバスを使って来ていました。
学割があっても抑えられる費用は抑えたいですよね。

そこで、ホームステイ前には必ず希望を聞かれるので
「学校に徒歩で行ける場所」
とリクエストすることをお勧めします!!

また、携帯ですが
私は大手のOPTUSという会社で3GBで$30でしたが
格安携帯会社はいくつもあります!!

少しでも安く抑えたい!!って方には
事前に調べておくこともお勧めします^ ^

シェアハウスで1ヶ月滞在するなら


⬆︎初めてのシェアハウス
家賃(3週間分) $640  (約,52,480円)
初期費用(調味料・タッパー等) $47,45(約5,701円)
食費 $69,53 (約3,890円)
TOTAL $756.98 (約62,892円)
⬆︎シェアハウス1ヶ月でかかった費用です。

◉$1=82円計算

初期費用に約5000円はかかってしまいますが

食費は1300円/週に抑えることができました!!!

私のところは、レントにwi-fi・Bill(光熱費)が全部含まれていたので
プラスで支払うことはありませんでしたが

シェアハウスでレントに加え
Wi-fi ・光熱費は別支払い
て所も数多くあるので
初めに家を決める際は注意してください!

また、シェアハウスに移った時くらいから
観光やパーティに出かけることが多くなったので
雑費は別で計算してみました。
交通費 $92,25 (約7,564)
観光・日用品・外食 $298,33(約24,464円)
TOTAL $390(約31,980円)

◉$1=82円計算

私は節約できるところはとことんやって

今しかできないことにはお金をかけました。

「学割のうちに遊ばなきゃ!!」

そんな思いで観光やパーティに出かけました笑








そのおかげで外食や交際費はとんでもないことになりましたが
おかげで英語を話す機会に恵まれたと思います!!

 

まとめ

ワーホリに行く初期費用は本当に高いです。
他にも、航空券(私はセールで1万7千円でした)
前年度の住民税や海外留学保険、
仕事を辞めた後の国民健康保険料・・・
ワーホリ準備費用・・・

何十万も飛んでいきます(´;ω;`)

でも、最初の初期費用を払ってしまえば

色々なサービスや機関を利用して

海外で節約しながら生活できると確信しています!!

これからも楽しみながら
でも生活費は節約しながら生活していきます!

この記事が
ワーホリに興味を持っている人の参考になれば幸いです。

今後、仕事が決まったらその収支も書こうと思います。
 

 

オーストラリアに関連するトリップラーコンテンツはこちら

【バリスタ資格GET】失敗しないオーストラリアでのバリスタの選び方とは?

2017.09.06

【ワーホリ・オーストラリア】女子必見!120%ワーホリを楽しむために必要な持ち物とは?!

2017.06.04


The following two tabs change content below.
節約☆ワーホリトリップラーMAKO

節約☆ワーホリトリップラーMAKO

問題ありありな家族を姉に託し、「英語がなせるようになりたい」という夢を諦めきれずオーストラリアワーホリをスタート!こんな情報知りたかったというワーホリ前の気持ちを元に、実体験レポでリアル収入支出を大公開します。大自然と多くの旅人との出会いから、私も旅をしたいと具体的に計画中。そのためにも英語と節約に奮闘します! ⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

節約☆ワーホリトリップラーMAKO

問題ありありな家族を姉に託し、「英語がなせるようになりたい」という夢を諦めきれずオーストラリアワーホリをスタート!こんな情報知りたかったというワーホリ前の気持ちを元に、実体験レポでリアル収入支出を大公開します。大自然と多くの旅人との出会いから、私も旅をしたいと具体的に計画中。そのためにも英語と節約に奮闘します! ⇒プロフィールの詳細はこちら