奄美群島の秘境「加計呂麻島」の大自然に魅了された男1人旅

ライフスタイル実験中トリップラー「TAKASHI」
パソコン1台で稼ぐことを目標に活動し、2年後の2016年7月に法人化。好きな場所で、好きな時に、好きな仲間と仕事をする。そんなライフスタイルを模索中。理想のライフスタイルの実現を目指し、日々奮闘中。⇒プロフィールの詳細はこちら

こんにちは!

ライフスタイル実験中トリップラ―「Takashi」です。

 

今回は、奄美群島の秘境「加計呂麻島」に行ってきました!

奄美大島は知ってても、加計呂麻島は知らない人も多いかと思います。

 

そんな加計呂麻島、実際に行ってみたら本当にサイコーの場所でした!

そこで、皆さんにも加計呂麻の魅力をお伝えしていきたいと思います!

 

加計呂麻島ってどこにあるの?どんな島??

奄美群島の加計呂麻島、殆どの方は「どこに在るの??」という感じかと思います。

加計呂麻島がどこに在るかというと・・・

 

加計呂麻島の場所

ココです!



奄美大島のすぐ真下。

奄美群島内の島で、鹿児島県大島郡瀬戸内町に属しています。

瀬戸内の古仁屋(奄美大島側)からはフェリーで20分くらいです。

 

加計呂麻島ってどんな島??


加計呂麻島は、人口約1,300人(※平成26年度調査)の小さな島。

50年前は5,000人以上いた人口も、今では1/4程に。超過疎化が進んでいます。

 

加計呂麻島の食物連鎖の頂点は、猛毒をもつ”ハブ”。

※奄美観光ハブセンターにて撮影

人が住みにくい場所だからこそ、豊かな自然がキレイに残っているだとか。

まさに神秘の島!!

 

そんな加計呂麻島に是非行ってみたい!

そう思ったので、加計呂麻島の男一人旅に出かけてきました!(笑)

 

 

加計呂麻島行くなら、古仁屋(瀬戸内)に寄るのもGOOD!

今回は、バニラエアを使って成田空港から奄美大島に来ました。

バニラエアを使えば往復2万円前後。LCCめちゃくちゃ安いですよね!

 

レンタカーで直接、加計呂麻島へ行っても良かったのですが、今回は時間に余裕があったので手前の町「古仁屋」にも滞在しました。

古仁屋も滞在していて楽しかったので、特に良かったところだけご紹介^^



※奄美市(名瀬)から古仁屋には、しまバスで片道1,500円程で行けます。時間はだいたい1時間10分程。人数が2人以上の場合は、やはりレンタカーの方が安く済むかもしれません。

 

古仁屋に宿泊するならディープなゲストハウス「昭和荘」

僕が宿泊したのは「昭和荘」というゲストハウス!

一泊1,500円と格安なのですが・・・それ以上にこのゲストハウス、今まで経験したことが無いほどディープな場所でした!

 

名瀬からバスに揺られて1時間程、古仁屋に到着!

早速、ゲストハウスに向かいます。

 

徒歩5分程で・・・見えてきました!昭和荘!!!

名前の通り、なんだか古風を感じる建物です。


 

昭和荘、部屋にあがるなり何やら音楽が・・・!?

(このスピーカーから流れてくるw)

どうやら、歓迎の音楽を流してくれてるみたいです!

昭和荘では、歓迎の歌、お別れの歌、寝るときの歌 etc…色んな歌が「勝手にDJスピーカー」から流れます!

こんなゲストハウス、初めて!!笑

 

部屋も物凄くこだわりのある感じ。

駄菓子屋さんみたいに、色んなモノが売ってたり、レンタルできます。

細かな所まで管理が行き届いていて、オーナーのナオミさんが凄く豆な方なんだな~と感心してしまいました。



 

昭和荘では、いくつかオリジナルツアーも開催してくれます。

一緒に宿泊した方は、「ナイトツアー」に行ってました。


 

僕は、「ばぁちゃん一人が住人の超限界集落ツアー」が気になって仕方ありませんでした。

誰か行かれた方、是非感想を教えてください!w


ちなみに昭和荘は、11時が完全消灯時間。それ以降はおしゃべりNGです。おかげでとても健康的な生活リズムを取り戻せました!笑

色々と規則が厳しいのですが(時間守らないと、本当に追い出されます)、個人的にはめちゃくちゃ好きなゲストハウスの1つとなりました。

また古仁屋にきたら、絶対昭和荘に泊まります。

色々お世話してくださったタケさん、ナオミさん、ありがとう!!!

 

古仁屋のその他のオススメスポット

その他にも、古仁屋に滞在していていくつかオススメしたい場所があります。

 

古仁屋で朝食食べるなら「つかさ」は外せない!

1つ目が、「つかさ」という食堂。

おばちゃ・・・いえ、お姉さんが一人で切り盛りしてる食堂。

朝食はなんとたったの5食限定!

7時のOPENで、すぐ行かないと無くなっちゃいます。

ここの何が良いかというと・・・


ジャーン!!!

このボリュームで500円!安い!!!

 

この後も、「足りなかったら言ってね」とか言って、お魚を追加してくれたりしました。

朝からもうお腹いっぱい!!

古仁屋で朝を迎えるなら、是非「つかさ」で朝食を食べてください^^

※場所や営業日等の詳細は、僕のブログで紹介してます。

瀬戸内(古仁屋)の朝食・ランチなら「つかさ」に一度は行ってみるべき



 

せとうち海の駅

もう一つのオススメスポットは、「せとうち海の駅」。


 

瀬戸内と言えば、クロマグロ養殖日本一!


ココでは、新鮮な海鮮丼(勿論マグロも)が食べられます。

残念ながら僕が行ったときは終わっちゃってたのですが・・・

地元の方も沢山来ていたのですごく美味しいんだろうな~と羨ましそうに眺めてました!笑

横にはお土産も売っており、夜光貝アクセサリー作成キットも売ってました。

僕はアクセサリーとか付ける人じゃないのですが、、、なんかキレイなので1つご購入♪

帰ったら頑張って磨きます!


 

今回は古仁屋で宿泊してから加計呂麻島へ向かいましたが、短期旅行の場合は奄美空港からレンタカーで直接、加計呂麻島へ向かうのも良いです。レンタカーをフェリーで加計呂麻島へ運ぶこともできるので、人数が多い場合はレンタカーの方が安くなります(バス移動の場合、空港から古仁屋まで1人2,500円くらいします)。奄美空港近くに沢山レンタカーショップがあるのでレンタカーも選択肢に入れてみて下さい。

古仁屋⇔加計呂麻のフェリー運賃表(車両含む)はこちら

 

 

加計呂麻島に到着!いざゲストハウス「カムディ」へ!


古仁屋で二泊した後、いよいよ加計呂麻島へ!

 

加計呂麻島はスーパーが無いので、食料の事前調達が必須!

古仁屋港の近くに比較的大きなスーパーがあるので、直前でも買い物できます。


バッチリ4日分の食料を購入して行きました(缶詰ばっかりw)。


 

そしてフェリーに揺られること約20分・・・


 

加計呂麻島に到着!!!

(港にはこんな貝の置物がありました)

港にはワゴンバスが何台か止まっていました。

方面とかぜんっぜん分からなかったのですが、「カムディに行きたいです!」ってバス運転手に伝えたら、「あぁ、じゃあこっちのバスね!」と親切に案内してくれました!

船で来た観光客が一人も路頭に迷わぬよう配慮してくれる辺り、とても優しいな~と感じました。

 

加計呂麻島のオシャレゲストハウス「カムディ」に到着!!

瀬相港からバスで10分程、カムディがある集落「嘉入」に着きました!

こちらが、今回宿泊するゲストハウス「カムディ」。


おぉ~、なんかオシャレだし、いい感じ!

実はこのゲストハウス、クラウドファンディングで画家さんが建てたものなんだとか。

167万程も集まっているのが凄いです!(※過去募集されていたクラウドファンディング

 

早速、可愛い「オカヤドカリ」もお出迎え(?)してくれました!(笑)


 

カムディの施設内をちょっとご紹介。

こちらは共有スペース。ここで料理をしたり、みんなでご飯を食べたりしました。


 

男女別のドミトリールーム。1部屋4人まで宿泊できます。


 

キッチンには色んなものが揃っているので、材料があれば一通り料理ができると思います。

調味料なども、冷蔵庫などに沢山ありました。(というのも、オーナーの家族が良くここで料理してくれるので)


 

外に小さなテーブルとシャワールームがあります。

シャワールームには小さな虫が沢山いたので、虫が苦手って方はちょっとキツイのかな?

でも、清潔感があるので個人的には全く問題なしでした。


本当は二泊くらいで別の場所に移動しようと思ったのですが、あまりに気に入りすぎて結局最終日まで四泊しちゃいました♪

オーナーの李さん、四日間お世話になりました^^

 

加計呂麻島はシュノーケルでウミガメに会える!


カムディの目の前は、キレイなビーチ!!!

これはもう、シュノーケルしないわけにはいかないです!

(※シュノーケルセットはカムディでレンタルできます。)


 

ということで、早速キレイな海へ!

海の映像がコチラ↓



 

やっぱり、離島の海はキレイですね~!

いつまでも泳いでいたくなっちゃいます!

 

でもでも、これだけじゃ終わりません!

遂に!!!人生で初めて、海の中で出会っちゃいました。。。



海の中では人生初ウミガメです(陸から見たことはあるけどね)!

この時は、可愛くお休みタイム。

 

こんな簡単にウミガメに会えるとは・・・加計呂麻島やっぱり凄い!!!

 

キレイな海と言えば海の幸!

これだけ沢山魚がいるのですから、もちろん見ているだけじゃありません!


近くの集落の方が、釣った「巨大クエ」を持ってきてくれて、みんなで寿司パーティー!

高級魚だけに、めちゃくちゃ旨い!!!

 

僕も負けじとって、釣りで1匹ゲット!(アジの一種)


お刺身にして美味しく頂きました!


 

こんな感じで、みんなでワイワイ食べ物を共有しながら食事をするのって、なんだか楽しいですよね!


 

 

加計呂麻島のドライブを楽しもう!絶景スポット5選

加計呂麻島は、海はもちろんキレイなんですが、険しい山ならではの絶景スポットもあります。

原付バイクで1日ドライブに行ってみました!

 

「加計呂麻鈑金」で原付バイクのレンタル

絶景スポットを周るなら、やっぱり移動手段の確保は必須。

今回は、「加計呂麻鈑金」という場所で原付バイクをレンタル。




3日で3,500円。どのような料金設定だったのか分からないですが、おそらく1日だと1,500円、それ以降はプラス1,000円という感じかなと思います。



レンタルのヘルメットって匂いが気になるところですが、とてもきれいなヘルメットで、臭いも全く気になりませんでした。歴史を感じる建物でしたが、レンタル品はとてもキレイに整備されていて良いですよ!

 

加計呂麻島のオススメ絶景スポット

僕が加計呂麻島ドライブで周ったスポットは、こちらです。

北西部を中心に周りました。



 

GoogleMapで「絶景ポイント」と表示されてるポイント


ここは駐車スペースも広く、オススメ!


 

夕日の見える丘


今回は昼間しか行けなかったですが、夕日の時間帯に行ったら・・・

 

嘉入の滝


この他にも、ガジュマルや廃校、各集落をドライブしてきました!

 

その他の絶景スポット

今回ぼくが周わった場所以外にも好スポットがあるのでご紹介します。

特に、カムディに一緒に宿泊していたabebebebeabetさんの写真はとてもキレイなので必見!

 

カムディ前のビーチ


 

加計呂麻島の海


 

実久の海


 

スリ浜


 

スリ浜から見える朝日


 

西阿室から見る夕日


 

安脚場戦跡公園

Peachさん(@p1_2g)がシェアした投稿



 

如何だったでしょうか??

加計呂麻島のドライブ、見所満載なので是非いろいろ調べて行ってみて下さい!

 

 

加計呂麻島は「また来たい!」そう思える最高の離島でした

加計呂麻島4泊5日の旅を終えて、今思うこと。

それは、「またいつか必ず来よう!」です。

 

正直、スーパーも無ければ、まともなネット環境も無い。

地元の方は、口をそろえて「なにもない場所」と言っていました。

それでも、地元の方はとても幸せそう。

地元の方の”加計呂麻愛”はとても深いんだな~と感じました。

 

加計呂麻島には、冒頭で触れたとおり猛毒の”ハブ”がいる島です。

厄介者に思われがちなハブですが、地元の方はこんなことを言ってました。

「この島の自然がキレイなまま残っているのは、ハブが居てくれて人間が住みにくい環境だからなんだよ。沢山の人がすんだら、この環境は無くなってしまう。だから、ハブがいることに感謝しているんだよ。」

う~ん、何とも深い。

この島の食物連鎖の頂点はハブ。

確かに、この豊かな自然はハブに守られているといっても過言ではないのかも。

(もちろん油断は禁物ですよ!噛まれたらマジで死ぬので!)

 

豊かな自然に魅了された加計呂麻島の旅。

”何もない・持たない”というライフスタイルの良さも感じました。

 

加計呂麻島の大自然、あなたも足を運んでみては如何でしょうか??

 

 

The following two tabs change content below.
ライフスタイル実験中トリップラー「TAKASHI」
パソコン1台で稼ぐことを目標に活動し、2年後の2016年7月に法人化。好きな場所で、好きな時に、好きな仲間と仕事をする。そんなライフスタイルを模索中。理想のライフスタイルの実現を目指し、日々奮闘中。⇒プロフィールの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*